「たんとくおーれ ドキドキバケーション」カード雑感

2011年02月04日 19:00

メイドだらけの水泳大会、ポロリもあるよ!
…みたいなカオスなことになりつつある、メイドさんSCG「たんとくおーれ」。
日本製ドミニオン亜種としては(多分)最多の3つ目の拡張セットが登場ですお。

今回は南の島の別荘のお屋敷でメイドさんを侍らせようという、
更にトチ狂った設定でプレイヤーを愉しませてくれるそうな。
つーか、ヘッドドレス付けてればメイドという感覚はどうなんだ。
南の島っつーことで、大半のメイドさんは水着だったりするのである。
「メイド服はどうしたー!?」バーン様もお怒りですよ!

それはともかく、今回の目玉は「思い出」。
メイドさんと思い出を作り、キャッキャウフフしようというコンセプト。
なんというか…うん、いいよね(ぉ

このセット単体で遊べるほか、当然これまでのセットと混ぜて遊ぶことも可能。
思い出カードの代わりに専属メイドがいなくなってしまったので、
これ単体で遊ぶと結構プレイ感覚が違う。
個人的には、3作の中でこれが一番好きかもしれない。
テキストの面白いカードも多い。

勝利点で勝っても、思い出が全然ないと恐ろしく虚しいという、
なんとも不思議なゲーム性が非常に愉快。
レッツ、南の島でメイドパラダイス!


以下、ちなみにポロリはありません

【ソフィア・マルフィール】
基本的に「拡張開始♪」のクローディーヌとまったく同じ性能のメイド長。
やはりマリアンは格が違った。


【ベアトリス・エスクード】
思わずマジックナイトの武器にでもなりそうな名前のメイド長その2。
そば仕えさせないと勝利点にならない融通の利かなさの代わりに、
勝利点が2に増加しているのがポイント。
今回はノーコストで一気にそば仕えさせられるラウラがいるので、
ベアトリスは普通に優秀な勝利点である。


【フリーダ・ビエント】
ご奉仕以外のすべてが+2という極端な性能のメイドさん。
ご奉仕が増えないこととコストの高さが非常にネック。
これを買うよりは、はあと3を優先した方が色々と便利ではなかろーか。
ご奉仕増加カードと組み合わせれば、色々ひどいこともできるが、
それには数を揃える必要があり、そうするにはやはりコストが高すぎる。
これを余裕を持って買えるようなら、ソフィアを優先した方がいいと思うし、
買い時が見えないカードである。


【ラウラ】
そば仕えメイドを好きなだけ場に出せる脅威のメイドさん。
自身にもドロー+2があり、このドローで必要なカードを引くことも多い。
ベアトリスが非常に有望な勝利点であるこのセットでは、ラウラの活躍の機会は多い。
非常に優秀なので、コスト6に手が届いた時点で即買いしてもいい。


【クロリンド・シー】
人魚までもがメイドをやる時代になったのか…。
つーか、マー「メイド」というシャレ? そんなまさか。
それはともかく、ドローもできるご奉仕+2は非常に強力。
何も考えずに雇えるだけ雇っても問題ない。
自身に勝利点があるため、デメリットはほぼ打ち消し。気にしなくていいだろう。
…というのが、このセット単体で見た評価。
他のセットも混ざると、明らかにナツミの下位互換で、しかもコストも高くなってる。
勝利点を上手く活用しないとこれを使う必然を見出せない。
メイド長の数を調整する場合、グレイスが施設にいないことを確認するように。


【リディア・レオン】
ガンダムウォーがTCGの下地である我々の間では「サラサ」と言えば通じるカード。
山札を凄い勢いで回せることも利点。ご奉仕も消費しないと非常に優秀。
思い出取得にも便利なので、これも複数枚買って損なし。


