FC2ブログ

何故か今更『ゴクドーくん漫遊記』を読んでる私のこと。

2020年01月11日 10:14

帰省すると何もすることがないので、
家に置きっぱなしにしてる古い漫画とかを読み直すのが恒例なんですが、
今回は実は全巻読破してなかった『ゴクドーくん漫遊記』を読みまして。

今読んでも面白いなコレw

知らない人に説明すると、中村うさぎという作家さんのデビュー作なのかな?
当時は数多く出ていたライトなファンタジーラノベで、
鬼畜で外道で救いようのないバカ野郎なゴクドー君が主役のアホなお話です(ぉ
ゴクドー君は本気でどうしようもないクズですが、基本的に因果応報でひどい目に合うため、
胸糞が悪くなるような展開にならないのが奇跡的なバランスだと思います。

他人の宝はまず最初に盗むことを考えて、女を見たら娼館に売り飛ばそうとし、
当然のように仲間を裏切るようなヤツなんですよ。
なのに読感が悪くないどころか、軽妙でメタネタ全開な文章に笑わされるのが凄い。
だって純粋なファンタジー世界なのに、いきなり「大阪駅の歩く歩道」なんて言葉が出てくるし、
それに関する説明とか一切ないんですよ?
いかに作者がノリと勢いだけで文章書いてるかが伝わってきますよねw

さすがに古い作品なので、今読むとノリが痛い部分もあるんですが、
突き抜けた個性は今読んでもオンリーワンだと思います。
あと下ネタって普遍的なものだから普通に笑っちゃうw
基本的に下品でお下劣なのよな。

それでも、最初は普通にファンタジーにしようとしてるフシがあるんですが、
3巻でガメラを出してきた辺りで吹っ切れた感があって、加速度的に面白くなります。
小説読んで爆笑するって、今はそうそうないよねー。
何巻か忘れたけど、1ページ毎に爆笑して全然読み進められなかった記憶があるわw

ただ、途中で電撃文庫から出るようになった外伝がクソつまんなくて、
そのせいで本編も読むのを辞めてしまったという経緯があります。
ゴクドー君にまともなストーリー展開とか期待してねーんだよ!(ぇー

これは作者が歳をとったことで、説教臭い文章を書くようになったのが如実に出ていて、
人の感性の変化をマジマジと感じる出来事でありました。
まぁ外伝がそうなだけで、本編は最後まで狂ってたのかもしれませんがw
なので、しっかりと最後までイカれてたのか確認すべく、再読してる次第であります。

この勢いで、今度は『フォーチュン・クエスト』も読み直そうかなー。
なんか最近ようやく完結したらしいですね。まだやってたのかって感じですが(ぉ
自宅にあるのはスニーカー版だけなんで、それだけで十分かな。そこが一番面白いし。

ゲーム風ファンタジーの先駆け的存在ですが、世界観がメチャクチャよくできてるので、
昨今のゲーム風異世界が乱立してるなろう系作家さんは、
とりあえずフォーチュン読んで出直して来いと思います。
レベルが上がったからっていきなり能力値も上がるわけじゃねーんだよ。

まぁ、懐古厨の戯言ではありますが、古い作品を改めて読むことで見えるものもあるので、
古本屋などで見かけたら、ちょっと手にとってみるのもアリかなと思います。

そういえば中村うさぎって死んだと思ってたんだけど、難病克服して生きてるみたいですね(ぉ
もうラノベは書かないだろうけど、健やかに長生きしてください。

2019年を振り返ったり、来年のことを考えたり

2019年12月30日 22:55

今年も残すところ1日となりました。
仕事の忙しさにかまけて更新が疎かになっている当ブログではありますが、
来年もゆるーく更新していこうと思うので、暇な方は適当に覗きに来て頂ければ幸いです。

さて、明日から帰省してしばらく留守にするので、実質今日が今年最後の更新となります。
ので、1年を振り返ってみようという無難な内容にしようと思ったわけですが、
今年ってマジでブラダスとアイギスを遊んでた記憶しかなくて、
何も語ることがねぇわ…(;´∀`)

