「エルミナージュ・オリジナル」プレイ記録 ~魔法少女たちの挽歌~ その4

2011年05月30日 05:10

今回のボスキャラは美人親子?
厳しくも優しい母、しっかり者で真面目な長女、お調子者でムードメーカーな次女、
わがままだけど泣き虫な末っ子まで確認。
指輪を手に入れる度に新キャラが出てくるとすれば、あと2人いるのかしら?

Ⅱもラスボスはおにゃのこだったし、
なんだかんだで萌えを狙ってる気がしないでもない。
でも敵キャラに感情移入すると戦い難くなるから、
どうせぶちのめすなら単純な悪役の方が心が痛まなくていいよね。


以下、指輪探索行

そろそろ物語を進めていこう。
Ⅱではキャラ強化しすぎて、イベントボスがことごとく雑魚化してしまい、
寂しい思いをしたのを思い出した。

このゲームでは、世界中に点在するダンジョンにランダムで、
神々の指輪というキーアイテムが隠されている。
これが本当にランダムに隠されているため、
ともすればダンジョンに入って1歩目に落ちてたりもする。

しかし、ランダムなだけに、勘だけで見つけるのはまず不可能。
そこで登場するのが、ゲーム開始時にもらう「コンパス」だ。
このコンパスにフェイムというアイテムを捧げると、対応する指輪の場所に対して、
「ラピュタ」で飛行石がラピュタの位置を指し示したような光が出て教えてくれる。

というわけで、まずはフェイムを集めねばならない。
フェイムは街などで受けられる依頼をクリアすれば手に入るので、
これを地道にこなしていくのだ。英雄の道も一歩から。

とはいえ、依頼の難易度は千差万別。
中にはどう考えても低レベルではクリアできないものもある。
なので、比較的簡単なものからサクッとこなす。
現状では、イベントの半分はクリア済みの「マジカルパーティ」が狙い目か。
これは光の庭というダンジョンの山頂にいるウサギに、
一定ターン以内でどれだけ魔法ダメージを与えたかを競うもので、
強力な攻撃魔法の使い手が複数いないとクリアできない。
以前はレベルが足りなくて断念したが、今ならいける! 多分!

でもウチはほむらとマミさんしか攻撃魔法使えないので、
残りのメンバーは応援係。
ほむらはツザリク(雷魔法)、マミさんはティロ・フィナーレティルトウェイト(核魔法)。
これを終了までぶち込み続ける!

ただ、ダメージ幅が非常に大きいゲームなので、
ただでさえクリアギリギリのラインなこともあり、3~4回やり直すハメになった。
それでもまだここは回復の泉があるから良心的。

「マジカルパーティ」をなんとかクリアした後は、
装備漁りに利用してるニカレス火山に出発。
ここには冒険者にお土産を渡すことを生きがいとする変な爺さんがいて、
要するに爺さんの土産が尽きるまで受け取ってこいというクエスト。

まずは爺さんの居場所を探して火山を探索。
場所を特定したら、今度は一度街に戻り、待機メンバーと交代。
マミさんの装備も全て預け、マミさん&待機メンバーのパーティで再度火山へ。

火山に到着したら、マミさんがマロール(転送魔法)を使い、一気に爺さんの元へ。
あとはひたすら爺さんからアイテムを受け取り続ければOK。
ただ、あまりの量にメッセージスキップとボタン連打してたら、
爺さんの最後の会話を思いっきり飛ばしてしまって微妙なことに。
結構こういうこと多いのに、バックログ見れないのが欠点だよなー。

ちなみに爺さんの土産は文字通り「がらくた」。
土産を受け取ってくれた感動で号泣してる爺さんの目の前で、
早速貰った物を捨てまくるマミさんマジ外道。
だってこれ、役に立たないどころか売ることもできないんだもの。

お次は男装侍ゾアーヌからの「水猫のぬいぐるみ」という依頼。
この侍、男装してても根は乙女のようで、可愛いぬいぐるみが大好きとか言う。
で、ウンディーネが可愛いぬいぐるみ持ってるから取ってきて、と。

