「FE 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~」プレイ記録 狂気の進軍 プロローグ7-2

2011年03月30日 14:39

まさかのプロローグ7、2回目。
まだ本編ですらないのに、この絶望感と殺意は何なんだろう…。

ちなみに、前回やり直したことで、すでにレギュレーションが崩壊したので、
リセット無しとか稼ぎ禁止とか、そんなこと関係なくクリアだけ目指します
うん、クリアするだけでも十分すぎるほどに鬼畜なのは、
ここまで記事を見てきてくれた方ならお分かりいただけると思う。

では、絶望の扉を開きに行こうか!


以下、俺たちの戦いはこれからだ!

プロローグ7(2回目)

編成画面を見る。
ユニットが…出撃枠より1人多いだなんて…(感動で泣いてる)。

とりあえず回復してる余裕はないから、リフは留守番。
頼んだぞ、リフ。誰も装備できない弓の管理は任せた。

基本的な戦術は前回と変わらない。
シーダで弓兵を翻弄し、増援を騎兵1体だけに抑える作戦だ。
ただ、今回は戦力に余裕があるので、すぐ近くにいるアーマーナイトを釣って、
カインが突撃してくる前に倒しておく。

それと、上の砦を塞いでくれる弓兵をシーダで倒せるようにするため、
川を挟んだ攻撃の届く位置にマリクを置いて、少し削っておくのも重要。

増援が出るとカインが突撃してくるので、ドーガとセシルで壁を作る。
ちなみに死ぬの前提の壁
少しでもダメージを与えてくれたら本望だ。

ドーガとセシルの貴い犠牲で止まったカインたちは、
魔道士2人とアテナ、シーダを駆使して、1ターンで殺しきる。
失敗は許されない。

カインを撃破した頃に、今度はシーダが引き付けていた弓兵が来るので、
これも引き付けて倒す。
これで残りはアーマーナイト1、剣士2になっているはず。
まぁ、ここからが問題なのだが。

こいつら3人は行動範囲が被っているので、1人を釣ると全員が押し寄せてくる。
正直、これを犠牲無しで捌ききるのは無理だ。

まずはアテナでアーマーナイトを釣る。
アーマーナイトはそのままマリクか岳るで安全に排除するとして、残る剣士が問題だ。
とりあえず岳るを殺されるわけにはいかないので、アテナとシーダで壁を作るが、
シーダでは剣士の攻撃を耐えることができないのだ。
そして岳るに攻撃されると、連続攻撃で死んでしまうので、
シーダが死ぬのは確定として、更にマリクを岳るの壁として配置する。

ちなみにここまでは全て初期位置で捌いているため、
必然的に逃げ場がないことを追記しておく。壁がないと生き残れないのだ。

敵のターン。予想通りシーダ死亡
次の攻撃でマリクが死ぬと、火力不足で敵を倒しきることができず、
実はこの状況になる前から詰んでいたことが発覚。絶望する。

しかし、マリクは反撃で必殺の一撃を繰り出し、まさかの生還&敵撃破!
予想外に敵戦力が減り、逆に味方は1人多いという状況で勝利を逃すはずがない。
最後の剣士を安全に倒すと、無事にステージ終了だー!

最後の最後で運でクリアとか正直どうかと思うが、気にしてはいけない。
つーか、運も味方につけないとクリアできねーよクソが!(逆ギレ)

ともあれ、ようやく最後のプロローグを終えることができた。
さぁ、本編に進もうじゃないか。
さすがに本編に行けば、負傷者たちも戻ってくるだろう。

まずはセーブして、と………………………………ん?(´ー`)
何でプロローグ8が始まってんの?


終わりじゃなかったのかよおおおおお!?(;゚Д゚)


次回に続く!

※続きませんでした。ごめんなさいorz
一応、30回くらいリトライしたんですけど、
次から次に難題が発生する金閣寺の一枚天井状態で、正直心が折れました。

プロローグクリアだけなら、なんとかなりそうではありますが、
この後に続く本編にボロボロの戦力で対応できる気がしませんので、
ルナプレイはここで中断となります。

うん、FEはノーマルで無双するか、
ハードくらいで適度な緊張感を楽しむのがいいんじゃないかな。
ルナは苦行すぎる…。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1070-3022e3d9
    この記事へのトラックバック


    最新記事