PSP「クリミナルガールズ」ファーストインプレッション

2011年02月09日 19:50

そんなわけで、勢いだけで買ってきちまいやした、「クリミナルガールズ」。

「少女おしおきRPG」とかいう、いかがわしさ全開なジャンル名がついたこのゲーム、
形式は普通のRPGだというのに、システムが色々狂ってるのが特徴。
ちなみに「世界樹の迷宮」の開発者が関わってるそうで、
軟派な見た目とは裏腹に、なかなかシビアなゲームだったりする。らしい。

そんなわけで、少し触った感想だけここに書いておきますねん。
詳細なレビューはクリアしてからになるので、
今後、評価が変わるかもしれないことはご了承ください。

プレイヤーは囚人を率いる引率者となり、
ワガママ放題で言うことを聞かない問題児たちを「おしおき」することで、
屈服・従順にしながら、搭の最上階を目指していくことになる。
ちなみにジャンル名の通り、囚人は女の子しかいません

基本はオーソドックスな見下ろし型の2DRPG。
ドラクエと同じと言えば分かり易いかな。
キャラも戦闘で得た経験値でレベルアップしていく方式だし、実に古典的。
しかし当然、このゲームならではの要素がある。

最も特徴的なのは、戦闘。
まず、コマンドを選ぶことができない。
ではどうするのかというと、戦闘に参加している少女たちが作戦を提案してくるので、
それを指導官であるプレイヤーが選ぶのである。
すると、その作戦に応じた行動を少女たちが取るので、
それをターン毎に繰り返しながら敵の殲滅を目指すのだ。

で、基本的に少女たちは非協力的なので、戦闘でもまるで動こうとしない。
お尻を叩いた程度では「敵に攻撃する」くらいしかやってくれない。
少女たちの協力度合いは「作戦の種類の多さ」で表され、
協力的であるほど、色々な行動を取れるようになる、という形。
つまり、「攻撃しか作戦を提案しない」ということは、非協力的ということなのである。

では、どうやって協力的にするかといえば、「おしおき」するのである。
敵との戦闘やら何やらで得られるお金(OP)を消費することで、
キャンプモード中におしおきすることができる。

おしおきは種類によって違うミニゲームになっていて、
得点が高いほど経験値の量も増える。
で、おしおき毎のレベルが上がると、それに応じたコマンドを使えるようになる。
感覚としては、おしおきすることでスキルを覚えさせていく感じ。

ミニゲームは高得点をマークするほど、
背景に隠されたセクシーイラストがオープンされる仕組みで、
嫌がる女の子を調教指導する背徳感と合わさり、いかがわしさが尋常ではない。
これはちょっとドキドキする。

ステータスを上げる通常のレベルアップと、
コマンド(スキル)を習得するための「おしおき」。
このふたつの成長法が、このゲームの独自性になっている。
むしろ、これが全てである。潔い。

いかがわしさはともかく、ゲームとしては実に普通のRPGなので、
これといった欠点も見当たらないが、気になる所は少しある。

まず、メッセージスキップの使い難さ。
既読とか関係なく全部飛ばしてしまえるのと、
一度スキップモードに入ると、解除するまでスキップし続ける仕様のため、
不用意に使うと新しいセリフを丸々読み飛ばすことにもなりかねない。
つーか、一度それをやっちゃって、最初からやり直したりした。

2つ目はダッシュがないこと。
それほど広いフィールドではないにしても、
同じ場所を行ったり来たりすることが多くなりそうなゲームなので、
ダッシュできないのが地味にストレス。
通常の移動速度もそれほど速いわけではないから困る。

3つ目はフィールドが単調であること。
「不思議のダンジョン」などを思い浮かべてもらえればいいが、
ああいう感じで小部屋が通路で繋がってるだけのような構造ばかりで、
探索している感覚があまりないのが不満。
これは初期の「マール王国の人形姫」と似ていて、
同じ日本一ソフトの匂いがする部分でもある。

4つ目は装備品がないこと。
アイテムは消耗品がメインで、剣や鎧といった装備アイテムが存在しないため、
キャラの強化はレベルアップ(それと「おしおき」)に限られる。
つまり、日本一ソフト特有のやり込み要素が非常に薄そう。

パッと思いつく限りでは、こんなところだろうか。
ただ、あまり複雑なシステムを搭載していないため、直感的にすぐに遊べることと、
やり込み要素がないということは、手軽にプレイできるとも言える。
昨今のやたらゴチャゴチャしたRPGに疲れた人には悪くないかも。

唯一にして究極のオリジナリティである「おしおき」も、
ちょっとクセになるというか、眠れるS心を刺激されるというか、
なんだか凄く楽しいので、一度はやってみてもいいかも。

個人的に弱気で小動物的なアリスに無理やりするのが素敵。
おしおき対象に選ぶと、泣きそうな目で「嫌…やめて…」とか言うのよ。
我慢できるか!( ゚Д゚)クワッ
ゾクゾクするね!(おひ

とまぁ、人間としてどうかと思われること請け合いではあるが、
分かり易さとお手軽感は悪くない。
戦闘もサクサクと動いて結構喋るから賑やかだし、
息抜き程度に気軽に遊べるという意味でも、悪くないんじゃないかね。

さて、おしおきの続きといくかな~♪

関連記事


コメント

  1. がびこ人形 | URL | 5.eTduME

    Re: PSP「クリミナルガールズ」ファーストインプレッション

    ぉお、クリミナルガールズですか。
    どこぞのサイトで知って、どんなゲームかとちょこちょこ調べていたんですよ。

    >2つ目はダッシュが~
    たしかに地味なストレスになりそうですね^^;
    ぱっと行く的なものが欲しくなりそうな・・
    ただドラクエみたいな感じと言われると、それもらしくていいかな・・なんて。

  2. 岳る | URL | -

    Re: PSP「クリミナルガールズ」ファーストインプレッション

    >がびこ人形さん
    余計な要素を削りまくり、極力シンプルにした「世界樹の迷宮」なんですよね、このゲーム。

    キャンプ(セーブ地点)は全部ワープで繋がってるので、まだ救いはあるんですけどねー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1023-f3c9a2a3
この記事へのトラックバック


最新記事