アップデートでネプネプ!

2014年03月14日 22:45

PSVにリメイクされた「超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1」が、
2の発売が近くなったからか、アップデートされました。

驚くほど滑らかに動くようになってる…。

2014-03-10-172140.jpg

ぶっちゃけ、買った当初は、
フィールドを歩く時にガクガクしてて、かなりガッカリしてたんですが、
2のレビューで動きがよくなってるという話を聞いて、
アップデートだけしてた1を再起動してみたんですよ。
そしたらまぁ、超自然に動くようになってて、軽く感動しました。
つーか、最初からこうなってれば素直にオススメできたのに…!

今ではアップデートがあるおかげで、買った時の不満も後々に解消されるようになりました。
いい時代になったと思います。
思いますが、結局、人というのは最初に触った時の印象が強く残る生き物です。
後でどれだけ改善されても、最初の印象が悪いと、
そこからイメージを持ち直すのはほぼ不可能なのです。
特にゲームでは最初の印象が悪いと遊ばなくなってしまいますから、
改善に気付かずに終わることが多いかと。

これはアップデートができるようになった弊害で、
メーカー側が「バグがあっても後で修正できるしー」みたいな、
軽い気持ちを抱くようになってる温床なのではないかと思います。
単純にゲーム開発の難しさが跳ね上がったことで、
完全な製品を出す余裕がなくなってるのかもしれませんが、
「後から直そう」という気持ちが無いとは言い切れないのです。

で、アップデートがあるからこそ、最初はクソゲーだと思っていても、
「ここさえ直ればなぁ」という思いがあれば、希望を抱いてしまうこともあります。
それできちんとユーザーに応えてくれたのがファルコムの「閃の軌跡」で、
ユーザーを裏切ったのがマーベラスの「ヴァルハラナイツ3」です。

これはどちらもロード時間の問題でしたが、
閃の軌跡が頑張って遊べるレベルまで持ち直したのに対して、
ヴァルハラナイツ3は諦めて完全版を発売し直すという暴挙に出ました。
誠意という点で見ればファルコムは素晴らしいのですが、
でも事情を知らない(アップデートを有効利用してない)ユーザーには最初の印象だけが残り、
評価としてはどちらも「ロードが遅いゲーム」で一括りにされてしまいます。
こうやって一般ユーザーが離れていく事実を、
もう少し真剣にメーカーには考えて欲しいところですね。
最初がダメだと、アップデートでは何の救いにもならんのですよ。
アップデートの意味は、最初のデキがいいことを前提とした上でのサービスでしかないのです。

ただ、今回のネプネプのように、「2への販促」としてなら十分アリです。
1の悪いイメージを払拭し、安心して2を買う土壌作りに貢献することになりますからね。
事実、このアプデのおかげで途中で中断されてた1を今現在、楽しくプレイし直してますし、
2の発売が楽しみになってきましたからね。
それくらい、劇的に改善されてます。お試しあれ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1628-7bd49c65
    この記事へのトラックバック


    最新記事