FC2ブログ

無双しない異世界転移物は面白い! 『迷宮キングダム~特殊部隊SASのおっさんの異世界ダンジョンサバイバルマニュアル!』読了

2020年02月23日 20:13

酔っ払った勢いで昨日は更新してしまい、申し訳ありませんでした。
いやー、メッチャ不満溜まってたのかしら。
でも実際問題、少年シドーはダメすぎると思うのよね。
「いやいやメッチャ強いよ!」という方がいれば、運用方法をご教授ください。
せっかく手に入れたヒーローが倉庫の肥やしになるのは忍びなさすぎる…。

さて、最近のラノベ界隈はとにかく異世界転生or転移もので溢れかえり、
どこを見ても異世界異世界で辟易しますが、
なんで素直に「ファンタジー」と題しないのか不思議ですね。
普通のファンタジー物ですら「異世界」と題していて見極めが非常に困難です。

そんな中で何故これを読もうと思ったかといえば、
題材になっている「迷宮キングダム」というTRPGが大好きだからです。

この「迷宮キングダム(通称「まよきん」)は、空も海も大地すべてが迷宮に飲み込まれた、
百万迷宮という地下世界で、小さな王国を作って少しずつ領土を拡張し、
王国を豊かに運営していくことを目指す経営要素を持った、
世界観もルールも特徴的なゲームです。

そんなゲームを題材とした小説なら異世界無双でも面白そうだと思ったわけですが、
まぁそもそものゲームからして無双とは程遠いシステムでして、
小説の方もそれに倣い、無双要素は一切ありません。

主人公は元SASのおっさんで、確かにサバイバル技術には長けてますが、
対人戦闘は得意でも、異世界の怪物相手にCQC(近接格闘)なんてクソ程も役に立ちません。
つまり、作中では「ちょっと強い一般人」程度の存在であり、
なおかつあまりに異質すぎる世界に困惑することの方が多いです。
でも、それが普通の反応だし、それが異世界転移物の醍醐味だと思うんですよねー。
食べられるかわからない木の実を食べられるか判断するだけで苦労してるのが見たいのです。

最近の異世界物は、異世界に行くことが当たり前な精神性の主人公が多くて、
異世界にすぐに馴染んじゃうし、妙なスキルで無双したりと、
異世界に行く意味が殆どないんですよね。
それこそSAOみたいなVRMMO物でいいんじゃないかと思うし、
それ以前に転生要素必要なくね?という、
「実際は普通のファンタジー」ななんちゃって異世界転生も多々あります。

そういう凡百の異世界物に食傷気味な、一昔前のラノベが好きだった読者には、
自信を持って本作をオススメします。

主人公はチート能力なんて持ってないし、異世界の現実は容赦なく彼に試練をもたらすし、
ひとつ困難を乗り越えるとすぐに次の難題が降りかかる、かなり「疲れる」物語です。
しかし、それらを自身の知恵と仲間たちの協力によって乗り越えていくカタルシスは、
最近ではなかなか味わえない魅力に満ちていると断言できます。
特にラストバトルの展開とか、やりすぎなくらい絶望的で最高でした(ぉ

そして、状況が絶望的だからこそ、希望の光が輝いて見えるんですよね。
この物語では騎士アストリアが仲間になる辺りの展開が一番の見所です。
出会う直前にどうしようもない状況に困窮していた所に、
自信と実力を兼ね備えた強者が仲間に加わる頼もしさたるやかなりのもので、
更にアストリアの快活で気持ちのいい性格が非常に好印象で、
「私を仲間にしてくれないか?」という辺りで涙が出てきました。ブラヴォー! ブラーヴァー!

私は実際にゲームをプレイしたこともあり、この世界の過酷さを知ってるだけに、
今後、この元SASのおっさんが率いる国がどうなっていくのか、非常に興味深いです。
続刊予定らしいので、2巻が早くも待ち遠しい!

