『けものフレンズ』は本当に面白かった。

2017年03月19日 11:55

『競女』の新刊が相変わらずで安心というか、本当に凄い漫画だなコレ…。
ただでさえぶっ飛んでるのに、確信犯で笑わせにこないでほしい。
「マミー!」は不意打ちすぎて死ぬかと思ったw

さて、せっかくの休みなので、ノンビリとアニメでも見るかと毎回思うんですが、
アニメの量が多すぎて何を見るか決められないのは、積みゲーと同じですね。
結局、海外のドキュメント番組見ちゃうとかNHKしか見ないご老人たちの気持ちが分かって微妙。

で、せっかくなので、謎の大人気作品『けものフレンズ』を見てみることにしました。
実は1話は見たんですが、あまりのショボイCGと棒読み声優にクラクラきて、
開始5分でギブアップしちゃったんですよね。

しかし、単なるステマでここまで人気になることはありえません。
ダラダラと続く名作の続編なら何もしなくても売れたりしますが、
新規IPで、しかも関連作品はことごとく爆死してるアニメの場合、
しっかりと内容が伴ってないと不可能です。

そこで、今度はしっかり見てみようと思ったわけですが、
予想以上に面白くて、気づけば最新話まで一気に…マジやばくね?

見た目のショボさにさえ目を瞑れば、悪い部分が全然ないんですよね。
気楽に見れるお気楽な珍道中と、そこで出会う様々な動物(フレンズ)たちが彩りになり、
また、フレンズも単なる擬人化ではなく、
ちゃんと元ネタの特徴を活かした見た目や性質を持っていて、丁寧な仕事が伺えます。

フレンズは見た目は人間ですが、中身は動物なので、
ヒト(と思われる)カバンちゃんのひらめきに対する反応も微笑ましく、
自己肯定を望む傾向の強い飢えた現代人には癒やし効果も強そうです。
基本的に排他的なフレンズがまるで居ないのも、この世界の居心地の良さに繋がってます。

これだけだと、ちょっと変わった日常アニメでしかありませんが、
適度に世界やカバンちゃんの謎をチラつかせることで、
物語の先を見たいと思わせるようにも作られています。
そうでなければ、一気に見たりしません。

残念なのは、メイン以外のフレンズは使い捨てというと言い方が悪いですが、
1話(とCパートのおまけ)だけのゲスト出演という感じで、
「あ、この子可愛い」とお気に入りを見つけても、すぐに出番がなくなってしまうことですね。
多種多様なキャラが出て来るのはいいけれど、掘り下げが足りない物足りなさはあります。
まぁ、そこは自分で調べてみてね、という趣旨なんでしょうけど。
実在の動物をモチーフにしてる利点でもありますし。

あと、残念な見た目のショボさは、割とすぐに気にならなくなります。
むしろ今ではこれが味になってるとすら感じていて、逆にリアルタッチだったら、
他の凡百の作品に埋もれていた可能性すらあると思います。

まぁ、すべては最初の期待値の低さもあると思いますけどね。
「予想外に良かった」という、いわゆる「不良が子猫を拾う」系のギャップ萌えの一種で、
もしビジュアル面がしっかりしていて、期待値が高かったとしたら、
より高水準の物を求められていたはずです。

とはいえ、惹きつける魅力があるのも確かなので、
土台がしっかりしていて、低予算の中で人事をつくしていることが伝わるからこそ、
こうした結果に結びついてるのではないかと思います。

…まぁ、放映時に人気あるからって、円盤が売れるわけじゃないんですけどね。
『競女』はどうしてこうなった…orz
でも、『けものフレンズ』は円盤安いし、特典も豪華みたいなんで、
もしかしたらもしかするのかもしれませんね。
誠実な仕事には正しい評価が下されて欲しいものです。

『劇場版 艦これ』観てきた。

2016年12月05日 19:38

今日は残業もなく、天気もいいし、映画館はサービスデーだしで、
色々な要素が噛み合った、実に素敵な1日でした。
そんなわけで、『劇場版 艦これ』観てきたよー。

どうかと問われれば、間違いなく面白かったんですが、
概念的というか抽象的な決着の付き方で、あまりスッキリしない後味だったので、
「超良かった! オススメ!」などと勢いだけで言えないのが歯がゆいですな。
面白かったのにー。

