FC2ブログ

日本一ソフトウェアの思い出

2019年05月18日 19:29

DRPGの歴史に名を刻む名作「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」の続編発売が決まり、
最速で予約してワクワクしてたんですが、発売が半年以上延期されるという話を聞いて、
確実に「ディスガイアRPG」の影響だろうなぁ…と思っていたら、
想像以上に深刻なダメージを受けていたようで心配しております。
潰れてもいいけどガレリアだけは出してくださいね!(おひ

さて、皆さんにとって「日本一ソフトウェア」というと何を思い浮かべるでしょうか?
大半は「ディスガイアの会社」というイメージだと思いますけど、
それ以外にも色々なゲームを出している、なかなかの老舗なんですよね。

私は初めて名前を目にしたのはPS1の「どきどきシャッターチャンス」というギャルゲーで、
女の子の写真を撮るゲームだったと記憶しています。
結構評判も良かったんじゃないかな?
中古で買ってはあるんだけど、プレイしてないんですよねー。

そして、良くも悪くも有名な「クッキングファイター好」ですねw
あれ、電プレに体験版があったんですけど、あまりにクソすぎてスルーしたのを覚えてます。
ありがとう体験版。料理の方法が独特すぎて意味わからなかったのよな。
でもクソゲー本で特集されてるのを見ると面白そうに見えてくる不思議。
こういうのは「クソゲー」ではなく、「バカゲー」と呼ばれる愛すべき類の物ですな。

で、個人的に日本一ソフトといえば「マール王国の人形姫」なんですよ。
恵まれたキャラデザ、ミュージカルという大容量を活かした演出、温かみのある世界観と、
申し分のない要素で構成しておきながら、肝心のRPG部分がクソだった悲しい作品です。
真四角で単調な部屋が延々と続く、初期のゼルダみたいなダンジョンがトラウマ。
こういうのばかりだったからプレステはRPGが弱いとか言われたんだよなあ…。

とはいえ、プレステでは貴重なRPGであり、キャラも可愛かったことから、
それなりにヒットしたようで、ここから色々なビジネス展開がされていきました。
「ローゼンクイーン商会」はこれが元ネタです。

ここからマールシリーズを色々と展開していたんですが、
PS2に合わせて大改装されたのが、「ラ・ピュセル」ですね。
「ディスガイア」の原型とも呼べる、他のRPGとは一線を画するやり込み要素を搭載し、
SRPGとしての出来が非常に良かったこともあり、大いに楽しませてもらいました。
これは文句なしの名作です。

そして、満を持して登場するのが「ディスガイア」です!
これまでのノウハウを注ぎ込んで作られた、究極のやり込みSRPGとして颯爽と登場し、
桁違いのステータスによるインフレ具合が育成熱を加速させる、
「やり込みゲー」の元祖とも呼べる、ゲーム史に名を残す名作でした。

ただ、「ディスガイア」が文字通りやり過ぎたためか、
RPGにはやり込み要素が必須という風潮が広がりはじめ、
複雑なシステム、果ての無い育成要素など、
楽しさより面倒さが目立つゲームが増えだしたのもこの頃ですね。
間違いなく「ディスガイア」の影響だと思います。

私はこのあとは、「ファントム・ブレイブ」「ファントムキングダム」とプレイしましたが、
この頃から少しゲームをするのが億劫になってきて、積みゲーが増えだしたんですよね。
日本一ソフトのゲームは「ソウルクレイドル」で一旦購入することをやめて、
PSP版「ディスガイア2」までゲームから離れる期間がありました。
2年くらい空白の期間があるんですが、何やってたって東方にハマった時期でしたわw

PSPのおかげでゲーマーとして復帰して以降、日本一ソフトのゲームにはお世話になりました。
やはり、やり込みゲーと携帯機の相性は抜群にいいんですよね。
もうひたすらPSPを抱えてた気がします。
「クラシックダンジョン」「絶対ヒーロー改造計画」「クリミナルガールズ」等、
粒ぞろいの佳作が多いメーカーという印象でした。

特に「絶対ヒーロー改造計画」は、ローグライクとして非常によくできていたので、
オススメしておきたい一品であります。
電撃文庫とコラボしており、
キノやブギーポップを自キャラに使えたことを知ってる人は少ないんじゃなかろうか?
特撮チックな見た目の主人公が苦手な人もこれで安心(ぉ

