「Mottoたんとくおーれ」やってみた

2012年01月30日 11:24

いち早くドミニオン亜種として登場した、
歴史ある「メイドさんでやるドミニオン」こと「たんとくおーれ」が、
装いも新たにリニューアルして登場ですよ!

基本はそのままなのに、今までとはかなり違うゲームになっているので、
新鮮な気持ちで遊べるかと思います。

最大の変更点は、勝利点(VP)の獲得方法。
「準備カード」と呼ばれる、パーティーの準備を表す3種類のカードにVPがあり、
これを獲得するには「はあと(お金)」だけではダメな仕様になってます。

まず、今までと同様にサプライとして一般メイドカードが場に並びますが、
この一般メイドに新しく付加されたのが「スキル」です。
スキルには「努力・集中・工夫」の3種があります。
で、準備カードにはそれぞれ、カードを獲得するための条件として、
「努力:2」などが設定されているわけです。

例えば、【片付け】の準備カードは「努力:2」で取れるので、
自分の手番で「努力」の合計が2以上になるようにカードをプレイすれば、
【片付け】を自分の場に移すことができます。

つまり、VPを獲得するためにワンクッション挟むことで、
相対的に「はあと」そのものの価値を引き下げているわけですね。
これは「ばるば☆ろっさ」などでも採用されている方法です。
ドミニオンではお金を中心に取得するプレイが安定して強い傾向にあるため、
「たんとくおーれ」ではメイドカードを強め(お得)に設定しているようです。

利点としては、戦術に幅が出るため、個々人のプレイに特色が出ること。
欠点としては、1戦が長引いてしまうことでしょうか。

このルール変更により、
従来の「たんとくおーれ」とは明らかに別物のゲームとして生まれ変わっています。
イメージとしては、ちょっと簡便になった「エンドブレイカー」なんですが。

結果として、従来のカードを混ぜて遊ぶのは厳しくなってしまったのは残念。
できないことはありませんが、従来のカードではスキルが発生しないので、
準備カードが取れないんですよね。
なので、スキルの無いカードと入れ替えるくらいが精々なんですが、
さすがに色々と面倒くさいです。

面倒といえば、今まではランダムで選ぶためにか、
カードの絵柄が入った厚紙が同梱されてたんですけど、
今回は用意されてないんですよね。
そのため、ランダムでサプライを選ぶのが非常に面倒くさいことになっています。
箱にカード収納用のミゾを付ける前に、
もう少しプレイビリティについて考えて欲しかったですねぇ。
このミゾも、カードをスリーブに入れてしまうと入らなくなる残念仕様ですし。

あとは、一般メイドの種類が少なすぎて、入れ替えの楽しさが薄いことですね。
これは早期の追加カードセットが期待されます。

かなり感覚の違うゲームになっているので、
従来の「たんとくおーれ」に飽きてしまった人にもオススメです。
これを遊ぶと、以前のバージョンもまた遊びたくなる不思議w
ただ、ボリューム的に不満が残るので、
追加セットが出るまで待ちでもいいかもしれません。

そういえば、ちょっとルールがよく分からないまま遊んでた部分があるんですが、
改めてルールを読み直していて、思い切り間違えていたことに気付きました。

今回は「ラウンド」という単位でゲームが進行するんですが、
ラウンド開始時に場にある「上級メイド」を1枚選び、自分の場に置きます。
つまり、自分の手番を始める前に、
全員の手元に上級メイドカードがある状態にしないといけません。
これにより、上級メイドの奪い合いが発生し、
上級メイドの取得順を決める「ファーストマスター」の意味合いが強まります。

これを勘違いしていて、
「自分の手番になったら各々で上級メイドを選ぶ」という形で遊んでいたため、
かなりゲーム性が変わっていたのではないかと思われます。
要するに、好きな上級メイドを選び放題だったんですよね。
これは改めて正規のルールで遊び直してみないといけませんね。
かなり戦略に影響が出る部分だったと思います。
当日かました、私の「全デッキドローエンジン」も、
あそこまで凶悪に機能しなかったと思われますし(妨害が可能だった)。

