『競女!!!!!』が打ち切られたらしい…。

2017年04月22日 17:38

まだBD最終巻も発売されてないのに…orz

いやね、放映時はメチャクチャ大人気で、世界中で絶賛(爆笑)されてて、
尻のおかげで世界は平和だと思ってたら、円盤は売れないわ原作も特に売上増えないわで、
アニメの宣伝効果とはなんなんだろうかと真剣に考えるレベルで影響力なくて、
こうなる可能性は常にあったという危機感はあったわけだけど、
実際に打ち切られるとダメージでかすぎて吐きそう…(そこまでか

私は単行本派なんで、雑誌でどこまでやったのか知らんのだけど、
どう考えても5尻と戦うところまで行ってないよね?

まぁ、原作がイマイチ売れなかった理由は分かる気もします。
というのも、アニメは本当に原作の面白い部分を上手く抽出していて、
その結果として、単行本3冊分くらい全部なかったことにしてるのよね。
逆に言えば、最初の3巻くらいまでは、つまんない内容なんですよ。男もいるし。

なので、アニメから入って、とりあえずお試しで原作1巻買ってみた人がいたとすると、
アニメのノリと全然違ってて、同じ作品なのか目を疑うこと必至。男いるし。

これを「アニメの過去話」だと前向きに捉えることができればウェルカム・トゥ・競女ですが、
結局、アニメでも原作でも後半には出番がなくなるキャラの話を見てもつまんないですよね。
男いるし(しつこい

なので、アニメの内容に追いつくまで原作を揃えようという気にならなかった人が、
結構いたんじゃないかなあというのが、個人的な分析です。
私みたいに、気になったらとりあえず全巻揃えるバカヤロウは、そんなにいないらしい。

しかし、サンデーは本当に読むものなくなりましたねぇ。
ハヤテも終わっちゃって、柊様もなんか迷走しててつまんなくなっちゃったので、
今は『双亡亭壊すべし』しか読んでないんですけど、これも微妙にテンポが悪いんですよね。
特にタコハが喋りだすと遠回し遠回しの挙句に抽象的結論出す感じになるんで、
引き伸ばし感がヤバイ。
あと、『RYOKO』は休載できるような大物じゃないと思うんで、もうちょっと頑張れ。

はあ…せっかくの休みなのに、テンションだだ下がりですわー…。

今風リメイク

2017年04月20日 22:43

皆さん、お久しぶりです。
気が付けば1週間も更新してませんでした。
最近は残業が常態化してるのと、
足りない時間はひたすら『ホライゾン・ゼロドーン』に充てていたので、
ブログ更新してる暇もネタもありませんでした。
一通りクリアしたらSS大放出する予定。メッチャ撮影してます。

で、今日は大量にゲームが発売されたので、折角なので更新してみました。
私が買ったのは、『ファイアーエムブレム・エコーズ』『ファミスタ・クライマックス』
『ダンジョントラベラーズ2-2』『ダークソウル3完全版』の4本。
あと、来週は『ガンガンピクシーズ』も買います。
誰だ4月は閑散期とか言ってたヤツは。

で、とりあえずFEだけ触ったんですがー…随分とオサレにリメイクされたもんですにゃー。
こんなにしっかりと背景とか語られてた記憶は全然ないんですが。
メッチャドラマチックになってて苦笑。

確かクリフが成長率凄くいいキャラなんですが、
こいつ、もっとナヨっとした、もやしっ子だったと思うのよね。
妙に女性人気出そうなキャラになってて、こちらも苦笑。

まぁ、今更ベタ移植されても困るのは確かなんで、むしろ変化してるほど、
既プレイヤーも楽しめるというものです。
諸々の大半は忘れてるんで、ベタ移植でも問題なかった気がしますが(ぉ

それはそれとして、本作最大の目玉は限定版に付いてくるサントラだと思います!
FC版の元の音楽と、アレンジ版が交互に収録された面白い仕様のサントラで、
FCサウンドがどう生まれ変わったのか聴き比べられるのが面白いですね。
個人的に超お気に入りの「出逢い」が収録されてたんで嬉しい。
シナリオは忘れても音楽はしっかり覚えていて、どの曲も懐かしさに泣きそうです。
これ、ゲームもアレンジとFCサウンドを切り替えられたらよかったのにね。