ただ、この頃から開発を外部に任せるゲームを扱うことが増えてきて、
それらの多くはクソゲーであり、でも名義上は日本一ソフトのゲームだったため、
日本一ソフトの名前にクソゲーメーカーのレッテルが貼られる原因にもなりました。
まぁ、販売元ならソフトのクオリティ管理くらいしとけという話なので、自業自得ですけども。

特に有名なのは、クソゲーオブジイヤーを獲得してしまった「ラストリベリオン」
これ、ヒットメーカーという会社が開発してるんですが、
ここはリベリオンの前にPSPで「ドラグナーズアリア」というRPGを出してまして、
これも相当なクソゲーでした。
てか、個人的にこれを超えるクソゲーには出会ったことがないレベルのクソの塊なので、
興味のある方はプレイしてみてね☆(鬼畜
開始1分で嫌な予感しかしないヤバみ満載の逸品ですぞ。

この辺りから雲行きが怪しくなり、
「魔女と百騎兵」や「ホタルノニッキ」「夜廻」等のスマッシュヒットも度々出るものの、
それ以外はディスガイア以外鳴かず飛ばずという印象が強いですね。
どうも作り込みが甘いというか、ボリュームが足りないゲームが多いのよな。
ディスガイアとは真逆のベクトルに向かってる不思議。

私としてはこれ以降はもうルフランしか買ってません。
むしろ、こんな状況でルフランのような名作が生まれたことが奇跡ですね。
「じんるいのみなさまへ」がちょっと気になってるので、
他に買うゲームがなかったら買うかもしれませんがー。

なんだかんだで、PS1初期の頃から目にしてきたメーカーなので、
なんとか立て直して、ディスガイアやルフランに次ぐ名作を生み出して欲しいものですね。
…今更ソシャゲに社運を賭けるようになったら、もうダメな気がするなあ。遅すぎるよー。

ソシャゲに溺れていく

2019年05月18日 13:10

ヤケクソ気味にここまで育ててくれて、ありがとうw



プラチナ帯はガチばかりではないから、こういう楽しいバトルもあるんだけど、
ダイヤに上がると途端に雰囲気が悪くなるのがライバルズの欠点だなー。
大会参加者のデッキが全部同じで笑うわ。

ソシャゲを遊んでると広告がチラホラと出てきて、中には気になるゲームの宣伝もあります。
そういうのをとりあえず落とすだけ落としていたんですが、ちょっとアプリを整理しようと思って、
ちょっとだけ遊んでみたりしてたんですよ。
まぁ中には、人知れず死んでるアプリもありましたが…。
ソシャゲはこういう所が嫌なんだよなぁ。サービス終了しても遊べるようにできないかね。
パズルゲーとかならできそうなのにー。

で、色々とやってみたんですが、結果として、これがいい感じでした。

ブラウンダスト

Screenshot_20190516-204106.jpg

最初にユニットをどう並べるかを決めて、行動順も自分で設定できるため、
戦略性が高くてバトルが楽しいです。
最初だけ決めてしまえば、戦闘開始からは眺めているだけになります。
これはこれで楽でいいですなー。

Screenshot_20190516-223618.jpg

陛下かわいいw
キャラデザが好みだったのも大きいですね。
萌系ではない、ちょっと落ち着いた色合いが素敵。

自動周回設定もあって、繰り返し潜るようなダンジョンも勝手に何度も潜ってくれます。
当然スタミナを消費しますが、
最初はどう考えても使い切れない量のスタミナが貰えるので大丈夫です。
むしろ最初よりドンドン増えてる謎。

課金アイテムである「ダイヤ」が色々な部分で貰えるので、
特に課金の必要性は感じません。
まぁ、対人戦コンテンツで勝ちたいとかになると課金必須ですが、
そこを気にせずストーリーをゆるゆる進めたい程度なら問題なし。

てか、ガチャの確率が渋すぎるので、
キャラ目当てで課金するのは石油王でもない限りオススメしません。
確定で高レアキャラが選んで貰えるチケットとかで交換するものだと思う。
あと、1日1回無料で有料ガチャを引けるので、それに賭けるのが吉。
ダイヤの使いみちは育成関連に絞るのが良さそうですね。