【フローレンス・スプリングス】
一般メイドがメイド長と同等の勝利点を持つという恐るべきカード。
しかもそば仕えできるため、デッキを圧迫しない点においてソフィアより上。
ネックはすぐに枯渇することと、早期決戦になると死にカードになる可能性がある点。
ラウラと併用してどんどん場に出していくべし。
もちろん、買える時には優先して買うべき…なのだが、
あえて低コスト勝利点の早期枯渇を狙うことで能力を殺せたら、凄く気持ちがいい。
他プレイヤーがこれに群がるようなら、狙ってみるのも悪くない。


【シンシア・レイクス】
ティナリスから雇用能力を奪い、その分ドローを強化したメイドさん。
つーか、昼寝メイドはみんなこんな能力なのか。
ドロー+4はひたすら強力。ご奉仕メイドと組み合わせれば、
山札全ドローも夢ではない。
思い出取得に非常に役立つので、他プレイヤーへの利益はこの際無視して、
ガンガン使っていくのがいいだろう。


【カルディナ・アレイ】
このセットでは思い出の取得に手札をかなり使うため、
手札を減らすカルディナは非常に嫌らしい妨害能力を持つといえる。
それでいて自分はドロー+2とか、本当に嫌がらせである。
ただ、このセットではドローカードには他に優秀なものが多々あるため、
他に選択肢がない以外でこれを優先する意義は薄い。
もちろん、他プレイヤーの手を止めることには意味はある。


【リーヤ・ナラガシ】
次のターンを手札10枚で開始させてくれる狂った性能のメイドさん。
能力を使うと即座にターンは終了してしまうが、
その前に色々済ませてしまえばいいだけのこと。
ダフネやジュルメーヌなどと併用できれば無駄が減るだろう。
他のセットと混ぜるなら、ライラックやグレイスなども相棒になる。
思い出取得のダメ押しに効果的。強力。


【チナツ・コオリヤマ】
安いメイドを高級メイドと交換してくれるトレードメイド。
不要になったダフネや買いすぎたマルガレータなどの、
つい買いすぎるカードを処分した上で、
他の有用なカードと交換できるのだから、使えないわけがない。
当然、施設の構成にもよるのだが、
序盤に適当な安いカードをコスト7クラスのカードと交換できれば、
かなりのアドバンテージにもなる。
もっとも、こういうのを「皮算用」というのであるが。
ノネットと相性がいいので、併用できるなら使ってみてもいいだろう。


【フィー・プリムローズ】
分かり易いご奉仕増加メイド。
ただ、前のセットにいたエミリーの単純な下位互換という、
クロリンド以上にネタ切れ感が漂うカード。
しかし、このセット単体で見ると、非常に有用であるのは間違いない。
ヒヤシンスの大量買いのお供にどうぞ。


【ロミナ・ヴォートラン】
ご奉仕フェイズの強制終了の代わりに、コスト以上の能力を得たメイドさん。
はあと2と同コスト&能力でありながら、更にドロー+2を追加したというチートぶり。
フェイズ終了効果も、これを最後に使えばいいだけのこと。
デメリットは無いに等しい。
ただ、ご奉仕増加カードとの相性が悪いため、1枚あれば十分なカードでもある。


【ダフネ・コライユ】
出すだけではあと2を貰える上、ご奉仕があるから手が止まらない便利なメイドさん。
思い出も相まって、はあと2が枯渇しやすくなっているため、
この子の出番はすぐになくなってしまうかもしれない。
その場合はチナツにご登場願おう。


【マルガレーテ・トルレンテ】
劣化市場ということで、コストを更に安くしたジュヌヴィエーヴなメイドさん。
買いやすくなった代わりに枚数制限が発生している。
こういう「あって特しかないカード」は無駄に買われる傾向にあるので、
この枚数によるペナルティは面白いテキストだと思う。
2枚までは無害なため、2枚買うのは当然の流れ。


【ジュルメーヌ・マーレ】
メイド長をデッキに加えることでドローを更に促進させる特異なメイドさん。
このセットのベアトリスは非常に有用なメイド長なので、
ラウラと同じ施設であれば、これを使いまくるのもひとつの手。
使い道は限定されているが、その分ハマれば強力かもしれない。


