2つのTPS

2014年08月21日 18:58

今日はトライエースから基本無料ゲー「ジューダスコード」が配信開始。
そして、色々な面で話題になった「バレットガールズ」も発売されましたよ!

まずは「ジューダスコード」。
少しプレイした感じだと、基本無料ゲーとしては失格、ですね。
とにかく分かり難い! 課金の仕方すら分かり難い!
ポチポチゲーとは違う、本格的なゲームを目指した心意気は評価したいんですが、
独特な操作を要求するなら、せめてチュートリアルは必要なんじゃなかろうか。
最初は銃の撃ち方すら分かりませんでした。

で、これは私の偏見ですが、基本無料のゲームというのは、どれだけ本格的に作っても、
「無料分の価値しか無い」んですよ。

どういうことかというと、ゲームというのは対価を支払うことで、
その値段分の元を取ろうという心理が無意識の内に働くもので、
つまり、分かり難い部分は理解しようと努力するんです。
だって、せっかく金払ってるんだから、全然遊ばない内に投げ出すのは勿体ないでしょう?
なので、多少説明不足でもプレイヤーはもう少しは頑張ってくれます。

対して、基本無料だと、こちらの懐はまったく傷んでいないので、
最初のプレイフィールがすべてです。
何か難しそうだな、とか、面白くなりそうな気配がないなと少しでも感じたら、
さっさとアプリを削除して、他のゲームを探すだけのことになります。

つまり、プレイヤーが自分から電子説明書を読まなければ、まともに遊べないようなゲームは、
基本無料のゲームとして前提が間違ってると言わざるをえない。
「手榴弾は投げ返せるよ!」と言われても、投げ返し方が分からんのじゃボケー!(by鈴
何でロード時間に表示するTIPSで説明しないのか理解できない…。

チュートリアルを嫌う人もいますが、それはチュートリアルの作り方が下手なだけで、
上手く物語の中にチュートリアルを仕込んでるゲームは沢山あります。
なにより、今まで数々のゲームを制作してきたトライエースの作品だけに、
もっと上手く誘導できたのではないかと思ってしまうのですよ。

でまぁ、致命的なのは「課金の仕方がわからない」ことなんですけどね。
本当に信じられないんですが、
基本無料ゲーなら一番大きく表示されていてもおかしくないものだというのに、
目に見えるコマンドを触ってるだけでは課金できません。
正解は、画面右上の課金アイテムアイコンを触る、です。わかるか!?(逆ギレ
これ、例えばドラクエの所持金を表示してるような、さり気なさなんで、
ここを触ろうなんて考える人はまずいないと思います。
私は電子説明書を見て始めて気付きました。
せめてガチャの所に分かりやすく仕込んでおけよ…。

でまぁ、基本無料ゲーの悪癖というか、
やっぱりカードを集めて合成して…みたいなシステムなんですが、
カードの意味が分からないとか、説明不足すぎて収集意欲が湧きません
そもそも、中途半端にアメリカンなイラストなのもマイナスじゃないかなー。
国内で売る気がないとしか思えん。

肝心のゲーム部分はどうかというと、これは悪くないと思います。
気になる所は多々ありますが、割と本格的にガンシューティングやってるんで、
「隠れて狙って撃つ」という単純なアクションが、なかなかに楽しい。
特に良いと思うのは、隠れた場所から飛び出した時点で銃撃をオートでやってくれる点ですね。
照準さえつけておけば、ボタンひとつで飛び出す→撃つをやってくれるので実に簡単。
隠れてる内に使う武器を選んでおけるので、慌てることもありません。

とまぁ、ガンシューティング部分は結構面白そうだなと思ったものの、
デッキ構築とか合成が(主に画面構成や説明不足が原因で)面倒そうなので、
ちょっと継続する意欲は湧きませんでした。
これ、下手に萌え路線に方向転換したら、ドラゴンズドグマクエストの二の舞いになりそうですね。
でも多分、濃い方向で行ってもダメなんじゃないかな。
それ以前に、キャラデザとかが日本人向けなのに、
何でカードの絵柄をアメリカンにしちゃったのか
、企画担当者に問い詰めたいところです。

最後に、唯一プレイして得たものがあったとしたら、これでしょうか。

2014-08-21-160553.jpg

おい!w

さて、お次は「バレットガールズ」です。
過剰なエロ推しで変な方向で有名になっちゃいましたが、
おそらく、想像してる以上にエロいです(ぇー

や、顧問の先生がTバックなんですけど、色々と見えちゃマズいものが見えてて、
ちょっと予想以上にアレでした。
それというのも、3Dモデルが凄く綺麗でよくできていて、動きも自然で滑らかなんですよ。
これでリップシンクができてれば完璧だったんですが、贅沢は言うまい。
3Dキャラが物凄く可愛いので、それだけにエグい。肉付きが生々しいのです。なのです。

あと、衣装それぞれで専用のセリフが用意されてるとか、細かいこだわりが好印象。
下着だけにしたら、すげぇ面白かったw
ひとつひとつのコマンド毎に一言セリフが用意されてるレベルで、とにかく喋りまくります。
こういう無駄なこだわりを用意してるゲームって好きよ。

肝心のガンシューティング部分は、可もなく不可もなく、ですね。
ロックオンして適当に撃ってるだけでもなんとかなったり(序盤だからかな?)、
蜂の巣にされても意外と耐久度が高くて死に難かったりと、初心者に優しい印象です。
難点はダッシュが○ボタンなので、視点移動しながらダッシュできないことくらいですかね。
つまり、ダッシュしながら銃を掃射するということができない。残念。
この辺はフリーダムウォーズという出来過ぎてる先達があるので、
どうしても比較しちゃいますねー。

とはいえ、単なるエロバカゲーと切って捨てるには惜しいデキです。
真正面からバカ正直に突撃したら当然ハチの巣にされる程度に戦略性もあるので、
武器の取捨選択や攻撃方法の模索など、ガチで遊んでも楽しめそうではあります。
あと、敵を倒すのか衣服を剥ぎ取るのかで悩んだりな!w

まぁ、少なくともジューダスコードよりは気楽に楽しく遊べそうなんで、
今日のTPS対決はバレットガールズの勝利!ということで。
早く新しい銃を撃ちたいぜー。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1706-69f77363
    この記事へのトラックバック


    最新記事