FC2ブログ

アニメで描く思考バトルの最高峰! 「呪術廻戦」第17話が神ってる!

2021年02月06日 11:12

一週間ほど前に予約してた中華製プラモの発送告知が来たんですが、到着予定日が7月になってて、何で半年近くかかるねん…って愕然としてたら、今日届きました_(┐「ε:)_
海外からの直輸入は安い代わりにこういうことがままある。そして相変わらずダンボールが臭い。

さて、みんなー! 「呪術廻戦」のアニメは見てるー!?
もうね、17話がヤバすぎて大興奮ですよ! 興奮しすぎて勢いでこれ書いてるよ!
ちなみに朝っぱらからビール飲みながら見てましたイヤッフゥー! 休日万歳!

「鬼滅の刃」がもたらしたものは色々あるけれど、一番大きかったのは、アニメのスポンサーサイドの意識を変えたことじゃないかと思いますねー。だって、鬼滅の前後で明らかにクオリティ変わったでしょ。
これ、手を抜いて作るアニメには何の価値もない(逆に言えば本気で作ると莫大な利益を生む可能性がある)ってことが純然たる数字で出たから、少しでも原作人気がある作品のアニメは、とりあえずクオリティ高めておけって流れになってるんじゃないかと思うんですよねー。あと、アニオリをやる意味があんまりないなってことも。

で、今期って名作のアニメ2期とか3期とかメッチャ多くて、しかもどれも素晴らしいクオリティなんですよね。こんなことは今までなかったんで、いわゆる「鬼滅効果」ってこういう所にも出てるんじゃないかと思ったりする妄想。単にコロナで制作に余裕があっただけの可能性もある。
まぁ理由はなんだっていいから、質の良いアニメを見せてくれれば文句はないんじゃよ!

そんな中で「呪術廻戦」ですけど、これ、単に作画が良いってだけのことじゃなくて、考えながらバトルする「思考バトル」の出来が完璧なんですよね。あ、「思考バトル」ってのは、「HUNTER×HUNTER」みたいにバトル中に戦術分析とかしてるやつのことです。「ブリーチ」みたいなのは「オサレバトル」です。

この思考バトル、漫画で見る分には何の問題もないんですが、アニメになると間延びする問題がって、表現が難しいんですよねー。どうしても分析思考中は動きが止まってしまうから、バトルのテンポが悪くなったり、間がおかしくなったりする。

「呪術廻戦」17話のすごいところは、思考中も動きが一切止まらなくて、まさに「戦いながら思考してる」という演出が表現できていた点にあります。特にマキの攻撃を受ける三輪視点のシーンなんて鳥肌もので、三輪の焦燥が凄く伝わってくるんですよね。臨場感という言葉はまさにこの場面のためにあると思えます。すんげえわ。

「ワールドトリガー」2期もこの辺すごく頑張ってて、できるだけ画面が止まらないように配慮されてはいるんですが、戦闘の間の取り方がちょっとスローに感じるのが惜しいですね。まぁでも、全然文句はないです。むしろ那須隊VSウェンの丁寧な描写(ウェンの服装チェンジとか)がありがたすぎる。細かい所にこだわってて最高。原作をリスペクトしてるアニメって、いいよね。

「呪術」に話を戻すと、17話は単純に物語としても素晴らしくて、原作もいい話だったんだけど、これは声優さんの演技と作画の良さが完璧に噛み合ってて、マイがマキを責める所では涙ボロボロ流してました。才能無い子が努力して頑張ってるだけならよくある話だけど、本当は頑張りたくなんてなかったという所がリアルなんですよねぇ。高田ちゃんにハマったりと、マイって憎めない良いキャラだと思います。好き。

しかしこれ、どこまでやるんですかねー。OP見る限り九相図まで出てきそうなんで、五条の過去話直前までやって、過去話は劇場ってパターンかな。鬼滅と違ってこれなら本編と直結しないから今後のTVシリーズに影響でないし、伏黒パパとか人気キャラだから普通に人気も取れそうだしで、win-winだしね。なんなら劇場は0巻という手もあるし、夢が広がるねぃ。

最近はYouTubeも面白いし、ゲームもしたいし漫画も溜まっていく一方で、コンテンツはどんどん消費していかないと追いつかないので、繰り返し楽しむことは少ないんですが、今回の「呪術」はもう1回見よう。なんならワートリももう1回見たい。
充実してる…これがリア充ってことか…(違

アニメ『ワールドトリガー』2期のデキが素晴らしかった!

