FC2ブログ

異世界物を色々読んでみた

2020年06月28日 01:07

部屋の掃除を少しずつ進めております。
改めて部屋にある本棚の数を見てみると、3段カラーボックスが14台も置いてあって、
プチ図書館状態になってるの笑える(真顔
更に追加で未組立のが2台あるんだぜ…くくく…。

だからというわけでもないですが、最近は漫画アプリで漫画を読む機会が増えました。
電子書籍には多分、まだまだ移行できそうにないですが、
試し読みで無駄な買い物をする量を減らせればいいかなと思っております。
まぁ結果として買う物が増える可能性も微レ存。

で、やはり今は異世界物って多いんですよね。
個人的には「ファンタジー」ではなく「異世界」と銘打たれてるものには拒否感があるんですが、
食わず嫌いも良くないので、ちょっとつまみ食いしておりました。

「異世界物」というと現代からの転生やら転移やらというイメージがありましたが、
意外と純粋に異世界の住民が冒険してるような話が多いのが最初の発見。

では何が「ファンタジー」ではなく「異世界物」というカテゴリになってるのかというと、
思うに、「ゲーム風ファンタジー」というのが昨今の「異世界」なのかなと思います。
冒険者のランク制、レベル、スキル、ステータス、ポーションで即回復といった、
ゲームでの「お約束」を採用しているものですね。

個人的には、そんな仕組みにするならVRゲームの話でいいだろと思うんですが、
生活感を出すにはそのまま「ゲーム」ではダメということなんでしょう。
スローライフ物とかも多いしね。

ただ、やはりこれを「ファンタジー」と呼ぶのは物凄い違和感があります。
モンハンをベースにしたであろうハンター漫画にて、
モドリ玉を普通に使ってるシーンを見て唖然としました。
なんでそれで家に帰還できるのか読者は疑問に思わないんだろうか。
作者的にもその仕組を説明する気がないって時点でファンタジー舐めてる。

つまり、私のような面倒くさい老害から「そんなんファンタジーちゃうやん」とツッコまれないように、
「異世界」という新たなカテゴリを生み出したんじゃないかと思ったりなんだり。
正確に呼ぶなら「ゲーム風異世界」なんでしょうけども。

あと、気になったのは、主人公を立てるために他を下げる構成が多いことですね。
コレ系で何故かよく見かける「勇者パーティ追放」とか、「王様から不当な扱いを受ける」とか、
そういうヤツ。

こういうのって、特に正当な理由がなく(つまり理不尽に)主人公に不利益を与えることで、
主人公の行動理由を生みながら、仮想敵にヘイトを集めさせる構造になってるわけですが、
勇者や王様等の行動が単なる「物語上の都合」なだけで、まるで正当性がないため、
カタルシスを生む下地にすらなってないんですよね。どうでもいいということです。

これは必要以上に主人公以外(主に敵役)を無能に描くことで、
相対的に主人公を持ち上げる仕組みなんですが、
敵対者がバカとか無能だと盛り上がらないんですよねぇ。
何で「HUNTER×HUNTER」が面白いのか読み直してみればいいと思います。

あと、必要以上に敵役を「悪」にしてしまうことで、
主人公に独善的な印象を与えるというのもマイナスかなー。
一部の人間から迫害を受けたからといって、それで人間全てがクズと断じるのは極端だし、
それを人間を殺す正当性にされても困惑しちゃうんですよね。
「主人公の行動はすべて正しい」という物語構造が、読んでて凄く気持ち悪いのです。

そういう作品が多くて辟易してた中で、いい感じの作品がひとつあったのでご紹介。

「おっさん冒険者ケインの善行」
文字通り、人がいいだけで特に強くもなんともないおっさんが、
その人の良さゆえに世界を救うという、いわゆる「ラッキーマン」的な構造の作品です。

個人的に気に入ってるのは、主人公は本当に特に何の力もない低ランク冒険者であり、
チート能力に目覚めたりすることもなく、それでも周囲の凄い人たちの力を借りて、
困難を乗り越えていくという展開ですね。

構造的には「ワールドトリガー」のようなダブル主人公みたいなもので、
主人公は無力なものの、その助力者がチート級に強いため、
適度なストレスと解放のカタルシスを同時に得ることができます。
これ、今の作風のトレンドになってもいいくらい優れた構造だと思います。

それと、主人公をアゲるために他をサゲることが多い異世界物にしては珍しく、
優秀なキャラクターが数多く登場するのもいいですね。
というか、主人公が非力なので、まわりが有能だらけになるのは必然なんですが、
その有能たちの中にあって、主人公にしかできない役割があることから、
主人公の存在意義を生むことに成功しているし、
無能が大騒ぎする煩わしい展開を見なくていいというメリットが目立っています。

