シアトリズム!

2015年06月03日 07:49

誘惑に勝てず、うっかり買ってしまいました、『シアトリズムFFカーテンコール』
え、ドラクエじゃないの?と言われそうですが、まぁカーテンコール出たらでいいかな、と。

評判がいいのは知っていたので、安心して買ったんですが、
いやいや、これ、よくできてますねぇ。
音ゲーを上手くRPG要素とミックスしていて、感心しました。

『初音ミクDIVA』のような、派手なPVがあるわけではありませんが(ムービー曲もあるけど)、
背景のチビキャラ等の演出が凝っていて、シリーズを知っていたらニヤリとできます。
また、音ゲーとしても、3種類のリズムゲームがあることで、飽きにくい仕様になっていますね。
基本は同じなんだけど、ちょっと操作が変わるだけで印象も変わりますから。

面白い独自の要素としては、RPGみたいにパーティを編成し、
キャラのレベルを上げたりアビリティを設定したりできます。
リズムゲームにはバトルやフィールド移動等の種類があって、
それぞれにステータスが影響してくる、というのも面白いですな。
例えば、力が強ければバトルでより多くの敵を倒せたり、
素早さが高ければフィールドをより遠くまで移動できる、等。
パーティ編成に意味があるのは、既存の音ゲーとは違う、題材を活かした良いシステムです。

音ゲーの方も、ボタン操作も選べるんですが、ここは断然スティック操作がいいと思います。
コツコツと軽快に画面を叩くのは3DSならではの楽しい要素で、リズムゲームとの相性も抜群。
私はこういうハードの特性を活かしたゲームは大好きなのです。
これは3DSだから楽しさが増してる、「3DSで出したことに意味がある」ゲームですよ。
また、音ゲー以外の操作も全部スティックでできる点も好印象。
いちいち持ち替える手間がなくて楽ちんです。丁寧に作られていることが伺えます。

そして何より、やはり「題材がFF」というのが一番大きいポイント!
いやー、馴染み深い楽曲でプレイする音ゲーというのはテンション上がりますな!
バトル曲が充実してるのも「わかってる」と思います。
しかもきちんと「バトルするリズムゲーム」があるので、
単に音ゲーにしただけではない、『シアトリズム』ならではのゲーム性が出てるところがお見事!

驚いたのは、収録楽曲の多さゆえか、とにかく「FFと名がつくものを節操無く取り入れてる」点。
『FFタクティクス』まで収録されててテンション爆上げ!
うおお、これは感動ものですぞ!

これだけのボリュームがありながら、DLCも魅力的で、なんと商売上手なのか。
特に『ロマサガ』系の楽曲の充実っぷりがヤバくて、
まずい、これは買ってしまいそうだじぇ…。

DLC楽曲が多いのでDLC嫌いな人から批判もありそうですが、
さすがにデフォルトで200曲以上収録されていたら、文句を言うのは贅沢かな、と。
FF以外の作品の曲も多いですし。
逆に言えば、前作やドラクエのように、60曲程度では全然足りないので、
何でドラクエがワゴン化したのか、今では理解できます。
ぶっちゃけ、200曲も収録されてるのに、まだ足りない曲があるんですよ!
あれもない! この曲もない! うおお、なんてこったー!orz

昔からFF派だった私は、やはりFFの楽曲には思い入れが多くて、
好きな曲もたくさんあるんですよねぇ。
まだ開放されてないだけだと信じたい。

思わぬ面白さに予想外にハマってしまいましたが、これは文句なしでオススメです。
音ゲーとしても簡単な部類に入ると思うので、FF好き(ついでにロマサガ好きも)なら買って損なし!

…個人的には、あの独特なSDキャラのデザインがイマイチ好きになれないんだけど、
まぁやってる内に慣れるかな、うん。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1891-8cb0519c
    この記事へのトラックバック


    最新記事