感情移入する原理。

2017年08月08日 23:23

今日は雨がひどかったねー。まだ降ってるけど。
この調子だと、明日もまだ降ってそうだなあ。おのれー。

最近、安全策ばかりとりたくなるのか、新作のアニメを見る気力が湧かず、
どうしても過去に面白かった作品を改めて見たりしちゃいます。
これはなんなんだろうか。クソゲーを掴みたくないのと同じ心理なのか?

で、久しぶりに『おおきく振りかぶって』見てました。
スポ根アニメにハズレ無しと思ってるけど、その原点はコレだったのよな。
何回見ても面白い。3期やらないのかねぇ。

『ハイキュー!』の時もそうだったけど、
私はやはりモブっぽい負け確定なチームの消化試合にぐっときます。
ダイジェストで流さず、しっかりと相手チームの心理描写もしてくれたらなおよし。
「おお振り」は内面描写はしつこいくらいやってくれるからいいよね。

これはまぁ、私がリアルでそういう弱小の側にいたからで、
強豪の心理はまったく理解も共感もできないけど、
確定で負ける弱小側の心理は痛いほど分かります。

更に、負けるの分かってても腐らずに、
最後まで諦めないで全力を出そうとする描写があると、これはもう涙腺崩壊ですよ。
そっちの方に感情移入してしまうのは必然です。
だって、それは過去の自分の姿だもの。

漫画や小説を読む時、
読者は主人公に自己投影、あるいは感情移入するものと思いがちですが、
実際にはもっと客観的に見ているもので、
じゃあどこに感情移入するかというと、まさに自分と共感できるキャラ、
あるいはシチュエーションが出てきた時、そこに感情移入するんですね。
どう考えても俺Tueeeな主人公と自分を同一視はできないでしょ。

それでも主人公に感情移入できるとしたら、
主人公のどこかに、自分と共感できる部分がある時です。
内面は俺Tueeeとはあまり関係ないですからね。
チートスキルを持っていても、精神的に脆いキャラもいますし。いるよね?

つまり、感情移入とは、過去の自分と向き合うことでもあるわけです。
積み上げられた自分の過去の経験と重なる時、共感を覚えるんじゃないかな。
理想や憧れという場合もあるかもだけど、私の場合はあまり強キャラに感情移入しないので、
やはりどこか自分と重なるキャラクターに引っ張られるのだと思います。
勝った時の嬉しさよりも、負けた時の悔しさの方がよく分かるもの。

まぁ、だからこそ、スポ根には「弱小校が強豪に打ち勝つ」というストーリーが多いのかも。
単純にそれが盛り上がるというだけでなく、弱小だからこその共感を得られるわけで、
そこをチョイスするのは作品作りとして理に適ってるのでしょう。
あとはいかに御都合を臭わせずに勝利させるかが大事になるわけですが。

もしかしたら、最近の俺Tueeeも、実は同じなのかもしれません。
苦労したくない、努力は嫌だ、楽に勝ちたいという「理想の姿」、
そこに「憧れ」という形での共感を覚えている可能性もありますね。
それが感情移入なのかは分かりませんが、理想と同一視するのはありえる話です。

まぁ、そこまで小難しく考えながら漫画やラノベを読んでる人はいないと思うので、
単純にストレスを感じない主人公が好まれてるだけなんでしょうけどね。
でもまぁ、共感できないキャラよりは、できるキャラに愛着が湧くものなんで、
どこかに弱さが欲しいと思うのは、少数派なのかなー。
人間味ってそういう部分に出るものだし、完全なウソよりは少しのリアリティがあった方が、
作品の説得力も上がると思うのだけど。うーむ。

いよいよ明日公開! 『魔法少女リリカルなのは Reflection』!

2017年07月21日 21:51

たけるは じひょうを ていしゅつした!
しかし まわりこまれてしまった!
じゅうやくたちは ふてきにほほえんでいる
コマンド?

