FC2ブログ

祝アニメ化! 実に現代的なストレスフリーラブコメ『その着せ替え人形は恋をする』のススメ

2021年05月01日 12:26

GWをお過ごしの皆さん、ごきげんよう。
私はいつGWが強制終了するか恐々としながら過ごしてます(死
何で…こんなことに…orz

リアルが辛い時は漫画に逃避するのが一番!
ということで、今回はアニメ化も決まった『その着せ替え人形は恋をする』を紹介するぜ!

簡単に説明すると、自分に自信のない雛人形造りの家の息子である主人公と、コスプレ好きのギャルによる、コスプレ衣装づくりを通してお互いの距離が近づいていく、微笑ましい系のラブコメです。

特徴としては、とにかく読んでてストレスがない!
この手の話でよくある嫌な雰囲気の展開(嫉妬、勘違い、三角関係等)が一切ないので、安心して読めるのがいいですね。
一瞬、嫌な展開になりそうにはなるんですが、次のページでもう解決したり、問題ないというフォローが入ったりして、驚くほどストレス要素を排除してくるのが逆に凄い。
娯楽はストレスを与えた後で解放させることでカタルシスを与える手法が一般的なんですが、最近では少しのストレスも嫌がられる傾向にあるので、この作品は実に現代的な作りになっているとも言えます。
とにかく安心して読めるのと、コスプレ衣装作りというニッチな分野を丁寧に解説していく構成の上手さも光っており、「知識系」としての面白さも併せ持っているのが人気の秘訣ですかね。読み物として単純に面白い。
最近の流行りとしては、「オタクに優しいギャル」要素も取り入れられていて、ヒロインはバリバリのギャルですが、陰キャな主人公にガチ惚れしていく過程も悶えるポイントですね。

個人的に微妙なのは、主人公が気持ち悪いことですかねー。主人公は裏表のない良いヤツなんですが、等身大の高校生男子をリアルに描写しすぎてて、ぶっちゃけると気持ち悪い。ヒロインをネタにセンズリする所なんて描かなくてもよくね?
あと、あまりにも自分に自信がなさすぎて、鈍感や難聴系主人公よりもちょっとウザい感じになってるのも勿体ないですね。
まぁ、こうでもしないと簡単にくっついて物語終わっちゃうんで仕方ないんですが、物語作りの犠牲となって主人公の好感度が徐々に落ちていくのはなんとも言えないもどかしさがあります。
ただ、周囲の人間が良い奴らだらけなおかげで、少しずつ自分と向き合うことができ始めてるの成長が感じられていいですね。

というか、最新刊はマジで脇役キャラたちがGJすぎる。なんだこれ良いヤツしかいなくて逆にリアルじゃないw
ここまでストレスを排除されるとマジで安心して読めるので、いきなり鬱展開とかにならないことだけ気を付けてほしいですね。このままゆるやかに優しい物語として幸せに終わってくれればいいんだぜ。

ラブコメは好きだけど、ハーレムはなんか違うし、寝取られとか三角関係とかは見たくないし、性格悪い脇キャラ出てくるだけで萎える~みたいな人には文句なしでオススメです。
とにかく可愛いキャラが多いし、絵も綺麗なので、目の保養としてもアリですぞ。


以下、逆に色々と失敗してる『ジーティー・ガール』について語る

[祝アニメ化! 実に現代的なストレスフリーラブコメ『その着せ替え人形は恋をする』のススメ]の続きを読む

【ブラダス】シーズン3開始! ので、時代の強キャラを振り返る

2021年04月25日 14:13

ホビーの帝王智郎君から、新しく予約開始されたガンプラの値段がヤバいことになってると聞いたので、どれどれとAmazon観に行ったら、定価の3~4倍くらいになってて乾いた笑いしか出なかったわ。ちょい高めのキットとはいえ、HGガンプラが2万近いとかネオジオングじゃねーんだぞ。
ちなみにモノはHGナイチンゲールなんですが、私が見た時点でお値段19000円。今はそれでも落ち着いて15000円くらいになってましたが、何考えてこんな値段設定してるのかテンバイヤーは。元は7000円なんだぞコレ。売れるの?
や、売れないから値段下がってきてるんだろうけど、さすがにこんなボッタクリ値段で買う人はいないと信じたいですね。ボランティア価格になるまで放置してほしいところです。
まぁ私、確かにナイチンゲールはガンダム作品で1番好きな機体なんですが、Re100の全塗装済を飾ってる上にロボット魂の超合金も持ってるし、急いでHG買う必要ないんですよねぇ。大人しく再販待ちますわい。

