RPGに必要なのは、第一に良質なシステム

2014年11月03日 13:51

ケイオスリングス3をクリアしてしまい、心にポッカリと穴が空いたようでござる…。
やり込み要素は豊富なんだけど、やっぱりクリアが節目なんですよねぇ。

で、あまりに寂しいので、過去作をプレイしてるんですが、
やはり初代はさすがに今プレイするには厳しいですね。単純につまらない。
や、ケイオスシリーズの基本がすでに出来上がってるのは凄いなと思うし、
ストーリーも興味深くて先が気になるんですが、
肝心のシステム部分が微妙すぎて…。
最新のⅢのシステムに慣れてると、こんな古臭いバージョンでは満足できませぬ。
ΩやⅡはどれくらい進化してるんだろう。試してみようかしら。

私はRPGにおいて、ストーリーを重視しません。
というのも、どれだけ面白いストーリーであっても、RPGに求めるものはまず、
「ゲーム」として面白いシステムが搭載されているのか?なんですよ。
ぶっちゃけ、そこさえ完成度が高ければ、ストーリーが多少狂っていても最後まで遊べます。
逆に、システム的につまらないと、いくらストーリーがよくできていても、
プレイが苦痛になってくるんですよね。
やはり私としては「ゲーム」を楽しみたいのであって、
物語を求めるなら小説なりテキストADVなりをプレイすればいいって話なんですよ。

そういう意味では、まずゲームとしての面白さを提供しつつ、
後々に素晴らしいストーリーを展開してくれたケイオス3は、やっぱり偉大でしたねー。
ストーリーは評価の上で重視しなくても、面白いにこしたことはありませんからね。

というか、あまりにケイオス3が親切設計で遊びやすすぎたせいで、
普通の(今まで一般的に出ていた)RPGが遊べない可能性が出てきました。
というのも、ケイオス1を遊んでて愕然としたのは、
ガイドビーコンが無いとどこに行けばいいのか分からない
宝箱の位置が分からないので、いちいちマップを探索するのが超面倒、
そもそもマップ表示が無いとかありえないだろJK…などなど、
完全にケイオス3の仕様に慣れてしまっていたことにビックリです。
それくらい、遊びやすかったんですよ。
逆に、今までのRPGってどんだけ不親切だったんだ、ということなんですけどね。
人間、良い物を味わってしまうと、もう昔には戻れないという良い例。
まぁ、最近のRPGは割と周辺マップは常時表示されてますけどね。

ちなみに、酷評気味なケイオス1ですが、
過去にPSMで配信されたバージョンよりは遥かに遊びやすくなってます。
スムーズに動いてくれるだけで、プレイフィールは全然変わるものだと実感できますよ。

さて、過去作プレイもどうにも不毛だとするならば、
PSVの積みゲー崩しをするのもいいかもしれませんねぇ。
次の購入予定の新作は2週間後の電撃格ゲーなんで、
それまでにもう1本くらいはクリアできるかなー。
あ、そういえば、禁忌のマグナを途中で放置してたな。
あれ、あんまり面白くないから、このまま放置して終わりそう(ひでぇ
すれ違い通信ってやっぱり害悪だと思うゲームですよ、ホント。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1746-8f9a3f51
    この記事へのトラックバック


    最新記事