何故か『天使禁猟区』を読み直してる。

2016年09月04日 11:08

マジオペ原作で1日を潰すと言ったな。あれはウソだ!(ぇー

いや、部屋の整理中に昔買った『天使禁猟区』のドラマCDが出てきたんで、
睡眠用BGM代わりに聴いてたら、漫画も読みたくなっちゃいましてね。
つーか、加藤の声が矢尾一樹からうえだゆうじに変わるの、続けて聞くと違和感すげぇ(苦笑

『天使禁猟区』は今読んでも十分通用する面白さだけど、
言い回しとかノリとかで時代を感じる部分はあるね。それは仕方ないけど。
しかし、半分寝ながらドラマCD聴いてたら、松岡修造みたいなセリフが聴こえてきて、
それのせいで目が覚めたんだけど、まさか修造、読者だったりしないよなw
いやホントに言ってること同じで超ビックリした。気になる人は単行本5巻読んでみそ。

改めて読んでみて、やはり凄い内容だよなあと思います。今では無理かなあ。
近親相姦な上に刹那が16で沙羅は15だよね? セクロスしてるし。
まぁ「ヨスガる」なんて言葉もあるから、全然大丈夫なんだろうか。
規制とかの基準て全然わからんよなあ。

この話、結局エピローグはハッピーエンド風に終わってるけど、
どう考えてもキツイのはその後の話だから、続編が蛇足になる系の作品なのよな。
とりあえず一番綺麗なところで終わらせておくのが名作の秘訣。
やっぱり田舎にこもってひっそりと暮らすのかねぇ。

なんだかんだで少女漫画だから、女の子が可愛いのも見所よね。
特に九雷はドツボでしたねー。
男の子っぽい元気キャラが、純粋で真っ直ぐな女の子であるギャップに胸キュンですよ。
褐色幼女が八重歯を装備して迫ってくるとか耐えられるわけがない(キメェ

ヒロインレースで勝てる見込みは全然なかったけれど、それでも刹那とくっつけば、
みんなが幸せになれるルートになったんじゃないかと思わずにはいられませんね。
残念ながら、『天使禁猟区』はハーレム物ではなく、最初からヒロインが確定していたため、
九雷がどんどん自分の気持ちに気付いたり素直になったりするほどに、
胸が痛くなる残酷な展開だったのですヨ。もったいない。

あと、『天使禁猟区』といえば加藤は外せませんよねー。
どう見ても序盤のヤラレ役で雑魚キャラで、無駄に敵キャラに殺されるだけの役どころに見えたのに、
実は超キーパーソンというギャップというか引っ掛けが面白いよね。
生い立ちが悲惨すぎるので、グレてる理由も納得がいくし、
やはりキャラクターを深めるにはバックボーンが大切だとよく分かりますな。

私はかなり忘れっぽいので、昔の作品とか言われないと思い出さないものが多いし、
完全に忘れてることも多いのだけど、加藤は名前の由来からして悲惨すぎたためか、
今でもはっきり覚えてる数少ないキャラです。でも響きが綺麗な名前なんだよね。
GERでギャルキャラ作った時、名前を借りてしまったくらい気に入ってますw

あー、この勢いだと全巻読むまで止まらんなあ。
休日をどう過ごそうが勝手だけど、漫画やアニメ見て潰すと損した気分になるのは何故なのか。
まぁ、これ読まなくてもマジオペ読むだけだし、同じなんですけどね。うぐぅ。

関連記事


コメント

  1. 飯田沙々 | URL | -

    Re:何故か『天使禁猟区』を読み直してる。

    ›松岡修造
    逆に天禁の作者が修造に影響されたって可能性が微レ存
    ›GERでギャルキャラ
    あれはそういうことだったのかww
    突然コギャルが現れたときは何が起こった!?
    って思ったが、なるほど納得。

    どうせなら褐色にすればよりコギャルっぽく…いやなんでも…


  2. 岳る | URL | -

    Re:何故か『天使禁猟区』を読み直してる。

    >飯田沙々
    天禁はもう20年以上前の漫画だぞ。月日の流れってヤバいな…。

    GERのアレは、ボイスで気に入ったからギャルに変更して、キャラ性を考えたら丁度いい名前を思い出したってだけなんだけどね。原作は男なんだが。
    JKの褐色はガングロなイメージがあって嫌。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/2215-ff88cb5a
この記事へのトラックバック


最新記事