FC2ブログ

無双しない異世界転移物は面白い! 『迷宮キングダム~特殊部隊SASのおっさんの異世界ダンジョンサバイバルマニュアル!』読了

2020年02月23日 20:13

酔っ払った勢いで昨日は更新してしまい、申し訳ありませんでした。
いやー、メッチャ不満溜まってたのかしら。
でも実際問題、少年シドーはダメすぎると思うのよね。
「いやいやメッチャ強いよ!」という方がいれば、運用方法をご教授ください。
せっかく手に入れたヒーローが倉庫の肥やしになるのは忍びなさすぎる…。

さて、最近のラノベ界隈はとにかく異世界転生or転移もので溢れかえり、
どこを見ても異世界異世界で辟易しますが、
なんで素直に「ファンタジー」と題しないのか不思議ですね。
普通のファンタジー物ですら「異世界」と題していて見極めが非常に困難です。

そんな中で何故これを読もうと思ったかといえば、
題材になっている「迷宮キングダム」というTRPGが大好きだからです。

この「迷宮キングダム(通称「まよきん」)は、空も海も大地すべてが迷宮に飲み込まれた、
百万迷宮という地下世界で、小さな王国を作って少しずつ領土を拡張し、
王国を豊かに運営していくことを目指す経営要素を持った、
世界観もルールも特徴的なゲームです。

そんなゲームを題材とした小説なら異世界無双でも面白そうだと思ったわけですが、
まぁそもそものゲームからして無双とは程遠いシステムでして、
小説の方もそれに倣い、無双要素は一切ありません。

主人公は元SASのおっさんで、確かにサバイバル技術には長けてますが、
対人戦闘は得意でも、異世界の怪物相手にCQC(近接格闘)なんてクソ程も役に立ちません。
つまり、作中では「ちょっと強い一般人」程度の存在であり、
なおかつあまりに異質すぎる世界に困惑することの方が多いです。
でも、それが普通の反応だし、それが異世界転移物の醍醐味だと思うんですよねー。
食べられるかわからない木の実を食べられるか判断するだけで苦労してるのが見たいのです。

最近の異世界物は、異世界に行くことが当たり前な精神性の主人公が多くて、
異世界にすぐに馴染んじゃうし、妙なスキルで無双したりと、
異世界に行く意味が殆どないんですよね。
それこそSAOみたいなVRMMO物でいいんじゃないかと思うし、
それ以前に転生要素必要なくね?という、
「実際は普通のファンタジー」ななんちゃって異世界転生も多々あります。

そういう凡百の異世界物に食傷気味な、一昔前のラノベが好きだった読者には、
自信を持って本作をオススメします。

主人公はチート能力なんて持ってないし、異世界の現実は容赦なく彼に試練をもたらすし、
ひとつ困難を乗り越えるとすぐに次の難題が降りかかる、かなり「疲れる」物語です。
しかし、それらを自身の知恵と仲間たちの協力によって乗り越えていくカタルシスは、
最近ではなかなか味わえない魅力に満ちていると断言できます。
特にラストバトルの展開とか、やりすぎなくらい絶望的で最高でした(ぉ

そして、状況が絶望的だからこそ、希望の光が輝いて見えるんですよね。
この物語では騎士アストリアが仲間になる辺りの展開が一番の見所です。
出会う直前にどうしようもない状況に困窮していた所に、
自信と実力を兼ね備えた強者が仲間に加わる頼もしさたるやかなりのもので、
更にアストリアの快活で気持ちのいい性格が非常に好印象で、
「私を仲間にしてくれないか?」という辺りで涙が出てきました。ブラヴォー! ブラーヴァー!

私は実際にゲームをプレイしたこともあり、この世界の過酷さを知ってるだけに、
今後、この元SASのおっさんが率いる国がどうなっていくのか、非常に興味深いです。
続刊予定らしいので、2巻が早くも待ち遠しい!

…新装版として新たに発売されてるルールブック欲しくなってきた。
久しぶりにやりたいなー(チラッ

【ライバルズ】上方修正必須!「少年シドー」はこうなるべき

2020年02月23日 01:32

新年会(約一ヶ月)ぶりにお酒飲んだらベロンベロンな岳るですうぇーい。
うあぁー気持ちよすぎるぅぅうううう。

そんなアルコールテンションでお送りする今回の記事は、
新弾も配信されたライバルズでっす! ヒューヒュー!

