ギルティギアの進化に驚く

2016年03月13日 23:30

現在、絶賛部屋の片付け中。
片付けの途中は、まるで逆に散らかしてるかのような惨状だよね。
…今日はどこで寝ればいいんだ。

そんな掃除を地味にやってるのもツマランので、BGM代わりに何か動画でも…と思ったら、
なんかようつべにギルティギア・イグザードのストーリー動画が全部ありまして。全部かよ。
しかもギルティのストーリーは、戦闘要素一切ナシの完全ドラマらしい。
それが5時間近くとか、1クールアニメ並のボリュームですな。
まぁ、ブレイブルーのストーリーも30時間くらいかかるんだけど、
ギルティは3Dキャラを使って映像作品としても見れる代物なんで、
単純に時間では比べられませんわな。

で、せっかくだからと垂れ流していたんだけど、
あまりに面白くて気がつけば普通に見てたというね。
だ、だって、テキストADVと違って、キャラが動くんだもんよ。見たいじゃん!
あと、ラムちゃん可愛すぎてヤヴァイ。

しかし、ギルティは初期から知ってますけど、気がつけば壮大なことになってますなー。
最初は単に賞金かかったギアを倒すだけの話だったと思うんだけど。
もちろん、キャラ同士の複雑な繋がりとか背景設定とかは色々あったんだけど、
ゲームのストーリーとしてはシンプルだったという話。

でまぁ、ディズィーの辺りまではストーリーも理解してたんですが、
イノの辺りから怪しくなったというか、もうその辺から全然分かりません。
しかも間にギルティ2という黒歴史(?)も挟んでるから、
完全に理解してる人なんて殆どいないんじゃないかと思うんだけど、どうなんだろう。

しかし、謎だったソルの過去や、「あの男」の登場など、
初期からのファンなら絶対見たい見どころ満載のストーリーになってて、
今までの流れとかどうでもいいわ、という感じでかぶりつきで見てましたオモシロイ。
ツェップの大統領が強すぎて笑ったんだけど、設定的にも人類最強だったみたいで更に笑った。

ストーリーの作り方も凄く上手くて、序盤の世界設定を深めるための豆知識みたいな情報が、
世界を救う伏線になってるとか、こういう構成大好きです!
物語上の繋がりに全部意味があるって、美しくていいと思うんだ。
割と細かい部分までリンクしてて、こういう無駄のないシナリオ作りは積極的に評価したいです。

プレイヤー視点でも、何も知らない無知キャラとしてシンは上手く機能してたし、
無垢ゆえの男前っぷりで天然ジゴロになってたのも面白かった。こういうキャラって必要なんだよね。
急成長設定は卑怯だけど上手いわー。

まぁ、ミリアは何でまたザトーと一緒に行動してるんだとか、
ヤク中忍者とかいう狂った設定だったチップが超まともでビックリとか色々あるんだけど、
全部ラムちゃんの可愛さでどうでもよくなりました(ぇー
初見から好みなデザインだったけど、キャラ的にも超好きだわ…萌えるわ…。

個人的にギルティは声優の配役が気に入ってなくて、
特にソルとジョニーは大御所使えばいいってもんじゃない典型だと思うんだけど、
ここまで長く聴いてると、割と慣れるから不思議。
でもジョニーは無理! 何で若本規夫なんだろうなあマジで。
ゲームで対戦中に聴いてるだけなら全然問題ないんだけども。だからか。ゲームだもんな。
イグザード以降のシンキャラは問題なし。シンは演技がアレだけど、声質は合ってるから勿体無い。

そんな諸々ありつつ、うっかり全部見ちゃったんですが、これはゲームやりたくなるなあ。
久しぶりにゲーセン覗いてみようか。
でもギルティってスタイリッシュモードなかったよなー。
私もう、あれじゃないと格ゲーできないんですよねぇ。今更コマンド入力とかないわー。
スタイリッシュの発明は、にわかを格ゲーに引き戻す原動力になったものの、
便利すぎて格ゲーの真の楽しさを見失わせる結果になったのでした。まる。

関連記事


コメント

  1. 飯田沙々 | URL | -

    Re:ギルティギアの進化に驚く

    アーケードしかやったことないが、それでもイベント飛ばさないで見てると、まるでアニメでも見てる様なクオリティーですよね。
    ポチョムキン使いの私としてはあの変わりように涙しましたが

  2. 岳る | URL | -

    Re:ギルティギアの進化に驚く

    >飯田沙々
    3Dキャラのモデリングが凄いもんなあ。
    家庭用のストーリーモードはムービーみたいになってて見応えあるよ。
    キャラデザの変更は賛否ありそうだよねぇ。私は梅喧のデザイン次第なんだけど、いつになったら参戦するのか…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/2080-e4636fe2
この記事へのトラックバック


最新記事