『ゲーム・オブ・スローンズ』を見始めたんですが。

2017年06月21日 11:05

1話が1時間で、今現在60話くらいあるの?
やべーな。

しかしこれ、面白いのはいいけど、最近のラノベに慣れすぎてるとキツい。
何がキツいって、登場人物がクズばかりなのがキツい。
まだ7話見てる途中だけど、一番マシなのがドロゴな時点でどうかしてる。
色々な勢力があるけど、ドロゴ超応援したい。
最初はただの野獣だったのに、気が付けば一番良い旦那さんになってるの可愛いw

あと、時代設定の問題なのか、海外的思考なのか分からんけど、
とにかく男共は発情しまくってて、女と見ればヤろうとするし、
実際に1話に1回はおっぱいかセクロスシーンがあるし、
エロに厳しい海外とはなんなのかと理解に苦しみますね。
特に捕らえた野人(?)の女に手を出そうとしたボンボンには唖然としたわぃ。
こいつら常に盛ってんな。

でもまぁ、昔のFEが好きな人なら楽しいんじゃないかね。
王族のドロドロした婚姻恋愛問題が吹き荒れていて、実にFEっぽい。
問題は、FEはビジュアル的に耽美だったから絵になったけど、
リアルでやると泥臭いし美しくないし生々しいしで、もう少しマイルドさが欲しいとか、
そういう甘っちょろいことを考えてしまいますね。

FEも主人公の妻(子持ち)を親友がNTRして更に孕ませるとか狂気の沙汰だったけどな!
しかもその子供同士で恋愛感情生まれたり殺し合ったりするからね。
改めて考えると、「聖戦の系譜」は色々な意味で頭おかしかった。

そんな感じで、面白いなあとは思うけど、気持ちよく見れないのが足枷になってて、
素直に絶賛できないのがアレですが、戦争とか異形の怪物とかが出てくれば、
また違った展開になるのかねぇ。

あと、どう考えても子供世代が活躍するようになるんだよね?
アリアたんが無双するのを楽しみにしつつ、ゆっくり楽しもうと思います。
長すぎて一気に見るの無理ー。


追記:
とか言いつつ現在10話目途中。
ジョフリーがクズの極みすぎて、はやくこいつが泣き叫びながら命乞いしつつ、
無様に地面を這いつくばって死ぬ様が見たいです(マテ
ジョフリーのクソ王ぶりの直後に、
みんなに認められて王に祭り上げられるロブが対比になってるのが面白い。

しかし、キャラを殺して涙をとるのもアレだけど、
とにかくゲスでクズなキャラを作って後々の発散の道具にするのもなんだかなあと思う。
つーかこの作品、マジで登場人物クズばかりで違う意味で泣ける。

そして、基本的にいいキャラは早く死ぬ。
ネッドの従者とか何かありそうなキャラだったのに、ジェイミーのかませで死ぬとは予想外。
アリアの師匠やアリアを助けた〈冥夜の守人〉のスカウトマンもいい人だったのに…。
ここで絶賛したドロゴさんもまさかの展開ですようおお。

これ、今は極貧の極地にあるデナーリスさんが、その内最強勢力になるんでしょ?
グレイジョイは北をノーリスクで奪ったぜひゃっはーしてたら、
北からホワイトウォーカーが攻めて来て大変なことになるんでしょ?
なんかもうあちこちで戦争やら抗争やらしてるし、
さっさとドラゴンに滅ぼされればいいんじゃないかなこの世界。

まだ20話にもなってないのに混沌としすぎてて、あと60話も何やるんだって感じなんですが。
これから更にクズが量産されるのかと思うとツライ。
物語が面白いだけにキツイ。

ブロンさんはこの作品の癒やしだなあ。
回りがクズだらけなこともあるけど、腕が立ってシャレが分かってフランクながらシビア。
ブロンさんが死んだら間違いなく泣く。

チマチマと追記が増えてるわけですが、
あーあ、また新たなクズ(というかクソ)がひとり増えたよ…。
元々ダメなヤツだったけど、堕ちるとこまで堕ちた感じ。
こんなにクズを量産して何が楽しいんだ向こうの国は。

しかし新たなイケメンも現れた。謎の絶対3人殺すマン。
アリアたんの悪い笑顔にゾクゾクきちゃうね!
殺す候補としては、ラニスターのトップと“山”ですかねー。
思い切ってジョフリーとか言えば殺ってくれるんだろうか。