とりあえず、TV版は視聴前提の完全続編であることと、
なんだかんだでハッピーエンドで終わることは書いておきます。
あと、提督は徹頭徹尾登場しないのでご安心をw

映像に関しては、さすがの劇場クオリティで、文句のつけようもありませんでした。
手描き率が高かったのか、TV版で違和感が強かったCG作画もあまり気にならず、
TV版では「水上スキーw」などと笑いのネタにされていた海上移動も、
カメラワークや艦娘の動きを工夫することで、ダイナミックになってていい感じ。

海戦シーンはさすがの迫力で、特に音響が凄いので、一度は劇場で観た方がいいですよ。
天龍が敵の砲撃を剣で切り払ってるシーンはカッコ良すぎて逆に笑ったw
ただ、損傷具合が非常に痛々しいので、「そういうの求めてない」という人には向かないかも。
9割くらいはシリアスな展開で進行しますし。

序盤のややホラーな展開が非常に興味深く、物語に引き込まれます。
特に公式で艦娘と深海棲艦の関係性やら因果関係をはっきり明示したのにはビックリ。
まぁ、そろそろ世界の謎を埋めていく時期ではあるので、いいタイミングだったのかも。

個人的なお気に入りは、動いて喋る龍驤が見れたことと、
沈む艦娘の影が、元となる艦船の姿に変わりながら崩れて消えていく描写が素敵でした。
あと、音楽が超良かった!

しかし、ゲームではキラキラリン☆みたいな感じでドロップしてる艦娘が、
リアル描写だとあんな感じなのかと思うと、
観ながらあまりのグロさに「これ、大丈夫なのか?」と心配になるほどでしたw
でも、こういうゲーム的演出を実際の映像として見せるのはいいと思います。
海域攻略で何で艦娘が手に入るのかという解答にもなってたんじゃないでしょうか。
嘘くさくて薄っぺらいゲームの世界にリアリティという重みが加わるのはいいことです。

まぁ、細かい粗を探せばキリがない感じではあるんですが、
単純にエンターテイメントとして楽しめる作りになっていたので、
そこをツッコむのは野暮じゃないですかね。
2週3週と見ることで気がつく部分だったりする可能性もあるので、
1回さらっと見ただけで内容に関してダメ出しはできませんよね。
そういう違和感を感じさせる時点でダメだと言われればそれまでですがー。

ともあれ、私としては最後まで楽しく見れたので、見に行ってよかったと思います。
改めてTV版を見直したくなりましたわ。TV版も言うほど悪くなかったと思うんだけどね。

あ、そうそう、艦これとは関係ないけど、PS4買いました。やったぜ。

ハイキュー! ハイキュー!! ハイキュー!!!

2016年12月03日 23:02

どれだけ神アニメになれば満足するのかこれは!
ノヤっさんの2連続レシーブが鳥肌ものでした。
咥えてたアイスの棒を噛み折るくらい歯を食いしばって見入ってしまったわ。

いやいやいや、もうどの場面も力を抜いて見ることが許されない緊張感で、
この画作りと演出の巧みさは、今後10年到達する作品はないと断言できるレベルで凄まじい。
これは絵が綺麗とか見せ方が上手いなんて単純な話じゃなくて、あらゆる要素が複合した結果、
「究極の仕上がりになった」というものであり、この原作でこの制作陣だから到達できた領域です。

特に1期からずっと感じてましたが、音楽の入り方、切り替えタイミングが完璧中の完璧で、
視聴者とキャラクターと現在の状況をひとつに繋ぐ鍵になってるんですよ。
心にシンクロさせてくると言って伝わるかしら。
当然、元となる音楽の質も高い。サントラ聴くだけでも頭ひとつ違うクオリティを感じますよ。