2021年01月11日 11:02

今作ってるプラモの中に30MMっていう量産機をテーマにしたシリーズがあるんですが、カスタムパーツが大量にあるのと、パーツの互換性が高いこともあって、集めれば集めるほど遊びの幅が広がる面白いキットなんスよ。
で、昨日は積んでた1機作ったついでに、カスタム中で放置してた機体にゴリゴリと武装追加してたら、ロマサガ2のダンターグみたいになってきて楽しすぎたw
どんどんパーツ追加できるんだもん…。
みんなも30MM作ろうぜ!

さて、原作者の体調不良もあって、先行き不安な『ワールドトリガー』ですが、なんとか連載は継続されているようでホッとしてます。
ゆっくりでいいので、確実に話を続けて貰えればそれだけで十分ですよ…。

そんな中、何故か唐突にアニメ版の2期の放映が開始されました。
つーか、「アニメなんてあったの?」という人も多そうなんですが、あったんですよ。しかも何故か日曜朝枠の子供番組扱いで。
部位欠損バリバリな上に分かりにくいチーム戦術が主眼の作品を、どうしてこんな枠でやったし…。
案の定、原作が足りないのに6クールもやったもんだから、全体のクオリティは低めだし、原作理解が低いアニオリが入るしで、正直残念なアニメ化になってしまいました。
まぁ私はアニメがあったから原作を知れたので、販促にはなってたのかもしれませんがー。

で、今回の2期も製作は東映ということで、半ば覚悟していたんですが、深夜枠になったのと、鬼滅のヒットで集英社の意識が変わったためか、非常に高いクオリティになっており、大満足の2期1話でした。ガトリン隊長と香取ちゃんの声だけちょっと違和感あるかなー。でもバリバリ動く香取ちゃん見れただけで感動ものですよ!
このレベルを維持してくれたら間違いなく神アニメになりますが、東映ー頑張ってくれー。

ただ、完全に1期の続きものとなっている上に、この手の作品によくある「前回のおさらい」みたいなものがまるでないので、2期から見始めて原作も知らない人には意味がわからない展開だったろうなと思います。
なんかよくわからん敵が攻めてきてるのに、何で基地内部では呑気に試合やってんだよ、とかね。
一応、OP中でダイジェスト的に前回までの流れを見せてくれるんですが、まぁMVみたいなもので解説するのは不可能なので、これまた原作知らなければ意味不な上に、知らない人にはネタバレになってしまうという、逆に悪手な気もするのががが。
もうね、原作は宇宙一面白いから、何も言わずに原作読んで欲しいですね。それからアニメ見よう。1期アニメは別にわざわざ見なくてもいいです。

とりあえず、原作ファンでもほぼ満点な出来栄えだったので、続きが非常に楽しみですね!
つーか、今季は進撃の巨人もあるし、ゆるキャンはあるしダイ大もフレイザード登場したしで、神アニメ祭りなんですけど!?
生きねば。

エヴァの映画も延期したので、おさらいするのもアリではないか

2020年04月18日 23:18

ちょっと喉の調子が悪いので病院に行こうと思っていたら、
なんか電話予約が必須になってて結局行けませんでした。ウボァー。
医療崩壊の足音が聞こえるようで実に恐ろしいです。
近所の店も潰れまくってるし、マジでもうダメかもわからんね。

そんな終末気分な中でエヴァンゲリオンを見るというのは、
更に鬱を助長しそうなわけですが、6月公開予定だった新作映画は結局延期になり、
またしてもエヴァのラストはお預けとなりました。
つーか、前回から間が空きすぎて、もう色々なものを忘れてますよね。

そのお詫びとしてか、エヴァの制作会社が運営しているYou Tubeチャンネルにて、
今までの劇場版が無料公開されるらしいです。
どうせ延期しちゃったわけだし、それまでの話も覚えてないしで、
改めて見直すのもアリですよね。外出自粛でやることない人も多いだろうし。

そんな中で、こういう動画を見つけたのでダラダラと見てました。



機械音声が不気味で耳障りが悪いのが難点ですが、内容自体はとてもよく考察されており、
改めて「エヴァンゲリオン」という物語の「仕組み」を理解するテキストとして、
非常に優秀なのではないかと思います。

てか、ぶっちゃけ人類補完計画とかよくわかってなかったので、
ようやくゼーレがどういう組織でどういう計画を持っており、
誰が何を実行し如何なる目的を持って動いていたのか、
そういう諸々が今更理解できて目からウロコが落ちております。
ガチ考察勢はすげぃなあ。

で、改めて「この物語、クズしかいねぇ」という結論に苦笑いが出てきますが、
聖人君子だらけだったら、そもそもこんな物語にはならないわけで、
これこそがハリネズミのジレンマなような気がします。

で、この考察はいわゆる「旧劇」を下地にしているので、
今やってる新劇と呼ばれる作品とはまた色々と違うわけですが、
改めて考えると、新劇というのは「登場人物が聖人君子になろうとした」作品のように見えます。