元が古すぎる作品なんで、最新のFEと比べると物足りない感はありますが、
まさか今更「外伝」が遊べるとは思わなかったので、こういうのもたまにはアリだなと思います。

さて、どれから手を付けるべきか悩ましいなあ。多分、ダントラやるんだけど。
コマンドバトルの面白さを体験するには最適なゲームですじょ。
アクションが苦手な人は、思考するバトルの面白さに触れてみてほしいですにゃー。

恐るべしオープンワールド。

2017年04月13日 00:11

『ToLOVEるダークネス』最終巻が出て、
矢吹神描き下ろしのモモのパンツブラが話題になりましたが、
多分あれ、『ゆらぎ荘の幽奈さん』の影響だと思うので、
もっとミウラ先生は評価されるべきだと思う。
つーか、「ToLOVEる」読んでて「ゆらぎ荘」読んでない人が多いことが驚きだよ!

さて、最近はひたすら『ホライゾン・ゼロドーン』やってるわけですが、
どうも脇道に逸れ過ぎてるようで、
レベル25の時点でメインクエストの推奨レベルがまだ12だったということにビックリしてます。
ちなみに、この時点でプレイ時間は25時間超えてます。

いやだって、どう考えても、まっすぐストーリーを追うゲームじゃないでしょ?
道を進めばサブクエストや謎のアイテムが散らばってて、
こんなの隅々まで探索するしかないじゃない!(CV.水橋かおり

で、探索してると美しい光景に出会い、思わずパシャリですよ。
ゲームと関係ないところで、メッチャ楽しんでます。

まぁ、さすがに進まなすぎててアレだったので、いい加減メインを進め始めたわけですが、
推奨レベルは低いのに、やけに目的地が遠いんですよねぇ。
完全な空白地帯(未探査領域)の奥の奥に目的地が設定されてて、
それで怖気づいてたってのもあります。だって怖いじゃん。

この遠大な旅路は、そりゃあもう波乱の連続でした。
最大の見せ場(?)は、巨大機械との遭遇ですねー。
あれ、デカすぎて距離感つかめないのヤバい。

砦から出てすぐのところに、鳥型の機械が飛んでたんですよ。
鳥型は何度か戦ったこともあるんで、
邪魔だから撃ち落としておくかーと思って矢を撃つんですが、何故当たらないんですよね。
仕方ないので無視して進もうとしたら、その鳥が目の前に降りて来たんですよ。

なんか、想像してたサイズと違った。

もうね、デカいというかデカすぎる!
ちょ、想像してたの、これの1/3くらいだからね!?
矢が当たらなかったのは、サイズがデカすぎて距離感狂ってたからで、
別にバグとかじゃなかったわけですねアハハー。

とはいえ、せっかく降りてきてくれたんなら戦ってみようと、応戦してみたんですが、
これがもう強ぇー強ぇー。
全然体力削れないし、こっちはみるみる回復アイテム消えてくしで、
一気に血の気が引きました。

大慌てで逃げるも、走って逃げられるわけないですよね。相手、飛んでるんだもんね。
パニックを起こす岳るの目の前に、たまたま戦闘前に降りてた騎獣がいて、
神の存在を本気で信じそうになりました。
そして騎獣のありがたさも実感しました。
そりゃあ『進撃の巨人』でも馬は大事にするよ。
騎獣に乗って走ったら、逃げられたもんね。ありがとー、ありがとー!
背後からビームだかなんだかがビュンビュン飛んで来るの、映画のワンシーンみたいだったわ。

こんな感じの不意の遭遇が多くて(というか、そういうのばかりで)、
「ああ、旅してるんだなあ」としみじみ思ったものですよ。
冒険のネタが歩いてるだけで見つかる凄さよ。

もう他にも面白いこと大量にあって、プレイ記録つけなかったの軽く後悔してますけど、
いやもう本当に、オープンワールド最高やで!
メインを進めたらサブがまた大量に発生して、これ30時間で終わるとか大嘘だろと思いながら、
今日もまた狩りの日々を楽しもうと思います。
次は何をしようかなあ。

とりあえず今はアライさん狩りたいんですけど、いい狩場ないですかね?

『ドラゴンクエスト11』7/29発売決定!