そういえば昨日は30MMの新機体の発売日だったので、お店の開店に合わせて行った所、残り2個でした。あぶねー。
30MMって腐るほど在庫抱えてるから、新作をどれだけお店が確保してくれるか未知数なんですよねぇ。ついでにこの新作、ジョイントパーツが限定特典で付いてくるとかアホかと。ジョイントは拡張する上で必須パーツなんだから単体で売って欲しいなあ。
この惨状を見ると、30MSが出る時もどうなるかわからんなー。予約できなかったし、店売りに賭けるしかないのだが。
ちなみにこの30MSも素体の値段が4倍くらいになってて、それなら普通にコトブキヤのフレガでも買えばいいんじゃね?と思いましたまる。最近出たメガミのガネーシャ(クソデカキット)より高いとかテンバイヤーはマジで頭おかしい。

そういえば、この30MM買いに電気屋とか模型店覗いたら、例のガンレディが大量に在庫にあって、バンダイか問屋か知らんけど、阿漕なことやってるなあと世の無常を感じました。ちょっと調べれば売れそうにないの分かるだろうから、押しつけられたんだろうなぁ…。

とまぁ、プラモ界隈がギスりすぎてて泣きそうなので、話題を戻しましょう。

さて、最近は課金もやめてプレイ時間も短めにしてるブラダスなんですが、先日、大型アップデートが入りました。
大方の予想通り、新伝説傭兵の追加と、新規ストーリーの開始ですね。ブラダスはストーリー面白いし、追加も早めなのがありがたいですな。

試しにガチャってみたら、伝説傭兵の本体と助力者2体という最低限必要なパーツが揃ってしまったので、ちょっとワクワクしております。やっぱりガチャは当たれば楽しいけど、外れると一気にモチベ下がる悪しき文化ですよねぇ。今回は当たったから良かったけど、爆死してたらこんな記事は書いてなかったと思います。
この新規伝説2体は人権と呼ぶほど強すぎず、かといって不要というほど弱くもないようで、編成の腕が問われる、ブラダスの面白さを引き出す良い調整に感じますね。こういうのでいいんだよ。

そんなわけで、久しぶりに良調整なユニットが来たので、ブラダスがいかに調整がヘタクソ大味だったのかを確認する意味でも、歴代の強キャラについて振り返ってみたいと思います。

・ヘル
☆4傭兵の中で、飛び抜けて強かったヘルは、低レアだけが参戦できる新生アリーナで猛威を振るっており、「ヘルゲー」とまで呼ばれていました。
これは助力者が追加されて他に強力な☆4が登場するまで変わらず、新生アリーナをつまらなくする要因となっていたのを覚えています。いかにしてヘルを潰すかというゲームになってたもんなあ。
流れが変わったのは相手のバフをコピーするクライが登場してからで、この頃から今度は一気にヘルを見かけなくなるという、インフレとはこういうものだという象徴的なユニットでした。
ただ、ヘルがあまりにも強かったため、通常アリーナで新参が勝ち星を拾うための貴重な火力役となってくれたこともあり、個人的には悪感情は全然ありません。むしろヘルがいてくれて良かった。

・セイル
初心者を卒業し始めると、徐々に通常アリーナに戦いの舞台を移すことになるのがブラダスなんですが、その最初の壁がセイルでした。硬い上に挑発まで持ってるので、とにかくこちらの攻撃が相手に届かないんですね。今のように免疫全盛ではなかったので、カウンターの烙印も痛かった。
当時、アリーナに出れば9割はセイルを編成に入れてるような状況で、私も頑張って育成したのを覚えてます。
が、育成が完了し、自分で投入してみると、面白いくらいアッサリ死んで壁の役割を果たしてくれず、その頃には上位ではもうセイルなんて使われてなかったという微課金の苦しみを体現するようなユニットでした。
現在では助力者が追加されたことで、上手く使えばレヴィアの一撃にすら耐えるなかなかの壁として、再び使用されている姿を見ることができます。かつての強キャラがアプデで復権するのは悪くないですよね。

