「久遠の絆」がエロゲになるんだってさ

2011年02月05日 15:11

公式サイト(18禁注意)。

「久遠の絆」とは、PS1にて発売されたノベルゲームです。
輪廻転生を軸として、平安、元禄、幕末、そして現代と、
時代を超えて続く愛と憎しみの壮大な物語が描かれた、すんげー面白い作品でした。

当時、何でこれを買おうと思ったのかはもう分かりません。
多分、単純にキャラデザが気に入ったんだと思います。
あざとい萌えを感じさせない、健康的なキャラクター絵に魅了されたんでしょう。

で、実際に遊んでみたら、これが本当に面白い話でして。
ノベルゲーなのでゲームシステムがどうこう語れるものではないので、
こういうのは単純に物語の面白さが評価に繋がるわけですが、
そういう意味では10点満点中20点あげたいくらいのデキでしたね。
もう本当に面白かった。何回も繰り返し遊ぶに耐える作品でした。

コンシューマ向けながら、恋愛の形が大人向けで、
かなり際どい表現を、色々ぼかしながら描いてる辺り、
規制とのギリギリのラインに苦心していることが感じられたものです。
まぁ、そういう事情を鑑みれば、
むしろ最初からエロゲーにしなかったのが不思議なくらいなんですが、
逆に、あえてコンシューマで出したゆえに、
受け入れ易くなった部分もあるんじゃないかと思います。

個人的に、PS1でのベスト10に入るくらい好きな作品で、
グッズとかも頑張って集めてました。
つーか後にも先にも、ひとつの作品のグッズを買い漁ったのはこれだけです。
CDからテレカに至るまで、多分全部持ってます。
当然、DC版もPS2版も買いました。むしろDCはこれやるために買ったのです。
ファンブックにはイラストまで投稿しちゃいました。えへへ。

そんな久遠の絆を愛して愛して、
そのまま綺麗な思い出として意識の海に沈めておきたかった宝物のような作品が、
なんか気が付いたらエロゲーになってリメイクされるとかマジか…orz

18禁になることで、
本来描かれるはずだった、封印されし原初の物語がついに日の目を見ることになり、
色々すっ飛ばしたり誤魔化したりしてきたエロシーンが、
抽象表現ではなく映像で可視化されるという、
本当の意味での「完全版」として甦ることができたのであります。

……本当にそれでよかったのか?

久遠の絆という作品に触れ、それを愛したユーザーであればこそ、
万葉や栞のあられもない姿なぞ見たくないというのが本音。
つーか、どう考えても使えない(ぉ

そもそも、
エロが規制された状況でギリギリを目指したから輝いた部分があるというのに、
すべて解禁されてしまったら凡百の内のひとつにすぎなくなってしまうことが、
何故に分からないのであろうか。

久遠の絆は、様々な条件やタイミングが絶妙に噛み合った末に生まれ出でた
奇跡と言ってもいい作品なのである。
あの頃に出たからこそ神格化されたのであり、
今出たとしても、凡作として埋もれてしまうのは目に見えている。

かつて狂おしいまでに愛した作品と、よもやこのような形で再会することになるとは、
さすがに想像もしていなかったため、ショックも大きい。
シナリオ変更で幕末のキャラクターは全員消えちゃったし…。

つーか、観樹は!?

昭和編に名前と設定だけ変えて登場してるけど、
顔が同じならいいってもんじゃないでしょーよ…orz

観樹のシナリオは本当に悲しくて愛しくて、
この作品の中でも屈指のエピソードであると断言できるくらいなのに、
何故わざわざ改変したし…。
あと、流れが同じだったとしても、あのシーンでエロ場面追加とかマジ勘弁。

天野先輩の添い寝CDとか、もう方向性も訳分からなくなってるし…。
そこは○○○○の着ぐるみだろjk!(ぇー

……はぁ。
まぁ、言いたいことは言えたんで、もういいです。
問題はこれを買うのかどうかですよ。

思い出に終止符を打つ意味でも、買ってしまうべきなのかもしれませんが…。
限定版の中身が超魅力的なのがまた悔しいんだよなぁ。
サントラも設定資料も既存のものは揃ってるけど、
それはそれとして、こっちもファンとして押さえておきたい気持ちががが。

心情的には受け入れられないんだけど、本当に心の底からこの作品が好きなので、
いっそのこと完膚なきまでにブチ壊してもらえれば、未練も消えるのかもしれません。
だって、リメイクでいい思いした記憶が全然ないんだもの(´・ω・`)

ああ…空が、青い…。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1019-f3bbc3f5
    この記事へのトラックバック


    最新記事