最初は面白いのに、話が進むにつれて主人公がウザくなっていくというのが、
今まで見てきた異世界物でよくある展開だったので、
単行本にして4巻が出ている現在でも、主人公の好感度を高く保ってる本作は、
なかなかに優良な物件だと言えますね。

基本的にはハズレの方が多い異世界物ですが、
たまにこういうアタリも埋もれてるので侮れません。
とりあえず、「俺、なんかやっちゃいました?」系のイキリ主人公でさえなければいいかな。
「な、なんでそんなことができるんだー!?」という周囲の反応も寒いし、ホントやめて欲しい。
主人公のレベルを99にするなら、敵のレベルは1000とかにして欲しいものですね。
そういう意味では、最近だと「ラグナクリムゾン」がオススメ。
早く7巻出ろー。


以下、どうでもいい追記。
[異世界物を色々読んでみた]の続きを読む

今月のジャンプ新刊感想

2020年06月06日 00:09

歯が死ぬほど痛くて頭痛までしてきて、急いで歯医者に行ったけど、
様子見的に薬出されただけで何も解決しなくて朦朧とした意識で世界中を呪う帰り道、
「あ、今日ジャンプの新刊出てる」と思って本屋に立ち寄り、
ワートリの新刊見つけたらテンション上がりすぎて痛みがマジで消えたの凄すぎる。
アドレナリン(エンドルフィン?)で痛みが消えるのを実感したお話。

そんなわけで、いまだに歯はズキズキしてるけど(痛み止め最高!)、
今月発売されたジャンプ漫画単行本の感想でっす。

・ワールドトリガー 22巻
作者の体調が悪く休載も多いと聞いてるんですが、割とコンスタントに続刊しててありがてぇ…。
今回でついにB級ランク戦も終了しました。長かったなぁ。
ワートリは集団戦が本当に上手く描けてて、それだけでオンリーワンな作品ですが、
今回はついにオサムが主人公らしい活躍してくれて良かったですねー。

ヒュースが落ちてから一気に状況が動くのも面白かったし、
何気にお気に入りの帯島ちゃんが良いポジションだったのも善き。
このまま空閑と仲良しになってくれたら応援しちゃうぜ(*´ω`*)

強者がただ強いだけじゃなくて、戦略と戦術で乗り越えられる強さなのがいいと思うし、
どれだけ強くても集団に押されたら割とどうしようもないというバランスも好きだわあ。


・ゆらぎ荘の幽奈さん 22巻
こっちも22巻とかすごい偶然w
そろそろ連載終了とのことですが、それにふさわしく「締め」の展開になってますね。
エロばかり言われる作品ですが、ラブコメとしての質も極上であることを知ってほしい!
今回はいよいよ宮崎さんが正式に告白する話で、最初に酷い告白をして後悔した所から、
改めてしっかりとコガラシ君と向き合って「好きだよ」と伝えた場面はウルッときました。
宮崎さんには本当に幸せになってほしい。ヒロイン力に溢れてる。

今回はそれ以外にも見どころ一杯!
かるらとマトラの対決も、2人が凄く良いコンビであることが伝わるいい話だったし、
何気にゆらぎのバトルって戦略がしっかりしてて面白いんですよね。
ワープを駆使してハワイから中国のマトラに攻撃するかるら様が卑怯すぎるw

お次は兵藤君。兵藤君の話はどれも面白いんですが、
今回は兵藤君がコガラシ君のようなラッキースケベ(?)を体験する話で、
「これが冬空(コガラシ)の見ている世界…!」で爆笑しましたw
私、主人公「だけ」がモテモテのハーレム物ってあんまり好きじゃなくて、
主人公の親友ポジションの男子にも良い相手がいてほしいと思うんですが、
兵藤君は何気にサブキャラといい感じの関係になってるし、
たまにこういう美味しい目にも合うので、ゆらぎが好きな要因でもあります。
でも今回の女体化した男共でラッキースケベを体験させるのは妙案でしたねw
主人公以外とヒロインが接触するのを嫌がる読者も多いだろうから、
これは上手い(面白い)落とし所だったなぁと感心しました。

そして、多分、最終展開の導入!
ちょっとネタバレ見ちゃってたんですが、コガラシ君まさかの死亡!?
で、なんか復活するにあたって、各ヒロインとコガラシ君がいい感じになった展開が次々と。
これは推しヒロインがいる場合に、ただフラれて終わるだけだと悲しすぎるので、
一度はくっついた所を描いておこうという作者の粋な心遣いだと解釈してます。
実際、マルチストーリーやってる僕勉よりスマートな気がしますし。

いやー、マジでゆらぎ荘大好きなんで、終わるのは悲しすぎるんですが、
ダラダラと続けるよりは、いい時期なのかもしれませんね。
いやしかし、ここまで良い作品になるとは思わなかったですよ…嬉しいことだわ。


・チェンソーマン 7巻
仲間に変装して近づいてきた敵を、何の脈絡もなく車で刎ね殺した場面で爆笑した!w
それにしても、ワートリ、ゆらぎと読んだ後だと、絵の雑さがちょっとキツい。


とりあえず、今月はどちらも佳境だったワートリとゆらぎのツートップですね!
呪術も買ったんですが、敵がポッと出だったせいか、盛り上がりに欠ける感じでした。
第2の鬼滅には…なれないだろうなぁ(苦笑

さて、痛み止めも効いてきたんで、あとはアルペジオの新刊読んで寝ます。
漫画がたくさんあって幸せだー!