・セシリア
この頃、まだ伝説傭兵には助力者がおらず、そこまで伝説編成は盛んではなかったと記憶してるんですが、その中でも広範囲に防御無視ダメージを撒けるベルフェロンが強かったのを覚えています。むしろ火力不足なウチのエースとして徴用してました。
が、ベルフェが多く使われると、当然対策が取られるわけで、その結果がセシリアです。
セシリアは自身をターゲットとする攻撃の範囲を自分だけに抑えるスキルがあって、要するに範囲攻撃を単体攻撃に変えられる、かなり強力なタンクです。また、自身の防御能力も(当時としては)相当高く、波の火力では倒せないレベルで硬い壁でもありました。当然のように、高ランクならほぼ全員が採用してるレベルで使われてましたね。ブラダスはこんなんばっかりよな。
ちなみに、この後に助力者付で登場した超高火力のテイラーで瞬殺されたりしてたけど、微課金でいきなり最新傭兵を揃えられるはずもなく、セシリア対策に苦慮することになります。
ナルタスに助力者が追加されて「ナルタスゲー」と呼ばれる時代になると、セシリアの位置がより重要になるという、妙な読み合いになってましたね。

・ナルタス
ブラダスをぶっ壊した張本人とも呼ばれる戦犯。とにもかくにも助力者実装で一番強化されたユニットで、
「1列全体に防御無視・挑発無視の攻撃をブチ込める」
「2ターンに1回しか動けない魔法型なのに、2ターン目以降は毎ターン攻撃できる」
「とにかく火力が高くて攻撃範囲にいたら死ぬ」
と、ぼくがかんがえたさいきょうキャラを地で行ってしまった存在です。
絶対に強いと言われていたので、私もジャンプアップの時にナルタスを取得し、血反吐を吐く思いでスキルレベル12まで育成した結果、アリーナで無双し出した時の快感は今でも覚えています。とにかく挑発無視の1列攻撃がヤバすぎる。
とはいえ、2列編成が主流で面白味がなくなりつつあったアリーナにて、ナルタスが1列を吹き飛ばす暴虐の限りを尽くした結果、2列のデメリットを教え込むこととなり、編成に幅が出るという副次効果もあったので、一概に害悪だったとは言い切れません。
魔法型絶対殺すマンであるリュドミラの登場で使用頻度は落ちた感がありますが、未だに現役で使われているのが強さの証拠ですね。というか、ウザすぎるゲイラニア環境ではスキル無効化が貴重なので、むしろ採用率は上がっているんじゃないでしょうか。未だに現役な時点で、どれだけぶっ壊れていたのか分かろうというものです。

・ヴァイン
ハズレ枠として不遇の時代を送っていたとは思えない超強化の結果、一気に使用率上位に跳ね上がったシンデレラボーイ。
かくいう私は、初期にお世話になっていたので感慨深いものがあります。
とにかく硬い壁になったのと、免疫を持たないユニットを殺せる準火力として、かなりの強さになりました。特に固定ダメージを与える烙印が非常に便利で、魔法型のクセにウザい壁であるバルトールや、不死カウンターとかいう謎の超強化されたジンといった、普通に高火力で殴ればOKとはならないクセモノを倒せるのが魅力。
強すぎて皆使ってるせいで、挑発絶対殺すマンのヴェンタナの使用率も上がる等、アリーナの編成を賑やかにしてくれたものです。