本来、ここに来て未だに決着がつかないのは引き伸ばしの悪手なんですが、
高すぎるクオリティによって、「必然」にすることに成功しています。
だから全然間延び感はないし、最初から最後まで目が離せない展開に、
むしろ「もう終わったのか!?」と愕然としたほどです。
毎週「これ」なんだから、他のアニメ作品と比べられないんですよね。
レベルどころか次元が違いすぎる。

ただ、それだけに監督の声優交代が痛いですね。
まだ慣れてないだけなんでしょうけど、ちょっと声が低すぎて、違和感の方が強いです。
個人的には高木渉さんなら似た路線でやれたんじゃないかと思うんですが、
素人考えな上、今更どうにもならないことなんで、そこは受け入れるしかないですね。
本当にハマり役だったんだなあ…。

しかし、そろそろ決着つくはずなんで、燃え尽きないように注意しないといけませんな。
面白すぎるアニメは、それが終わった時のダメージも計り知れませんからね。
ああ、来年は何を楽しみに生きるべきだろうか。

すごい。

2016年11月26日 21:20

今期のアニメは大豊作で、どれもこれも面白いんですが、個人的には『競女!!!!!!!!』が覇権です。
何回見ても面白いし飽きないし、毎週楽しみすぎて悶てるレベル。
円盤買ったのガルパン以来なんだよなあ。

そんな感じで『競女!!!!!!!!』は大好きなんですが、それはそれとして、今期はアレですね、
もう色々な意味で他のアニメとは比較できないモノがあります。
正直、アニメ史に残らなければウソというレベルのハイクオリティで、
つーかハイクオリティなんて言葉じゃ足りないレベルで凄すぎるアニメ、
それが『ハイキュー!!』です。

この面白さや凄さは、もう「これよりデキがいい」とか「こっちより面白い」とか、
そういう比較するのもバカらしい領域で、本当に「神」と呼ばれる作品があるのなら、
これが「そう」だと断言します。神。

毎回、ご飯食べながら見ようとかポテチ齧りながら観戦じゃーとか思うんだけど、
いざ見始めると食べる手が止まるというか、他のことしてる場合じゃないと、
完全に画面に釘付けになってて、ついでに手も握りしめていたりします。
あまりの緊張感に息が止まり、作品全体が放つ「質」の高さに、
いつの間にか頬が濡れていたりします。

スポーツアニメはよほど下手をうたない限りは、最低限の面白さを確保できるもので、
中には超絶的なクオリティを部分的に垣間見せる作品もあり、
そういう瞬間があるだけで、「いい作品だった」と満足するものです。

しかし、『ハイキュー!!』の、特にこの3期は、「そういう瞬間だけで構成されてる」状態で、
こんなとんでもない作品は、もうどう評価しようもないのです。
面白いとかもうそんな次元の話ではない。

…とまぁ、8話を見てあまりの興奮にわけわからん記事を書いてしまうほどに、すごかった。
とにかくすごかった。すごい。

やはり、因縁が強い分、青城戦の方が熱いかな、とか思ってたんですが、
この8話で相手側の魅力が一気に吹き出した感じですね。
やはり相手側にも「物語」が必要ということですな。
一気にキャラクターが「重く」なったように思います。

そして、8話はアレなんです。
監督の声優さんである田中一成氏の最後の出演回なんです。
そして最後のセリフが「アレ」なんです。是非とも映像で見てほしい。
事情を知ってたら泣くなというのが無理ですよ。号泣ですよこんなの。

次元の違う何かを見た。
これが「格」というものなのかもしれません。
ああ、いいものを見た。本当の名作を見たという実感があります。
落ち着いたらまた見よう。素晴らしい時間だった。

アニメ版『競女!!!!!!!!』は良アニメ化の見本のような作品。

2016年11月11日 21:03

WOFFのラスボスが強すぎて勝てない…。
純粋に強いラスボスって最近だと珍しいなー。
しかし、状態異常が効かない強ボスってレベル上げる以外に対策できないから、
そこはダメな仕様だと思います。まる。

