ゲームに2画面は必要か?

2011年11月21日 17:11

ちまちまとドラクエ9をやってます。

ソロでも全然問題なく遊べるねー。
J2Pの臨場感を知ってると、フィールドが凄くショボく見えるのが難だけど、
J2Pのが後の作品だし、それは仕方ないのか。
や、PS3のニノ国もドラクエ9みたいなフィールドだったな…。
開発会社の問題か。

で、9やってて不満なのは、
いちいち画面を下やら上やらで見なくてはいけなくて、凄く面倒くさいこと。

9を例に挙げると、フィールド移動は下画面が基本で上に地図が表示されている。
で、戦闘に入るとメイン画面は上に表示され、
でもステータスやコマンドは下画面に表示されるのである。
フィールドから戦闘に移行した瞬間、敵を確認するために視線は上に上がり、
でもまた下画面に視線を戻さないとコマンド入力ができないのだ。
そして、攻撃が始まったらまた上画面を見る…あーもーメンドイ!

9はこれだけでなく、装備画面も不親切。
装備を選ぶのは下画面なんだけど、性能は上画面に表示されるから、
下で選んで上で確認して…と、非常にせわしない。目が疲れる。

今までの1画面表示であれば、全ての情報が1画面に統一されていて、
見たい情報はすぐに把握することができた。
そして別に、それで不都合があったわけでもない。

ただ、DSになって2画面が使えることで、
「せっかくだから」と無駄に使っている気がしてならないのだ。
本当に2画面で表示する必要があったのかと疑問に思う。

これはドラクエ9に限らず、DSのソフトにはよくある現象で、
だから私はDSというハードがいまいち好きじゃないのだが、
では、2画面を効果的に使ってるゲームは何があるだろうか。

個人的意見としては、DSで出て良かったと思うのは、
世界樹の迷宮シリーズと、真・女神転生ストレンジジャーニーくらいだったりする。
世界樹はまさに2画面&タッチパネルを有効に利用した傑作で、
DSの機能を綺麗にゲーム性に昇華した素晴らしい作品だと思う。

メガテンSJは特に必須ということでもないのだが、
敵の情報閲覧が重要なメガテンというシリーズにおいては、
常に敵の情報を表示してくれる下画面は非常に便利なものであった。
それでいて視線をあまり上下に動かす必要のない作りだったのも素晴らしい。

両者に共通して言えることは、「視線移動を強要しないこと」だろう。
マッピングするために自分の意志で下画面を見る、
敵の弱点を確認するために自分の意志で下画面を見る。
これらはゲームの側から見ることを強要されているわけではない。
ユーザーが「自分で見たい」と思うから視線を動かしているのだ。
だからこそ目の負担になり難いのである。

ぶっちゃけると、ゲームをやる上で2画面なんて必要ないという結論なのだが、
上手く使えば有効に機能するのも事実。
問題なのは、特に何も考えずに2画面をフルに使っているゲームで、
そういうのはプレイしているとすぐに分かる。
視線が上下に移動しまくるゲームは基本的に何も考えずに2画面を使ってる証拠。
それはタッチパネルも同様で、「とりあえずあるから使おう」というのは、
開発者の志が低すぎるんじゃないだろうか。
なんのためにわざわざグラフィックの質を落としてまでDSで開発したというのか。

DSにおいては、2画面の使い方を見れば、
それがどれだけ丁寧に作られた作品なのかがよく分かる。
目が疲れるようなら、それは画面の使い方に問題があると疑うべきだろう。
2画面ゆえに開発の真摯さが問われるハード。それがDSなのである。

関連記事


コメント

  1. yama | URL | CkE0KsJQ

    Re: ゲームに2画面は必要か?

    デビサバだとSJと逆で上に常にステータス、下画面でSLGマップ、戦闘画面、アドベンチャーパートとなっているから楽ですねー。世界樹もあわせてアトラスはわかってるなぁというかんじ。
    どうもFF、DQ、他DSリメイクもの(すくえに)のは画面上下の表示が切り替わりすぎてどこ見ていいのか疲れます…、

  2. 岳る | URL | -

    Re: ゲームに2画面は必要か?

    >yamaさん
    全然意識してなかったけど、世界樹もSJもアトラスだったw
    つまりアトラスは良く考えてゲーム作ってるということでつね。

    スクエニはマジで何でDSで出してるのか意味不明なゲーム多いしねぇ。
    ユーザー目線に立たないから、どんどんブランドとしての評価が下がってるんじゃないかなー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1220-7ab06e7d
この記事へのトラックバック


最新記事