・セト
かつては伝説(笑)と呼ばれるほどに雑魚だったセトも、助力者追加による超強化の結果、使用率ほぼ100%という人権にまでなりました。極端なんだよなあ…。
触れた相手を殺す固定ダメージカウンター、どんな高火力でも一定数耐えられる耐久性、そしてHP受け以外は不可能な固定ダメージ攻撃と、とにかく今まで猛威を振るった防御100%傭兵を殺すための存在として重宝されました。
こいつを倒すには連撃を当てるしかなく、かといって介護なしでは無理なので、ベリアス&クリスティナの採用率が上がる等、相対的にベリアスの価値が上がったのは面白かったですね。
とにかくどの編成にもいたので、セト対策は必須でしたが、件のゲイラニアの登場、そして後述のマモニルの助力者登場により、一気に使用率は落ちました。まさにインフレに翻弄された被害者です。

・ゲイラニア
個人的にブラダスを終わらせた戦犯はコイツ。1度だけ死んでも生き残るとかいう意味不明な強すぎるバフを付けられる支援傭兵で、完全にベリアスの上位互換だったため、セトと同時にベリアスも殺した伝説キラーです。
セトを倒すために使われたベリアス&クリスティナは、クリスティナと相打ちにしかならなかったのに対し、クリスティナを生き残らせた上でセトも殺せるというゲイラニア&クリスティナはアリーナを席巻し、一気にセトの価値を下げました。
それだけではなく、普通に一度は死んでもOKということで、グランヒルトをヴェンタナから守ったり、確実にレヴィアやベルフェロンの攻撃を撃たせるなど、相手の対策をあざ笑うための存在として、今も害悪として君臨してます。
読み合いが楽しかったブラダスの戦闘を一気につまらなくした存在として、心底憎みながらも、有用すぎて手放せないという皮肉に歯噛みするばかりです。
スペルカードの登場により、更にこちらの戦術が妨害される可能性が高くなった結果、即死対策としてコイツは必須であり、1枠の自由を奪う害悪として居座っているのが憎らしい。
あまりにウザいのでナルタスやバルゼが必須になってるというのも嫌。なんなんだこいつはマジで。

・マモニル
セトにトドメを刺した第二の戦犯。マジでなんなんだコイツは…。
セト対策を単体でこなせる上に、タンクとしても異常に硬く、レヴィアやバルゼがいない編成では、コイツを倒せずに壊滅させられる可能性すらある害悪その2。
元々キャラクターとして人気は高かったものの、微妙に弱くて誰も使ってなかったところ、助力者追加で大化けした結果、どんな編成にもほぼ入る人権となりました。なんか前にも見たなこの流れ。
広い攻撃範囲、アホみたいに高いHP、死んでも復活するスキル、ダメージ無効のデスガード等盛りに盛った能力により、弱点は壁としては挑発を持ってないことだけという化物になりました。
セト対策、ルシウス対策を単体でこなせる上に、レヴィア、ベルフェロン、バルゼ、アンジェリカ、アレック、アスモードといった即死アタッカーの攻撃に数回耐えられるタフネスにより、使わない理由がありません。
マジで人権キャラって嫌いなんですが、入れないと勝てないので仕方なく使ってます。いつになったら外せるんだコイツ…。

他にも合間合間に色々いますが、特に影響の大きかったユニットを挙げてみました。
まぁとにかくゲイラニアとマモニルが害悪すぎると思います。ブラダスに限らず、どの編成にも入るような性能は絶対に持たせたらいけないんですけどねぇ。「人権キャラ」ってマジでクソだわ。
あまりナーフされることのないブラダスなので、今後もこの環境は変わらない気がします。
新規伝説傭兵の登場でどう変わるのか、期待したいところですね。

PSVR期待の新作「アルトデウスBC」がまともに遊べなくて切れそうな件

2021年04月17日 18:55

PSVRを買ったはいいけど、殆ど遊ばない内に埃を被ることになった理由は幾つかあって、1つは乱視だとまともに画面が見えなかったことがあります。乱視に限らず、視力が悪いとVRで見る画面もボヤけるということですね。なので、プレイする時はメガネ着用が必須であり、でも普段はメガネはしてないので、ゲームのためにいちいちメガネをするのが面倒というのがありました。