今回、排出率設定がぶっ壊れてるんじゃないかってくらいレジェレア出まくってビビってますが、
皆さんはどんな感じですか?

とりあえず、いきなり「少年シドー」が出てくれたのでラッキーでしたが、
これ、事前情報出た時点で激弱でしたよね。
誰が使うんだこんなクソカードってくらいクソ雑魚ナメクジですよ(言い過ぎ
まぁ実際ゴミ以下のプラナリア状態ですけども。開発者出てこーい。

正直、この性能でイケると判断した開発サイドはマジで無能だと思うんですが、
どこをどう見てGOサイン出したんですかコノヤロー(酔ってて攻撃的になってます
黒ソラスとセット販売されてハズレ枠扱いになってるユージェンの気分だよ!(byアイギス

てなわけで、この最悪最低なクソヒーロー「少年シドー」の問題点と、
どうすれば救済されるのかを考えていくコーナーのはじまりはじまりー。

まず、レベル1ー。
条件次第で1コスト3ダメージはなかなかですが、まず建物がないと始まらないのに、
その建物の耐久を減らすとかアホかと。
百歩譲って耐久は減らしていいけど、対象を選べるようにするか、
ダメージを4点に増やす、あるいは建物なしでもランダム2点飛ばせるくらいでないと、
使う気になりません。
現状では劣化ビアンカなのよなあ。

で、レベル2ー。
これがもうクソの中のクソですね。コスト6とか頭おかしいんじゃねーの?(言い過ぎ
全体ダメージ2点はかなり強力ですが、味方も巻き込む時点で使えないし、
そもそも6コスも使ってスタックが4/4とか舐めてるとしか言い様がない。
コスト的には5が妥当だし、全体ダメージならリーダーにも当たるなら、
まだ使いみちがあるんじゃないかと思います。
とりあえず、現状ではゴミ未満のうまのふん。

そして最も救えないレベル3!
…え? なんでこれで大丈夫だと思ったのん…?
正直、発表された時点で「え?」って思ったけど、
まさかそのままリリースされるとは思わなかったわ…。

これの問題点は…というか問題しかないんですが、
他のヒーローと比較するのが一番いいかと思います。

まず、「必殺技」である点。
これは他の必殺技ヒーロースキルと比較するのがわかりやすいですね。
最初の比較対象は1コストで7ダメが出せる「竜王一閃」です。
1コストですよ1コスト! 更に7ダメですよ!
え? シドー君は何点でしたっけ? 3点? マジで!?
一応、コストは0ですが、それがどうしたって感じですよね。
「竜王一閃」と同レベルになるには5回使わないとダメです。
この時点で実用性に疑問が残ります。

次の比較相手はフローラの「裁きを彼らに」。
フローラも弱すぎるということで上方修正されましたが、
5コスト使うとはいえ、相手だけに全体3ダメ(リーダー含む)は悪くない性能。
で、シドー君はどうだっけ? 1人だけ? ふーん、そうなんだー。

アホか(╯°□°)╯︵ ┻━┻

0コストだからって、仮にもレベル3の能力をこんなゴミにしていいわけあるかーい!
回復もできるなんて言い訳にもならんわ!
これを救うには、まず必殺技ではなくす
その上でコストは5~6くらいで毎ターン使えるようにする。
これくらいが妥当じゃないですかねぇ。
つーか、これくらいでないと使う気出ないでしょ。

まぁ端的に言って現状の少年シドーはただのゴミカードなんで、
運営さんの素晴らしい調整をお待ちしてます。
…最初に気づけよって言いたいですけどね、マジで。


追記:もう少し真面目に少年シドーの修正案を考えてみる

[【ライバルズ】上方修正必須!「少年シドー」はこうなるべき]の続きを読む

【ライバルズ】バニーへの道が長すぎる

2020年02月16日 11:45

なんか話題になってるらしい『戦争は女の顔をしていない』のコミカライズを読んだ後で、
同作画者のエロ漫画を見る背徳感たるや(ぉ
成年漫画畑の人って作画レベル高い人多いから、原作付きになると割と無敵ですよね。
『食戟のソーマ』はそういう流れで一番成功した例な気がする。
というか、最近ジャンプはエロからの引き抜き多くね?

さて、ひっさしぶりのライバルズですが、もう来週には新弾が出ちゃうということで、
慌ててバトルマイレージ消化しております。
まだレベル50なんだけど、今日中に99にできると思う?
いや無理(反語

これ、やっぱり不評だったみたいで、次の弾では緩和されるみたいですが、
今から緩和してくれてもいいのよ?