2017年04月12日 11:39



いやー、PV見てるとワクワクしちゃいますね!
なんだかんだで、ドラクエって安心できる作品なんだなあ。

今回の発表で気になっていた点が幾つか判明したので、ちょろっと書いてみましょう。

まず、PS4版の戦闘について。
基本的にはコマンド制のターンバトルのようです。
つまり、従来のドラクエと同じってことですね。

フリー移動というシステムもありますが、戦場を自由に走り回れるというだけで、
特別な何かができるわけではないようです。戦闘そのものに影響はない。
スクショを撮る時のアングルにこだわるくらいしか意味はなさげですね。

オートカメラだと、ドラクエ8の時のような戦闘になるっぽい。
勝手にカメラが動いて、最適なアングルからキャラの動きを見せてくれるというヤツですね。
普段はこれでやれば面倒がないでしょう。

一番の特徴は、戦闘前に先制攻撃でダメージが与えられること。
シンボルエンカウントのゲームではお馴染みの、
フィールド上で敵に攻撃して先制攻撃権を得るアレですが、
ドラクエ11の場合は先制の権利ではなく、直接ダメージを与えられるようです。
だってプレイ動画で剣で切りつけて戦闘に入ったのに、敵に先制攻撃されてたからねw
でも、ダメージが入るということは、雑魚なら戦闘前に倒せる可能性もでてきました。
これは良いシステムですな!

PS4版は戦闘がどうなるのかだけが気になっていたので、これで疑問は解消です。
次は3DS版について。

冒険途中で3Dか2Dか選ぶことになるようですが、選んだ後でも自由に切り替え可能。
で、序盤は驚きの3D&2Dの併用操作が可能みたいです。

これ、地味に凄いですけど、スライドパッドで操作してると3D仕様の戦闘になり、
十字キーで操作してると、2D仕様の戦闘になるみたいです。
あと、スライドパッドで移動するとシンボルエンカウントですが、
十字キー移動だとランダムエンカウントになるとか、謎の切り替え技術が入ってます。すげぇ。

ただ、ずっとこの仕様でやるのは無理だったみたいで、
途中でどちらかに絞るようになってるみたいですけどね。
どう考えても3D画面と2D画面の同期とかムチャだし、実際手間も膨大みたいですからねぇ。

で、肝心の戦闘ですが、3D版はドラクエ9の戦闘が綺麗になった感じですね。
問題は2Dで、やはりモンスターは動かないようです。がくり。
ここが一番気になってたんですけどねー。

個人的には、フィールド移動は2Dで、イベントや戦闘は3Dでやるという、
ハイブリッド方式でプレイしたいんですが、さすがに無理だろうなあ。
だって、3Dで街の探索とかくっそ面倒くさそうだったんで、正直やりたくない。
カメラもガクガクしてたのが不安。これはさすがに改善されると思いますがー。

PS4版はカメラ操作は右スティックが使えますし、何より風景が綺麗なので、
街中探索は苦にならないと思います。
イベントだけ進めたい人には、チェックポイントが表示される親切仕様ですしね。

当初は3DS版でいいかなあと思ってましたが、これはPS4版で決まりですね。
リモートプレイに対応してればPSVでも遊べますし。
ただ、値段が高すぎる!
3DS版とくらべて3000円も高いってのはさすがに…。

まぁ、クオリティの差にそれだけの価値を見出だせるなら、損をしたとは思わないでしょうけど、
売上に影響が出るレベルの値段差だと思いますねぇ。

発売日は夏休み突入直後という最高のタイミングなんで、
しっかりと売れて、ブランドの次に繋げて欲しいところです。

『ダンジョントラベラーズ2-2』体験版やってみた。

2017年04月09日 20:27

仕事の休憩時間の暇潰しにセットで安売りしてた『灼眼のシャナ』を読んでます。現在3巻途中。
…これ、シャナが可愛いだけの作品なんだなあ。
日常パートのどうでもよさ、ヤキモチ展開のイライラ、確定負けヒロインの無駄な食い下がり等、
読んでてかなりキツイんですけど、何巻くらいから面白くなるのん?