2つ目の理由は、当時はPSMoveを持っていなかった、ということです。
VRゲーはコントローラーでも遊べるものが多いですが、やはりPSMoveを使ってこそ直観的な遊びを体験できるわけで、せっかくVRで遊ぶなら必須と考えるべきです。
が、このMoveコンって高いんですよねぇ。1本5千円くらいする上に、ほぼ2本必須なので、結局1万円くらいかかる。ただでさえPSVR本体が安い買い物ではないのに、更に追加で1万はちょっと萎えます。

3つ目の理由は、寝転がってプレイするには向かなかったこと。
実はPSVRを買った本当の理由は、据え置きゲームをベッドでゴロゴロしながらプレイしたいという怠惰の極みみたいな理由であり、それゆえにPSMoveも当初は必要と思ってなかったという事情があります。
が、実際にごろ寝プレイを試みてみると、ヘッドセットが思った以上に邪魔で、うまい具合に寝ながらプレイできませんでした。結局、据え置きゲームに戻ることはできずに今に至ります。

そんな部屋の片隅で朽ちるに任せる状態だったPSVRですが、ついに期待のゲームが発売されたんですよ!
その名も「アルトデウスBC」!
PVだけで面白さがビンビン伝わるのに、評判もすこぶるよろしい。新しいゲーム体験に飢えた私としても、これは体験しておくべきだと思いまして、わざわざこれのためにPSMoveも2本揃えました。
ちなみにMoveってケーブルの類が付属してないので、2本同時に充電できるようにPS4用の専用USBケーブルまで買ってます。もう本気で楽しむ気満々ですよ。

で、いよいよ今週発売されたので、ワクワクしながら起動しました。ところが、この時点で不穏な空気が流れます。
タイトル画面にて、まずはヘルプを表示して、必要な情報を見ることから始めました。私は説明書を読んでからプレイするタイプのゲーマーですので。
と、ここで肝心のMoveを接続してないことに気づき、早速Moveを繋げます。ちゃんと認識されているのを確認し、ボタンも反応しています。よしよし、これでゲームの没入度も上がるはず!

…ヘルプから動けなくなりました。

んんー?
ボタンは反応するのでヘルプ画面→タイトル画面には行き来できるのに、カーソルを移動することができないので、ヘルプの項目から別の項目に移動できず、ゲームが始められません。
PSMoveの扱いに慣れてないせいかと思い、ホーム画面で操作の確認。ちゃんと動く。カメラの設定が悪いのかとその辺りも設定しなおし。ヨシ。改めてプレイ再開ダヨ!

まぁ、やっぱり動かなかったんですけどね┐(´∀`)┌

おいいいいいいいいい! どういうことだってばよ!
ちょっとイライラしてきたので、とりあえずMoveで遊ぶのは諦めて、コントローラー操作で妥協しました。
改めてゲームを開始すると、さすがの臨場感。目の前いっぱいに広がる画面とイヤホンでの鮮明な音が雰囲気を盛り上げてくれます。
認証画面のようなものが映し出されるも、チュートリアル的なコントローラーの操作表示が画面の下すぎて見えません。え、どのボタン押せばいいのん…?
不思議なことに、VRでありがなら、何故か首の動きと画面が連動しておらず、下を向いても操作説明のコントローラーは良く見えません。
仕方ないので、ガチャガチャとコントローラーを弄っていると、よくわからんけど認証してくれました。どうやらアナログスティックで手の動きを表現できるようです。

ようやく進んだことに安堵したのも束の間、今度は謎の白い部屋に出ました。何をしろとも表示されないので途方に暮れます。
とりあえず、唯一色が付いてる皿の上の物体を調べようとしますが、何をやってもうんともすんともしません。んんんー?
コントローラーのあらゆるボタンを押しましたが、一切反応がありませんでした。ただ、唯一、十字キーを押すと、20年前のADVのように視点が45度くらいずつ切り替わります。え、VRなのに何でこんなアナログな感じなの…?
まぁそれでも、できるのは視点をクルクル回転させることだけで、結局何もできません。当然、話も進みません。
これはコントローラーが悪いのかと思い、PSMoveに切り替えます。頼む、反応してくれ…!!

