狩りゲーとしてPSPに登場する「トリコ」の内容を勝手に想像してみる

2011年03月21日 15:48

ジャンプで連載中の「トリコ」がPSPでゲームになると発表があった。
画面を見る限り、プレイヤーはトリコになって怪物と戦う狩りゲーになるんだろうけど、
トリコって武器とか使わないし、素材を集める意味がないんだよね。
すると、やり込み部分はどうするのかという疑問が湧くのは必然。
単純な面クリア型ACTじゃ、もう客は集められないぞ!

そこで、全然情報がない今だからこそ、勝手に内容を想像してみようぜ!
という、実に非生産的な記事を書いてみようと思ったわけである。

まず、トリコが怪物を狩る理由だが、基本的には「食う」ことが目的。
狩った獲物を市場に卸して収入を得る場面もあるけど、
だいたいは自分で食すべく行動するのがトリコだと思う。

ここで重要なのは、「グルメ細胞によるパワーアップ」で、
より美味(強大)な食材(獲物)を食した時に、トリコは強くなる点。
ゲームとして採用するならここかなぁと思う。

つまり、トリコにはレベルなどが存在せず、
未知の食材を狩った(食べた)時のみ、パラメーターが上昇するという、
特殊な成長方式のARPGになるんじゃないかと予想。
あと、食した獲物によって技が増えるとかだと、カスタマイズの楽しみもあるよね。
無難なところではこんな感じ?

むしろ、下手に原作再現とかやると、
自由度が減って面白くなくなると思うんだよなー。
ストーリーを進行させるミッションと、
本筋と関係ないミッションの2種類が用意されてて、
ストーリーを進めると原作と同じ獲物、同じ敵が登場して、
原作と同じタイミングで技が増える、というのがありそうな作りだけど、
これは自由度が減って楽しくなさげ。

せっかく個性豊かな世界観なんだから、そこを自由に歩かせて欲しいなぁ。
ミッションを受けたらもう現地にいるとかじゃなくて、
獲物の生息地域の情報を得たら、
現地までの移動手段を自分で調達するところから選べたら楽しそう。
交通費を稼ぐために獲物を狩ってみたりとか。
当然、どこに行くのか、何を獲るのかは完全にプレイヤーの自由。
いきなりグルメ界に挑めるとかでもいいよね。

ぶっちゃけると、主人公が戦闘力の高い人間に置き換わり、
戦闘がリアルタイムアクションに変貌した「リンダキューブ」になればいいのだ。
リンダのゲーム性はトリコの設定と重なる部分が多いと思うんだ。

そういえば、こういう形式のゲームだからマルチプレイには当然対応するんだろうけど、
主人公がトリコの場合、どうするんだろうね。
ゲーム中に四天王から操作キャラを自由に切り替え可能というのならアリかなぁ。
そしてそれはちょっとロマンがあると思う。
トリコ以外の能力をどう再現するかが難しい気もするけど。

モンハンをパクっただけのゲームだったらガッカリだけど、
あの世界を自由に歩けるゲームだったら、かなり面白そう。
グルメ細胞を強化していくことで徐々に行動範囲が広がるとか、
RPG要素を入れる余地もあるし、まったく新しいゲームになれる可能性はある。
開発者の志が高いことに期待したい。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1066-2331784a
    この記事へのトラックバック


    最新記事