FC2ブログ

アイマスについてダラダラと話す【人物編】

2011年11月09日 22:49

ゲーム発売記念と称して、
今まで放置していたアニメ版アイドルマスターを今更のように視聴し始めたところ、
見事にすっ転びました。

いやー、面白いね、アイマス!
見てると元気が出てくるね! うっうー!

そんなわけで、寝ても醒めてもアイマス気分でどうしようもないので、
溜まりに溜まった色々なアレを吐き出してしまおうと思います。
知ってる人には今更だし、知らない人には「ふぅん」で終わる、まさに俺得記事。
とりあえず今回は、各キャラクターについて書いていきます。

…「今回は」?

なお、基本的にアニメを見た中だけの感想なんで、
細かいところは気にせずにお願いします。


以下、アイドル! アイドル!

天海 春香
メインヒロイン、もしくは主人公ポジションにいると思われるキャラ。
何もない所で転ぶのが特技という分かりやすいドジっ娘。
それでいて常に前向きで明るい性格なため、ムードメーカー的側面も持っている。
特徴がないことが特徴とでも言うべきキャラなため、
親しみやすい代わりに、あまり思い入れることのない不遇なキャラかもしれない。
ドジっ娘でありながら料理が得意という危険なコンボを併せ持つ。
それは台所を爆発させるフラグですよ?


如月 千早
ロングヘアとすまし顔が特徴のクールビューティー。ドがつく真面目さん。
孤立しそうなキャラだが、春香のフォローで周囲に溶け込むことができている感じ。
そのせいか、春香に対してだけデレた様子を見せる。クーデレっていうのかしら。
歌にこだわりを持つキャラだけに、その歌唱能力は群を抜いて高い。
が、どうやら凄まじい貧乳らしく、765プロ最下位の胸囲を持つ。
貧乳はステータスだと偉い人が言ってた気がする。


萩原 雪歩
引っ込み思案で消極的で後ろ向きな男性恐怖症の子。
…であったが、劇中でそれらを克服していく様が描かれ、
中盤以降はまるで別人のように堂々とした立ち居振る舞いを見せるようになった。
が、それは同時に個性の消失であり、
その代わりなのか、なんだか腐女子的属性を付けられてしまった節がある。
序盤のビクビクオドオドしていた頃がもはや懐かしい。


高槻 やよい
貧乏少女。
大家族の長女として、家事全般が得意だったりするが、
春香も料理が得意なので、特徴がブッキング気味。
「うっうー!」という謎の掛け声と、ロリ枠、ツインテール枠と、
とにかく属性を色々盛ってみた感が満載。
特徴的な面々が揃う765プロの中では比較的地味キャラ。


水瀬 伊織
くぎゅ。ツンデレ。以上。
凄い勢いでテンプレを踏んでいるので、それ以上の説明が不要であるが、
とりあえず超金持ちのお嬢様が何故こんな弱小事務所にいるのかは謎。
ワガママだったり意固地だったりするけど、そこはツンデレなので基本的にいい子。
竜宮小町というユニットに参加していることもあり、全体的に出番も多め。
声優効果なのか、結構優遇されているキャラな気がする。


三浦 あずさ
おっとり系のお姉さんキャラ。唯一の成人らしく、飲酒の描写がある。
時代が違ければ井上喜久子が声を当てていそうなキャラと言えば、
イメージが湧くだろうか。
癒し系な見た目と言動、そして巨乳は反則なコンボ。
初期は千早と見た目が被っていたが、竜宮小町に参加する時に髪をショートにしたため、
独自の魅力が生まれた良いキャラである。
あずさが登場する回は神回が多い気がする。とりあえずアニメ版8話は必見。


双海 亜美・真美
ロリ担当の双子。ややオタク趣味で基本的に常に騒がしい。
この二人が登場すると途端に場が賑やかになるので、個人的には結構お気に入り。
亜美単独で竜宮小町に参加しているため、
真美とはすれ違いの鬱展開になるのかと心配したが、
普通に仲良し状態が継続しているようで一安心。つーか、仲良すぎ。


菊地 真
ボーイッシュなボクっ娘。声も低めで、最初は凄く違和感があった。
見た目だけならショートカットの可愛い女の子に見えるのだが、
喋り出すと途端に男にしか見えなくなる。
アクションシーンではメインを張ることも多く、やはり8話は必見。
ボーイッシュ系キャラにありがちな、実は可愛いもの好き。
アイマスは意外と基本に忠実なキャラ作りをしているようである。


星井 美希
あまり奇抜な髪色のキャラが少ない本作において、非常に目立つ金髪が特徴的。
全体的にスペックが高く、天才肌の怠け者という印象。
年齢を考えると異常なほどスタイルがよく、実に架空のキャラらしい設定といえる。
高スペックゆえに、問題が発生しても美希を投入すればなんとかなる最終兵器的存在。
序盤から個別エピソード用の伏線が張られていたりと、優遇されている印象がある。
どうやら人気キャラらしいので、その影響なのかも。


我那覇 響
分かりやすい沖縄出身キャラ。なんくるないさー。
ポニーテール&八重歯という岳るキラーを引っさげているので、
当然私のイチオシはこの子ですよ?
ゲーム画面で見ている分には不適というか自信家なイメージだったが、
アニメを見たら天真爛漫な健康少女で、なんだか安心したりした。
特徴としてはビーストテイマー技能を保有している。
アイマスはキャラ立てが全体的にあざとい。だがそれがいい。


四条 貴音
ミステリアスというか不思議系というか、とにかくよく分からない人。
中二病を患っているだけかもしれない。
その奇抜な言動とは裏腹に、結構筋の通った発言もするため、
意外としっかりしているのかもしれない。
大食いキャラだったり、カエルの着ぐるみを持って帰ろうとしたり、
回を重ねるほどに好感度が増していく、そういう部分も不思議なキャラである。


秋月 律子
「DX3リプレイ・デザイア」にプレイヤー参加してます!(中の人が)
そっちのイメージが強かったため、
しっかり者のお姉さんキャラだったことにまずビックリ。
でも歌を聴くとなんとなくイメージが重なるので、声優さんはすげぇなと思う。
律子はプロデューサーという立場で登場するため、立ち位置が他キャラと異なる。
実はアイマスで唯一のメガネキャラ。
メガネとおさげはセットでないとダメなのか、律子もその例に漏れない。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1212-cf39cd7e
    この記事へのトラックバック


    最新記事