『魔法少女リリカルなのはViVid』16巻が感慨深い

2016年04月25日 21:19

気づけば遠くへ来たもんだ。もう16巻かー。

「ViVid」は主役が、なのはじゃないし、もう魔法少女じゃなくて格闘少女だし、
アニメ版のデキもちょっと…だったせいか、分割2クールの2クール目はどうなったんだになってるしで、
世間の評価はなんか厳し目?な雰囲気を感じなくもないですが、
作品的にはきちんとキャラが成長してたり、構成がしっかりしてるので、
実に安心して読めるいい作品だと思っております。

普通に読んでると「ヴィヴィオが弱い」という感覚にイマイチ同感できないんですが、
ミウラに負けた辺りで「おや?」となるようになってるんですよね。
12巻のVSアインハルトは、アインハルトがまだ過去に囚われてる状態だし、
色々と向き合えてないこともあって、本調子ではない中での辛勝という感じだったし、
少なくとも「絶対的強者」という描かれ方はしてないのですね。

それを踏まえた上での16巻なんですが、面白い展開になってますぞ!
つーか、10歳そこらの幼女に覚悟とか求めんなw
まだまだ人生これからなんだから、好きなことさせてやればいいのに、
この世界の大人たちは厳しいぜ…。

でまぁ、何があったかというと、「ヴィヴィオVSなのは」の対戦カードが生まれそうでして。
メタ的に考えればほぼ確定でしょう。
むしろ、連載の締めとして使われる可能性すらある展開なんですがー。
まぁ、ここからなのは戦まで早くても3~4巻はかかりそうだし、
そこからまだ続いて次のインターミドルまでやり始めたら、軽く30巻突破コースになるんで、
さすがにそれはないんじゃないかと思うんですよね。
だから、区切りとして、なのは戦は丁度いいというか、これ以上の締め方はないのよな。

そこはひとまずおいといて、ヴィヴィオVSなのは戦で面白いのは、
なのはママが超やる気になってて、絶対に勝てる気がしないことですねw
主人公かつ自分の娘を蹴散らして、真の主役は誰なのかを知らしめるなのはさんマジ鬼畜。
なのはに対する周囲の認識もおかしなことになってて、これホントひどいわw
でも多分、「ViVid」を追いかけてた人は絶対に見たかった対戦だから、今から非常に楽しみです。
今年中に見れるといいなあ。

なのはといえば、「イノセント」シリーズの連載が終了しましたね…orz
あのシリーズ、超平和だしオールスターだしで、ずっとやってればよかったのに、
ソシャゲの方がそろそろ終了ムードなんだろうか。
これが終わっちゃうと、もうマテリアルズにスポットが当たらなくなるから、非常に困るんですけどー。
ゲームの新作マダー?

まぁ、劇場版もあるし、なのは関連は色々と展開してはいるんですが、
さすがにIPとして疲弊してきてる感もあるので、ここらでドカンと大きい発表を期待したいですねぇ。
岳るとしては、ディアーチェのフィギュアをアルターが出してくれたら、
もう気兼ねなく成仏できるんですけども(ぉ
無理かー。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/2114-7c74a136
    この記事へのトラックバック


    最新記事