【エヴィータ・カタラ】
低コストの代わりにご奉仕が増えるかどうかは運次第になってしまった微妙な子。
ノネットでフォローできそうな気がしたが、そんなことはなかったぜ!
前の拡張セットにいたレネと併用できればいいのだろうが、
それができる頃には普通にフィー辺りでも買えば済む。
フィーやクロリンドが施設にいない状況以外でこれに頼る意義は皆無。
ただ、最序盤であれば、はあとも出やすいため、使ってみてもいい。


【バレンシア・プレートル】
単純にコスト3のはあと2&勝利点付きと強力なのに、
そば仕えさせていれば任意で追加ドローができるとか、あまりにもチートな性能。
優先して買うほどではないが、暇があれば購入&配置しておくと何かと便利。
何よりもイラストがいいです(´¬`)


【ヒヤシンス・アロー】
思い出があると舞い上がって勝利点まで出しちゃうメイドさん。
ただ、2点と低レートなため、ラウラがいる場ならベアトリスで十分とも言える。
誰も買わない内にこっそりと買い占めておくのがいい。


【ノネット・ラルジュ】
手札を山札に戻す効果は、使うかどうかを選べるのが便利。
コストを考えれば十分すぎる能力なのだが、ご奉仕が増えないため、
他のカードと併用し難いのがどうにも辛い。
単純なドロー&雇用数アップカードと割り切るのが無難か。


【海底洞窟探検】
凄まじい勝利点をもたらす思い出。その分取得条件も厳しい。
施設の構成次第では、どう足掻いても条件を満たせない可能性もある。
意外と取るための壁は高い。


【古代遺跡探検】
海底よりはまだ行き易いということか。
こちらは逆に簡単に取れるので、取れる時にとっとと取るが吉。


【花火大会】
この条件は狙ってカードを買わないと、意外と揃わない。
ただ、次ターンを手札10枚で開始できるのは、かなりのアドバンテージなので、
狙う価値は十分ある。


【諸島巡り】
これを取るためにメイド長を集めるのではなく、
これが出たらメイド長を買うのが正しい。
ただし、ラウラが施設にいない環境では無理に取る必要はない。
逆にラウラがいるなら、積極的に狙ってもいい。


【キャンプファイアー】
普通にプレイしていては、まず条件を満たすことはできない。
シンシアやリーヤなどのドロー強化カードを併用し、一気に決めるのが基本か。


【天体観測】
それほど厳しい条件ではない上、これを取るとソフィアももれなく付いてくる。
ただし、取る時期によってはソフィアより一般メイドを優先した方がいい場合もある。
柔軟に活用したい。


【秘湯探し】
恐ろしく強力な追加効果を持つ思い出。
まずはこれの取得を目指してカードを買っていくというのもいい。
いざという時のために、シンシアやリーヤも用意しておけば磐石。


【川下り】
シンシアやリーヤがいれば、取るのはそれほど難しくない思い出。
地味に有用な追加効果があるので、狙っていきたい。
デッキが膨らんでいると取り難いため、圧縮タイプのプレイヤー向き。


【ピクニック】
【秘湯探し】と比べると見劣りするが、その分取り易いカードでもある。
他セットのフランシーンとの相性が抜群にいいため、彼女がいる施設なら、
是が非でも奪いたい思い出だ。
専属メイドと併用する施設であれば、ロアンも一緒に用意したい。


【肝試し】
単純に他プレイヤーの手を止めるだけの効果なので、
それ目当てでわざわざ取る必要はない。
取れる状況でかつ、取る余裕がある時に、ついでに頂く程度の感覚でいいだろう。


で、ひとつルールを間違えてたので、ここで謝罪しときまっす。
思い出の取得は「ご奉仕フェイズ」にやるそうな。
前は「雇用フェイズ」にやってたんだよねー。
特に何が違うということもないんだけど、リーヤを使う時に影響出るから、
ちょっとここで確認として付記しときます。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1018-57a0abbe
    この記事へのトラックバック


    最新記事