『僕街』には人生の大切な全てのことが詰まってる、でも多くの人がそれに気付かないんだ

2016年01月18日 20:43

『オーディンスフィア』が面白すぎて泣ける。
やっぱりPS2版と全然違うよね? クラシックモードも少しやってみようかなあ。
つーか、今遊んでもまるで遜色が無いってのは、このゲームのセンスが10年先を行ってたのか、
ゲームがまるで進歩してないのか、どちらなんだろうね。

さて、不意に思い立ってアニメ版『僕だけがいない街』を見ました。
うおお…メチャクチャ面白くて、見たのを後悔している…(ぇー
先が気になって困るから、ある程度溜まってから一気に見る方が絶対いいのに、
そうすると今度は見るのが億劫になるんだよなあ。難しい問題だ。

メインであるのは、犯人探しや過去改変なんだろうけど、
個人的に刺さったのはそこじゃなくて、「過ぎ去った何気ない時間の大切さ」だったりします。

私は学生時代、親が嫌いで嫌いで仕方なくて、大学で一人暮らしになってから、
あまりの気楽さに今も実家に帰ってないわけですが、
さすがにこの年になると、親が嫌いーなんて子供みたいなことはなくなります。
むしろ、段々と年を重ねていく親に対して、何もしてこなかった自分を顧みては、
自分の愚かさに後悔するばかりです。
昔はあんなに嫌っていたのに、不思議なもんですね。

まぁ、それも時間が経って、色々達観したというか、冷静になったというか、
別の視点から見る余裕が出たということなのかもしれません。
なんだかんだで、ここまで育ててくれたわけですし、今もなんやかんやで気をかけてくれます。
ありがたいことです。

でも、そういう気持ちって、今、こうして年を重ねたから出てくるものであって、
本当に気づいていてしかるべき時(子供時代)には、気づかないんですよね。
何気ない時間が、どれだけ、かけがいのないものだったのかを知るのは、
きっと取り返しの付かないだけの時間が経ってからなんです。

『僕街』で主人公が過去に戻り、母親の料理を食べて泣く場面がありました。
まさしく「それ」なんですよね。
当時、それが当たり前だと思っていたことは、とても恵まれたことで。
自分は世界で一番不幸だと嘆いていたことは、まったくの勘違いで。
親に叱られては親を疎んじていた自分を、それでも親は愛してくれていて。

『僕街』を見ていたら、そういった感情が一気に押し寄せてきて、
なんかメチャクチャ泣いてました。
あの場面で泣いてしまう人がいるとしたら、私みたいに後悔がある人なんじゃないかと思います。
素人くさい語りがまた、いい味出してて卑怯くさいですよねw

まぁ、不意に人生の大切なことを教えられて戸惑っていたわけですが、
いやいや、面白いですわー。
中身29歳のおっさんが、女子小学生との恋愛ごっこにドキドキするのも微笑ましいw
つーか、子供は意地張って何も言えないからダメなんだよなー。
これくらいストレートに口説ければ、もっと違う人生もあったのでは…(ブツブツ

などと、人生を振り返って後悔ばかりが出てくるアニメですけど、
先が気になって仕方ないので、明日にでも原作買ってこようかと思います(ぉ
私、周囲の評判がいい作品は敬遠しがちなんですが、
自分で確認した上で名作だと思ったら抵抗なくなるんですよね。めんどくせーなーもー。

とりあえず、もう1回2話を見て泣いたら寝よう。
今日はよく眠れそうだわ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/2036-4d7789d4
    この記事へのトラックバック


    最新記事