そもそも、エヴァというのは当時だったから評価された部分が多分にあって、
今やってもウケないだろうと言われているし、実際そう思います。
だからこそ、クズではなく聖人君子になろうとした(その片鱗が見えた)「破」が絶賛され、
再び「クズ達の物語」に戻ってしまった「Q」は叩かれたんじゃないですかねぇ。
みんな前向きな物語を求めてたってことよな。

とはいえ、それでも話題作であることに変わりはないので、
なんだかんだで新作は楽しみなわけです。
他人の評価に踊らされるのは嫌ですから、是非とも早い段階で直接観に行こうと思います。

いやー、考察動画見てたら改めて見たくなってきちゃったし、
明日はエヴァ三昧にしようかなー。
なんかPS4の最新アプデが危ないという話もあるので、PS4を起動するの怖いんですよね。
あーざんねんだなー。せっかくゲームやろうとおもってたのになー(棒

「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」は最後まで名作だった

2020年03月30日 00:55

「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」視聴完了ー!
明日仕事だけどすっげー良かったからブログ書いてから寝る!

正直、あまりに安定して面白いから、いつカド化するかとビクビクしてたんだけど、
最後の最後まで期待を裏切らない素晴らしい作品でした。
ちょっとビターな終わり方だったのも作品の雰囲気的に悪くなかったですね。
むしろ2期に期待したくなる展開。

黒幕の正体に関しては、むしろ分かりやすすぎて拍子抜けする部分もありますが、
これは推理小説を読んでる時に、なんとなく犯人は分かるけど、
動機やトリックまでは思い至らないというのと同じで、
この作品の評価を下げるものではなかったですね。
むしろ積み上げてきたものが結実した爽快感すらありました。

物語に必要なのは奇を衒うことではなく、
説得力(伏線)を積み上げることだということがよくわかる作品です。
これを見ると何故「正解するカド」が失敗したのかよくわかります。
あれ、伏線も何もない完全な後出しだったから叩かれたんだよなあ…。

全体に漂う雰囲気は暗く重いし、主人公の過去は凄惨すぎて泣きたくなりますが、
所々で出てくるコメディ要素(というか、「そうなるよね」というおかしさ)が、
重くなりすぎない防波堤の役割を果たしていて、
鬱々とし続けない良い意味での軽さが個人的に気に入ってます。

音楽、特に挿入歌の使い方と音楽そのものも素晴らしく、音響の良い仕事が伺えるだけに、
所々で作画が怪しくなることだけが残念でした。
逆を言えば、それくらいしか不満がないです。

かなりお気に入りの作品になったので、ちょっと単行本も買ってきます。
ああ、いい作品を見た後は気分も晴れやかだわ。
これであと1週間は頑張れそうな気がする。
でも残業はほどほどで頼むよ!

だ、騙されないんだからねっ

2020年03月29日 20:14

連日の残業に疲れ果ててゲームやる気なんて欠片も起きない岳るですいっそコロセ。
せめて繁忙期を超えないとプレイ記録を書く余裕もないです。
ついでにコロナによる外出自粛で色々とズタボロです。
まぁどうせ休日は引きこもってるんですがね!(ぇー

そんな疲れ果てて気力がない時の味方は撮り溜めしてあるアニメの消化ですね。
丁度今期アニメも最終回ラッシュなので、そろそろ見るにはいい時期です。
やはり溜めて一気に見るのが一番ですにゃー。先が気になるストレスとも無縁だしね。

今日はずっと良い評判を聞いていた「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」を見てます。
現在4話目まで視聴終了。

いやー、控えめに言って「神」ですね。メッチャ面白い!
独自の世界観を構築しながらも、論理的に犯人を追い詰めていくのがワクワクします。
そして毎回死んでるベストガールw
カエルちゃんすげー好みなのにナンデ…ニンジャナンデ!

とまぁ、評判通りに面白いので、今日中に一気に見るつもりですが、
まだだ…私は騙されんぞー!
こういう中盤ぐらいまで神憑り的に面白い作品に限って、
終盤で奇を衒いすぎてクソになるんだチクショウ!(おちつけ
「正解するカド」の悲劇を私は忘れない…。
ぶっちゃけダンロンV3なんてメじゃないレベルのトラウマよ。や、私はV3好きですが。

さらっと書きましたが、もう次のクールに入るわけで、時間の流れは残酷ですね。
4月の覇権はですね、「放課後ていぼう日誌」ですよ!
原作メッチャ好きなのもありますが、動画工房が作るという時点で勝ち確。
日常系好きなら絶対見るべし! べし!

さ、こっちはこっちで続きを見るべーし。



最新記事