…新装版として新たに発売されてるルールブック欲しくなってきた。
久しぶりにやりたいなー(チラッ

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』観てきた

2019年08月03日 03:13

ドラクエ5を映画化した作品『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を観てきました。
PVの時点でダメ臭しかしなかったんですが、実際に観てみた感想としては、
思ったより悪くなかった、です。
とはいえ、女性キャラの声が全般的に壊滅してたのだけは明らかなマイナス点でしたが。
男キャラはパパスがちょっと声が軽いなぁというくらいで、他はむしろ良かったですね。
特にヘンリーは子供時代の表情とか凄く良かった。
幼少期もっとしっかりやってほしかったなあ。

なんというか、30分アニメのAパートだけで、
幼少期からパパス死亡までのイベントを消化する
という荒業を使ったわけで、
ジェットコースター並の展開の速さに唖然とするばかりで、
パパスが死ぬ場面もまったく感情移入できませんでした。
てか、ドラクエ5プレイ済みであることが視聴条件でしたね。
でないとわけがわからんと思う。

まぁ2時間に満たない時間で全部やるのは無理なんで、
色々と削った苦肉の作なんだと思ってたんですが、
この超テンポ展開が実は伏線だったと知った時は、すべてが腑に落ちました。

正直なところ、内容的には納得いかないというか、「うーん?」となる部分が色々あって、
時折出てくるファミコン的表現とか、なんなんだこれ感が凄かったんですが、
最後まで見れば「なるほど」となるのは素直にビックリしました。
サブタイトルが何で「ユア・ストーリー」なのかも納得。

ただ、これはドラクエの「物語」が好きな人は拒絶反応出そうだなあと思いましたね。
「ドラクエ5の映画化」という意味では、これは完全な失敗作です。
ただ「5」の流れをなぞってるだけな上に、エピソードが軽すぎてカタルシスも何もないので。
特にキラーパンサーとの再会は、あれはねーわ…。
原作の音楽を使うことで、辛うじてドラクエとしての体裁を維持してただけの代物です。

しかし、ドラクエを「ゲーム」として好きな人(私)からすると、
ちょっと評価が変わるんじゃないかと思うんですね。
まぁ私もラストの展開には呆然としたんですが、
「ドラクエ5の映画」として考えないならば、むしろこれしかなかったようにも思えます。
だって、どう考えても、まともに映画化しようとしたら3部作とかにするしかないでしょ。
それが無理ならどうするか、という話なんですよね。

なので、個人的には悪くなかった、という評価ですが、
わざわざ劇場まで足を運ぶ価値はない、というのが正直な所ですね。
特に結婚の辺りの展開は酷すぎてもうね…。
一応、これも最後まで見れば「そういうことか」となるんですが、
それまでは単純に主人公がクズなのがなんとも…。

良い点
・モンスターデザイン(特にメカ系)がメチャ良かった。メタルハンターのフィギュア欲しい。
・ドラクエってこういうノリだよね、と思えるコメディ要素やメタネタ。
・原作準拠の音楽。
・ヘンリー。

悪い点
・女性キャラの声優。ビアンカもフローラもマーサも全部最悪。
・ゲームやってること前提なストーリーテリング。
・ラスボス(私は別に嫌いではない)
・ビアンカのデザイン(性格はむしろこっちのがいい)
・ルドマンのデザイン(FFに出てきそう)
・娘削除
・マリア削除


以下、こういう人は観ない方がいいよ(軽いネタバレかもしれない注意)

[『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』観てきた]の続きを読む

『魔法少女リリカルなのは Detonation』観てきたよ

2018年11月18日 09:35

そろそろみんなここの存在を忘れてる頃だと思うので、コッソリと更新するスタイル。
てなわけで、『魔法少女リリカルなのは Detonation』観てきましたー。
いやー、公開してることすら気づいてなくて焦ったー。もう3週目だったものな。

結論からいえば、素晴らしい出来栄えでした!
風呂敷広げすぎて全く畳む気なく終わった前編の反動で、
一気に伏線の回収、因縁の解説、マテ娘の正体等が語られるため、
これで満足できなかったらウソでしょ!というほど濃い内容でした。
思わず泣いちまったよ…!

