麻雀って、楽しいよね!

2015年09月22日 21:04

昨日はアニメ版『シドニアの騎士』を1期2期通しで友人たちと視聴マラソンやって、
終わったのは日付変わった午前3時頃。
家に着いたのが4時前くらいで、連日の遊び疲れもあってか、
今日は久しぶりに惰眠を貪ってしまいますた。
具体的には、起きたら17時でしたorz
年を感じるじぇ…。

相変わらずダラダラとPSV『咲-saki-全国編』やってます。麻雀って楽しいよね!(by魔王
私は高校生の頃からやってるにもかかわらず、役を覚えるのが苦手で、
未だにどう打てばいいのかよく分からずに打ってるんですが(ぇー
さすがにそれだと本気で楽しめないので、今度こそはマジで勉強しようと思ったわけですよ。

で、この『咲-saki-全国編』は何がいいかというと、能力麻雀なのが丁度いいんですね。
というのも、キャラによって特定の役が揃いやすかったり、勝手に和了ってくれたりするんで、
とりあえず麻雀の基本(同じ牌&続き数字の牌を3枚集める)さえ分かってれば、
ルールをうろ覚えでも勝てないことはないんですよ。

で、このゲームのメインのモードである「チャレンジ」は、
特定の条件で勝つことを目的とする内容なんですが、
その中にはキャラの能力に合わせた勝利条件が幾つかあって、
となると、役を知らないと、そもそも牌を揃えることすらできないわけですよ。
そうすると、自分で役の勉強をする必要がありまして、
そうして自分で覚えた知識が、実際にゲーム中で役に立つと、楽しいんですよね。
そうやって徐々に他の役も覚えていけば、あとは自然と打ち方が分かってきます。

私はどの牌を捨てて、どれを残せばいいのか考えるのが苦手だったんですが、
それもそのはず、役が分かってないから、思考の基準が作れなかったんですよね。
それが、役の仕組みが分かってくるだけで、非常にスムーズに打てるようになる不思議。
や、当たり前のことなんでしょうけど、今までこの基本的なことが全然できなかったので、
メキメキと麻雀を理解していく今の状況が不思議であり、ちょー楽しいのです。

だってねー、実は今まで、チーやポン(いわゆる「鳴き」)すら、使い方が分かってなかったのですよ。
「鳴くとリーチができなくなる」「鳴くと特定の役が成立しなくなる」ということしか分かってなくて、
「牌が揃えやすくなるんだから、どんどん鳴けばいいじゃん」と思いつつも、
下手に鳴くと和了れなくなることから、基本的にガン無視でやってきたのです。

でもまぁ、冷静に場の状況を把握できるようになると、
鳴いた後の牌の状況を考えることができるようになって、
「どこで鳴けばいいのか」が分かるようになってくるんですよ。
そうなれば、「今はやめた方がいい」「これは鳴いておこう」と判断ができるようになり、
自分が着実に麻雀を理解し初めているのが実感できます。その感覚が楽しいんですよねー。
なんか自分が上手くなったと錯覚できるw

まぁ、今は自分の手牌を揃えるので手一杯で、相手の状況まで気にする余裕はありませんが。
というか、捨て牌の状況で相手が何を狙ってるかとか、どうやって判断するのか全然わからん。
でも、このゲームだと、危険牌を察知できる能力のキャラを使えば、
割と安全に打てるのもいいと思うのです。

チート性能なキャラが多いゲームですけど、
麻雀に慣れてくると、多分、愛宕姉が一番使いやすい気がします。
相手の危険牌が分かるのと、リーチ後に振り込む確率が減るっていうのは、
メチャクチャ便利なんですよ。自分で使って実感しました。

どうしても強打キャラに目が行きがちですが、
こういう地味に便利な能力こそ有用なんじゃなかろうか。
まぁ、淡みたいなのは例外ですがw
防ぎようないもんなー、あれ。

そんなわけで、たかだか鳴き方を覚えただけで舞い上がってる私です。
いやマジで、すげー楽しいんですよ!
キャラの能力に頼らず、自分が牌の状況を理解した上で勝った瞬間、
麻雀の世界が目の前に拓けたような気がしました。
コンピューター麻雀って、よくわかってなくても勝てちゃうんですけど、
やっぱり理解して勝つことの楽しさは格別だってことです。
まぁ、そういう「自称中級者」こそ、いいカモなんでしょうけども(苦笑

それでも、やっぱり理解できた上で遊ぶのは段違いの面白さなので、
より研鑽していきたいと思います!
理解した上でアニメも見れたら、もっと楽しいと思いますしねー。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/1961-3724411a
    この記事へのトラックバック


    最新記事