気が付くと笑いながら泣いていた

2014年12月04日 19:35

『ToLOVEるダークネス』の新刊が出たぜー! きゃっほい!
当然のように限定版買ってきました。
本当に岳るはToLOVEる大好きだよね。

で、12巻でようやく「ダークネス編」が一段落したわけですが、
『ToLOVEる』という作品だからこそ、
そして今までの積み重ねがあればこその解決方法が秀逸すぎて、
リトがヤミに特攻した時の回想にホロリとしつつ、
その次の展開で爆笑してしまい、しばらく笑いが止まりませんでしたw
ちょっとwwあくまでいい話では済まさないんだな!www

ここまでシリアスをバカなテイストで大まじめにやらかした作品はそうそう無いです。
そしてこの解決方法は、まさにここまでの作品への信頼から成り立つものであり、
ここまで続いたからこそ出てきたものであるのが凄いと思います。
いやしかし、あそこで踏みとどまれたなら、
普段のラッキースケベもなんとかなるんじゃねーかと言うのは野暮ってものですよね。
ホント、声出して笑っちゃうとは思わなかったよー。

まぁ、相変わらず番外編が大容量で入ってるため、
本編がまた気になる所で終わっていてうぎぎ。
とはいえ、12巻は上記のリトVSヤミの素晴らしい(?)戦いも良かったし、
幼女化したララとか美柑と一緒にお風呂(!?)とかサービス満点なんで、超満足ですわー。

特に幼女ララは色々と大丈夫なのかと心配になりますなw
実年齢が高ければ大丈夫なのん?
エロゲで「登場人物は全員20歳以上です」と書いておけば、
ランドセル背負っててもOK
なのと同じなのん?(おひ

ともあれ、想像以上に充実した巻だったので、これで心置きなく年が越せそうです(ぇー
さて、次はOVAでも見ーようっと!

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1767-b5f9903c
    この記事へのトラックバック


    最新記事