そもそもが、前編は決戦直前で終わるという消化不良だったこともあり、
しっかりと冒頭からホットスタートしてくれたのも良かったですね。
1部終了から14年もかけて連載再開した挙げ句に、
読者が望まない展開にしまくって駄作化した某格闘漫画は猛省してほしいですな(おひ

さておき、最初からクライマックスなド派手バトルなのはいいんですが、
なのはさんの砲撃音がどう聞いてもガンダムなの笑っちゃうからヤメテ!w
とうとうモビルスーツになってしまいましたよ…重武装だし。

でまぁ、予想通り痛み分けという感じで終わって、マテ娘たちともここで合流。
共闘していく流れになったのは良い展開でした。
イリスの行動の不自然さの理由や、ユーリの謎も続々と判明していき、
見飽きさせない内容になっていたと思います。

前編でフラストレーションを溜めさせた分、後編で発散させるという方式であり、
リスキーではありましたが、その分、全体的には非常に良い作品になっているように思います。

語るべきキャラクターが多いため、見せ場があちこちに出てきてしまうのは、
ちょっとまとまりに欠ける感があるため、あまり良い手法ではないのですが、
それぞれが繋がりのある関係性なため、バラバラにならずに上手くまとまっていたのが好印象。
むしろクライマックスが連続でやってくるような感覚で、何度も泣いてしまいました。
贅沢な作りやでー。

前編で存在が疑問視されていた巨大メカも、
なのはチームVSイリスという巨大すぎる戦力差を埋めるための装置だったことが判明し、
色々と腑に落ちたのも良かったですね。
イリス(+ユーリ)だけで、なのは達全員相手にするとかイジメにしかならないものなw

ただ、ナンバーズみたいなキャラクターがぞろぞろ出てきた割には、
特に見せ場もないまま気がつけば全員負けてたという展開は、
ダラダラとした展開にしないための英断ではあったものの、
「なんでこんな無駄にキャラ付けさせたのん?」という疑問もあり、
なのはシリーズ(というか原作者)の悪癖が出た感じでしたね。
ドラマCDとかで拾うつもりなんだろうか。

そういった新キャラたちの物語で終わるのかと思いきや、
実は今まで語られたことがないという、なのはの内面に触れる内容だったのが予想外でした。
「なのは」って敵側の内面を掘り下げる物語なので、
実はなのは本人については、あまり語られてなかったんですよね
なので、「この子、こんな風に考えてたのか」と理解できたのは意外な収穫。
なのはというキャラクターに軸が出来たのは良かったですねー。

そんなわけで、後編はメチャクチャ良かったです!
前編見て「なんじゃこりゃ」と切ってしまうには勿体無い!
むしろ前編を見た人はこっちも見ておかないと損ですぞ。

難があるとすれば、特典色紙が多すぎることくらいかな(ぉ
せめてマテ娘だけでもコンプしたい…うおお。

『魔法少女リリカルなのはReflection』観てきましたよ。

2017年07月24日 18:48

仕事終わりに直で劇場に行ったら、10分前のギリギリに間に合ったので、
滑り込みで観てきたじぇい!
3時間近く待つつもりだったから助かったよー。

来場者特典も辛うじて残ってたのでゲッツ!
たった今確認したら、フェイトでしたー。王様が欲しかったんだけど、まぁよし。

で、単刀直入に感想書きますと…もう少し頑張りましょう?(ぉ

おそらく、見せたいものが多すぎて収拾がつかなくなってて、
パート単体では非常にいい感じなのに、全体としてまとめて見ると、チグハグというか、
とっちらかった印象が強い気がします。

