シリアスと茶番の境界

2009年05月31日 11:30

「勇者30」のラスト直前の泣きイベントで、見事に泣かされた私ですが、
ちょっと思ったことがありまして。

私は涙腺が本当に緩くて、ちょっと感動シーンを見るとすぐ涙が出てしまいます。
ただ、だからといって、なんでもかんでも泣くわけでもありません。

明らかに泣かせにきているシーンであっても、何故か感情移入できず、
どこか冷めた目で「茶番」に見えてしまう時もあるんですよね。

この差はどこからくるんでしょう?

まず、私が泣きやすいことの理由は自分で理解していまして、
前述の通り、感情移入しやすいことに原因があります。

その時のキャラクターの心情を自分の中に投影し、
より深く、そのキャラの想いを感じ、情景をより鮮明に頭の中でイメージするのです。

私は最近はサッパリですが、以前は死ぬほど小説を読む人だったので、
そういうイメージ構築を自然と行うようになっているのでしょう。多分。

しかし中には、そういう境地に至らない場合があります。
そういう時に茶番に感じてしまうわけですね。

つまりは「感情移入できるかどうか」が、泣けるか茶番になるかの境界。

では、感情移入できるかどうかの基準はどこにあるかというと、
キャラクターの心情変化・及び物語の展開が自然であること
重要なのではないかと。

たとえば、対立していた二者が、唐突に仲直りするのは不自然ですよね。
そういった不自然さを感じた瞬間、その物語からリアルが失われ、
感情移入の機会を失うのだと思います。

逆に、流れが自然であれば、キャラクターの心情に己をシンクロさせやすくなり、
感情移入も容易になるのではないかな、と。

あとは、キャラクターを等身大に感じることができるかどうか、ですかね。
どこかに弱みがあるほうが人間らしいじゃないですか。
たとえ超人が主人公であっても、どこかで脆さを感じることができれば、
そこから理解が深まることもあると思います。

まぁ、こんな風に単純に書いてはいますが、
実際にはもっと色々と複雑な思考過程があるんでしょう。
それをすべて理解できるほど、私は自分を理解できてないので、
とりあえずの結論としては、こんなものですかね。

泣くことはストレス解消にもなるそうなんで、みんなももっと泣けばいいよ!



最新記事