ドット絵の究極

2015年08月17日 22:07

あきまん氏のツイートで色々と話題になってるドット絵のお話の流れで、こんなものを見つけました。



久しぶりにゲームで鳥肌ものの映像を見た気がします。

『勇なま』ってコツが分からないと全然クリアできない、個人的に激ムズパズルゲーという印象ですが、
それだけにクリア後のご褒美がこのムービーだったら、苦労も報われたと感じるでしょう。
いやマジですげぇなこれ。

昨今の2Dゲームは「2D絵のゲーム」であって、「ドット絵」のゲームはほぼ絶滅してますが、
スマホゲーが盛んになったことで、ドット絵が復活しつつある今の傾向は、
喜ばしい反面、退化と考えることもできるので複雑ですね。
でも、ドット絵だから良かった作品もあるのは事実なので、
過去の名作まで否定する必要はないと思います。
何が正義かといえば、人の心を揺さぶることができたものが正義なのです。

だからさー、『ヴァルキリープロファイル』1作目のDL版を早くリリースしてくれスクエニー!

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1939-a68c7ba5
    この記事へのトラックバック


    最新記事