マテリアル娘要素を削れば前編だけで終わったとか言ってはいけない(ぉ

これ、最大の問題点だと思うんですが、マテリアル娘たちの必然性が全然なくて、
少なくとも、現時点では説明が足りて無くて、ゲームの知識が無い人が見たら、
「こいつら要らなくね?」と言われても仕方ない感じなんですよねぇ。

ここが「パート単体で見たら出来はいい」という部分で、
マテリアル娘たちのと戦闘シーンは明らかに今作最大の見どころなのに、
マテ娘たちと戦う理由が「襲ってきたから迎撃」してるだけで、因縁とか全然ないのが問題。
「なのは」の戦闘ってそういうんじゃないと思うんですよねぇ。

もっと早く登場させて、なのは達との因縁を深めておいてくれれば、
もう少し印象違ったのに…。
あと、お供のロボって何だったんだ…。
ヴォルケンズに出番を与えるためだけの小道具じゃねーか…。

あれ、おそらく、マテ娘相手に2対1だとマテ娘が一方的にボコられて終わるんで、
とりあえず囮として用意されただけの代物なんですよねぇ。
脅威となる描写が圧倒的に足りて無くて、単に絵面が見難くなってただけという。

そうでなく、シュテルが単体でなのは&ヴィータを圧倒する方が絶対良かったと思うのに、
それだとヴィータがかませになるから、それを嫌ったんじゃないかと邪推しちゃいます。
いやマジであのロボ要らなかったもの。

この全体に漂う消化不良な空気は、前後編で作られた弊害が出てる感じです。
前編はとりあえず伏線や動機をバラ撒くだけで終えて、後は後編をお楽しみに!
みたいな作りなんですよねぇ。
だから色々と腑に落ちないというか、納得できない部分が多くて、
気になるというか集中できない感じでした。
物語的には実に「なのは」らしく悲劇的で良かったんですけどねぇ(ぇー
とりあえず、スタッフはレヴィが好きなんだろうなということだけは伝わってきました(ぉ

演出的にもイマイチな点が多く、キャラデザ変更の余波か作画に違和感があることもしばしば。
回想やおまけ映像で流れる過去作品の映像のクオリティが高すぎて違う意味で泣けます。
期待値が高すぎたのかなあ。

一応、後編は来年には公開されるようなので、早くやって欲しいです。
だってこれ、「A's」でいえば、闇の書の闇と戦うぞー! うおー!
という部分で終わっちゃったようなものだし。
もしくは、フリーザ戦で悟空が超サイヤ人になった所で終わった感じ?(ちょ
それくらいひどい引きでした。せめて一区切りつけて欲しかったなあ。

そんなこんなで、非常に消化不良です。
前後編なので、後編も含めて総合的に判断しないと正当な評価はできないんですが、
前編だけだと「これはダメじゃないかなあ」と言わざるをえない。

個人的趣味だけで言えば、マテ娘が出てきただけで満足な部分もあるんですが、
客観的に見れば、マテ娘の存在意義に疑問があるというアンビバレンツ。
後編では交流が増えると思われるので、やはり後編次第なんですよねぇ。

もう1回観れば印象変わるか?
どうしたものか…。


以下、もう少し深く感想&考察。

[『魔法少女リリカルなのはReflection』観てきましたよ。]の続きを読む

『マージナル・オペレーション』読破!