ウンディーネの居るウェーンの廃墟に向かうと、
実はここが指輪の当たりだったようで、突然光がバシューッと伸びた。
折角だから、ウンディーネと一緒に指輪も探してしまおうか。

ウンディーネは井戸みたいな泉の中にいて、
普通に戦闘になりかけるんだけど、見逃すとぬいぐるみをくれる。
エルミナージュのイベントは、単純なお使いじゃないものが多いから、
結構やってて楽しいのがいいよね。

で、更に探索をしていると、指輪はっけーん。
早速手に入れようとすると、長女セフィリーヌ出現!
これはあれか、姫騎士か。

まぁ、直接攻撃系で、一撃必殺でないなら、さほど怖い相手ではない。
モーリス(回避率低下魔法)を連続でかけてタコ殴り。勝利!
まぁ、まだ2人目ならこんなもんかな。結構レベル上がってるし。

指輪を手に入れた報告がてら、街を回ってみると、寺院でイベント発生。
犯罪の濡れ衣を被せられたので、真犯人を捕まえてこいとな。
「生け捕り」と言われたのが気になるけど、居場所が分かってるなら行ってみるか。

犯人は最初に行った洞窟に居るそうで、
今まで通れなかった奥の扉が開くようになっている。
で、一番奥の小部屋が大量に並んだ場所で、犯人発見。
しかし、倒しただけでは「生け捕り」にはならないらしい。
つーか、すぐに復活するから、アビの代わりに道場として使えそうだなー。

どうしたものかと考えていると、ピーンと閃くものが。
あーあー、召喚師に契約させればいいのか。

召喚師は「契約」という魔法しか使えないが、
これを使うとモンスターを仲間にできる強力なもの。
実はボスキャラすら契約できる自由度の高さがエルミナージュの魅力。

で、召喚師はすでに作ってあるのだが、元ネタ的に悪だよなーと思ったので、
性格を悪にしていたのである。
ちなみに「かずマギ」のユウリが召喚師枠。
で、まどかパーティは善のパーティなんで、性格不一致で仲間にできないorz

まぁ、抜け道があるのもエルミナージュですよ。
このゲームはパーティ単位で行動させることができて、
とりあえず一人メンバーを抜いたまどかパーティを洞窟に先行させる。
その後、ユウリだけで洞窟に行き、「仲間を探す」コマンドを実行。
すると、近くに仲間がいれば見つけることができ、
更にパーティに空きがあれば、そのメンバーをパーティに加えることができるのだ。
その場合は性格の不一致などは関係なく仲間にできる。
これぞウィザードリィ伝統のダンジョン合流術ナリ。

そんなこんなで再び犯罪者の所へテレポート(マロール)。
ほむらとマミさんがボラツ(石化魔法)で敵を行動不能にしたら、
あとはひたすらユウリが成功するまで契約契約!
予想通りこれが正解だったようで、無事に生け捕り成功! 依頼達成ー。

次はシェーベという遺跡に向かう。
ここの奥にある聖水を取ってこいとか言われたので、素直に引き受ける。
すると、ここでも指輪の反応が。

とりあえず指輪の方が近そうだったので、先に処理することに。
簡単に見つけはしたが、案の定邪魔が入った。
今度は末っ子のモカレという幼女。
まぁ、この子自身は大したことないのだが、問題は御付きのケルベロス。
もうコイツが強いのなんの。
ブレスを吐けば前衛の体力を半分以上奪い、追撃がこれまた強力。
つーか、回復頑張ったのにまどかが倒れた!

杏子まで回復に回ると後手になってしまうので、回復はほむらに任せて、
とにかくケルベロスを沈めることを優先する。
マミさんは攻撃魔法は確実に効く保障がないので、補助魔法で援護。
かなりギリギリだったが、なんとか仕留めることに成功!
残ったモカレは本当に雑魚だったので、軽く一蹴。
あー、そろそろボス戦がヤバくなってきたか?
指輪探しは一時中断かなー。

それなりに順調なペースで進んだと思うけど、
もう少し装備を整えないと怖くなってきた。
まだ良い狩場も見つからないし、どうしたものか…。


次回に続く!

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1124-95f9583d
    この記事へのトラックバック


    最新記事