まぁ、アナゲーやってるとよくあることなんで、キニシナーイ。
…次は気をつけマス。


以下、各カード雑感

【マリアン・ソレイユ】
上級メイド長として帰ってきた、「たんとくおーれ」の顔役。
ルールを間違えて使っていたため、
順番次第で2ターン連続で自分の手番が回ってくるカードとして、
それなりに猛威を振るってました。
でも、本来の使い方の方が遥かに重要そうです。
これは今後のプレイでは人気カードになるはず。


【ノエミ・サントリーニ】
VP獲得になくてはならない上級メイドその1。
最も高得点なVPを担当しているので、これと【エディス】は奪い合い必至。


【セリーナ・ラヴォー】
VP獲得になくてはならない上級メイドその2。
中間で取りやすいVP担当。彼女をいかに活用できるかが、
このゲームにおいて最も重要な点だと思われます。


【アリサ・アヤカワ】
VP獲得になくてはならない上級メイドその3。
最も低得点なクセに、1枚でこれを取るには最も高額な【オフィリア】が必要な、
実にコストパフォーマンスの悪いカード。
【片付け】は後半で「工夫」が必要になるなど、
取る労力を考えると割に合わないので、
【シフォン】で取れればラッキー程度に考えておくのがいいかと。


【イグニス・シャルパンティエ】
限定的な圧縮能力を持った上級メイド。一番人気でした。
今回は能力使用に「はあと」を使うカードが多いので、圧縮しすぎるのも考え物。
自分の戦略と相談して、ご利用は計画的に。


【エリス・ハートランド】
手札を少しだけ入れ替えてくれる、地味だけど便利な上級メイド。
取る物に困ったら、とりあえずこの人を選んでおけば間違いはないです。
地味にデッキの回転率も上げることになりますから。地味ですが。


【ユキナ・シラサギ】
手札のメイドカードが腐ってる場合、有効利用してくれる上級メイド。
「ご奉仕」を2も使う【コレット】をそば仕えさせるためのエンジンとして、
序盤では最も活躍してくれるのは間違いないです。
おそらくは【イグニス】との奪い合いになるので、
どちらを取れたかで戦略の方向性を決めるのもアリでしょう。


【アリエット・クオーレ】
「はあと」のお姉さんとして有名な人。上級メイドになりました。
能力が地味すぎて、イマイチ魅力に欠けます。
せめて1ターン中に何度でも能力が使えたら化けたんですがねぇ…。


【フレデリカ・シュッツ】
追加雇用を約束してくれる上級メイド。
買占めのお供に是非使いたいところ。
彼女を活かすには「はあと」を中心に買うプレイが有効です。
安くて勝利点になる【ドーン】などと併用し、早々にゲームを終わらせましょう。


【コレット・フランボワーズ】
相変わらずのメイド長ですが、格段に「使える」カードになりました。
なにより、「ご奉仕+1」をいつでも引き出せるのは便利すぎる。
「【コレットを生贄に捧げ、【エレーヌ】を召喚!
【エレーヌ】の効果発動! 墓地にある【コレット】は甦る!」


【アニス・グリーナウェイ】
以前は3ドローだったはずが、なんだか弱体化した上に、
コストも上がってしまったガッカリメイド。
その分VPが付いてるとはいえ、せめてスキルのひとつも持っていてくれれば…。


【オフィリア・グレイル】
かつては【市場】と呼ばれていた万能メイドも、テキスト無しのバニラに。
一応、これ1枚で序盤の【片付け】は賄えますが、
【片付け】は有用性が低いため、そのために頑張ってこれを取る必要性を感じません。
【シフォン】が場に出ていない時のみ考慮に値する程度ですね。


【エディス・シャーリング】
これ単体で最も高額な【料理】を取れてしまうのは凶悪。
序盤はいかにこれを早くゲットできるかが勝負の分かれ目でしょう。
【料理】を取れなくても「はあと+2」が付いてるので無駄にならないのが素敵。
明らかに【オフィリア】とコストを間違えたとしか思えません。


【レノア・アブリーユ】
デッキを掘り進めることに特化したメイドさん、ですが…。
「ご奉仕+1」が付いてたら便利なのに、驚くほど中途半端で魅力がありません。
このセットで唯一パンチラしてるため、「縞パン」としか呼ばれない、
立ち位置も能力も不遇なカードです。
更に悲しいことに、解説書で唯一解説が入ってません。何でこのカード作ったの…?