さて、最近はひたすら『ホライゾン・ゼロドーン』やってて、
もう面白すぎてブログ書いてる場合じゃなかった(ぇー
攻略法に広がりがあるゲームは楽しいですなあ。
まぁ、ステルスで頑張ろうとしても、最終的にゴリ押しになる脳筋アーロイなんですがー。

あと、フォトモードが最高!
時間指定とかまでできるから、わざわざ狙った時間まで待つ必要ないし、
色々な効果を付けるだけで印象がガラッと変わるのも面白い。
これのおかげで色々な場所に行ってみるモチベーションが上がりますね。
アーロイが「写真撮影家」とか呼ばれてる理由が分かるわw
これも超絶的に美しいグラフィックあればこそ。アウトドアはアーロイがいれば十分だよ…(ぉ

もっとホライゾントークしててもいいけど、今回は先日配信された、
『ダンジョントラベラーズ2-2』体験版についてですよー。
や、ついさっき体験版全部プレイし終わったんで。
やはりダントラは楽しいにゃー。

今回の「2-2」は、前作の完全な続編ですが、普通の続編とはちょっと違って、
「ラスボスに負けた未来」を描いたものになってます。
こういうの珍しいですよね。

なので、オープニングは前作の冒険を振り返りつつ、いきなりラスボス戦になり、
いかにして敗北するに至ったか、という流れになってます。
ぶっちゃけ、ちゃんと前作やってないとわけわからんし、
できれば最初のラスボス戦まではプレイしておいた方がいいと思いますね。

まぁ、この「敗北して仲間は全員闇堕ちしました」設定のおかげで、
「前作で育てたキャラが弱くなってるのは何故か?」という続編最大の問題点をクリアしてるのは、
なかなかスマートでいい展開だなあと思いましたけども。
装備品とか全部失ってる理由付けとしても完璧。

主人公は前作と同じくフリードですが、闇堕ちした結果、
記憶を失った上に欲望に忠実な性格になり、容姿も幼くなりました。ショタ化ですね。
正直、前作のフリードは真面目すぎて面白みに欠けるキャラだったので、
今回の子供フリードはかなりお気に入りです。

何がいいって、性欲を伴わないエロ行為を自然とやっちゃうのがいいと思うね!(ぉ
好きなものは「マモノとおっぱい」とか言われて、でもこの「おっぱい好き」は、
単純に「柔らかくて気持ちいいから」なだけで、特にエロス的要素を孕んでないのがポイント。
無邪気な子供の好奇心レベルで収まってるバランス感覚が見事です。
そういう下世話なニュアンスを含まないため、
自然とおっぱい談義が展開されるライトな下ネタ感が面白いw

これは岳るの好みの話ですが、
主人公がヒロインに性欲アリアリでエロ行為をするとイラッとするんですよねぇ。
そういうのはエロ漫画とかでやってくれと思う。
ラッキースケベに合ったら慌てて離れて謝るくらいのピュアさが欲しい。

で、肝心のシステム部分ですが、プレイした限りでは、前作とまるきり同じです。
大きく違うのは、大封印書の仕様だけですね。
大封印書は今までパーティ全体への恩恵だけでしたが、
今回は封印されてるマモノがNPC扱いで仲間として戦ってくれるようになりました。
単純に戦力が増えるのは非常にありがたい。
あと、お気に入りのマモノは積極的に連れて行きたくなります。

UI関係は少し見やすくなったかな、くらいで、他は基本的に同じですね。
前作の時点でシステムは完成されてたので、変に弄るよりはいいのでしょうけど、
アイテムの最大所持数が増えてないのが気になるかなあ。
これが少なすぎて、前作は結構ストレスだったんですがー。

なので、できれば前作からプレイした方がいいと思います。ガッツリ前作からの続編なんで。
システム的変化がほとんどないので、「2-2」から先にプレイする意味はあんまりない。
もちろん、「2-2」で気になったから後で「2」に戻っても、
特にシステム的不便を感じずに遊べるという利点もあるんですけどね。
「1」はかなり「2」と違うので、今から遊ぶには厳しいですけど。

あと、序盤は戦闘がかなりキツイと思います。
初期の『世界樹の迷宮』並に死ぬ。
下手にMP節約とか、ギリギリまで迷宮に潜るとかすると簡単に全滅するので、
こまめなセーブと拠点への帰還は意識した方がいいです。

代わりに、レベルが上がり、装備が揃ってくると強くなった実感がメチャ湧くので、
チクチクと育成するのが好きな人には絶対的にオススメできます。

とりあえず、せっかく体験版があるのだから、それをプレイしてみればいいのです。
新キャラのジーナとルコもいい感じです。
特にルコは岳るの好きな成分満載な上にユニークスキルがメチャ強なんで、
これはレギュラー確定だと確信しています。

くうー、早く製品版遊びたいー!



最新記事