一応、CSゲーも買ってたんですよ?
てか、多分、その辺のにわかゲーマーより余程買ってたと思います。
月に1本は何かしら新作買ってた気がする。

でも何もプレイしませんでした(ぇー
全部積みゲーです。マジでか。マジだよ。

一応、トピックス的には、消費税増税前にPSVRを買いまして、
VRゲーの凄さと可能性にワーワー言ってたりしましたが、
乱視で視力が弱い人とVRの相性が絶望的に悪いため、
本格的に遊ぶにはメガネが必要だとメガネを買いに行ったはいいけれど、
現物が手元に届くまで一週間くらいかかるとか言われて、
その間に熱が冷めちゃったんですよねぇ…。
今では置物として床の一部を占拠しております。邪魔(ぉ

本来は、PSVRを使ってベッドで寝ながらCSゲーを満喫する予定だったんですが、
PSVRが頭部を一回りするデザインであるため、
装着したまま枕に頭をのせることができないんですよね。
なので、寝ながらプレイしようとすると、ちょっと無理のある体勢になるのがネックで、
結局これも実現しませんでした。
工夫次第でどうとでもなりそうですが、そこまでする気力がなかった…。

結局、CSゲー出戻り計画は白紙となり、
今に至るまでスマホゲーをダラダラ遊び続けることとなったわけです。
VRに本当に必要なのは、視力調整機能。

そして、年末年始休みでノンビリしてる現在、何をやってるかというと、
ガンプラ作ってるわけですが。何でだ。

や、模型作り楽しいねんて!
少しずつ完成していくのが快感やねん!

最近のガンプラはデキがいいので、素組でも見栄えがするし、
墨入れくらいなら簡単にできる割に仕上がりがダンチなので、ちょっと手を加えるわけですよ。
で、色塗りするの楽しいなー、となって、せめてシール貼る所だけでも塗装するかー、となって、
勢いでガンダムマーカー買い揃えちゃったりしてるわけですよ。
ペタペタ色塗るの超楽しい。

今はオルフェンズの機体を作ってるんですが、オルフェンズのMSって、
基礎となるガンダムフレームが華奢で、モーターヘッドみたいなデザインなのが超好みです。
ウヴァルとかくっそカッコいい。MGで作りたいですにゃー。

年末、何故か大量にガンプラを買ってしまったので、本当は帰省せずに、
ひたすらガンプラ作りたいんですが、致し方なし。
まぁ原因は、ようつべでガンプラ動画ばかり観てたせいなのは確定的に明らか。
だって面白いんだもんー。

そんなわけで、その時その時に楽しいと思ったことをやる自由人スタイルで生きてるので、
来年は何やってるのか自分でも想像つきませんが、
まぁゲームやってるかプラモ作ってるかどっちかでしょう(趣味のバリエーションが貧相

来年の目標としては、本格的に塗装できる態勢を整えてみたいなぁという野望があります。
憧れのエアブラシで塗装してみたーい。
または、良いPCが手に入ったら、デジタルでのイラスト作成の勉強がしたいですね。
こっちは仕事にも活かせるかもしれないので、むしろこっち優先な気がしますが、
先立つものがないという現実の壁ががが。

適当に生きてはいますが、漠然とやりたいことのビジョンはあるので、
少しずつ、それらを形にしていけたらいいなと思う次第であります。
結果として、ブログの更新はどんどん過疎る可能性もあるわけですが、それはそれで(ぉ
本当はSEKIROのプレイ記録とかも書きたいのよねぇ。
やりたいことが多すぎて困るぜー。

とりあえず、来年は『ダイの大冒険』の新アニメという楽しみがあるので、
それを観るまでは頑張って生きようと思います。
良いデキになるといいですねぇ…。

とりとめのない感じになりましたが、このくらいで締めにしておきましょうかね。
今年1年、お疲れ様でした&ありがとうございました。
また来年も、よろしくお願いいたします。

それでは、良いお年を!

