2011冬季アニメ感想

2011年04月12日 16:35

そろそろ春の新番組が色々放送されてる頃なんで、
前期で見てた分だけ感想を書いておきますかねー。
なお、まだ放送中のものもあるけど、あまり気にしないように。


・IS<インフィニット・ストラトス>
女しか扱えない機動兵器「IS」を、何故か使えてしまった男を中心とした、
ドタバタSF風学園ラブコメ、でいいのか?

散々ここでもネタにしたけど、基本的に世界設定が雑。
オリジナル世界を構築するには練りこみが不足しすぎてて、いちいち気になった。
これは多分、近未来な舞台設定にしてる割にリアルが感じられないのが原因。
「ストライクウィッチーズ」みたいに「ウソ地球」にしちゃえばよかったのに。

ラブコメ部分は良い意味でベタベタで凄く面白かったが、
ことバトルパートに入ると途端に粗が見え隠れするようになり、
ぶっちゃけISって要らなくね?
これはアニメスタッフの力量が不足していたのか、
原作がそもそも適当なのかは原作未読の身では判別不能。

1クールで描ききれる内容ではなかったため、
とりあえずのボスキャラをラストに据えて派手なバトルで演出し、
最後は続きを予感させる謎を残した終わり方。
分かりやすいまでの二期フラグですねわかります。


・お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
妹に欲情する変態な兄が好きという変な妹とその兄のラブコメ。
あくまで「変態な兄」が好きという点がポイント…か?

開始早々に妹が義妹であることが発覚し、光の速さでプロットが崩壊していたが、
登場人物が基本的に変態かバカしかいないカオスな状況が、
見ていて普通に面白かった。

兄は基本変態なのに、何故金髪ツインテールのエロ攻撃を拒否するのかは疑問。
妹一筋というには委員長に心移りしたりしてたし、
純情キャラという印象もないから、ちょっと不思議。
ちなみに金髪ツインテは性格悪いキャラだけど、その分酷い目に遭うことも多く、
その辺でバランス取ってのは上手いと思う。因果応報って大事よ。

あとは検閲がウザかったかな。
「ToLOVEる」もそうだったけど、ちょっと過剰に検閲しまくるのはどうかと思うよ。


・レベルE
地球は狙われている!
そんなこんなな宇宙人アニメ。

何で今更というほど原作は古いが、そもそも原作が超面白い作品だけに、
アニメも普通に面白かった。

表現がマイルドになってたり、オリジナル要素が少しだけ追加されていたり、
ハネムーン話がなかったり、ルナ王女の声が変だったりと、
不満は色々あるけれど、よくぞアニメ化した、という気持ちの方が大きい。

元々が短編連作だったので、
1クールという短いサイクルに詰め込むには良い題材だったのかもしれない。
飽きずに見れる良作。


・バクマン。
学生2人組がジャンプでの連載目指して邁進する漫画道アニメ。

原作が一番面白かった頃のエピソードが詰まってるので、
当然のようにアニメの方もそれなりに面白い。
連載開始! というところで「次回へ続く」になるので中途半端感は否めないが、
2期放送が決定してるからこその構成なので、仕方ないのかも。

むしろこのまま「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わっておく方が、
gdgdになりつつある原作よりも綺麗に終われていいんじゃないかと思わんでもない。

漫画だとあまり気にならなかった亜豆の母の縦ロールは、
アニメで見ると破壊力が絶大すぎてヤバイ。


・魔法少女まどか☆マギカ
タイトルに名前まで出てる主人公が10話になっても魔法少女にならない話。
それ以外どう言えと?

震災の影響か、11話以降の放送が止まってるので、まだ結末は分からない。
まぁ現状で十分すぎるほど面白いんで、不満もないのだけど。

1~2話は普通に魔法少女物を意識させておいて、
3話目から一気に落とす手法が見事。
ただ、逆に言えば、普通の魔法少女物として知識無しで見ると、
2話目くらいで切られそうな印象もある。
脚本家の意味を知るからこそ見続けることができたというのもあるんじゃないかな。

超ガチなバトルで盛り上げてくれた「なのは」とも路線が違う、
新しい魔法少女の形が見れたのは良かった。
つーか、「魔法少女」という名称にはまだまだ可能性がありそうですね。


・カードファイト!! ヴァンガード
文字通り、カードゲーム「ヴァンガード」を題材としたカードゲーアニメ。
現在絶賛放送継続中。TCGもよくできてるよ!

イマイチ見ようという気になるものがなかった今回の枠の中で、
一番楽しみに見ることができた作品。
TCGの販促をしっかりやってるのがポイントで、
懇切丁寧に作中でルールを解説してくれるため、TCGの入門用にピッタリ。

とにかく主人公が負けるのが特徴で、最初は弱い主人公(成長を描くのに有効)と、
強いライバルたちの描写がちゃんとできてるのが良い。
ご都合に頼りがちになるカードゲー作品において、
ちょっとした「リアルさ」を演出するのにも一役買っている。

あと、女の子がいちいち可愛いのよ(*´ω`*)
他のキャラもちゃんとキャラ立ちしてるし、地味だけど堅実な作りになっている。
これは継続して見ていきたい。


最初はレベルEくらいしか見る気なかったんだけど、
見てみたら案外面白いものが多くて、
やっぱり実際に見てみないと分からないものだなぁと実感。
特にヴァンガードは秀逸だったなー。まさかここまでハマるとは。

今期も特に見たいものは無いんだけど、どうしたもんかなー。
銀魂くらいしか気になるものがないんだが…あー、神のみ2期があったか。
シュタゲもチェックしてるし、何だ、結構見る気があるんじゃないか。
でも「これは外せない!」というほどのものがないのは事実。
早く夏目の3期始まらないかしら…。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1081-0b26aa3a
    この記事へのトラックバック


    最新記事