チート能力漫画の理想形! 『ラグナクリムゾン』が良いぞ!

2020年05月03日 15:50

GW初日、思いっきりに無駄にゴロゴロして過ごしたわけですが、みなさん満喫してますか?
世の中は外出自粛でウンザリという人も多そうですが、
引きこもりの達人としては、むしろ5日しかない休日が残念でなりません。
無駄に1日潰してもう残り4日…いや、これ書いてる時点で午後過ぎてるし、
残りは3日と半日…マジか…。

それはさておき、とりあえず今日のやることとしては、積み本を崩しておりました。
整理用に本棚買ってきたはいいけど、先に積み本をなんとかしないと、
整理しようにも適当になっちゃいますからねー。

で、読んだのは電子版の試し読みがいい感じだった『ラグナクリムゾン』。

まぁよくあるチート系俺Tueeeファンタジーなんですが、
気に入ってる点としては、いわゆる「異世界転生」とかではなくて、
純正のオリジナルファンタジー世界であること。
そして、主人公は最強クラスの力があるけど、使いこなせなくて割とボロボロになること。
ぶっちゃけ、全然俺Tueeeできてない所が良いです。それは俺Tueee系ではない。

最弱キャラだった主人公が、チート級の力を手に入れる理由もしっくり来るし
(なんか死んだら女神からチート能力貰ったとかじゃないだけで好感が持てる)、
ヒロアカでデクがワンフォーオールを使いこなせないのと同じ理由で、
主人公がチート能力を十全に扱えないのも納得できます。

このヒロアカ方式の良い点は、主人公が強い理由を与えながら、
更に成長の余地を残していることで、敵のインフレと主人公の強さの差を縮めており、
バトル時の緊張感を維持しやすいというのがあります。

また、敵側のチート能力の攻略を「主人公が強すぎる」「ご都合展開」で逃げずに、
しっかりと伏線を用意していることに感動しました。
システム側が仕掛けた状態異常が精神力で解除されるなんて、
そんなバカな展開で読者が納得するわけないもんねー(マテ

主人公に右ストレートでぶっ飛ばさせるのではなく、
作戦を立てて搦め手で敵と戦うことが多いのも気に入ってるところです。
こちらが練った作戦通りに物事が進んだり、それを敵が看破してきたり、
主人公がキレて台無しになったりすることで、物語は躍動感が生まれるのです。
特にこの作品は主人公側の参謀役がクズ野郎なので、
作戦が失敗してもザマアwwwになるのがよくできてます(ぉ

あと、単純にキャラがいいんですよねー。
現在の大ボス枠であるアルテマティアさんのヘタレサイコぶりにメロメロですよ(ぇー
この子本当に思考が気持ち悪い偽善の塊なんですけど、
本人的にメッチャいいことしてると思い込んでるからニコニコしながらゲスなことやるんで、
余裕ぶって主人公と戦ったらトラウマ植え付けられてビビりまくってる姿にS心が刺激されます(ぉ
感情むき出しになってる最近のティア様マジ可愛いです。薄い本ほすぃ(マテ
最近気付いたこととしては、どうも岳るは髪は肩の辺りまでの長さの前髪パッツン系が好きらしい。
マジでどうでもいいな。

カバー下のキャラクター裏話も面白いんで、買ったら是非チェックしてみてね!
7巻出るの待ち遠しいんじゃあ~。

ゆらぎ荘21巻の主役は雲雀と夢咲先生!

