FC2ブログ

『彼方のアストラ』が超名作だった

2019年09月14日 20:16

3連休だー!
というわけで、久しぶりにお酒飲んだら、空腹と長い休肝日のダブルパンチで酩酊してしまい、
フラフラになりながら何故か徹夜でゲームやってて、起きたのは昼過ぎとかダメすぎて最高(ぇ

で、3連休だと1日は無駄に使っても惜しくないということで、
撮り溜めてたアニメでも消化しようかと思ったわけですよ。
で、なんとなく原作の評判が良かった『彼方のアストラ』を見たんですが…。

面白すぎてビックリした。

え、なにこれ、メチャクチャ名作なんですけど!?

正直、1話目の前半(1話は60分構成だった)は、
登場人物が個性を出すためにガイジムーブしてることにイライラしてて、
これはダメかもしれんなー…と思いながら見てたんですが、
後半からの怒涛の展開で一気に引き込まれました。
いやー、これ普通に30分アニメだったら1話切りしてたと思うから、
2話連続構成で大正解でしたね!

懸念してたガイジ要素も、何故か2話以降ほぼ出てこなくなって、
むしろなんであんな余計な設定付けたのかと疑問に思うレベル。
まぁウザいだけだったから普通になってくれて良かったんですけどね。
特にアリエスは本当に酷かったから、中盤以降は素直に可愛い子になってくれて安心しましたw

所々の展開で「んん??」となる部分もあるんですが、
サバイバルにサスペンスにラブコメにと、目まぐるしく動き続ける状況が、
視聴を飽きさせないスパイスとして非常に上手く機能していて、
先へ先へと見たくなる魅力に溢れていました。
話数を重ねる度に面白さが増していくの本当に凄いわ。

原作が完結してることもあって、きちんと最後まで描こうとしているからか、
とにかく無駄がないんですよね。だからテンポが凄く良くて、中弛みしないのも好感触。
あと、基本的に負の要素を長く引きずらないから、
喧嘩とかしても最悪、次の話数には解決してるストレスの少なさも良かった。

少しずつキャラクターが成長し、お互いの絆を深め、残酷な運命に立ち向かっていく姿は、
見ていてとても心地よいものであるし、時折挟まれるコメディ要素によって、
全体の雰囲気が重くなりすぎない調整がされてるのも絶妙でした。

最も感心したのは伏線の散りばめ方で、とにかく展開が美しいんですよね。
かなり前半で何気なく言った言葉が、後になって深い意味を持つ場面とかグッときます。
こういうのに弱いんですよねー。

いやはや、これは最初から視聴してなくて正解でした。
絶対に次の話を待つ時間が拷問になってたわw

もう次で最終回なんですが、とりあえず大きな謎のひとつも解明されたし、
あとはどんな終わらせ方をしてくれるのかノンビリ待つ姿勢でございます。
一番いいタイミングで視聴したと思うね!

結構、原作と展開違うみたいなので、後で原作も買ってみようと思います。
長く続いた作品でなくても名作はある。
それを知るには最適な作品かもしれませんね。

腹筋崩壊

2019年08月12日 21:47

今日はお休みということで、朝からお酒飲んでグウタラしてました(ぉ

で、肴になるようなアニメを探してたんですが、
シリアス系は見るには重いし、ストーリーが気にいるかも分からないのでパスして、
じゃあどうするかと思った時に、「あそびあそばせ」を思い出しました。
これ、アニメの評判メチャ良かったんですよねー。

実は原作を1巻だけ買ってたんですが、
変顔の絵が生理的に受け付けなかったんですよ。
なので、ちょっと見る気が起きなかったという経緯があります。
女の子の顔を崩しすぎるのはちょっとねぇ…。