さて、とうとう「なのは」最新作が明日、公開されますな!
正直、どうしてこうなったのか全然分かりませんが、
なのはから一番遠い場所にいた岳るが今でもなのは大好きなのおかしいだろ。
私を魔導の道に堕とした友人たちは、もう興味ないんだろうか。悲しい。

しかし、今回はキャラデザも変わっちゃったし、不安もありますよね。
内容的には、岳るが好きすぎてヤバいマテリアル娘たち登場でテンションMAXなんですが、
やっぱり奥田泰弘キャラデザのディアーチェが見たかったのが本音。
今回のキャラデザは髪の毛がスッキリしすぎててなんか違う。

でもまぁ、ゲーム限定、スピンオフ限定だったマテ娘たちが、
遂に本編に公式参戦というのは胸熱なんで、
今後のなのは関連作品での再登場にも期待しちゃいますな!

で、肝心の映画をいつ観に行くかなんですがー…。
本当は明日にでも行きたいのだけど、混むの分かってる土曜夕方とか嫌なんだよなあ。
今のなのは人気がどれほどか分からんから、なんともいえないけど。
パンフとブックマークだけ買いに行こうか…。

…と思って上映スケジュール見にいったら、あれ、「前編」って書いてある?
なにこれ前後編なの!?
後編はいつやるんだよ!??
うおお、どうなってんだこれー。公式サイトにもそれらしいこと書いてないんだが。謎すぎる。

さておき、どうしたものかな。
入場者特典も10種からランダムとか、ディアーチェ引ける気がしないわー。
そもそも、特典残ってるかも怪しいわー。
それなら、平日にノンビリ観に行く方がよさげだなあ。

とか言って、劇場行ったらそのまま観るパターンですよね。
まぁ仕事終わる時間と上映時間が絶妙に噛み合ってないから、
直接行ったら、すげー待つことになるんですが。
うーむ、悩ましい。

マテリアル娘キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

2017年06月06日 22:10

あばばあばば。



劇場版「なのは」にマテリアル娘登場確定!!!
ユーリもちゃんと出るのマジで嬉しいんですが!(ノ∀`)

まぁ、エルトリア関連のキャラが登場して、マテ娘が出ない(出さない)道理がないので、
フローリアン姉妹が出る時点で既定路線だったわけですが、
それでも正式に映像が出るとテンション上がるわー。
マテ娘も正史の仲間入りかと思うと胸熱。

これでようやくマテ娘のフィギュア化が現実味を帯びてきた。
ずっと待ってるんだよ…頼むよアルター。

ある意味でお祭りゲーだったからできたストーリーとキャラだったんで、
劇場版でどうストーリーがアレンジされるのか実に楽しみ。

しかし、キャラデザ変わっちゃったのが残念ですねぇ。
動くと悪くないのだけど、1枚絵の違和感半端ない。
監督も変わっちゃったんだっけ?
劇場版は、あまりの出来の良さで私をなのは沼に引き釣りこんだ原因でもあるので、
是非ともいい作品に仕上げてくれるのを祈るしかない。

まぁ、動くマテ娘が見れるだけでも眼福なんですが、
内容も伴う方がいいに決まってるので、絶対観に行くから頼むよー。
ああ、楽しみだ楽しみだ!

やっぱり競女は最高や!

2017年06月01日 18:54

仕事のストレスのせいか、寝ても1時間くらいで目が覚めるの辛い。
それはそれで「あ、まだあと○時間寝てられる…」とか思うのが更に辛い。

そんなリアルから逃避するには、面白いアニメでも見るのが一番だヨ!

てなわけで、遅れていた発売日から待たされること1月、
ようやくBD版『競女!!!!!!!!』最終巻が届いたので、さっそく見たってばよ!

くそwwww何回見ても面白すぎるwwwwwwww

最終話の見どころは、ラストシーンにアニメ未登場の原作キャラが出て来るところですね。
特に聖剣使いの人は完全に痴女というか変態でヤバイw

そして特典OVAは、予想のはるか斜め上を更にZ軸で吹っ飛ばした超展開で、
あまりの酷さに腹筋崩壊www
声出して笑えるアニメはなかなかないぞw

『競女!!!!!!!!』の円盤はアニメ自体が非常に面白いし、特典アニメ付きなのは嬉しいのだけど、
ちとサービス精神が足りてないのが残念ですね。
ブックレットのポスターは画質がイマイチだし、
今時オーディオコメンタリーが1話も入ってないのはどうなんだ。
これこそコメンタリーが面白い作品だと思うんだけどなあ。
作画の修正ももう少し頑張って欲しかった。

あと、どうせなら謎の光の有る無しで2バージョン収録してくれても良かったよねぇ。
これにエロは求めてないし、光ってる方が面白いのは確かだけど、
光がなかったらどうなのかも見てみたかったのが本音。
とゆーか、それを期待して円盤買ってた部分もゴニョゴニョ。

まぁ、なんだかんだで全巻揃えちゃうくらい好きな作品なんで、
これで終わりというのが非常に残念でなりませんが、
あとは連続刊行されるっぽい原作漫画を楽しみにするとしましょうか。

うおお、直筆サイン色紙当たれー!
届け、我が競女への愛!!!!!!!!

