PSV「討鬼伝」ファーストインプレッション

2013年06月27日 21:23

体験版で散々プレイして「ファースト」も何もあったもんじゃないですが、
製品版では初ということでご容赦を。

はてさて、ようやく発売された「和風モンハン」こと討鬼伝ですが、
良い感じに爽快なACTになってますね。
それでいて、調子に乗って攻撃ばかりしてると、
いつの間にかピンチになってるという。

回復のリソースが限られてることもあって、
やっぱりちゃんと敵の動きを見てないと危ないですね。
攻撃が気持ちよく決まるから、ついつい突っ込みたくなるんだけど、
気力(スタミナ)の残量もあるので、深追い厳禁。

体験版からの違いとしては、

1 セーブデータが3つ作れるようになった
2 アイテムはそれぞれ99個(かな?)単位でストック可能
3 アイテム所持量が100に増加。依頼達成で拡張
4 「鬼ノ目」がタッチ操作で発動可能に

大きな違いはこれくらい?
特に鬼ノ目が使いやすくなったのは物凄くありがたいです。
PSVだとセレクトボタンは押し難いのですよ…。
使用頻度の高いアクションだけに、良改変と言わざるを得ない。

で、肝心の内容は…いいです(うっとり
もう画面が綺麗なだけでモチベーション上がるんですが、
無双シリーズ本家を手がけるスタッフだけに、アクション部分も見事。
製品版でミタマ(スキルや特殊行動に影響する要素)が格段に増えて、
選択肢が広がったことで、何を装備するか迷うのも楽しい。
早くレベルキャップ開放されないかしら。もっとミタマ育てたいよー。

部位破壊をすることが前提という特殊な戦闘なんですが、
部位破壊演出がPVそのままなんで、物凄く爽快。ズバッと切れます。吹き飛びます。
部位破壊で敵の動きが変わるのもいいですね。
足を破壊したら、ダッシュ後にコケるようになるとか細かい!
あと、破壊部位によっては本気を出してくることもあります。
カゼキリとかいきなり頭からブレードが生えて何事かと思ったよ。
あれ、頭部を破壊すると出てくるっぽい。

体験版の時点でデキに関しては何も心配してませんでしたが、
改めて製品版に触れると、遊びやすさに感動します。
やっぱり各種設定を細かく変更できるのって重要。
特にカメラの移動速度とかは死活問題なんで、本当にありがたい。
アップデートで今後も更にプレイしやすくなるのかと思うと胸熱。
凄くいいゲームなんで、しっかりと売れてブランドが確立されるといいですね。
あと、PSP版とPSV版ではPS1とPS3くらい差があるんで、
PSVの実力を知る上でもいいゲームなんじゃないかな。

んじゃ、私はちょっと鬼を退治に行ってきます。
今宵の双刀は血に飢えておるわ…!(どっちが鬼なんだ

関連記事


コメント

  1. あちょぷ | URL | -

    たたらさんの好感度がすごい勢いで…

  2. 岳る | URL | -

    Re:PSV「討鬼伝」ファーストインプレッション

    >あちょぷさん
    頑固親父ほどツンデレが多いから…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1505-c24820b4
この記事へのトラックバック


最新記事