正直、バニー取り損ねたら引退しようかなと思ってるんですが、
次の弾のアナザーリーダーがヒューザなんですよねぇ。

多分、知らない人も多いと思うので説明すると、
ヒューザというのはドラクエ10で登場したキーキャラクターで、
物語の結構重要な位置にいるキャラです。

性格はいわゆるクーデレなイケメンであり、
主人公をライバル視しつつ、文句を言いながらも助けてくれるような、
いかにも女子ウケが良さそうなキャラ造形をしております。
最近はちょっと丸くなりすぎていい人感出過ぎなせいで逆に魅力が薄れた気がしますが、
ゲーム内の人気投票(男部門)でまさかの3連覇を達成した超人気キャラです。
地味に私も好きですw

ライバルズの演技はチャラすぎてキャラと合ってない感じなんですが、
リーダーになってどう印象が変わるか見たいんですよねぇ。
ベロニカもカードとリーダーでなんか印象違うし。

そんなわけで、せっせとライバルズやってるんですが、
最近は割と一強みたいな状況になり難い調整がされているのか、
それなりに色々なデッキと戦えてるような気がします。

まぁこの新弾配信直前のタイミングでまだプラチナ3とかウロウロしてるからかもですが。
この時点でこのランク帯にいるのは、半分引退してる隠居勢(私みたいな)とか、
新規で初めてまだ戦略的に未熟だったり、そもそもカードが揃ってないとか、
そういうプレイヤーが多そうですよね。
だからデッキにバリエーションがあるのかもしれません。

マジで久しぶりにライバルズやってますが、やっぱり面白いんですよねー。
カードゲームはよほど狂った調整されてなければ大抵面白いもんですが。
現在はマイレージ消化中なので、勝敗よりは条件達成優先な感じですけど、
勝利も条件だったりするので、最終的には勝ちを目指さないといけないのが辛い。
てか、上に行くほどキツそうだから、わざと負けを繰り返すのもアリか…?(ぉ

しかし、しばらく離れていたこともあって、今の主流が何なのか全然わかりません。
とりあえずアグロゼシカという基本に立ち返ってやってますが、普通に強くてわからんw
ドラゴンミネアが強いとも聞きますが、あれは前から強かったしなぁ…。

とりあえず、時間が許す限り、今日はライバルズ漬けでいくと決めました。
まぁ、スマホは自動周回のせいで使えないってのもあるんですがね。
ライバルズはスイッチでもできるのが神すぎるわー。重いのだけが難点。

…あれ? 結局FEやれてなくね?

つまみプレイ症候群

2020年02月11日 19:43

スマホが1台しかないと、自動周回などさせてると手持ち無沙汰になるわけで、
だったらCSゲーやればいいじゃない、というアントワネット的発想から、スイッチやってました。

ところが。

私、スイッチのゲームは無駄に色々DLしてて、しかもほぼ全て積みゲーという罪深い状態。
これは何からやればいいのやら…。

というわけで、適当に選んで遊んでみます。
うん、なかなか面白いじゃないか。もう少し遊んでみるかー。

~1時間後。

ふぅ、ステージ2まで来たぜー。そろそろ慣れて来たけど、疲れたから休憩、っと。
うーん、面白いのは面白いけど、こればかりやるのも飽きるなぁ…。
よし、ちょっと別のゲームやってみるか!

~1時間後。

こっちもなかなか面白いじゃないの。
2章目まで来たし、そこそこ楽しんだかなー。
あ、そうそうこっちのゲームも気になってたんだよねぇ。
中断してこっちやってみようっと。

…みたいなことを延々やってました。
うーむ、1本のゲームに集中できない。

これは積みゲーが多すぎて選択肢がありすぎることで目移りするのが原因なのか、
プレイしてるゲームに1時間以上遊ばせる魅力がないのか、
アクションゲームを1時間以上やり続ける気力がなくなってるのか、
それら複合的な要因なのか色々考えられますが、
この調子では少しずつプレイはするけど1本たりともクリアすることなく終わりそうです。
ひぎぃ。

まぁ、これはスマホゲーのスタイルに染まりつつあるのもあるかもしれません。
私は複数タイトルを並行してプレイしてるので、
基本的に1本のゲームを延々とやり続けることはありません。
ブラダスもアイギスも長くて1時間くらいプレイしたら、中断するなり別ゲーやるなりしてます。
ブラダスの場合は自動周回で放置してることも多いですけどね。