で、「ブラウンダスト」を遊ぶ代わりに、
今までチマチマとやっていた「にゃんこ大戦争」を辞めることにしました。
特に課金とかはしてなかったんですが、地道に溜めたネコカンで20連回して、
超激レア1枚も当たらなかった時点でやる気失せたわ…。
確率アップとはなんなのか…。

あとアレ、特定のユニットを持ってないと攻略できない部分があるので、
ガチャで当たるまで先に進めないというのはクソゲーすぎると思うわー。
こういうのがあると萎えます。

そう考えると、やはり「アイギス」が一番落ち着きますね。
誰とも繋がらない気楽さは格別。
やはりゲームは1人でじっくりと遊ぶべきものよな。

大当たりの異世界漫画『ライドンキング』が面白すぎる!

2019年05月12日 11:15

私の趣味のひとつに漫画の表紙買いがあるわけですが、
「悪くはない」作品は多々あれど、当たりを引くことはそうそうありません。
でもそうやって自分で探してみないと、この漫画飽食時代では良作に巡り会えないのです。
それでも諦めずに求め続ければ、こうして面白い作品に出会うこともできるんですね。

そんなわけで、久しぶりに見つけた「当たり」だと思える漫画、
『ライドンキング』を紹介しちゃうぜ!(東京エンカウント風に

メッチャ端的に説明すると、プーチン大統領が異世界に転移する漫画です。
もうこれだけで面白くて、実際、それだけの理由で買っちゃったんですが、
作者が『空手小公子 小日向海流』の人なので、作画がメチャクチャ綺麗です。
特に筋肉が美しい…。

で、ただの異世界物は適当ファンタジーなものが多いんですが、
本作はかなり設定が練り込まれたハイ・ファンタジーな世界なので、
なろう系ファンタジーに辟易してる人も安心して読めるかと思います。
異世界物に対する偏見を薄れさせるという意味でもオススメ。

で、主人公のプーチン…ではなく、プルチノフ大統領がチート級に強いんですが、
元ネタの人物を考えればアリな気がしてくるのが反則だと思いますw
ニートや陰キャが無双するより断然納得できますよねー。

また、プルチノフさんは倫理観もしっかりしており、常識的な紳士でありながら、
珍しい生き物を見ると騎乗したくて仕方なくなるオチャメさんでもあり、
硬すぎず緩すぎずで、とても好感が持てる主人公なのもいいですね。
読んでいて安心感があるというのは、とても大切。

まだ2巻しか出てないので、物語的な評価を下すには早すぎる感がありますが、
しっかりしたファンタジー世界でプーチン大統領風の男が大暴れするというだけで、
面白くないわけがないですよねw
感覚としては、鬱要素を減らしてややコミカルにした『ベルセルク』。

綺麗な作画にしっかりした世界観、好感の持てる主人公に、スピーディーな展開と、
安心して読めて文句なしに面白い良作です。
2巻はメチャいい所で終わっちゃうので、3巻出てから買う方がいいかもw
まぁそれはそれで、別の引きに振り回されそうですがー。

くあー、早く3巻出てくれー!

【ライバルズ】新弾面白そうね!

2019年05月12日 03:05

相変わらずラーミアがウザくてウンザリ気味の岳るですドーモドーモ。
特殊勝利の勝率が47%もあることは異常だと思って欲しいですな運営=サン。
エグゾディアが2回に1回は決まる遊戯王とかクソじゃないの?

そんな不満だらけな現環境ですが、
再来週に登場する新弾で環境が変わることに期待ですな。

なんといっても、ゾーマがヒーローカードになったのが面白すぎるw
使えるかどうかはともかく、ゾーマは人気の魔王なので、採用は妥当なところですな。
運営の本気を感じる。

面白いカードとしては、新生シドーもいいですね。
一閃で一撃ラインなのが微妙ながら、原作再現のベホマ装備とかこだわりがいい感じ。
今回は冒険者が強化されるみたいなので、フローラがシドーに贈り物できれば強そうw
まぁこういうのは取らぬ狸の皮算用なんですけど、考えてる時は楽しいよねw

あとは、アナザーキャラに魔勇者アンルシアが来ました!
10やってないと誰?って感じだろうけど、10を知ってると話は別で、
これは是非とも手に入れたいですな!
入手のハードルも結構下がってるし、これはピサロ(魔剣士)が捗ってしまいそう。
唯一残念なのは、テンションスキルでピサロナイトを呼ぶこと。
専用の手下モンスター実装してあげて…。

