PSV『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』体験版やってみた

2015年07月25日 21:36

『トリリオン』にローグライクなダンジョン探索要素があって、テンションアゲアゲ!
ターン制限がある中で、どれだけお宝を回収できるか、
敵にどう対処するか考えるのが超楽しい!
数字いじりの育成の気分転換に丁度いいし、これホント、よくできてるゲームだわ。

さて、ギャルゲーにガンシュー要素をブチ込んだ異色作、
『ぎゃる☆がん』の新作が来月発売されます。
その体験版が配信されているので、プレイしてみました。
あ、体験版関係なく、もう買うのは決めてるんですけどね(ぉ

アホな恋の天使のせいで、一生のモテ期が1日に凝縮されてしまった主人公は、
今日を逃せば、もう一生女性と付き合えなくなるということで、本日中の告白を余儀なくされる…。


そんな頭の悪い(褒め言葉)ストーリーで始まる本作は、
見た目こそアレですが、ガンシューティングとしては割と真っ当にできてます。
基本はレールタイプなので移動は自動で進むため、照準移動だけに集中することができるので、
特に難しいことはありません。
センターに入れてスイッチ、これだけ覚えていればOK(ぉ

で、モテまくり状態の主人公に、とにかく女の子が群がって告白してくるので、
告白される前に撃退しながら、本命のところにたどり着くのが目的です。
なんか、やられる(告白される)と、その女の子と結ばれてゲームオーバーとかなんじゃそりゃw
モブで可愛い子がいたら、わざとやられるのもアリですよ。
ゲームオーバーにはなりますが、ちゃんとやられた子とのミニイベントがある凝りようです。
や、地味に凄いんですがそれは。

とはいえ、ガンシューをパッド操作だけでプレイするので、味気ないのは仕方ないですね。
代わりに、パッド操作ならではの探索要素のようなものもあるので、
やり込みプレイもできるのは面白いと思います。
一瞬しか出てこないキャラとかもいるので、色々見て回るだけでも結構楽しいですよ。

ガンシュー部分に関しては、こちらも凝った作りになってます。
基本、どの部分に撃っても倒せますが、各キャラには弱点部位があり、
そこを撃てば一撃で倒せる上に、連続で一撃必殺することでコンボとしてボーナス点も狙えます。
女の子には頭・胸・腰・脚の4部位がありますが、
照準を合わせると反応があるので、そこが弱点です。わかりやすい。

単に撃つだけでなく、溜め撃ちすることで女の子の動きを止めるチャージショットが撃てたり、
文字通りボムのような攻撃もあります。
まぁ、このボム攻撃も相当アレなんですが、そこは自分で確認してね☆

見た目と内容のアホさに騙されますが、中身は本格的なガンシューなので、相当遊べます。
周囲を取り囲まれてのバトルは大慌て必至。
ガンガン踏みつけられてる横でラブレター(ダメージ)貰ってたりして、
気が付くと告白されてる(死んでる)こともあります。なんだこの補足説明w
でも生徒会長に踏まれるのは、新しい何かが目覚めそう…(マテ

ネタ枠で買うつもりでしたが、実際にプレイしてみると、
ゲームとして非常によくできてることがわかったので、素直に楽しみになりました。
ただ、非常に重大な欠陥として、ロード時間の異常な長さがあります。
イベント開始の前後に10~30秒という多大なロード時間があり、
これだけで萎える人も多そうですね。
ガンシュー部分が始まれば、スムーズに遊べるんですがー。

正直、私もこれは製品としてマズいレベルだと思いますが、
一応、改善パッチの配布は公式にアナウンスされてるので、
体験版よりはマシになる…はず。そうあって欲しい。
せっかく面白いゲームとして完成されてるんだから、
ゲームと関係ない部分で評価を落とすのはやめて欲しいですね。
『閃の軌跡』とか本当に勿体無かったもんなあ。

ともあれ、予想以上に面白かったので、ものは試しに、体験版やってみるがいいです。
体験版としては相当遊べるので、これだけで満足しちゃいそうですけどね(苦笑
体験版では遊べないモードが大量にあるので、そっちも期待!

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1927-64787f86
    この記事へのトラックバック


    最新記事