PSV「ワイプアウト2048」ファーストインプレッション

2012年01月19日 18:09

反重力による超スピードレースゲーム「ワイプアウト」の新作が、
PSVにて今日発売されました。
なので、早速プレイしてみたよ!

まず、レース以外の操作が全部タッチパネルなのはどうかと思う。
DSの時にもよく言っていたことだけど、その機能があるからと言って、
必ずしもその機能を使わねばならないわけではないのですよ。
正直、ボタン操作でもいい所まで全部タッチパネルにする必要性は感じません。
次の項目に移動するために、必死にLRボタンを押していた自分が悲しい。

そしてレース直前に入るロードが長い!
だいたい40~50秒ほどですかね。
メガCDじゃないんだから、もう少しサクサク読み込んでくれないかなぁ。

とまぁ、ネガキャンから入ってしまいましたが、
ゲームとしては非常に素晴らしいデキだと思います。

まず、何はともあれ画面が綺麗!
近未来が舞台なだけに、SFチックな美しい背景の中を走る気持ちよさは、
ちょっと他では味わえない感動があります。
ガラス張りの地面の下に摩天楼が立ち並ぶ風景が見えるコースを駆け抜ける快感は格別。

で、その美しい背景をバックに、超スピードのレースが展開するのです。
この高速っぷりこそワイプアウトの醍醐味。
そして反重力ゆえのトリッキーなコースが熱い。
ジェットコースターにでも乗ってるようなグルグル回るコースなどは、
このゲームならではの面白さですね。

ルートも一本道ではなくて、ちょっとした分岐があります。
基本はショートカットですが、配置されているアイテムの違いがあるので、
状況に応じたコース選択が求められそうです。
その場の気分で別の道を走るのもアリ。

ジャンプ中にグルグル回転してスピードアップしたり、
急カーブを急旋回でクリアしてみるなど、動きもアグレッシブで楽しいです。
あと、他車を攻撃するアイテムもあるので、より攻撃的な「F-ZERO」という感じ。

噂のモーションコントロールも試してみました。
いやー、これは楽しいけどムズイ! 真っ直ぐ走れない!
カーブで慌てて傾けすぎると、曲がりすぎてしまうため、壁にぶつかりまくり。
しかし、綺麗にコーナリングが決まった時のマシンとの一体感はクセになりそう。
ガチでやるには向かないと思うけど、気分転換のお遊びにやるのはいいかも。

やはりレースゲーは画面が綺麗だと没入感が上がるので、テンションも上がります。
さすがはPSVだと思えるゲームに仕上がってるんじゃないでしょうか。
ただまぁ、レース前のロードの長さだけはどうにかならなかったんですかねぇ。
それだけが残念で仕方ないです。
まぁ、PSPも初期はロード時間の長さが問題になっていたんで、
時間が経てば解消されていくとは思いますけどね。

とりあえず、重力までの繋ぎとしては十分でしょう。
気になる人は、一度体験版を試してみるのがいいと思いますよ。

関連記事


コメント

  1. ぽてまよ | URL | -

    楽しく読ませていただきました、有り難うございます。

    このゲームシリーズ、よくF-ZEROのパクリ呼ばわりされてちょっと可哀想ですよね。ルーツは確かにそうだろうけど、操作性で似てるとこ皆無だし、ゲーム性だとどちらかと言うとマリカのパクリだし…

    もっと評価されても良いゲームだとつぐつぐ感じています。

  2. 岳る | URL | -

    Re: PSV「ワイプアウト2048」ファーストインプレッション

    >ぽてまよさん
    こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。

    確かにゲーム性に関しては、どちらかと言えばマリカですねー。
    こんなにカッコいいマリカはありませんがw

    かなり歴史のあるシリーズですし、もう少し日の目を見てもいいと思います。
    内容は派手なのに、何でこんなに地味なんですかねぇ…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1260-be69b162
この記事へのトラックバック


最新記事