私はコレで、ソシャゲを辞めました

2014年11月09日 08:38

ニセコイのアニメを今更のように見始めたのだけど、
千棘って標準語でしゃべる金剛だよね(ぉ

本題。
ケイオスリングス3が面白すぎて、スタミナ回復の度に中断させられることが煩わしくなり、
1年以上遊び続けたミリオンアーサーと、
そこそこ課金もしてたし、現在進行形で楽しんでいたチェインクロニクルの2本のソシャゲを、
何の未練もなくスパッと辞めることにしました。
いやー、スタミナに縛られない生活って最高!

そもそもソシャゲは「終わりのないゲーム」であって、
辞めるタイミングはサービス終了による強制辞退か、
自分で引き際を見極めるしかないんですよね。
ついでに、時間経過でプレイ「可能」になる「なんだか勿体ない」感と、
少しでも課金していたら、それまた勿体ない感が出ますし、
そのゲームに費やした時間もまた、「勿体ない」に拍車をかけます。
いわば三重苦で縛りにきてるわけですね。

まぁそれでも楽しければ問題ないんですが、それが惰性になってきたら危険信号。
それに気づきながらも遊び続けてしまうと、
本当に「時間の無駄」以外の何者でもなくなります。

私の場合、ミリオンアーサーであれば、ほぼイベントで使用するカードは揃ってしまい、
デッキも弄る余地がなく、色々なものが固定化されていた状況でした。
もちろん、次々と出てくる新カードは、旧カードより明らかに性能が上で、
交換していくことで更なる高みも目指せたわけですが、
「現状で自己満足できるだけの戦力を手に入れていた」ことにより、
ある意味で目標を達成してしまったわけです。

それまでは、とにかく自分にできる範囲でデッキを強化していくのが楽しくて、
新カードが手に入れば入れ替えてコンボを模索し、
ランキング報酬が有用なカードであれば頑張ってみたりと、
モチベーションはとにかく「自分のデッキを強くする」ことだったわけです。
実際に、少しずつ強くなるのが実感できていたし、
徐々にランクを上げるのも楽になり、良い回転をしていたと思います。

でまぁ、特に重課金していたわけでもないのに、そこそこ強いデッキの完成形が見えていて、
そしてそれが完成した瞬間、目標を失ってしまったんですよね。
ミリアサはちょっと(かなり)進化が緩やかで、新機軸のイベントも殆どなくて、
イベントそのものは頻繁にあるのだけど、やってることは毎回同じで、
さすがにマンネリになってたというのもあります。

決定的だったのは、重課金フレンドさんの引退ですね。
ちょっと特別な理由で奇妙な友情関係を築いてた方だったんですが、
唐突にログインしなくなり、一ヶ月以上が経過した時点で本気だと確信しました。
戦友、あるいは目標として切磋琢磨してた人だっただけに、ショックが大きかったのもあります。

そんな感じで、ダブルで目標を見失っていた時期に、
2本目のソシャゲとなるチェインクロニクルVが高い完成度で登場し、
ダメ押しでオフラインゲームの面白い作品が続々と出てきたことで、
これ以上、ミリアサに費やす時間は捻出できないな、という考えに至りました。
まぁこの辺はミリアサのプレイ記事にも書いたことですけど、そういうことです。

で、チェンクロも似たようなことなんですが、こちらはもっとドライというか、
とにかく課金しなければ話にならないゲームなんですよね、チェンクロは。
SSR(最高レアリティのカード)が無課金でも手軽に手に入るゲームではありますが、
そういうSSRは性能的にガチャの物より劣ります。
ついでに、最高レベルまで育てるのが超大変。ミリアサに慣れてると本当にキツイ。

特に回復役としてほぼ必須な僧侶は課金ガチャからしかまともな物は出ないので、
育てるには相当の根気か課金が必要になります。
サービスで手に入ったヘロディアも、必殺技が微妙なので、メインでは使い難いですし。

まぁそんな困難にもめげず、ストーリーを最後まで進めることもでき、
アトリエのコラボイベントでは予想以上の戦果を上げることができたので、
満足してしまった、というのもあります。
正直、ミリアサ以上にパーティ編成を弄る余地がないんですよね、チェンクロは。
なので、これが最強メンバー!というパーティができたら、
無理にSSRを取りに行く必要もないなぁ、などと思ってしまったのです。
バリエーションをもたせようと思うと課金するしかないし…。

ゲーム的によくできていたので、楽しくプレイはしてましたが、
割とすぐに目標がなくなってしまったのが敗因ですね。
ストーリーを最後まで配信せずに、
配信の引き伸ばしで延命しようとするオンライン特有のズルさも気に入りませんでした。
スマホ版ではすでに2部が始まっているのだから、
せめて1部のラストまでは一気に配信してもよかったんじゃないですかねぇ。

トドメはケイオス3という面白すぎるオフラインゲームの登場でしたが、
ちょっと課金への誘導が強すぎたかな、という印象もあります。
ダラダラとプレイすることもできたんですが、それをやってしまうと泥沼が目に見えていたので、
自分のパーティが完成形になったな、と判断した時点で、
割とスンナリと辞めることができました。

要するに「やりたいことは全部やった」というだけのことなんですけどね。
ストーリーは全部見たし、強敵と戦えるだけのデッキを作ることもできた。
それ以上はウィザードリィでレベルを4桁まで上げるのと同じなんで、
それだったらウィザードリィやるわー、というだけのことだったりします。

ゲームに必要なのは「目標」です。
それをどこに設定するのかによって、割と簡単に辞め時を見つけることはできると思います。
エンドレスゲームのエンディングは自分で見つけるものですが、
「あ、これ惰性になってるな」と思うようなら、辞め時なのかもしれませんよ?

関連記事


コメント

  1. さとし | URL | JalddpaA

    Re:私はコレで、ソシャゲを辞めました

    こんばんは。
    ソシャゲは1度辞めると、
    本当に時間の無駄だったと実感できますね。
    この時間を他の事に使っていたら、どれくらいのことが出来ていたか…

    自分はパズドラと白猫プロジェクト、ミリオンアーサーをプレイしていました。

    パズドラ、白猫はアンインストールしてすっぱり忘れました、
    ミリオンアーサーはフレンドとサービス終了まで見守ろうということを約束していますのでダラダラと続けていますが…













  2. 岳る | URL | -

    Re:私はコレで、ソシャゲを辞めました

    >さとしさん
    こんばんはですー。
    私としては、「時間の無駄だったな」と思う直前に辞めることができたと思っています。
    なんだかんだで長期に渡って遊んでいたということは、楽しかった部分もあったわけですから、その「楽しかった」も否定してしまうと、本当に全部「無駄」になってしまいます。
    そういうマイナス方向に考えが移る前に辞められたので、引退するにはベストな時期だったかな、と。

    残しておくと、どうしても未練が出てくるので、辞めるならアンインストールするのが一番ですねー。
    もし本当に「時間の無駄」を感じるようになったなら、フレンドさんと相談するのもアリかもしれませんよ?
    最後くらいは「楽しかった!」で終わりたいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1750-308a0953
この記事へのトラックバック


最新記事