東方カードゲーム「Nの検索」やってみた

2011年04月19日 15:23

はたてが念写するゲーム、「Nの検索」を今更のようにプレイした。
これは1セットで遊べるパーティー系カードゲーム。
ルールも簡単だし、カードの効果を覚える必要もないので、すぐに遊べるのが利点。

プレイヤーは念写に必要な「キーワード」を揃えて、
上手くスクープのネタである「ニュース」を念写することを目指す。
一番最初にニュースを念写したプレイヤーが勝利。

カードは4種類。
勝利条件である「ニュース」、勝利条件を満たすパーツである「キーワード」、
場のルールを変更する「アプリ」、即座に効果を発揮する「ガジェット」がある。

場にはカードをドローする枚数、カードをプレイする枚数、
手札の上限数、キーワード所持上限数の4つの項目を表すルールが定められており、
これは「アプリ」で項目毎に書き換えができる。

例えば、最初のドロー枚数は1枚だとすると、
それをアプリで上書きすることで5枚に変更したりできる。
これは上書きされない限り永続し、すべてのプレイヤーに影響を及ぼす。

そして最も重要にして、このゲームをカオスにしているルールがある。
それは「手札がある限り、必ずプレイ回数分のカードをプレイする」というもの。
つまり、プレイ数が3の場合、必ず3枚のカードを使用しなくてはならないのである。
中には「プレイ回数:全」などというものもあり、
これが張られた日には、手札には何も残らない。

このルールの恐ろしいところは、
手札を貯めることで戦略を練る価値を限りなく暴落させ、
さらに相手が勝利条件を満たすキーワードを揃えていることを知っていても、
強制的にニュースを出さざるを得ない場合があること。
つまり、自分の手で他人を勝たせてしまうこともあり得るのだ。
それも、それが危険なカードだと理解しながらも抗えないというのが酷い。

基本、運8割戦略2割なバランスのゲームなんで、
考えて戦うのが好きな人にはオススメできないが、
逆を言えば、気楽にゲラゲラ笑いながら短時間で遊べることを考えれば、
ゲーム会などのつかみで遊ぶには優良な作品ではないかと思う。
ルールが単純なのもいい。

ちなみにプレイ時間は10~30分ほど。
それなりに短時間で終わるので、つい「もう1回」となりやすい。
まぁ、場のアプリ次第では無駄に長期化することもあるので、
その辺は各自で空気を読むしかないのだけども。

難点としては、一部のカードが強すぎて、勝利パターンができてしまうことか。
まぁそれも場のルール次第で潰されることもあるから、
考慮の上でのバランスなのかもしれないが。

カオスなゲームなんで、深く考えずに適当に遊ぶのが一番いいと思うよ。


以下、実際にプレイしてた時のこと

プレイヤーはいつもの3人(私、H君、N)に智郎君を加えた4人。

初っ端からドロー:5枚、プレイ:全部、手札上限:1枚とかいう狂った場を形成し、
開始早々に嫌な予感を抱かせた。
つーか、こういう形になると速攻で終わるか全然ゲームが終わらないかの2択になる。
この時は後者で、永劫にも感じる時間をプレイすることになった。
そしてこれ以降、「プレイ回数:全」のカードキャラである
小野塚小町が恐怖の対象となったのは言うまでもない。

ちなみにこのゲームで狂った効果を持つカードは幾つかあり、
輝夜の「ドロー:5枚」、小町の「プレイ:全部」、ウドンゲの「手札上限:0枚」、
メディスンの「手札上限:1枚」などが四天王と思われる。

それ以降も色々酷いことになっていたが、
どうにも智郎君を起点として不幸が起こりまくるNが、
「席替えしようぜ(´・ω・`)」と言い出したので、席順変更。
まぁ、Nは普通に何度か勝っていたし、智郎君はむしろ1勝もしてなかったから、
普通にNの言いがかりなのだが、この席変更が功を奏したのか、
今まで勝ちを拾えなかった智郎君が早々に勝利をモノにした。

本人がトイレで席を離れた瞬間、
他プレイヤーの強制ニュースプレイで勝手に勝っちゃったんだけどな(ノ∀`)
脅威の本人が居ない間の勝利。戻ってきた時の微妙な笑みが忘れられないw
こういうのが普通にあるんだよなー、このゲーム。

結局、Nは席を替えたことでむしろ勝てなくなったりしてたけど、
基本的にカオスなゲームなんで、勝つかどうかは本当に運次第。
終わる時はアッサリ終わるしなー。

でも面白かったんで、これはGWにでもまたやりたい1品ですな。

関連記事


コメント

  1. 自転車ライダーN | URL | USldnCAg

    Re: 東方カードゲーム「Nの検索」やってみた

    いやぁ、このゲームはカオス成分が強くて楽しかったね。
    真面目なカードゲームも良いが、こういうのもたまには良いと思ったぜ。

    あの日は俺の都合で微妙な時間で切り上げることになったが、またやりたいものだ。
    というわけで色々心配をかけましたが、私は怪我もなく元気です。
    ん?レースの結果?


    体が軽い…
    こんな楽しい気持ちで走るなんて初めて…


    もう何も恐くない━━━!


    どうみても最下位です。本当にありがとうございました。
    (敗因は、体調不良とかではなく、単純に技術面の問題だから気にしないでね!!

  2. 岳る | URL | -

    Re: 東方カードゲーム「Nの検索」やってみた

    本当にカオスすぎて気楽に遊べるのがいいよね(´ω`)
    息抜きにGWのどこかで少しやるのも悪くないかなー。

    ちょっと責任感じてたんで、そう言ってもらえると救われる。
    また挑めばいいさ!(ノ∀`)b

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1090-f796ae31
この記事へのトラックバック


最新記事