「スレイヤーズ」が新章に突入したので思い出話する

2019年11月03日 13:00


「スレイヤーズ」って何年代に分類されるのかしら?
90年代?
まぁその辺の頃に、オタク界隈で大ブームになったラノベです。

本編は15巻で完結していたんですが、最近、特別編として16巻が出たと思ったら、
先月ついに新章が始まり、17巻が出てしまいました。
富士見ファンタジアって最近、メッチャ昔の名作復活させてるけど、
そんなに今は軸になれる作品がないんだろうか…。

で、この17巻ですが、ノリが当時からまったく変わってなくて、従来のファンも安心な出来栄え。
むしろ新キャラのセリフ回しが今風で、普通に笑ってしまいましたw
覇王将軍大好きだわw

個人的に「スレイヤーズ」で気に入ってるのは、
主人公のレベルは最初から99だけど、出てくる敵はレベル200とか1000という戦闘バランスです。
明らかにチート級な主人公を出しておきながら、
敵は更にチートなもんで、じゃあどうやって攻略しようかしら?
というのが「スレイヤーズ」の物語構成なんですよね。

これの利点は、雑魚に主人公が煩わされることがない爽快感と、
強敵相手にド派手なバトルを展開できる(更に緊張感もある)ところで、
私が求めるRPGの理想的バランスと同じ配分なのが素敵なのです。
つまり、雑魚戦はオートで飛ばせるけど、ボス戦は骨太な戦略が求められる的な。
だからこそ「スレイヤーズ」はギャグだけでなくシリアスパートも面白かったし、
あれだけの社会現象になれたんじゃないかと思うのです。

昨今のなろう系は主人公が強すぎて、緊張感が欠落してたり、
戦略を放棄してご都合で乗り切らせたりしちゃうから、面白いのは面白いんだけど、
上辺だけな印象が強くなるのがハマり切れない原因かなと自己分析してます。
「幼女戦記」みたいに主人公は無双するけど、基本的にひどい目に合うようなタイプは、
バランスが噛み合っていて読んでて楽しいんですけどね。
キャラクターは+と-のバランスを取って作るべきとどこかの作家さんが言ってて、
これは本当にそのとおりだと思う。

主人公がおいしい思いしかしないのは、
ひたすらシロップ塗りたくったパンケーキだけを食わされてるようでキツイんですよ。
たまには塩分も欲しいと思うのが個人的好みの差異というヤツですね。
キリトさんはもっと絶望するべきだと思う(急なキリトディス

話を「スレイヤーズ」に戻すと、私が初めて読んだのは短編集である「すぺしゃる」の、
それも4巻という半端な巻で、なんでいきなりそれを選んだかというと、
ちょっと立ち読みしたら面白すぎて店内で笑っちゃったので、
慌ててレジで会計したからなんですけども、それくらい衝撃的だったんですよね。

独特の語り口調が印象的でありながら読みやすく、呪文詠唱の中二感がハッタリ効いてて、
独自の倫理観で暴れまくる主人公が共感しまくりで、登場人物はほぼ変人という、
とにかく読んでて気持ちがいい(そして笑える)作品でした。

一方で本編はややシリアスムードが強くなるので、「すぺしゃる」が好きだと違和感ありますが、
普通は本編から入って「すぺしゃる」に手を出すものだと思うので、異端なのは私ですねハイ。
でも本編は本編で格上相手に死闘を繰り広げる姿が最高にイカしてるんですがね!

こうやって振り返ってみると、私、「スレイヤーズ」好きだったんだなぁ(今更
2部に入って人気キャラのアメリアとゼルガディスの2人が抜けてしまい、
代わりに入った新キャラがいまいち魅力が薄かったせいで、
段々と人気が落ちて気がついたら本編が終わってたという感じなのが悲しいです。
まぁ、アニメが終わってブームが去って元に戻っただけとも言えますけど。

そんな経緯もありますが、心機一転な17巻は結構面白かったので、
続刊もきちんと追いかけていこうと思います。
新キャラのランがメチャクチャ怪しいんだけど、
自分から「うちって怪しいよね?」とか言っちゃうのが好きw
これはわかんねーわ。

舞台を考えるとゼルとアメリアの登場はまた絶望的ですが、
今回の新同行者は結構好きなタイプなんで、今後に期待ですな。

【ライバルズ】たまにはこんなカオスもいいよね?