なので、基本的にプレイスタイルはつまみ食い形式。
最早ガッツリと1本のゲームを腰を据えて遊ぶことをしなくなって久しいのです。

で、積みゲーって基本無料ゲーが大量にあるのと同じで、
チョロっと触ったら次のゲーム、みたいに移りやすいんですよねー。
それはゲームが大作だろうがインディーだろうが関係ありません。
即座に違うゲームが遊べるという環境の問題です。

これはDLがメインになり、
ソフトの入れ替えという煩わしい作業から解放されたことも影響してそうですね。
少なくとも別ゲーを遊ぶ度に毎回ソフト入れ替えしなくちゃいけなかったら、
それならもう少し同じゲーム遊ぶかーってなると思います。

あと、スイッチってホールド性が悪い上にデカいので、
寝ながら遊んでると手がすぐに疲れるんですよねぇ。
画面が大きいのも考えものです。
その点PSVはマジで理想的なスタイルでした。延々と遊んでられますマジで。

なので、アクションやってると手の疲れと集中力の低下が重なって、
モチベがどんどん落ちてくるんですよ。ミスも増えて悪循環。

じゃあRPGやろうと思うと、最近って純粋なRPGって少ないんですよね。
ほとんどアクションになっちゃってて、しかも買ってるのもそういうのばかりなんで、
気分転換になりにくい。
DRPG天国なPSVに戻ろうかと本気で思います。
PSVってじっくり遊ぶのに適したハードだったよねぇ…。
なんならアーカイブスでワイルドアームズ2やってもいい。もう5週くらいしてるけど(ぇ

そんな感じで、どうも集中力に欠けている状態です。
何か1本に固定すべきだよねぇ。

個人的には、なんでこんなに絶賛されてるのか分からない、
FE風花雪月をやり直したいと思ってます。
あれ、学園パートくっそ面倒くさくて投げたんですが、
学園パートは適当に済ませて通常のFEと同じような感覚で遊べれば、
かなり印象変わるんじゃないかと期待してるんですよね。
そんなわけで次のエモノも決めたことだし、次こそはプレイ記録で更新したいと思います。

…本当にできるの?
そうとも言えるしそうでもないとも言える。

最近読んだ漫画が全部面白かったので全部について語る

2020年02月11日 10:57

そろそろ本格的にCSゲーに復帰しようかと思うんですが、どれからやろうか悩み中。
積みゲーが崩せない理由って、未プレイゲームが多すぎてどれからやるか決めきれずに、
悩んでるうちに面倒くさくなって結局なにもやらないで終わる、というパターンが多い気がする。
そんなこと言いながら書くのは漫画のことなんだから、そりゃ崩せねーわ…。

前置きが長くなったので、ちゃっちゃといきましょう。
1冊目は『艦これ 今宵もサルーテ!』。
タイトル通り艦これのスピンオフ漫画で、お酒を題材にしたコメディです。
海外艦が中心なので日本艦が好きな人には不満があるかもしれませんが、
まぁ日本艦は散々あちこちでやってるからたまにはいいよね?

ガンビア・ベイ、タシュケント、コマンダン・テストの3人が鎮守府でバーを始めるという内容で、
まったくの素人の3人が、あれこれと奮闘しつつバーテンダーとして成長していく物語です。
3人娘がメッチャ仲良しなのが最高に見てて幸せになりますぞw

2巻は特にロシア艦の魅力が炸裂してましたねー。
ガングートさんマジイケメン…。
間宮(喫茶店みたいな所)でダベってる後輩(?)達と相席して、
さっさと自分の注文を平らげて先に会計済ませて帰っちゃうんですが、
何も言わずに相席した子たちの分まで支払い済ませてるとか惚れるわw

同じ話の中でタシュケントがベロベロに酔って帰ってきて、
「ふたりともきらい!」とか言って愚痴を零しまくるんですが、
段々といかに2人のことが好きなのかという話になってきて、最後にポツリと、
「…きらいって言ったの、うそ」って言う所可愛すぎて悶死にそうでした。
普段クールなキャラだけにギャップ萌えがやべぇ。

酒造メーカーがきちんとお酒の解説をしてくれてたりして、お酒漫画としても実に良いので、
艦これ知らない人も試しに読んでみるといいよ!