とりあえずシオンがいつ死ぬのか楽しみにすることにします。
成長したブランきゅんに殺されるのが一番美しいと思うけどね。
こういう楽しみ方は嫌だなあ。

現在17話途中ですが、もう何回書いたかわからんけど、
こうまで出て来るキャラがことごとくクズな作品って初めて見ました。
ポッと出の盗賊紛いのモブ女が一番いい人だったとか思わんよね。
デナーリスさんもどんどんダメな感じになっちゃうし、
「あー、こいつ早く死なねーかなー」とか思いながら見るのは健全じゃないわ。

今日はここで終わりだけど、20話で一旦休もう。
面白いけど、見ててツライ。
幸せが全然見えないと、嫌なヤツがどう死ぬかを楽しむしかなくなるもの。
「面白い」って難しいわ。


以下、感想の続き。

[『ゲーム・オブ・スローンズ』を見始めたんですが。]の続きを読む

久しぶりの飲酒。

2017年06月17日 20:19

普段はお酒は飲まないんですが、暑い日はビールが美味い!
ということで、久しぶりにガッツリと飲酒してます(現在進行系
うう、頭痛い…500を3本は多かったか…。
でまぁ、ちと休憩ということで、今日買ってきた漫画をパラパラと読んでました。

1冊目は『汚物は消毒です』。
キレイ好きな義姉と義弟の、お掃除マメ知識ラブコメとかいう、ごった煮感がカオス。
でも実際、掃除のマメ知識として有用なので、地味にいい漫画だと思う。
女の子が可愛い漫画は正義。

そして2冊目は本命の『競女!!!!!!!!』17巻ですよ!
単行本派なので、中途半端な打ち切りで終わったんだと思ってましたが、
なんだかんだで5尻対戦までやってたんですね。
それなら、やることやった感じだったのかなあ。

それにしても、17巻は宮田ちゃんが光り輝いてますな!
試合も…くそ、何でこの子は毎回…ぶはは!w
色々なヒロインを見てきたけど、宮田ちゃんは史上最高に残念な美少女キャラだよ!w
「もっと力をよこせぇ!」じゃないよ!www
思い出すだけで笑いが止まらんw

それだけじゃなくて、マヤとのぞみが仲良くしてるのを見てヤキモチ焼いたりするんですよ!
あの同棲生活は、もうちょっと長く見たかったなあ。
試合になると変態性ばかり見せられるのに、基本的に可愛いから卑怯だよね。
くそう、本気でサイン色紙欲しい…! 
当然のように宮田ちゃん希望ですよ!
当たれー、当たれー。

うーん、時間置けば酔いもマシになるかと思ったけど、
笑いすぎたのが悪かったのか、頭クラクラしてきた…。
まぁ、これなら深く眠れるんじゃないかな。最近マジで全然眠れなくて死にそうなのよ…。
先日、連続3時間眠れただけで大喜びしたくらいだからね…。
睡眠導入剤の使用も検討するべきかもしれん。眠れないって辛い。

特に意味のないおはなし。

2017年05月21日 00:01

格闘ゲームの漫画が描きたい ←わかる
百合姫で描きたい ←!?
格ゲー勝負が始まってから格段に面白くなったけど、
それまでは四条さんがクズすぎて読むの辛かった。
ゲーマーのダメな部分が寄り集まってできてるような娘だよね。
ZTTさんマジ天使。

えー、実は今更読んでる『灼眼のシャナ』において、
私がいかに主人公の坂井悠二が嫌いかを千言を弄してグダグダ書いてたんですが、
あまりにボロカスに書いてたもんで、自主規制で没にしました。

現在5巻まで読みましたが、この先、あの優柔不断ヤローが、
シャナに釣り合う漢になる日が来るのか不安でなりません。
まだ20巻以上も残ってるのに、大丈夫か?
この先、坂井悠二の好感度が読者的に上がるイベントはあるのか?

6巻は吉田さん祭りとか誰得だよと鬱になってたら、
カラー挿絵であのバカ(もう名前書くのもウザイ)が、
吉田さんとデートしててもうマジでなんなのコイツ。殴りたい。
そんな負の感情大爆発な感じだったので、お蔵入りしました。

なので、全然関係ない話して、グダグダな感じで終わろうと思います(ぇー

今日は大量に漫画買ってきたんですが、ヒロアカ外伝『ヴィジランテ』が面白かった。
これ、表紙が悪いというか、ヒロアカのスピンオフって言われないと気付かないよね。
脚本が大好きな作家さんだったんで期待してたら、かなりいい感じでした。
デクより好感度高い主人公なのがなんとも。
そして巻末に原作者の応援イラストが載ってるんですが、ヒロイン可愛すぎてヤバい。
やっぱりこの人、女の子描くの上手いよね。