2019年10月27日 00:29

ハロウィンの闘技場イベントが開催してたので、やってきました。
アンデッドだらけのちょっと変わった形式で、楽しかったですw



こ れ は ひ ど い

上限無しでデッキを作れるのが闘技場の楽しいところですが、これはさすがに…w
今回、確定でゲマが手に入ってしまうので、フルに入手するとこうなります。
結果、どうなるかというと…。

Screenshot_20191022-115729.jpg

こういう初期手札になったりしますw
まぁ完全にネタデッキなので、ぶっちゃけ全然勝てなかったけど楽しかったーw
ちなみにこの勝負では相手も似たような編成だったようで…。

Screenshot_20191022-120240.jpg

地 獄 絵 図

毎ターン6ダメージとかHP25のゲームでやっちゃダメなやーつw
ゲラゲラ笑いながらゲマ出してましたよw

ところで、割と勘違いするんですが、ゲマって魔王属性じゃなくてゾンビ属性なんですよね。
「まおうのたまご」でサーチできなかったり、「絶望の再来」で復活できなかったりで、
( ゚д゚)ポカーンとなることがままあります。つい忘れちまうんだ…。

そういえば今回、カードの調整はないようです。
偏りがあるとはいえ、定番デッキのようなものはあまり無く、
色々な相手と対戦できる環境ではあるので、悪くない状況ですしねー。
まぁ新弾が空気なのはどうかと思いますが。
でも3人娘ヒーローは予想以上に活躍してますね。よきよき。
私もフローラ出たので、割と重用しております。

もう来月には新弾出るんでしたっけ?
ペース早いような気もしますが、次の弾が出たらグランプリは荒れそうですねー。
次に落ちるのってテンション系でしたっけ?
有用なカードの多い弾が使えなくなった時の環境変化は楽しみでもあり恐ろしくもあります。

まぁ、対人メインのゲームは熱くなりすぎないのが楽しむコツです。
気楽にやりましょ。

依存症かどうかは離れてみればわかる

2019年09月08日 23:33

今日は朝から突然スマホの電波受信状態が悪くなり、
とにかく読み込みが遅く、回線切断も頻繁に起きる謎の事態に軽くパニック起こしました。
おああ、スタミナ消費できねーじゃん!(そこかよ

PCやスイッチ等は普通に使えたので、スマホだけの問題らしく、
色々と試したんですが、改善の兆しが見えず絶望してました。

まぁ、ここでスマホゲーに愛想を尽かしてCSに戻るきっかけにすれば良かったんですが、
私はとにかくブラダスやアイギスが遊びたくて仕方なくて、
重い回線の中で無理やりプレイしてました。

この辺で「あ、私完全に依存症だわ」と気付きました。

通常であれば、代替が効くならそちらで済ませるものだと思うので、
積みゲーも多いことだし、CSゲーでもやるかとなるはずが、
プレイ環境が劣悪でもスマホゲーにこだわるというのは病的であり、
これはもう依存症であると断言するに足る状況でしょう。

サービス終了のように、どう足掻いてもどうしようもないならスッパリ辞められるんですが、
「なんとかなるかも?」という希望が残ってしまうとダメですね。
まさかここまでとは我ながら引くわー。

なんだかんだで復旧できたので良かったですが、マジで絶望感半端なかったです。
まぁ、起きたらとりあえず起動して自動周回オンにして、
昼になったら残業見越してスタミナ使い切って~とかやってるんで、
もう生活の一部なんですよねぇ。

しかし、このままでいいとも思えないので、ちょっと考えを改めるべきかもしれません。
スマホは生活圏に近すぎるので、適度な距離が保ち難いのが性質悪いよなー。
最近は寝落ちがデフォになりつつあるので、
色々な意味で生活を見直す時が来たのかもしれませんな。

じゃあ寝る前にアイギスの魔神戦やっておくかー(ぉ



最新記事