が、ダメッ…!orz

おおおほほほおおおおおおいいい、どうなってんだこれえええええええ!
もうワケが分かりません。とにかくあらゆることを試して、ネットでも散々調べましたが、何も進展なし。そもそものユーザー数が少ないのか全然情報が出てきません。
唯一、PC版のプレイ動画があったので見てみたんですが、メッチャサクサク進んでます。や、そもそもモーションコントローラーが反応しないんですがそれは…。

で、別のゲームでも試してみたんですが、確かにPSMoveのボタンは反応するものの、肝心のモーションセンサーが反応してないようで、別のゲームでも動いてくれませんでした。
そして上記の通り、ユーザー数が少なすぎるせいか、有効な解決策を見つけることもできませんでした。何がいけないってんだ…・

結局、2時間くらい格闘したところでいい加減疲れたので、今ここで愚痴書いてます。
マジで情報調べても絶賛記事しか出てこないので、こんな所で躓いてる自分はなんなのかと泣きたくなりますね。
そもそも、コントローラーでもまともに遊べない時点でゲーム側に問題があるんじゃないかと思うわけですが、実際にPS4版を遊んだ人はどんな感じなんでしょうか。

まぁ、この惨状を経験すると、そりゃVRが流行らない理由もわかる気がします。実際に体験しないとわからない、なんてのはただの言い訳ですよ。根本の問題は「手軽さ」だと思いますね。
VRヘッドセットの値段の高さもさることながら、セットアップも含めてとにかく面倒くさい。面倒くさい上にまともに動かない可能性すらある。
この辺、変なガジェットを付けても簡単に遊べてしまう任天堂の製品はさすがと言うしかありませんね。起動したらすぐに遊べるくらいの手軽さがないと、そりゃあ普及しませんよ。

かなり期待していた上に楽しみにしていた久々の据え置きゲームだったこともあり、メチャクチャガッカリしてます。
もう少し足掻いてみるつもりですが、さすがにオープニングから先に進むだけで2時間以上何もできないのは心が折れそうです。
どうすれば認識してくれるんだモーションコントローラーよ…!

…もうプラモ作って寝よう。

ウマ娘がヤバすぎて手抜きなテキスト主体ゲームは死ぬ

2021年04月12日 01:47

ランナー4枚しかないから楽勝かと思った88mm砲のプラモ、パーツが細かい上に接着剤不可避で制作難度高すぎて死にそう。
や、確かに接着剤使うプラモが作りたいとは言ったけど、ガンプラってパーツ大きかったから接着剤使っても問題なかったのね…。
あと、1色成形なのを見ると、バンダイは別格としても、コトブキヤ等がいかに頑張ってるのかよくわかる。
でもこうやって、ヤスリでゴリゴリと削って形を整えていく作業も楽しいものですよ。やはりプラモはいい…心が洗われる。

そんなプラモ作業のお供に動画を垂れ流すのは最早恒例なんですが、最近はウマ娘の実況とかよく見てます。流行りなだけに色々なライバーがやってるので、推しがやってたらそりゃ見るよね。

ウマ娘はもう一目見た時点でレベルの違いが分かる凄いゲームなんですが、題材となっている競走馬を心から愛してるのが伝わってくる作りなのが一番大きいと思いますね。ストーリーが本気で泣けるし、自分が育成した愛馬が勝った時の感動と興奮が尋常ではない。
まぁ私はログボ貰ってるくらいしかまだやれてないんですが、推しのライバーさんの実況が感情移入全開で、一緒に泣いてましたからねw
フレン・E・ルスタリオ、オススメです!

で、なんか今やってるイベントは、プロローグ見るだけで新曲貰えるという話だったんで、ちょっとやってみたんですよ。そしたらナニコレ、凄まじいな…!
実況で見てる時は気づかなかったんですが、キャラクターの動きが細かすぎる!
ストーリーパートはよくある立ち絵にテキストというスタイルなんですが、美麗な3Dモデルを100%活かした完璧な作りでした。
や、1つの会話の中でどんだけ動くのよ!
会話のニュアンスに合わせて目線や仕草等、あらゆる動きが繊細に作り込まれていて、アニメでも観ているかのような飽きさせない作りに脱帽しました。え…レベル高すぎないか…?

