「アトリエ」の原点

2011年10月26日 19:56

引越しの最中に見つけた越智善彦の『マリーとエリーのアトリエ』漫画。
氏が同人誌で発表したものをまとめた「セカンドシーズン」を、
少し前にダラダラと読んでいたら、旧版も読みたくなってしまったので、
折角だから新装版を購入しちまいました。
旧版は単行本もアンソロも持ってるから、別にいらないかと買わなかったのよねー。

でまぁ、元々5冊の本を上下2冊にまとめてるだけあって、物凄く分厚い。
およそ420~430ページもあって、寝転がりながら気楽に読めないのが難点。

しかしまぁ、これはいい本ですよ(´ω`)
氏の作風とマッチしてるというか、
「アトリエ」というのんびりしたゲームの雰囲気がしっかり出ていて、
コイツら本当に楽しそうに生きてるなー、とニヨニヨしてしまう。

旧版はそれでも結構バトルとかもあって激しい時もあるんだけど、
セカンドシーズンになると9割方日常生活しかしてなくて、
まったりとした作品が好きな人にはたまらん一品だと思われます。

で、ちょっとゲーム版の方が懐かしくなって調べてみたら、
やっぱりアトリエというと「マリー」なのかねー。
アトリエは結構リメイクや移植がされてるけど、マリーはダントツですわー。
キャラクター性の高さとシンプルなシステムがいいのかもねー。

今、手元にはPSP版のユーディーがあるけど、
やっぱりマリーかエリーを遊びたい気持ち。
漫画読んでると、登場人物が多いエリーかなー。
ケントニスでマリーに会えた時は感動したものだよ。うんうん。
確かアーカイブスにあったはずだし、落としてしまおうかしらん。

まぁ、GBAのマリーとエリーが工房やってる直球なゲームも持ってるんだけどね。
確かこっちはアニスという3人目もいたはず。
ワンダースワン版だとまさに「ふたりのアトリエ」なんだけど、
こっちは持ってなかったかなー。
あと、フルボイスじゃないと何か寂しい。アトリエと言えばフルボイスでしょ。

うーん、こんなこと書いてると、段々やりたくなってきたぞぅ。
武装神姫のDLCは相変わらず沈黙してるし、これはもうやるしか!(ぉ

関連記事


コメント

  1. 飯田沙々 | URL | -

    どうしても

    ミニ四ファイターのイメージが拭えない…orz
    あの人の絵は独特で好きなんで、ぜひともまた何かしら描いて欲しいものです。
    スペオペなんか合いそうですな。
    スペオペって…orz
    歳がばれる…orz

  2. 岳る | URL | -

    Re: 「アトリエ」の原点

    >飯田沙々
    コロコロで長くやってたみたいで、ビックリマンとかも描いてたらしいね。想像以上に色々描いてる人で驚いたわ。
    ロードスくらいしかイメージないんだけどねー。

  3. 梟 | URL | -

    マリーは当時TBSだったかの深夜ラジオで偶然聞いてセガサターン版買った/^O^\
    池澤春菜の!みんなでた~る♪

    ニコニコで音源が落ちてたので全部聞いたけど、いつ聞いても笑える
    調合コーナーとかフリーダム過ぎて春菜可愛いよ春菜

    やっぱなんだかんだで愛着があるのよね、マリーには
    例え戦闘がレスポンス異様に悪くても愛だけでやり込めた!

  4. 岳る | URL | -

    Re: 「アトリエ」の原点

    >梟さん
    ラジオは全然聴かない人なんで全然知りませんでした。そんなのもあったんですねー。

    私はPS版しかやったことないんですが、戦闘そんなに反応悪かったですかね? サターンだけ?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1202-a210460a
この記事へのトラックバック


最新記事