しかし、他に気軽に見れそうなものも思いつかなかったので、
試しに1話だけ見てみたんですが…。

こんなに笑ったの「競女」以来だわwwwwwwwwwww

やっばい、こんなに面白かったっけ?w
思うに、声優さんの演技とアニメによる綺麗な線と動きが、
いい感じに嫌悪感を消してくれていて、単純に面白さだけが押し出されてる感じ。

いやー、思わずモニターにお酒吹き出した時はやっちまった感で一杯でしたわw
ここまで笑えると思ってなかったので、油断してたんですよねぇ。
飲料を飲みながら見てはいけないアニメだわコレ。

今期だと「女子高生の無駄遣い」がお気に入りなんですが、
あっちはゲラゲラ笑わせるタイプじゃなくて、所々でクスッとさせる感じなんですよね。
基本的に女の子は可愛いし。
分類的にはバラエティに出てるジャニーズ系。

ただ、「あそびあそばせ」は全力で笑いを取りに来てて、
萌え要素は完全に捨てており、
ただひたすらに腹筋を破壊しにくる、吉本芸人タイプなんですよ。
ビジュアルだけ見たらむしろ逆なんですけどねw

いやー、思わぬ拾い物をしてしまいました。
面白すぎるので、原作も買い直そうかと思ってます。
2期やってくれないかなー。

『ガンダムビルドダイバーズ』感想

2019年05月05日 15:11

今更ですが、GW中に遊びに来ていた友人たちと1クール目の途中まで見てました。
毎回、何かしらのガンダムアニメを一緒に見てる気がしますw

途中で時間になってしまったのでお開きになったんですが、
あまりに面白かったので、1人で続き見ちゃいましたー。

すげぇ面白かったです!

え、何か評判あんまり良くなかった気がするんだけど、
メチャメチャ良く出来ててビックリですよ?
後半なんて泣きまくってました。もうヒロインの子が可哀想でね…(´;ω;`)ウッ…

すんごく面白かったんで、この勢いのまま感想書いちゃいまーす。
ネタバレしまくるんで、続き読む時は注意してね。


以下、ネタバレありまくり感想

[『ガンダムビルドダイバーズ』感想]の続きを読む

感情移入する原理。

2017年08月08日 23:23

今日は雨がひどかったねー。まだ降ってるけど。
この調子だと、明日もまだ降ってそうだなあ。おのれー。

最近、安全策ばかりとりたくなるのか、新作のアニメを見る気力が湧かず、
どうしても過去に面白かった作品を改めて見たりしちゃいます。
これはなんなんだろうか。クソゲーを掴みたくないのと同じ心理なのか?

で、久しぶりに『おおきく振りかぶって』見てました。
スポ根アニメにハズレ無しと思ってるけど、その原点はコレだったのよな。
何回見ても面白い。3期やらないのかねぇ。

『ハイキュー!』の時もそうだったけど、
私はやはりモブっぽい負け確定なチームの消化試合にぐっときます。
ダイジェストで流さず、しっかりと相手チームの心理描写もしてくれたらなおよし。
「おお振り」は内面描写はしつこいくらいやってくれるからいいよね。

これはまぁ、私がリアルでそういう弱小の側にいたからで、
強豪の心理はまったく理解も共感もできないけど、
確定で負ける弱小側の心理は痛いほど分かります。

更に、負けるの分かってても腐らずに、
最後まで諦めないで全力を出そうとする描写があると、これはもう涙腺崩壊ですよ。
そっちの方に感情移入してしまうのは必然です。
だって、それは過去の自分の姿だもの。

漫画や小説を読む時、
読者は主人公に自己投影、あるいは感情移入するものと思いがちですが、
実際にはもっと客観的に見ているもので、
じゃあどこに感情移入するかというと、まさに自分と共感できるキャラ、
あるいはシチュエーションが出てきた時、そこに感情移入するんですね。
どう考えても俺Tueeeな主人公と自分を同一視はできないでしょ。

それでも主人公に感情移入できるとしたら、
主人公のどこかに、自分と共感できる部分がある時です。
内面は俺Tueeeとはあまり関係ないですからね。
チートスキルを持っていても、精神的に脆いキャラもいますし。いるよね?