通常、テキストスタイルのストーリー会話パートというのは、2Dなら立ち絵に差分を付けるだけだし、Live2Dで動きを付けても、特定のパターンを繰り返すだけのコピペのようなものです。これは3Dでも同じで、数種類の仕草を使いまわして感情表現を見せてはいても、キャラは違うのにモーションは使い回しだったりするので、見ていて何かを感じるものではありません。モーションパターンもそれほど数は多くなかったりします。

ただ、ウマ娘はね…ヤバい。期間限定イベントの1シーンだけで、膨大なモーションが用意されていて、しかもほぼ使い回しがないんですよ。1動作1動作が、そのセリフのためだけにしっかりと用意されていて、狂気すら感じました。どんだけ金かけてるんだよ…。
もちろん、育成パートでは使い回しもありますが、ちょっとこの会話パートの作り込みは尋常ではない。こんなのが無料で体験できてしまったら、そりゃあ家ゲーなんて売れませんよ。だって家ゲーの方が手抜きなんだもの。

ひと昔前であれば、明らかに基本無料ゲーは低クオリティでした。いくらスマホの性能が高いと言われたところで、実態としてはPSPレベルがやっとというのが実情でした。解像度の高さで見栄え上は誤魔化してましたが、低ポリゴンなのはどうしようもない事実であり、だからこそスマホでは2Dゲームが主流になっていったのだと思います。
しかし、遂に家ゲーに迫る…というか、一部では追い越すものが出てきたわけです。ウマ娘はその注目度と実際のハイクオリティをもって、証明してしまったと言えます。

とりあえず、テキスト立ち絵主体のゲームは、ほぼ死んだようなものです。だってウマ娘レベルで作ることなんてできないもの。
元々、このタイプのゲームは低予算で作ることを前提としたスタイルであり、ここまでハイクオリティにする必要はありませんでした。何故なら金をかけるメーカーがいなかったから、Live2Dにしただけでもレベルが高く見えていたんですね。

ところが、ウマ娘が本気を出してしまった。しかも基本無料で。更に、別にテキスト主体のゲームでもないにも関わらず、本家以上のハイクオリティを見せつけてきた。
となると、同じスタイルでゲームを作る場合、基準がウマ娘になるわけですよ。この手のゲームが好きな人間が、ウマ娘やってないことを期待する方がおかしい。
そうなると、手抜きや粗が気になるようになるんですね。モーションの使い回しが多いんじゃないか。複数のキャラがまったく同じ動きをする、セリフ中口パクしかしない、等など…。

これを回避するには、ウマ娘と同等以上のクオリティで作るしかないんですが、まぁこれは現実的ではありません。予算が下りないと思います。
であれば、見せ方を工夫するしかありません。具体的には、立ち絵方式はやめて、すべてイベントCGのようにしてしまう、とかですね。要は同じ土俵に立たなければ比べられることもないということです。

いずれにせよ、今後はテキスト主体の立ち絵方式でストーリーを見せるタイプのゲームは、更に厳しい目で審査されることになると思います。具体的にはネプネプとか戦乱カグラとかですね。奇しくも今度コラボゲームが出る作品なのが皮肉です。
個人的には、この「ウマ娘ショック」で他のゲームのクオリティも引き上げられれば理想的だなとは思いますが、現実はそう簡単なものではありません。具体的には予算の壁がありますので、できることとできないことはどうしても出てきます。小さいソフトハウスは尚更です。
しかし、今までと同じでは無理ということも理解できると思うので、何かしら意識の変化がゲームの質を上げるきっかけになってくれればいいですね。

いや、マジで衝撃でした。ウマ娘はやべぇわ。

最近読んだ漫画とか色々な雑談

2021年04月09日 23:48

PS3とPSPとPSVのPSストアが7月辺りから順次使えなくなるそうです。何回「PS」って単語使うんだよ。
これは実質、PS1アーカイブスが使用不能になるのと同じなので、今のうちに購入&DLしておくのが吉。いっそPSVの1台はアーカイブス専用機にしてしまってもいいかもしれない。