さて、今やマジで1週間の生きがいとなってる『競女!!!!!!!!』ですが、
6話も丁寧な作りで本当にアニメ化に恵まれた作品ですねぇ。
正直、『終わりのセラフ』の例があるので、宮田ちゃんのシーンはカットを覚悟してたんですが、
原作の良い部分を理解してるスタッフが作ったアニメは、視聴者が何を見たいかも理解できてて、
しっかりとおいしいシーンは残してくれるわけですよ。

それでいて『競女!!!!!!!!』の完成度が高い理由は、なんでもかんでも原作に忠実にしてるわけでなく、
限られた尺の中で必要な情報を織り込むために、アニオリで伏線を張っているところ。

顕著なのは3話目で、河合花火のツボ押しや、
より自然な描写になった風音ちゃんのデータ収集等、
明らかに原作からの改変であるのに、原作に足りてなかった伏線を作ることで、
今後の展開の不自然さを減らす工夫がされていることですね。

6話目も月下うさぎのキャラを事前に立てておくことで、
後の展開への導入がスムーズになるように配慮されています。
本気で脚本や構成が丁寧なんですよねぇ。
ちゃんと原作を読み込んだ上で作ってることが分かります。

原作を忠実かつ完璧に再現すれば、それは確かに文句のないアニメ化なんですが、
それが許されるのは長期放映を前提とした有名作品だけで、大半はそうではない。
また、だからといって、新しい要素のないアニメ化は、デキがよくても物足りなくなります。
『ダンガンロンパ』はこれに引っかかった気がしますね。尺も足りてませんでしたが。

で、原作の間を埋めるとか補完しようというアニメもありますが、
確かにそれができれば理想的ですが、監督や脚本が原作をよく理解してなかったり、
愛がない作り方をしてると、尺を無駄遣いするだけだったり、間延びして蛇足になったりします。
これは『ぬらりひょんの孫』1期を見ると分かりますね。
あの原作者と監督との対談はなんだったんだ。

最悪なのは、無駄に監督の意識が高い場合で、原作ガン無視でアニオリ塗れにした挙句、
結局、原作ファンに愛想を尽かされ、アニメとしてのデキも悪いという、
誰も幸せにならないアニメ化がされることもあります。
TV版『ヘルシング』や『魔人探偵脳噛ネウロ』なんかがコレです。

では、理想的なアニメ化とはなんなのかというと、『競女!!!!!!!!』を見れば分かります。
不要な情報は大胆にカットしながら、逆に必要な情報はオリジナルでもきちんと入れる。
限られた尺を有効に使用し、間延びを起こさず、とにかくテンポよく展開させる。
オリジナル要素を入れても、原作の流れは決して壊さず尊重する。
視聴者が何を求めているかを理解し、そういうモノは可能な限り削らない。

明らかに原作とは別物なのに、まったく違和感なくアニメになっている。
それが『競女!!!!!!!!』です。べた褒めしてますけど、正直、これは凄いことなんですよ。

表現力が神掛かっているため、
原作を追いかけるだけで神アニメになってる『ハイキュー!』みたいな化物もいますが、
こういうのはまた違うレベルの話なんですよ。

そうではなく、原作を活かしながら原作にない魅力をプラスすることで、
「アニメにする意義」が生まれているのが『競女!!!!!!!!』なんです。
単なる原作の宣伝目的で作られた、作り捨てるようなアニメではなく、
「アニメで勝負できる作品」として作られているからこそ、ここまで面白くなってるのです。

まぁ、題材が良かったというのもあります。
『競女!!!!!!!!』はストーリーライン「だけ」は超王道のスポ根ですし、
唯一無二のオリジナリティを持っているため、非常に目を引きます。
料理人の腕が良かったために、素材が更に輝いたという感じですね。

原作を読むことで、よりアニメのデキの良さを知るという、なかなかない経験をしたので、
大絶賛しておりますが、いやホントに、世の原作に愛のないアニメ監督さんたちは、
『競女!!!!!!!!』を見て勉強して欲しいところです。
理想のアニメ化って、こういうことをいうんですよ。

あとはこのクオリティで最後まで走ってくれることを祈るのみ。
ここまで見た限りだと、信頼していいと思いますがー。
久しぶりに円盤を買うつもりの作品なんで、最後まで信頼させて欲しいところです。



最新記事