FC2ブログ

ジルオール~インフィニット プラス~ プレイ日記 その2

2009年01月23日 20:09

大味なバランスとモーションのショボさに戦闘が全然楽しくない本作ですが、
早期討伐で経験値に多大なボーナスが入ったり、
ギルドの依頼でも経験値が貰えたりするので、
あまり戦闘をする必要がないという利点に気付きました。

世界をウロウロするのが楽しいゲームなので、これは良い調整だと思います。
RPGの肝は戦闘だと思っている私ですが、こういうのも悪くないですね。
名作たる所以はこういう部分にあるのかもしれません。

では、前置きが長いのもアレなんで、プレイ記録をどぞー。


以下、妹キャラと恐怖の搭。

前回、聖杯という神器の力で喋れるようになったゴブリンを追い、
見事返り討ちにあった一行。
トボトボと帰路につきながら、レベルアップと仲間探しを誓うのでありました。

さて、既に色々と世界は回ったものの、全然仲間が見つかりませんでした。
とはいえ、どうやら賢者の森のイベントフラグが重要だったようなので、
改めて色々回ってみることにします。
とりあえず拠点となるエンシャントの中を回ってみましょう。

あ、エンシャントといえば、
前回は説明を省いたんですが、面白いミニゲームがあります。
それは「魔法の箱」。
この中にお金を入れて、宝箱の罠解除のミニゲームに成功すると、
中のお金が2倍になるという超インフレアイテムです。
こんなのあったら確実に経済は破綻しますが、そこはまぁゲームですから。
当然、失敗すればお金は消えます。

一度に入れられるのは100Gだけなんですが、
ミニゲームに成功すればダブルアップができます。
これを利用して資金を稼ぐのは、ジルオールプレイヤーとして当然の嗜みです。

と、ゆーわけで、10万ほどサックリ稼いできました

簡単に書いてますけど、地味だけに熱いゲームなんですよ。
小まめに稼ぐ分には損はほとんど無いゲームですが、
大勝を狙うとやはりリスクは上がります。
1万以上勝った時のダブルアップは悩みますよねぇ。
このミニゲームの楽しさは、是非実際にプレイして感じてもらいたいですね。
まぁ、序盤で大金を得てもあまり意味はないんですが。

とりあえず、当座の資金には困らなくなったので、冒険再開。
改めて町の中を歩いてみます。
すると、急にイベントが続発し出しました。うおー、賢者の森すげぇ!(違

我々と同じくゴブリン(が持つ聖杯)を追う、
騎士志望の女・アイリーンに出会った直後、
路地裏でアーギルシャイアというドSな魔人に襲われました。ぎゃあ!
なす術なく追い詰められたものの、「人が来る」といって、何もせず退散。助かった…。
私の救世主さまはどんな人かと思ったら、近所のオバサンでした。なんじゃそりゃあ!
仲間フラグを期待した私がバカでした…。

で、謎の襲撃を受けた路地裏にもう一度足を運んだところ、
今度は幼女の誘拐現場に遭遇。
この町の治安はどうなってるんだ…。

賊をあっさり蹴散らし、助けた少女に話しかけます。
すると、彼女はルルアンタというリルビー(ホビットみたいな小さい種族)でした。
あー、ジルオールのアイドルじゃないですか! こんなところで仲間にできるのかー。
なんか「お兄ちゃん」とか言ってくるし、これは仲間にするしかないでしょう!
と、ゆーわけで、ひょんなことから妹ができました(おひ

実はこのイベントの前にドワーフのデルガドというオッチャンも仲間にしていたので、
これで4人パーティ結成です!

とはいえ、まだ戦力に不安があるので、
少しレベルアップしてからリベンジに行きましょう。
とゆーわけで、ギルドで依頼を探します。なんかなーい?

