『マージナル・オペレーション』読破!

2016年09月06日 18:51

いやー、面白かった!
実際の取材を元にしてるというだけあって、国の情景や情勢、
多国籍で多様な人種と宗教観による独特な雰囲気や思想等など、
異世界転生ファンタジー系のラノベで軽視されがちな情報が詰まってるため、
知的好奇心を刺激されるのが新鮮ですね。リアル地球が舞台である強み。

文体にも拘りがあるようで、主人公の語学力の向上と共に会話文が滑らかになってるそうです。
これはもう一度読み返してみないと分からんけど、
語り手の違いによる変化は明らかにあるので、外伝である「F」シリーズは読んでいてとても面白い。

「空白の一年」はジブリールの語りであるだけで萌えが詰まってるんですが、
残念ながらラストの展開が完全に別作品とリンクしてしまうため、
そちらの情報がないと意味が分からなくてビックリするくらいつまらないです。
アラタ同様、読者的にも敵がどういう理由で戦ってるのかが理解できないので、
上下巻で謎の敵との決着がどうなるのかを楽しみに読み進めていると、
「え? なにそれ?」という感じで終わってしまうのはハッキリ言ってクソだと思います。
だって「カナン」の宣伝じゃないのよ。私はマジオペが読みたいんですのよ。
急に「血筋」とか言われても困る。

そんなわけで、「通しの物語」として見るとラストがどうにも低評価になってしまうのですが、
そこに至るまでの過程と、積み上げてきたものが活きる外伝は最高に面白いので、
最終的な評価はプラスに落ち着く感じです。
物凄くいい作品なのに、諸手を上げて絶賛するには躊躇いが残る不完全さがあるんですよね。

それはそれとして、新たに読んだ「F」と「空白の一年」についてー。

「F」はアラタ以外のキャラクターを主人公にした外伝作品で、
時系列的には基本的に本編のその後みたいです。

個人的にお気に入りはハサンとイブンが主役の話。
特にイブンは本編だと非常に有能でデキるイケメンという感じなのに、
「F」シリーズのおかげでどんどん評価が下がる悲しいキャラになりましたw
まぁ、本編はアラタの視点での物語なので、子供のいい所ばかりを描写しているからでしょう。
結果、同じ目線で語られると、割とポンコツだったことが判明して親近感が湧きます。
つーか、この部族はすぐに結婚することを考えるヤツばかりなんだなあw

「空白の一年」は前述の通りジブリール視点の過去話なので、
本編でも謎だらけだったジブリールの内面が見えるだけで面白いですね。
これを見ると結構直接アラタに求婚してるのに、
アラタのスルースキルが凄まじすぎてどうにもなりませんな。

実際、アラタの気持ちとしては、
実父が小さい娘に「大きくなったらパパのお嫁さんになるー」と言われてる感覚なんだろうけど、
本心は「そう思おう」としてるだけで、根底にあるのは、
自分はもうすぐ死ぬから、自分と一緒になるのは不幸だと考えてるのだと思います。
あと、罪深い自分に幸せに生きる資格はないとか思ってそう。

その辺のすれ違いが延々と続いてる感じなので、読者的には「もういいだろ」という気分です。
続編が決まってるそうなので、そちらできちんと決着がついてくれればいいですね。
ラストは盛大にジブリールとの結婚式でもやればいいよ。
なんかアラタが狙撃されて終わりそうだけど(ぉ
あれだ、「コードギアス」みたいに社会的に死んだことにして、裏で静かに暮らすとかはやりそう。

まぁ、そんな妄想が膨らむくらいジブリールが可愛いのはいいんですが、
前述の通りラストは「カナン」の宣伝なので、正直どうかと思います。
世界観をリンクさせるのはいいけど、個別に完結させて欲しいとは思う。

あと、ハキムの設定ってこれで辻褄合うのん?
漫画版だと普通に最初からいるので混乱してるのかもしれない。
結局、原作の1~2巻は読んでないし。それで「読破」とか言っていいのか。
ダメな気がしてきた。ダメか。