お次は『アクタージュ』10巻!
これ、読み終わった時の興奮がヤバくて、すぐにでもブログに感想書こうと思ったんですが、
ちょっと眠気が限界でそのまま寝落ちして有耶無耶になってたんですよねー。
やー、アクタは本気で面白い!

いよいよ舞台が公開されたんですが、ようやく王賀美陸の凄さが伝わってきましたね。
今まではポッと出な上に、キャラクターたちが「すごいすごい」というだけで、
読者的には何が凄いのか伝わってこなかったんですが、
舞台役者として動き出してから一気に魅力が出てきました。

舞台が始まってからの展開のメリハリの付け方も素晴らしく、
特に夜凪への観客の印象が途中でガラリと変わる所は本当にゾクゾクとして、
「主人公交代だ」で終わったクリフハンガー感ヤバすぎる。一刻も早く続きが見たい!
アクタ読むとこんなことばかり言ってる気がするけど、それだけ物語に力があるのよね。
バトルバトルになりがちなジャンプの中でこういう話が連載されてて、
しかもそれなりに人気が維持されてるのって凄いことだし意味があることだと思います。

月初めはジャンプ漫画の発売日なので、お次もジャンプ漫画ですよ。
これも度々絶賛してる『ゆらぎ荘の幽奈さん』20巻。
何気にエロコメで20巻は快挙だったりしますよ?

長編が続いた反動か、今回は息抜き回中心でした。
こういう物語が進展しない話を嫌うせっかちな人が多いんですが、
個人的にはむしろゆらぎはこっちが本領で、トチ狂った話に爆笑してるんですが、
共感してくれる人いないのん?
雲雀がラッキースケベハプニングを受け入れて、
コガラシ君の頭を股間で抱きしめてる絵とか狂気すぎてゲラゲラ笑ったんだけどw
なんで点描飛ばしてちょっとイイ話風にしてんだよwww

ヒロインたちがオッサンになる話とか死ぬほど笑ったわw
女の子がオッサンになってもラッキースケベ(?)が発動してるし、
これには最近大暴れしてるフェミさんも思わずニッコリ(いやいや
しかもこの話、ただのバカ話じゃなくて、コガラシ君のちょっと残酷な優しさを指摘してたりして、
結構深い内容だったりするんですよね。
ゆらぎを批判してる人たちは、偏見を捨てて「物語」の部分も注目して欲しいなと思います。

ラストは『神緒ゆいは髪を結い』最終巻。
途中から妖怪スケバンバトルに転向してから加速度的に面白くなり、
実際、作者も3巻以降は楽しく描いてたみたいなので、
やっぱりこの人はこういう作風が合ってるんでしょうね。

腕が4本あって宙に浮いてるヤツとか完全に人間じゃねーし、
人造スケバンとかなんでもアリかw
トドメは卑弥呼を女王(スケバン)にしちゃうやーつw
うん、女の頂点は確かにスケバン(女番長)かもしれないけどね、うん。
その発想はなかった。

単行本には未登場スケバンのラフや設定も載ってて、
本当にもう少し続いてくれたらと悔やむばかり。
特に双子スケバンはマジで惜しい…片方男の娘とかマジかよ…見たかった…(血涙

ちなみに余程単行本が売れてないのか、発行部数がメチャ少ないようで、
4巻はどこにも置いてなくて、さんざんハシゴして最後の1冊を手に入れた時は、
神に感謝しましたよ(大げさ
椎橋先生大好きなんで、『イリーガルレア』もちゃんと持ってるんだぜ。
アクセル全開だ!

なんだかんだで、やっぱりジャンプは強いですねー。
マガジンは別冊で進撃読んでるだけだし、サンデーはトニカクカワイイだけ継続中。
サンデーは脱落漫画多くてねぇ…双亡亭は面白くなったのん?
地味にジャンプ外でオススメは、チャンピオンでやってる「SHY」です。女の子可愛いのよね。
入間くんも地味に読んでるけど、まさかアニメ化するとは思わなかったなあ。

そんな感じで、漫画も色々読んでます。
でもそろそろ整理したいですねー。
私、電子書籍は便利でいいなと思ってるんですが、
やっぱり信頼性が全然ないのがネックなんですよねぇ。現物に勝る安心感なし。
ただ、現物はスペースを占拠するのがデメリットなので痛し痒しですな。
広い家に引っ越したい…。



最新記事