しかし、PSストアってマジで使い難いですよねー。PCで見るのはともかく、ハードから使おうとすると死ぬほど使い難くてコントローラー叩きつけたくなります。お気に入りすら見れない(もしくは確認方法が分かりにくい)のはストアとしてどうなんよ…?
3DS時代から思ってたけど、ストアの利便性に関してだけは任天堂の完勝ですわ。せめてDLリストに検索かソート機能付けてくれ。

電気屋でプラモ物色してたらアハトアハト見つけたんで、衝動的に買ってしまった。接着剤を使うプラモが作りたかったんや…。
なんか定期的に戦車とか作りたくなるのよなあ。
今月は「86」のプラモも出るんで、ジャガーノートの横に配置したらいい感じなんじゃなかろうか。さすがにガンプラじゃないメカにまで転売屋は群がらないだろうと期待したい。

さて、期間が空いた分、色々と漫画も読んだので、つらつらと感想書いていきますかねー。

・呪術廻戦 14~15巻
マジで問答無用でキャラが死んでいくのキツい。敵の強さや残虐性を考えたら死ぬのはリアルな展開だし、その「死」による主人公への影響も意味があるんだけど、ちょっと追い詰めすぎで引く。
ビックリしたのは、こういう「主人公の中にヤバいヤツが封印されてる」系の話でマジで「主人公は殺しておくべきだった」という意見が正しいパティーンですよ。主人公が救った命と奪った命の釣り合いが取れてなさすぎて擁護できないもんなあ。
こういうのって、なんだかんだで主人公の力になるだけで全然危険じゃなかったり、暴走しても特に誰も死ななかったりするんだけど、「呪術」は一味違いましたねー。まさか爺が正しかったと思う日が来るとは…。
とりあえず劇場版楽しみです!

・僕のヒーローアカデミア 30巻
29巻がかなり良い所で終わったんで楽しみにしてたんですが、予想とはちょっと違いました。面白かったけどね!
いやね、個性を奪おうとしてた敵の攻撃を爆豪が代わりに喰らったことで、爆豪が個性奪われて無個性になってデクと立場が入れ替わる~みたいな展開だと勝手に予想してたんで、なんか普通にバトルが続いちゃったことに拍子抜けした部分はあるんですが、それはそれ。や、そっちの方が物語の構造的に美しくないっスか?
さておき、エンデヴァーを見てると「進撃の巨人」のライナーと重なるのがちょっと笑えるというか、作者絶対エンデヴァー好きだよなーって感じるお話しでした。ファンアートに銃口を口に咥えるエンデヴァーの絵はないものか(ぉ

・ソウナンですか? 8巻
JK4人が無人島でサバイバルする「ガチキャン」も、ついに島脱出まできてしまいました。これ、マジで面白いんで、もっと続いて欲しいんですが、終わりが見えてきたのが悲しい…。
割とコメディ色が強い作品ですが、今巻はマジでヤバい展開で終わってしまって続きが超気になります。早く続きをクレー!
何気に島脱出の時のむつの回想で泣いた。ほまれはイケメンすぎるわ…。

・ゆりづくしの教室で 1~2巻
百合姫の漫画って百合というよりレズという感覚が強くて微妙に苦手なんですが、これは凄くいいですね!
適度な距離感で、「恋人」というよりも「仲の良い友人」という感じが実に尊い。百合に求めてるのはこういうのなんだよ!
ちなみに私の一番のお気に入りは2巻の三つ子の話。他の話も好きなんだけど、これだけ飛び抜けて完成度高いなって思いましたねー。泣きながら笑ってる絵が本当に綺麗。
キャラ的にはお嬢様コンビが好き。お互いに憧れあってるのメッチャ尊い。好き。


最近、アニメで聴いて良かったOPやEDのCDをよく買うんですが、TVのショートサイズはメッチャ良かったのに、フルで聴くと「なんか違う…?」と思うことが多くて軽くモヤります。てか、アニメの曲ってラップ入る率高くね…?
やはりゲームのサントラしか勝たんな…。



最新記事