まぁ歯抜けになってる部分はその内買い直すとして、
とりあえず私のマジオペ強化月間は終了です。お疲れ様でしたー(ぇ
ひたすら活字を追うのは非常に疲れるので、今後は漫画版の発売を楽しみに待ってますよ。
まぁ、漫画版はこれからが重い展開になるんだけどなー。うぎぎ。

『ガールズ&パンツァー劇場版』観てきた

2016年01月13日 21:51

ガルパンはいいぞ(挨拶

えー、お久しぶりの更新になりましたが、みなさんお元気でしょうか?
私は死にそうです(ぇー

1/9から全国上映になったガルパン映画ですが、丁度その直前くらいに倒れてしまい、
寝てる間に土日祝日まで挟んでしまったので、来場特典もパンフも当然のようにありませんでしたが…

メッチャクチャ面白かったです!!!

いやーん、ただ見るだけでも全然OKっスよ!
むしろこれは一度は映画館で見るべき。音の迫力が段違いすぎてビビる。
戦車がギョリギョリ動いてるだけで体が震える感じですよ。すげぇ。やべぇ。

とりあえず観に行くのは確定してたんで、どうせ動けないならTV版でも復習しとこうと、
1話からOVAまで見始めたら面白すぎて止まらず、普通に1回、キャストコメンタリーで1回、
スタッフコメンタリーで1回と、気がつけば3周してたとかいうね。
うん、最初はどうやっても眠れないから、眠気を誘うために始めたんだけど、全然逆効果だったね!
もう10周以上してるんだけど、何回見ても飽きない。円盤買って本当によかった。

そんな万全の態勢で臨んだ結果、劇場版はTV版のオマージュが色々入ってて、
知らなくても問題ないんですけど、知ってればニヤリとできる場面がたくさんあって、
TV版見なおしてきてよかったなあと思った次第ですよ。
いやマジでファンを大切にしているのが伝わる、素敵な映画でした。幸せすぎる2時間だったわ…。

てなわけで、ガルパン好きなら絶対に行って損なし!な映画版、
「面白い」か「ガルパンはいいぞ」以外の感想が出ないので、
これ以上は追記でネタバレアリアリで書いていきます。
まだ観てない人は要注意。

いやー、本当に観に行ってよかったー!


以下、ネタバレ感想

[『ガールズ&パンツァー劇場版』観てきた]の続きを読む

鳩見すた『ひとつ海のパラスアテナ』読了

2015年03月13日 20:50

第21回電撃小説大賞「大賞」受賞作『ひとつ海のパラスアテナ』を読みました。
非常に読後感の爽やかな、「海」を題材とした作品らしい清々しさと少しの寂しさを感じさせる、
大賞にふさわしい貫禄を感じました。

読んでいて思ったのは、昨今の流行を狙わない、
むしろ逆行してるような設定と物語が、だからこそ新鮮に感じた驚き。
それでいて、最後まで読んでみれば、確かに今のラノベらしいスタイルで落ち着いていて、
古きを否定せず、新しきも受け入れている、懐の深さがあります。

最近は見回すと勇者と魔王とハーレムとダンジョンばかりで、
いい加減食傷してる中で、「海」という題材を持ち出してきたのがまず目を引きます。
世界設定も、「水没した世界」だけならありがちですが、ここで多少陸が残ってるとか、
新しい大地を作ったなどと逃げることなく、文字通り「すべて」水没してる所が新しい。
そして、必然的に船に関わる描写が増えて、新しい方面の知識欲も満たしてくれます。
操船からサバイバル、応急手当など多岐に渡っているので、読んでるだけで楽しい。

全体の構成としては、序盤で物凄い衝撃的なイベントがあることで、インパクトは十分ながら、
逆にそれがあまりに印象的すぎて、中盤に中弛みを感じる部分もあったりします。
しかし、決してつまらないわけではなく、少女2人の軽快なトークは微笑ましいものですし、
世界観を広げる意味でも重要な場面です。
なにより、この中盤の緩やかな時間があるからこそ、ラストが生きてくるのです。

