奇跡も、魔法も、あるんだよ

2011年03月14日 17:38

まだまだ状況が落ち着いたとはとてもいえない昨今ですが、
平常を保つこともまた大切ということで、
ゆるゆるといつも通りに戻していこうと思います。
とはいえ、さすがにまだ、いつものノリで何かを書く気にもなれないので、
今週一杯は更新を自粛することにします。

でもちょっと思いついたことあったんで、これだけ更新させてもらいますね。


最近、ここで多く取り上げている「魔法少女まどか☆マギカ」ですが、
そろそろ最終回も近いということで、どんな結末が用意されているのか楽しみです。

虚淵脚本だし、事件は解決するけど後味は悪い終わり方になりそうだけど、
あえて「魔法少女」という題材を選んだからには、
最後は夢と希望で満ちた終わりにするんじゃないかとも思うわけで。
そのための仕掛けはずっと残されていますしね。

しかし、あえて本当に救いなく終わる可能性も無いわけではありません。
それはそれで「魔法少女」という題材を選んだ意味にもなりますし。
ある意味で非常に新しい切り口だといえるでしょう。

で、もしラストが全員が救われる幸せな展開だったとして、
実はそれが急遽変更された脚本だったら素敵だと思いませんか?

初期案では夢も希望も打ち砕き、
まさに新しい「魔法少女という絶望」を打ち立てることが目的だったとして、
しかし、今回の震災を受けて、そんなラストでいいのかと、
直前になって脚本が書き直されて、
希望に満ちた結末に変更されたとかになったら、ドラマだと思いませんか?
プロジェクトXにでもなりそうなドラマが、
アニメ制作の現場で生まれてもいいんじゃないかと。
それも映画とかじゃない、普通の1クールのTVアニメで。

フィクションに求められるのは、ノンフィクションで体験しえない出来事です。
何故「まどか☆マギカ」が評価されているのかといえば、
それはただ新しいというだけでなく、リアルで「絶望」がなかったからでしょう。
それは人が娯楽でジェットコースターを好む心理と同じで、
日常に危険がないからこそ「安全な危険」が求められることと同意です。
視聴者は「絶望」に飢えていたのです。

今、リアルで絶望が溢れている時に、「まどか☆マギカ」は非常にナンセンスです。
だからこそ、そんな幸福な夢が生まれてもいいのではないかと。
むしろ、ここまで絶望を描いてきたのは、
この時のためだったのではないかとさえ思えてしまいます。
奇跡も、魔法も、あるんだよ。

まぁ、個人的な推測としては、まどかの「祈り」でほむらを人間に戻して、
まどかだけが魔法少女として生きていく、
みたいなラストなんじゃねーかなと予想してるんですがー。

でも、そんな「奇跡」があってもいいと、思ったりするのです。

関連記事


コメント

  1. yama | URL | CkE0KsJQ

    Re: 奇跡も、魔法も、あるんだよ

    10話まだ見てないのですがネタバレばっちこい!な人なのでどんな展開かは把握済み!
    鬱エンドに定評のある方のシナリオですがどんでんがえしがいい方向でくるという希望は捨てきれませんね。

    ぐだぐだ言ってないとどんどん凹みそうになるのでブツブツ呟いております。
    更新再開楽しみにしてますぜ。主にFEルナティックでの悲鳴を(待て

  2. 岳る | URL | -

    Re: 奇跡も、魔法も、あるんだよ

    >yamaさん
    暗い話を暗いまま終わらせるのは誰でもできるので、やはり幸せなラストを期待したいところ。時期的な意味でも。

    ガンバッテミルヨ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1057-0450d275
この記事へのトラックバック


最新記事