つまり、感情移入とは、過去の自分と向き合うことでもあるわけです。
積み上げられた自分の過去の経験と重なる時、共感を覚えるんじゃないかな。
理想や憧れという場合もあるかもだけど、私の場合はあまり強キャラに感情移入しないので、
やはりどこか自分と重なるキャラクターに引っ張られるのだと思います。
勝った時の嬉しさよりも、負けた時の悔しさの方がよく分かるもの。

まぁ、だからこそ、スポ根には「弱小校が強豪に打ち勝つ」というストーリーが多いのかも。
単純にそれが盛り上がるというだけでなく、弱小だからこその共感を得られるわけで、
そこをチョイスするのは作品作りとして理に適ってるのでしょう。
あとはいかに御都合を臭わせずに勝利させるかが大事になるわけですが。

もしかしたら、最近の俺Tueeeも、実は同じなのかもしれません。
苦労したくない、努力は嫌だ、楽に勝ちたいという「理想の姿」、
そこに「憧れ」という形での共感を覚えている可能性もありますね。
それが感情移入なのかは分かりませんが、理想と同一視するのはありえる話です。

まぁ、そこまで小難しく考えながら漫画やラノベを読んでる人はいないと思うので、
単純にストレスを感じない主人公が好まれてるだけなんでしょうけどね。
でもまぁ、共感できないキャラよりは、できるキャラに愛着が湧くものなんで、
どこかに弱さが欲しいと思うのは、少数派なのかなー。
人間味ってそういう部分に出るものだし、完全なウソよりは少しのリアリティがあった方が、
作品の説得力も上がると思うのだけど。うーむ。

いよいよ明日公開! 『魔法少女リリカルなのは Reflection』!

2017年07月21日 21:51

たけるは じひょうを ていしゅつした!
しかし まわりこまれてしまった!
じゅうやくたちは ふてきにほほえんでいる
コマンド?

さて、とうとう「なのは」最新作が明日、公開されますな!
正直、どうしてこうなったのか全然分かりませんが、
なのはから一番遠い場所にいた岳るが今でもなのは大好きなのおかしいだろ。
私を魔導の道に堕とした友人たちは、もう興味ないんだろうか。悲しい。

しかし、今回はキャラデザも変わっちゃったし、不安もありますよね。
内容的には、岳るが好きすぎてヤバいマテリアル娘たち登場でテンションMAXなんですが、
やっぱり奥田泰弘キャラデザのディアーチェが見たかったのが本音。
今回のキャラデザは髪の毛がスッキリしすぎててなんか違う。

でもまぁ、ゲーム限定、スピンオフ限定だったマテ娘たちが、
遂に本編に公式参戦というのは胸熱なんで、
今後のなのは関連作品での再登場にも期待しちゃいますな!

で、肝心の映画をいつ観に行くかなんですがー…。
本当は明日にでも行きたいのだけど、混むの分かってる土曜夕方とか嫌なんだよなあ。
今のなのは人気がどれほどか分からんから、なんともいえないけど。
パンフとブックマークだけ買いに行こうか…。

…と思って上映スケジュール見にいったら、あれ、「前編」って書いてある?
なにこれ前後編なの!?
後編はいつやるんだよ!??
うおお、どうなってんだこれー。公式サイトにもそれらしいこと書いてないんだが。謎すぎる。

さておき、どうしたものかな。
入場者特典も10種からランダムとか、ディアーチェ引ける気がしないわー。
そもそも、特典残ってるかも怪しいわー。
それなら、平日にノンビリ観に行く方がよさげだなあ。

とか言って、劇場行ったらそのまま観るパターンですよね。
まぁ仕事終わる時間と上映時間が絶妙に噛み合ってないから、
直接行ったら、すげー待つことになるんですが。
うーむ、悩ましい。



最新記事