『けものフレンズ』は本当に面白かった。

2017年03月19日 11:55

『競女』の新刊が相変わらずで安心というか、本当に凄い漫画だなコレ…。
ただでさえぶっ飛んでるのに、確信犯で笑わせにこないでほしい。
「マミー!」は不意打ちすぎて死ぬかと思ったw

さて、せっかくの休みなので、ノンビリとアニメでも見るかと毎回思うんですが、
アニメの量が多すぎて何を見るか決められないのは、積みゲーと同じですね。
結局、海外のドキュメント番組見ちゃうとかNHKしか見ないご老人たちの気持ちが分かって微妙。

で、せっかくなので、謎の大人気作品『けものフレンズ』を見てみることにしました。
実は1話は見たんですが、あまりのショボイCGと棒読み声優にクラクラきて、
開始5分でギブアップしちゃったんですよね。

しかし、単なるステマでここまで人気になることはありえません。
ダラダラと続く名作の続編なら何もしなくても売れたりしますが、
新規IPで、しかも関連作品はことごとく爆死してるアニメの場合、
しっかりと内容が伴ってないと不可能です。

そこで、今度はしっかり見てみようと思ったわけですが、
予想以上に面白くて、気づけば最新話まで一気に…マジやばくね?

見た目のショボさにさえ目を瞑れば、悪い部分が全然ないんですよね。
気楽に見れるお気楽な珍道中と、そこで出会う様々な動物(フレンズ)たちが彩りになり、
また、フレンズも単なる擬人化ではなく、
ちゃんと元ネタの特徴を活かした見た目や性質を持っていて、丁寧な仕事が伺えます。

フレンズは見た目は人間ですが、中身は動物なので、
ヒト(と思われる)カバンちゃんのひらめきに対する反応も微笑ましく、
自己肯定を望む傾向の強い飢えた現代人には癒やし効果も強そうです。
基本的に排他的なフレンズがまるで居ないのも、この世界の居心地の良さに繋がってます。

これだけだと、ちょっと変わった日常アニメでしかありませんが、
適度に世界やカバンちゃんの謎をチラつかせることで、
物語の先を見たいと思わせるようにも作られています。
そうでなければ、一気に見たりしません。

残念なのは、メイン以外のフレンズは使い捨てというと言い方が悪いですが、
1話(とCパートのおまけ)だけのゲスト出演という感じで、
「あ、この子可愛い」とお気に入りを見つけても、すぐに出番がなくなってしまうことですね。
多種多様なキャラが出て来るのはいいけれど、掘り下げが足りない物足りなさはあります。
まぁ、そこは自分で調べてみてね、という趣旨なんでしょうけど。
実在の動物をモチーフにしてる利点でもありますし。

あと、残念な見た目のショボさは、割とすぐに気にならなくなります。
むしろ今ではこれが味になってるとすら感じていて、逆にリアルタッチだったら、
他の凡百の作品に埋もれていた可能性すらあると思います。

まぁ、すべては最初の期待値の低さもあると思いますけどね。
「予想外に良かった」という、いわゆる「不良が子猫を拾う」系のギャップ萌えの一種で、
もしビジュアル面がしっかりしていて、期待値が高かったとしたら、
より高水準の物を求められていたはずです。

とはいえ、惹きつける魅力があるのも確かなので、
土台がしっかりしていて、低予算の中で人事をつくしていることが伝わるからこそ、
こうした結果に結びついてるのではないかと思います。

…まぁ、放映時に人気あるからって、円盤が売れるわけじゃないんですけどね。
『競女』はどうしてこうなった…orz
でも、『けものフレンズ』は円盤安いし、特典も豪華みたいなんで、
もしかしたらもしかするのかもしれませんね。
誠実な仕事には正しい評価が下されて欲しいものです。



最新記事