他はアレかな、『ダークソウルTRPG』。
加藤ヒロノリ氏がルール担当してるんで、これは面白いに違いない。
次に友人たちが集まった時は、これやろうと思います。

そんな感じで。

今日で連休も終わりか…。

2017年05月07日 08:25

あっという間だったなあ…。

そんな休みの締め始めは『進撃の巨人』のアニメを見ることでした。
今はちょうどライナーたちが真相を話したところです。
原作でも序盤最後のクライマックスといった場面で、最高に盛り上がったところですが、
動きが付くとまた印象変わっていいですな。
特にノータイムで殺しに来るミカサは最高にカッコいいぜ!w
あれは怖ぇーよ。

原作はすでに終わりが近づいてるので、当然、諸々の真相を知ってる状態で視聴しており、
そういう視点でこの辺の物語を見ると、今度は真実を隠そうとしていた側の内面が見えて、
原作を読んでいた時とは違う感覚が湧いてくるのが面白いです。
特に神父に詰め寄るハンジさんとか滑稽で仕方なかった。

そう、当時はハンジさんの側に立って見ていたはずが、
今だと神父側にシンパシーを感じるという不思議な現象が起きていて、
これは面白い作り方だなあと思ったものです。
何気に、伏線の張り方が上手いんですよね、この作品は。

既に原作を読んでいる人には展開上の驚きは少ないものの、
今度は「敵」側がどういう考えで動いているのかを考えながら見てみると、
また違った面白さが出てくると思いますよ。


話変わって、連休中にずっと遊んでた『ダンジョントラベラーズ2-2』について。
個人的意見ですが、PSVはダントラ2と同「2-2」、そして『不思議の幻想郷』があれば、
それだけで3年は遊んでられるような気がします。

現在、妖精の樹海まで来たわけですが、もうボス強すぎて辛い!
直近で戦った闇堕ち(?)イストが半端なく強くて、態勢の立て直しが必要かと思いました。
具体的には全体回復できるアイテムの用意。

このゲーム、魔法を使うには詠唱時間が必要で、即座に発動しないため、
回復したいタイミングで、すぐにどうにかなるわけじゃないのが難しいところです。
これはアイテムとの差別化の意味もあり、
このおかげでアイテムの重要性が非常に高くなっていて、
回復アイテムなんて殆ど使わずに終わる和製RPGにおいては珍しく、
アイテムを駆使しないとボスにはまず勝てない難易度になってます。
まぁ、それが面白いんですが。

で、この闇イスト戦でのウチのパーティがコチラ。

ルコ(ヴァルキリー)、リリアン(ジョーカー)、
エルトリシア(ウィッチ)、ユーニ(ディーヴァ)、フィオラ(ビショップ)

このゲーム、どう考えても万能パーティは作れないので、どこかに穴ができますが、
この編成の穴は「敵の強化を打ち消せない」ことと、「パーティの強化が不足する」こと。
要するにバフ・デバフ関係が貧弱ということです。

また、ヴァルキリーは盾職ですが、カバーしてくれる攻撃としてくれない攻撃があって、
また物理でも魔法でもない攻撃に無力という側面もあり、頼りすぎは禁物。
カバーやパリィは確率なのかなあ?
それでも、後衛を守ってくれるのは非常にありがたいんですが。

個人的にはビショップをプリースト経由のセージと入れ替えたいんですが、
以前、それで全体状態異常対策で苦労した結果、今の形になっているので、
もう何が正解なのか分からなくなってます。
正解は、戦うボスによってパーティを入れ替えることだと思いますけどね。

で、闇イスト戦は、とにかくイストの攻撃が早く、威力の高い全体攻撃が連続して飛んでくると、
後衛が壊滅してしまい、回復が追いつかないのが問題でした。
どうしても回復魔法が一手遅れるんですよねぇ。

単純に後衛の防御力不足もあるんですが、今更そこを強化してる余裕もなかったので、
手持ちの札でどうにかするしかなかったのです。
この「行動順番パズル」になんとか打ち勝ち、イストを仲間にしたところで終わってます。
次はアリシアだー。

私、アリシア大好きなんですが、ユニークスキルが微妙で、前作では使わなかったんですよね。
ただ、今回はスキルが微妙に変わってたり、全然違うものになってたりするので、
アリシアが有能になってたら嬉しいですにゃー。

よっし、続き遊ぶぞー!

PCの調子が悪い。

2017年03月20日 22:46

ダントラ2クリアー!
表ボス撃破で60時間くらいかかったけど、これで全体の1/4くらいらしい。マジでか。

で、ダントラの魅力をとうとうと語ろうかと思ったんですが、なんかPCの調子が悪いので、
しばらく更新が止まるかもしれません。再開時期未定。
おのれー。



最新記事