保留の麻雀(違

2010年05月31日 15:06

ドミニオンのカードを解説・レビューしている「ドミニオンへの招待」という本を、
最近になってようやく読んだ。
4人でレビューしてるんだけど、大筋で似たような評価になってるかな。

ドミニオンは自分で王国カードを設定できるゲームじゃないんで、
コンボとか前程のカードはどうしても評価は下がる感じ。
単体で強いカードの価値が、他のTCGより高くなるよね。

で、以前に私が作ったドミニオン用の東方追加カードで、こういうものがある。


【七色の人形遣い】 コスト:3
+2 カードを引く
あなたは手札、あるいはプレイエリアにある、
このカード以外のカードを1枚選び、脇に置いてもよい。
その場合、クリーンアップフェイズの終了後、脇に置いたカードを手札に加える。


これはアリスのカードなんだけど、
これが「海辺」で追加された【停泊所】とほぼ同じなのよ。
違いというと、+アクションがないことと、+カードドローが1多いこと、
プレイエリアのカードも対象にできることくらい。あとはコストが1高いことかな。
細かい部分としては、クリーンアップフェイズに取得するせいで、
【停泊所】より【民兵】に弱い。

で、我ながらこのテキストはよくできてると自画自賛してたんだけど、
本家で登場するようなテキストだったということだよね。やったー!
ちなみにこのカードを作ったのは「陰謀」の日本語版発売以前なんですよ。

ただねぇ…【停泊所】の評価がガタガタなんだよねー。
まぁ、あっちは手札しか対象にできないという弱点があるから、
使ったカードを再利用できる【七色の人形遣い】の方が強いのは確かだけど、
こっちはアクションが増えないからなー。
や、強すぎてもアレだから、バランスがいいとも言えるのか。ふむ。
やはり保留の戦術ではアカギに勝てないということでつね!(違

「海辺」で<持続>というカード種が増えたから、これを利用すれば、
テキストの幅が広がっていいねぇ。
そのうち星蓮船のカードも作りたい。

東方カードのテストプレイでも思ったことだけど、
この本を読んで確信に変わったのは、
ドミニオンは無差別破壊カードと相性が悪いゲームだということ。

ドミニオンは自分のデッキを構築していくゲームだから、
それを妨害されるのは面白くないんだよね。
ゲームとして、相手を攻撃することは重視されていない感じ。

だから【破壊工作員】なんかは凄く評価が低い。
けど、【魔女】は評価高いんだよなー。
【魔女】が王国カードにあると、
【魔女】の撃ち合いになってつまらないと思うんだけど…。

あと、【詐欺師】も点数が高いのが不思議。
「このカードがあるとつまらない」と書かれているのに、超高得点なのは何故?
これは使った場合の自分のメリットに対する評価であり、
ゲーム的価値を点数の基準としていないということなのかな。

つまり、【破壊工作員】は撃ち合いにならないけど、
【魔女】や【詐欺師】は撃ち合いになる(使われた場合の報復が必要になる)、
ということかな?
タガが外れた核抑止の行き着く先みたいね。

私は当時、基本セットにアタックカードが少ないことから、
東方カードでアタック系を増やしたのだけど、
そもそもドミニオンというゲームの特性が、
あまりアタックカードを必要としていない、ということなのかもしれないね。
今後のカード作成の参考にしよう。

さて、近く次の追加セットである「錬金術」も、
日本語版の発売が決定したようだし、またドミニオンを遊びたいぜー。



最新記事