アナログで咲雀

2011年01月22日 09:22

前記事の続きっす。


以下、能力設定(清澄以外)

・天江衣
あなたが聴牌している状態で海底をツモる場合、
あなたは好きな牌をツモったことにしてもよい。
ただし、河にすでに4枚捨てられた牌を指定することはできない。

※海底で必ず和了る程度の能力。
さすがに他家の引きを悪くする能力までは作れん(´・ω・`)


・龍門渕透華
あなたが倍満以上で和了れる手でリーチをかけた場合、
次巡のあなたのツモの時、あなたは山札から好きなカードを1枚選び、手札に入れる。

※強力ながら、自分で手を作らなくてはいけないので、結構難しいかも。
裏ドラに期待もできないし、早い段階で手を作らないと山札が無い可能性もある。


・井上純
あなたがチー、またはポンをした場合、他家を1人指定する。
指定されたプレイヤーは、自分の手札をランダムに1枚選び、山札に戻す。
その後、山札から1枚を手札に入れる。

※相手の流れを断ち切る能力。珍しい妨害技。
自分の手が進むわけではないのが弱点。


・国広一
あなたは半荘に一度だけ、自分の手番中であればいつでも、
自分の手札の中から1枚を選び、好きな場所の捨て牌と交換してもよい。

※原作では封じられた「手品」を1度だけ使う能力。
せっかくのイカサマの腕、せめてゲームでくらい披露するのもアリでしょう。
ちなみに捨て牌交換の結果、交換された相手はフリテンになる可能性があることに注意。


・沢村智紀
他家がリーチをした場合、リーチしたプレイヤーは、あなたに手札を見せる。

※分析能力っつーと、こんな感じ?
原作でほとんど活躍しなかったキャラは特徴だけで能力設定しないといけないのが辛い。
PSP版では一同様能力無しだし。まだ智紀は恵まれてる方。
全然関係ないけど、ボソッと一言だけ喋るのが結構好きです。


・福路美穂子
あなたの捨て牌をチーかポンされた場合、
あなたは山札から好きなカードを1枚選び、手札に加えてもよい。
その後、あなたは手札を1枚山札に戻し、山札をシャッフルする。

※他家を手助けすると、自分の手も良くなる能力。
本当は分析能力が主なんだろうけど、それだと智紀と被るし、
こっちのが福路さんっぽくていいかな、と。
純と対極に位置する能力なのも個人的にお気に入り。


・池田華菜
あなたの所持点数が1万点以下の場合、
あなたはツモる時に山札からカードを3枚引き、1枚選んで手札に入れる。
残りは山札の下に好きな順番で戻す。

※逆境に強い華菜ちゃん。


・吉留未春
あなたが振り込んだ場合、あなたは捨て牌を交換してもよい。
その場合、他家のロンは一度キャンセルされる。
これは1局につき1度ずつ使用できる。

※驚いたことに、ゲーム版では能力がある、みはるん。折角だからここでも採用。
1度だけ振り込みキャンセルできるとか、初心者に優しいかも。


・加治木ゆみ
他家がチー、またはポンした場合、そのプレイヤーの手札を見ることができる。

※読みの鋭さを表現してみた。
リーチに備える智紀が守り、ゆみちんは攻めの麻雀になってるかな?


・東横桃子
南場の場合、あなたの捨て牌はすべて裏向きで置く。

※ステルスモモの真骨頂。アナログだからこそ可能な脅威の能力を味わうべし。
リーチ宣言無しでリーチできるようにもしたかったけど、
そうすると一発との兼ね合いがなー。上手いテキストはないものか。


・妹尾佳織
あなたは好きな時にこの能力を使用できる。
その場合、使用を宣言した以降のあなたのツモでは、
山札から4枚を引いて、好きなカードを1枚手札に入れることができる。
残りは山札の下に好きな順番で戻す。
これは半荘に一度だけ使用できる。

※ビギナーズラック。配牌を見て使うかどうか決めるのが吉。


・蒲原智美
あなたが裏ドラを開ける場合、もう1枚ドラを追加してもよい。

※裏ドラ乗っかるといいなー。
純粋なエコ贔屓です(´ω`)蒲原部長大好きー。


・南浦数絵
南場の場合、
あなたはツモる時に山札からカードを2枚引き、好きな方を選んで手札に入れる。
残りは山札の下に戻す。

※優希と対極に位置する後攻能力者。
明確に強くなるので、実はかなり危険なキャラ。


全員分作りたいのだけど、他は本当に特徴がなさすぎて…(´;ω;`)
しかし結構ちゃんとバラけた能力にできたもんだ。
それだけキャラが立ってるということなのかもね。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1001-36d263a6
    この記事へのトラックバック


    最新記事