すると、ギルドの人の方から声をかけてきました。
「最近名が売れてきたアンタを見込んで頼みたい依頼があるんだが…」
うおおー、これは熱い!
メインストーリーは全然進めてないけれど、
ギルドの仕事をしていたことがちゃんと評価されているのは嬉しいですね。
頼られて断るは冒険者の恥。なんでも言ってみなさい!
「新月の搭ってところに迷い込んだヤツがいてね、救出してきて欲しいんだ」
ほほう…新月の搭というと、入口付近は安全だが、上に登ると危険という場所ですな。
まぁ、こんな序盤の依頼だし、危険区域までは行かないでしょう。らくしょーらくしょー。
よし、引き受けるぜ!

新月の搭は地獄でした。

マップそのものは大して広くないので迷うことはないですが、
何階上っても救助対象の人がいません。
そのうち、やたらとデカイ敵シンボルも登場するようになり、
当然のようにそいつらは恐ろしく強く、こちらは防御なしだと一撃で死にます。
デルガドがいなかったら危なかった…。

搭の中は危険だらけでしたが、その分見返りが大きい場所でもありました。
事前のソウルポイント稼ぎが活きて、
ルルアンタが盗賊系最上位のルナシャドウになっていたおかげで、
能力値の足りない宝箱も開けることができるようになっていたため、
かなり強力な装備を手に入れることができたのでした。

宝箱にはほぼ確実に罠が仕掛けられていて、
移動するバーをタイミングよく指定のポイントで止めるというミニゲームがあります。
能力値が高いと罠解除の範囲が広がるんですが、
逆をいえば、能力値が低いと範囲が狭まるわけで…。

しかし、罠解除は何度も挑戦できますし、
罠にかかっても即効性のものでなければ気にしなければいいだけです。
解除範囲が針の先ほどしかない宝箱を、
何度も呪いのトラップ(能力値半減)を食らいつつも見事解除し、
「封魔の槍」という強力な武器をゲット!
これで一気に戦力アップです。

とはいえ、攻撃力が上がっても防御力は紙なので、依然状況は変わっていません。
ソロソロとフロアを上がっていきます。
すると、大量のモンスターに囲まれた町人発見!
どう考えてもモンスターの餌になってる状況ですが、
そこはゲームですから野暮なツッコミはなしです。

町人の周囲は絶望的な数の敵がウロウロしてますが、
こんな時のために「退魔の香水」というアイテムを温存してきたのです!
これを使うと一定時間、敵に触れてもエンカウントしなくなるという便利アイテムです。
早速使用し、効果が切れないうちに町人救出!
「いやー、助かりましたよー」とかノンビリ会話してる場合じゃねー!
なんでそんなに余裕あるんだオッサン! 早く逃げるぞ!

ほうほうの体で新月の搭を逃げ出し、ギルドに報告に戻ります。
次はもっと身の丈に合った冒険をオススメしてください…。

酷い目に合ったものの、おかげでレベルも装備もパワーアップしました。
今こそゴブリンズにリベンジかますとき!
街道をウロウロしていると、案の定襲ってきましたゴブリンズ!
しかし今回は重戦車デルガドもいますし、
主人公は封魔の槍というチート武器を持ってます。
前回のようにはいかないぜぇ…?
ペロリと槍の穂先を舐めながら、いやらしい笑みを浮かべる私。どっちが悪なんだか。

前回全滅させられたゴブリンリーダーの「必殺技!」でヤバイダメージを受けながらも、
死者を出すことなく勝利!
やはりレベルアップは重要ということですね。
つーか、デルガドと主人公の攻撃一撃で倒してました。
相変わらず戦闘のバランスが大味なゲームだなぁ…。
しかし、勝利はしたものの、ゴブリンズは逃亡。
どうやら何度か倒さないといけないようです。うーむ、面倒な…。

ともあれ、今回の冒険は成功にて幕を閉じます。
いつも全滅オチなんて冗談じゃないですよ!
これからは順風満帆な冒険者生活をお送りしたいと思います。

…こういうのを「フラグ」っていうんだろうなー。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/252-0feaca50
    この記事へのトラックバック


    最新記事