ライバルズ熱はかなり冷めてしまっていたのだけど、
やはり大型アプデが来ると楽しくなってきますよね。
課金するかどうか悩ましい…。
今月はもうアイギスに3万突っ込んじゃったからなあ…(ぉ

過去と現在におけるRPGの価値基準についての独白

2019年05月08日 00:24

GW中に友人たちと集まる機会があったんですが、
そのときにドラクエ10仲間である友人の1人が、違うMMORPGをやってまして。
『黒い砂漠』というのは、相当古いゲームだと記憶しているんですが、
最近スマホアプリ版がリリースされたそうですね。
で、話を聞くと、色々と驚くことばかりでありました。

何がというと、かつて友人Sがのたまわっていた、
「ボタン連打するだけで進むRPGねーかなー」が実現しちゃってたのです。
いや、それ以上に、ボタンを連打する必要すらなく、
目的を入力するだけで目的地へと勝手に移動し、自動で戦闘をこなし、
あまつさえストーリーまで進めてくれるというのだから、ぶったまげですよ。
プレイヤーは何をすればいいんだってレベルです。
放置してるだけでレベルは上がり、クエストもクリアされていくとか、
RPGという概念が完膚無きまで破壊されてるんですがそれは。

正直、それが楽しいのかは私には分かりませんが、
面倒な作業から開放されて、やりたい部分だけをやれるというのであれば、
それはそれでアリのような気もしてきます。

というのも、RPGにおいて最もつまらないことは「作業」だと思ってるので、
それをカット、あるいは自動化するというのは、人の欲望において理に適っているわけです。
レベル上げのためにコントローラーのボタンを割り箸で固定するのと同じです。

ドラクエ10で私は6キャラほど実用レベルまで育成しましたが、
育成のためにストーリーを進める必要がありまして、ぶっちゃけ、ただの苦行でした。
今更ながらによくやったなぁと思います。

今現在、ドラクエ10がほぼ引退状態になっているのも、
リアルの忙しさがきっかけではありますが、
少ない時間の中で、メタル系の敵だけが出現するメタルチケットというアイテムを使い、
ひたすらメタル狩りをしていた時に、急激に虚しさを感じたためでもあります。
「これが楽しいのか?」と思ってしまったんですね。
私、元々レベル上げ作業って嫌いなんスよ。
お金を貯めるのは好きだけど(違いは何なのだろうか

大抵、私がRPGを途中で辞める時は、
先に進むために莫大なレベル上げを必要とされる場合が多いので、
あまり意識したことはないんですが、
私はレベル上げ作業が嫌いだったんだなあと今更気付きました。そーなのかー。
アイテムとかを集めるのは好きなんだけどねぇ。

私に限らず、わざわざゲームの中で「作業」をしたいという人はあんまりいないと思うので、
面倒で面白さを感じない部分を自動化していくというのは、
ある意味でゲームの進化なのかもしれません。
社会人は時間もありませんしね。

ただ、「RPG」とは本来、「役割を演じるゲーム」であり、
面倒なことですら己の冒険の足跡として楽しむものだったはずです。
ドラクエ1や2でスライムにすら苦戦したことも、
今なら「そうそう、雑魚が無駄に強かったよなw」と笑い話にできますが、
ガチャでいきなり最強クラスの装備やキャラを手に入れる今のRPGでは、
いったいどんな思い出が生まれるんでしょうか?
それはもう「ロールプレイ」ではないように思えます。

今の時代、ゲームは星の数ほど存在しているので、
自分の希望に沿うゲームを選べるのは幸いなことです。
しかし、ゲームはやはり新しい物を遊ぶのが一番楽しいと思うので、
懐古に溺れるようなことはしたくないというのが私の希望であります。
どれだけ『エルミナージュ』が名作であっても、
それだけを遊び続けるというのは私の選択肢にはないのです。

世の中のニーズが『黒い砂漠』のような仕様を求めるのだとしても、
そればかりになるのは困り物ですね。
「不便を楽しむ」ことができるのが理想なんですが、はてさて。

とりあえず、大量にある積みゲーでも崩しながら考えてみようかと思います。
この中に「不便だけど楽しい」ゲームがあるといいなあ。



最新記事