【ジュリア・クロフォード】
「ご奉仕+2」が便利すぎるので、1枚は持っておきたいメイドです。
ちなみに能力は、これを場に出した瞬間に使用するものですよね?
この辺のルール解釈で若干揉めました。
いつでも任意に使えたら強すぎるので、やはり出た時限定でしょうね。


【トモ・ワタガヤ】
単体で【飾りつけ】が取れる、コストを考えると超優秀なメイド。
代わりにデッキ圧縮と相性がよくないので、これを使う時は【イグニス】と要相談。


【セシリア・セント=クレア】
ただでさえ「ご奉仕+2」なのに、能力使用で「集中」も出る、優秀すぎるメイド。
コスト的にも、【ジュリア】よりこちらを優先した方がいいでしょう。
デメリットがほぼ無いので、1~2枚は常備しておきたいところ。


【モワンヌ・ド・ルフェーブル】
前作まではあまり重用されませんでしたが、
スキル制の導入により、飛躍的に価値が上がったメイドです。
地味に【フレデリカ】と同じ能力も備えているので、
枯渇狙いの速攻戦略には最適なカードでしょう。
それ以外でももちろん有用に使えます。


【カトリーヌ・レジェ】
「はあと」を出してくれるのはいいんですが、
それならもう少し頑張って【エディス】を取る方が有益でしょう。
「ご奉仕」が増えないので、能力も使いにくいです。
デッキの回転を上げるくらいしか役に立たないのが痛いですね。
せめて能力がメイドカードの破棄でも使えたら化けるんですが…。


【シフォン・ルーデンヌ】
どれだけデッキに入っても圧迫しない、超便利なメイドさん。
【シフォン】でぐるぐる回す「シフォンエンジン」は、デッキ圧縮と組み合わせると、
毎ターンデッキ全ドロー&準備カード取得の夢を叶えてくれます。
自分で利用しなくても、他人のデッキに入れないために買うのもアリです。
買うものが他になければ、とりあえず買っておきましょう。


【アネット・セイン】
ルール間違いにより、いまいち活躍できなかったメイドですが、
実は正規ルールで遊んでいたら、かなり危険なカードでした。
何故なら、準備カードを取るプレイヤーが丸分かりなので、狙い撃ちできるからです。
ただし、自分の手が止まることも考慮しないといけないので、
せめてスキルを活かす方向でデッキデザインをするべきでしょう。
適当に使っても意味が無いテクニカルなカードです。


【エレーヌ・フォンテニル】
【コレット】を酷使できるドSメイド(違
これ自体に「ご奉仕+」が無いので地味に使い難いですが、
【コレット】を活用する戦略の手助けとして大いに活躍してくれることでしょう。
でも、これがあるからと【セシリア】や【ジュリア】を疎かにしてると、
痛い目を見ます。経験者は語る。


【ドーン・ストライド】
便利すぎてぶっ壊れてるメイドさん。身内では禁止カードになりました。
…が、どうやら能力の解釈を間違えていたのが原因のようです。
これの能力は「プレイした場合に発動する能力」であり、
そば仕えした時の能力は、あくまで「X=【コレット】のVP」でしかありません。
それを踏まえてもう一度遊んでみれば、かなり価値が暴落していると思います。
正規ルールで使う場合、準備カードを狙わない速攻戦略のお供の最有力候補でしょう。
【セシリア】や【ジュリア】とも併用して使いたいカードです。


やはりルールを間違えて遊んでいたのが痛かったなぁ。
まぁ、それはそれで、もう1度新しい気持ちで遊べるとも考えられますがー。
事前のマニュアルの読み込みは大事だという教訓ですね。反省。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1271-786d8d25
    この記事へのトラックバック


    最新記事