2020年04月07日 23:55

もはや恒例となりつつある「ゆらぎ荘の幽奈さん」単行本感想。
マジな話、ゆらぎより面白いギャグ漫画はそうそうないし、
ゆらぎより上質な恋愛物やってる漫画も殆どないってくらいよくできてるんだけど、
エロ要素のせいで偏見持たれてるのがとにかく悔しいです。
エロ込みで笑えて感動できるんだけどなぁ…ションボリ

気を取り直して。

21巻はサブキャラにスポットを当てる感じで、メインとなるのは夢咲先生ですね。
地味に雲雀もいいポジション貰ってます。

てか、最近は雲雀の株が凄く上がってて、告白して振られて吹っ切れてからの雲雀は、
ものすごく魅力的なんですよねー。
いつまで経っても告白できない展開だったり、
告白してるのに主人公が朴念仁すぎて伝わらないとか、そういうラブコメが多い中で、
しっかり告白してきっちり振られたヒロインというのは珍しい気がします。
でも雲雀は諦めずに、いつか振り向かせてやる!と、
逆に積極的になる前向きさが好感度高いんですよー。

で、今回の雲雀の見所は、何故か朧とデートする話でして、
雲雀って何気に常識人なのに、流されちゃうところが面白くて、
朧の素っ頓狂な提案に「んん!?」となりながらも付き合っちゃう辺り「らしさ」が出てますw

イケメンかつ美人すぎる朧に迫られて、
これを跳ね除け続けるコガラシの評価が上がってるのがもう面白いんですが、
ただのバカ話にしないで、雲雀の本音を描く展開が物凄く美しくて、
ミウラ先生はマジで天才だと思った1話であります。

最近のハーレム系ラブコメって、「みんな仲良し」みたいな優しい展開が多いんですが、
その中で自分のエゴを出せる雲雀が実にリアルなんですよねぇ。
これが普通の感覚だけに、とても共感できます。応援したくなる。

そんなギャグとシリアスの狭間な話をやった直後にエロツイスターゲームが始まるんだから、
ゆらぎ荘はやめられないぜ!w
そして雲雀独自のポジションとして、エロ要員やりつつちょっとイイ話風にまとめるという、
マジで頭おかしい展開に腹筋崩壊ですよw
なんで顔面騎乗していい話になるんだよwww
個人的にもうとっくに「ToLOVEる」超えてますわ。

おいしい所は全部雲雀に持ってかれた感がありますが、
あくまでも21巻の主役は夢咲先生です。表紙だしね!

何でいきなり夢咲先生なのか不思議ですが、これはアレですかね、
「ぼく勉」で先生人気が凄かったんで便乗してみた的な(ぉ

個人的に夢咲先生大好きなんで、色々な先生が見れた今巻は神でした(*´ω`*)
ガッツリと話数を割いてきただけあって、きちんと成長物語が見れたのも良かったですねー。
前髪で目が見えないキャラ好きなんですが、そういうキャラが前髪を上げるのもいい!
一粒で二度おいしい!
あと、酒乱女子が好きなので、夢咲先生は毎回酔っ払ってポカミスするといいと思います(ぉ

ラブコメはあまり長く続くジャンルじゃないのに、21巻も出たことに驚きですが、
ゆらぎの凄い所は、しっかりとキャラクターの成長を描き、人物間の関係性を変化させることで、
マンネリにならない工夫をしてるというところですね。
あと、シリアスやった後はバカな話で息抜きするといったメリハリの付け方も見事です。

早くも22巻が待ち遠しい…早くきてくれー!

『けいおん!Shuffle』はなかなかいいぞ

2020年03月17日 02:49

恒例の新刊漁りをしていたら、なんか『けいおん!』の新シリーズが出てました。
かきふらい先生ってなんか別名義で漫画描いてたらしいんだけど、
全然売れなくて結局けいおんに戻ってきたとか言われててオゥフ。
ごめんなさい。 こういうときどんな顔すればいいかわからないの…。

それはさておき、この「Shuffle」ですが、時系列的には本編と同時期で、
違う学校の生徒が放課後ティータイムの文化祭ライブに感動してバンドを始める、
みたいな流れになっています。

キャラクターも嫌味がなくて親しみやすいし、
本編キャラはたまーにアクセントで出てくる程度なので、丁度いい塩梅。
放課後ティータイムと違って頑張って上手くなろうとしてる姿勢も応援したくなります。
…思えば放課後ティータイムは割と天才集団だったよね。経験者ばかりだったし。

とまぁ、普通に萌え4コマとして悪くないんですが、難点としては、
佐久間姉妹が揃って登場すると、色合いの問題で画面が白くなるところが気になります。
これは完全にキャラデザを失敗してる悪い例ですね。
せめて髪にトーンは必要だったよ…。

あと、ちょっと百合要素が露骨なのも微妙ですね。
女の子同士が仲良くしてるのを見るのは微笑ましいんですが、
過剰に「好き!」という態度を出されるとちょっと引くと言いますか、
『ゆるキャン』くらいの距離感が一番いいと思うんですにゃあ。

ダメ出しはしましたが、個人的には悪くないと思っているので、
『けいおん!』を懐かしむ意味でも、読んで損はないのではないかと思います。
ちなみに私はしなの先輩推し。太眉でサバサバした性格のキャラ好きなのですw

萌え系バンド漫画としては『ぼっち・ざ・ろっく!』もオススメ。
最近2巻も出ましたぞ!



最新記事