2016年09月06日 18:51

いやー、面白かった!
実際の取材を元にしてるというだけあって、国の情景や情勢、
多国籍で多様な人種と宗教観による独特な雰囲気や思想等など、
異世界転生ファンタジー系のラノベで軽視されがちな情報が詰まってるため、
知的好奇心を刺激されるのが新鮮ですね。リアル地球が舞台である強み。

文体にも拘りがあるようで、主人公の語学力の向上と共に会話文が滑らかになってるそうです。
これはもう一度読み返してみないと分からんけど、
語り手の違いによる変化は明らかにあるので、外伝である「F」シリーズは読んでいてとても面白い。

「空白の一年」はジブリールの語りであるだけで萌えが詰まってるんですが、
残念ながらラストの展開が完全に別作品とリンクしてしまうため、
そちらの情報がないと意味が分からなくてビックリするくらいつまらないです。
アラタ同様、読者的にも敵がどういう理由で戦ってるのかが理解できないので、
上下巻で謎の敵との決着がどうなるのかを楽しみに読み進めていると、
「え? なにそれ?」という感じで終わってしまうのはハッキリ言ってクソだと思います。
だって「カナン」の宣伝じゃないのよ。私はマジオペが読みたいんですのよ。
急に「血筋」とか言われても困る。

そんなわけで、「通しの物語」として見るとラストがどうにも低評価になってしまうのですが、
そこに至るまでの過程と、積み上げてきたものが活きる外伝は最高に面白いので、
最終的な評価はプラスに落ち着く感じです。
物凄くいい作品なのに、諸手を上げて絶賛するには躊躇いが残る不完全さがあるんですよね。

それはそれとして、新たに読んだ「F」と「空白の一年」についてー。

「F」はアラタ以外のキャラクターを主人公にした外伝作品で、
時系列的には基本的に本編のその後みたいです。

個人的にお気に入りはハサンとイブンが主役の話。
特にイブンは本編だと非常に有能でデキるイケメンという感じなのに、
「F」シリーズのおかげでどんどん評価が下がる悲しいキャラになりましたw
まぁ、本編はアラタの視点での物語なので、子供のいい所ばかりを描写しているからでしょう。
結果、同じ目線で語られると、割とポンコツだったことが判明して親近感が湧きます。
つーか、この部族はすぐに結婚することを考えるヤツばかりなんだなあw

「空白の一年」は前述の通りジブリール視点の過去話なので、
本編でも謎だらけだったジブリールの内面が見えるだけで面白いですね。
これを見ると結構直接アラタに求婚してるのに、
アラタのスルースキルが凄まじすぎてどうにもなりませんな。

実際、アラタの気持ちとしては、
実父が小さい娘に「大きくなったらパパのお嫁さんになるー」と言われてる感覚なんだろうけど、
本心は「そう思おう」としてるだけで、根底にあるのは、
自分はもうすぐ死ぬから、自分と一緒になるのは不幸だと考えてるのだと思います。
あと、罪深い自分に幸せに生きる資格はないとか思ってそう。

その辺のすれ違いが延々と続いてる感じなので、読者的には「もういいだろ」という気分です。
続編が決まってるそうなので、そちらできちんと決着がついてくれればいいですね。
ラストは盛大にジブリールとの結婚式でもやればいいよ。
なんかアラタが狙撃されて終わりそうだけど(ぉ
あれだ、「コードギアス」みたいに社会的に死んだことにして、裏で静かに暮らすとかはやりそう。

まぁ、そんな妄想が膨らむくらいジブリールが可愛いのはいいんですが、
前述の通りラストは「カナン」の宣伝なので、正直どうかと思います。
世界観をリンクさせるのはいいけど、個別に完結させて欲しいとは思う。

あと、ハキムの設定ってこれで辻褄合うのん?
漫画版だと普通に最初からいるので混乱してるのかもしれない。
結局、原作の1~2巻は読んでないし。それで「読破」とか言っていいのか。
ダメな気がしてきた。ダメか。

まぁ歯抜けになってる部分はその内買い直すとして、
とりあえず私のマジオペ強化月間は終了です。お疲れ様でしたー(ぇ
ひたすら活字を追うのは非常に疲れるので、今後は漫画版の発売を楽しみに待ってますよ。
まぁ、漫画版はこれからが重い展開になるんだけどなー。うぎぎ。



最新記事