個人的に、大賞をとる作品というものは、無駄が一切存在しないのだと思います。
この作品も同様で、登場する人物から出来事、設定から何から、全てに意味があります。
何気ない一言であったり、思わず流して読んでしまうようなことも含めて、
そういう「さりげない伏線」の積み重ねで生み出された物語は、
それらが収束していくのを見る度に、「ここで出てくるか!」と嬉しくなるのです。
本作はそういった積み重ねの集大成でもあります。

あとは「テーマ」がしっかりしてること、ですかね。
帯でも書かれていますが、まさに「生きる」ということの意味をガンガン問いかけてくる作品です。
主人公が特殊な能力や優れた才能を持たない、ごく普通の少女だからこそ、
根源的な「生きる」ということに向かい合う時、胸を打つのかもしれません。

ラストに少し詰め込み過ぎた感があったり、あまりにも「無駄にしなさすぎたり」と、
やや過剰な部分もありますが、逆にそれが昨今のラノベらしい展開になっていて、
爽やかな読後と続刊への期待に繋がっているのも事実。

ドラマチックな展開と、やや下ネタ過剰な軽い読感が上手く噛み合った、
非常に読みやすく、また一気に読ませる作品だと思います。
納得の大賞受賞作品です。すばらっ!

『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』読了

2014年11月01日 21:04

今日の仕事中の一幕。

上司「岳るさん、今日お仕事残ってやってくれないかな?」
岳る「今日はもう、やる気ないので無理です」

さて、今日はケイオス3を一気にクリアする予定でしたが、連休だし給料入ったしで、
久しぶりにビールでも飲むかー!と飲酒したら気持よくなっちゃって、
あーこりゃゲームとか無理だわ状態に。あるぇー?

そんなわけで、筆休め的に久々のラノベ感想。
以前、まとめサイトで少し話題になったヤツですが、シャレのつもりで購入してみました。
でまぁ、感想は…うーん…。
多分、色々と酷いことを書くので、続きは追記で!(ぇー
この作品が超好きで、すっげー面白かった!という人は見ないようにね☆

以下、ネタバレ含む感想。

[『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』読了]の続きを読む

劇場版 「魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」観て来た

2013年10月29日 19:51

2013-10-29-181422.jpg

来場特典がまさかのランダム配布で絶望した岳るですコニチワ。
コンプリートする気満々だった気勢が一気に萎えましたわい。
そしてまぁ、個人的に「マミさん出たら外れかなー」などと失礼なことを考えてたら、
本当にマミって半笑いですよチクショウ。

それはそれとして、映画本編は超面白かったです!

予想の斜め上を突き抜けた感がありましたねー。
「あ、これで終わりか」と思ったら、実はそこからが本番だったという。
TV版から何も学んでいなかったんだと痛感。

途中で色々とこれまでを思い出すと泣いちゃうような場面が多く、
まぁ実際に泣いてたんですけど、
そうしたら「あの展開」になりまして、今度はニヤニヤが止まりませんでしたよ。
実にまどマギらしい、捻くれて歪なハッピーエンドでした。

ただ、各人の思惑とか、複雑な設定に更に難解な設定を被せる合わせ技のせいで、
内容把握が非常に困難だったこともあるので、
特典とか関係なしに、もう一度観に行ってもいいなと思います。
次こそはさやか&杏子で…!(特典目当てじゃねーか

さて、自重しないネタバレ感想は追記に書くとして、
まだ観てない人は、ちゃんと視聴してから続きを読むようにしましょうね。
ネタバレって本当に害悪だと思いますけど、
面白い作品は語りたくなるのも仕方ないですし、
せめて事前に警告くらいはしておけば、あとは自己責任ですからー。

それでは、ネタバレ感想いっくよー。


以下、感想というよりは内容把握のためのメモ書き

[劇場版 「魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」観て来た]の続きを読む


最新記事