FC2ブログ

佐山操「剣と魔法と学園モノ。Lv.1」読了

2012年01月10日 15:03

ふと本屋を覗いてみたら、「ととモノ。」のノベライズが置いてあったので、
気が付くと購入してました。
つーか、今までノベライズされてなかったことが不思議。

内容は、冒険者養成学校であるドラッケン学園へ入学するべく入学試験に挑むという、
カラすら剥けていない冒険者の卵たちが、ダンジョンで奮闘するドタバタコメディ。
男主人公が1人に5人の女の子というハーレムパーティながら、
主人公がちと残念系なので、尻に敷かれっぱなしなのがポイント(?)。

ゲームに関係するメタネタも多数採用されているため、
原作を知らないと意味が分からないこともチラホラあります。
逆にゲームをやったことのある人ならニヤリとできること請け合い。
「583回もの陣痛の間、心の中で○×を繰り返した」って、キャラメイクの話じゃんw

本文は主人公の一人称で書かれているのでサクサクと読めるし、
主人公はバカではあるけどいいヤツなんで好感も持てるので、
あまりストレスなく読める、作品の雰囲気に合った良いノベライズだと思います。
イラストが原作のキャラデザと同じ人なのもファンには嬉しいですね。

登場人物の多さを捌き切れていないのか、表現力が足りてないのか、
誰が喋っているのか分からないことがたまにあるのが難点でしたが、
全体的にスピーディに展開するので、サラッと読めるのはいいと思います。

ラストのオチは二段構えというか、
「ととモノ。」というゲームを実によく表しており、
やはり原作をプレイしたことのある人なら「確かにできるよな」と感じる、
原作愛に溢れたものでした。うん、作者も罪なことをしたもんだぜ…。
多分、何人かは本を地面に叩き付けたんじゃないかなw

個人的には昨今のラノベに感じる不快感もなく、
原作への愛も感じる幸せなノベライズだったので、
是非とも続刊してくれることを祈っております。
弱いパーティが少しずつ装備を整えていくRPG的な内容に弱いんですよ。
装備を整えるためにパーティで相談する場面をワクワクしながら読んでたとか、
珍しい方向に釣られてる読者ですいません。
願わくば、いきなり最強の武器とかは手に入れない方向でお願いします。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1252-7d60862e
    この記事へのトラックバック


    最新記事