FC2ブログ

ジルオール~インフィニット プラス~ プレイ日記 その3

2009年01月26日 00:02

少し間が空きましたが、何事もなかったように続くプレイ日記第3回。
今後も合間に別の記事が挟まる可能性がありますので、ご了承ください。

さて、なんだかんだで遊んでみれば、やっぱり楽しいジルオール。
まったり遊びたいところですが、2週目からが本番だと思えば、
1週目はサクサクいきたいところですね。プレイ日記的にも。


以下、こんなメンバーで大丈夫なのか?

ゴブリンズへのリベンジにも成功し、凱旋した一行。さて、次はどうしようか…。

先が見えなければ、依頼をこなせばいいじゃないと、誰かが言ってたので、
再びギルドのお世話になります。
依頼こなしながら世界を回れば、イベントや仲間も色々見つかることでしょう。

そんな感じでフラフラしていると、ロストールという町で、
スラムに住む女の子が貴族のボンボンに人形を取られたという話を聞きました。
…おまえ、貴族ならそれぐらい自分で買えよ。
なんでジャイアンみたいなことしてんだ。

話を聞きにスラムへいくと、件の貴族・タルテュバ登場。
「てめーら、皆殺しにしてやる~!」とか叫んでます。
どうやらイライラするとつい殺っちゃう困った性癖の持ち主らしいです。
貴族というのは下々の民を守る義務があると思うんですが、
なんでここまで悪行ができるんですかね?
おまえが優雅な生活を送れるのは誰のおかげだと思ってるんだ。

隠れて外に出てこない住民に業を煮やしたバカ貴族は、
あろうことか戦闘用モンスターなどを解き放とうとしています。
こんな救いようのないアホは懲らしめてやりましょう。

モンスターを軽く一蹴すると、
「幾らしたと思ってるんだ~」とか言いながら逃げていきました。血税で何買ってんだ。
…いや、もう一揆なり反乱なり起こした方がよくね?

逃げ遅れた取り巻きを問い詰めると、
人形はロストールの王女ティアナにプレゼントしたとか言います。
…なんなんでしょう、このツッコミ所しかないアホは。

まぁこの後、都合よく王城の抜け道への鍵を貰ったり、
隠し部屋っぽい所で変なガキに「まだ早い」とか言って追い返されたり、
話の分かるティアナ王女にアッサリと人形を返してもらったりと色々ありまして、
無事、女の子の人形を取り返し、少女の貯めた3Gを報酬として受け取りましたとさ。
しかし、主人公はお金より大事なものを既に貰っていたのです…とか、
ちょっと言い話風に締めてみるテスト

もう、この辺いちいち書いてると時間かかりすぎるんで、
今後は何か特別なことでもない限りは端折っていきます。
ぶっちゃけると、今はこんな記事書いてる場合じゃないんで、
駆け足でいきますよ。原稿やらねば。

さて、ロストールでの仕事も終わったので、
以前、ガルドランから助けた酒場の娘・フェルムに挨拶してから出かけようと、
酒場に顔を出してみます。
すると、ラブコメなどでお約束の、クソ不味い料理を無理して食べるイベント発生。
これで無理して食べたらステータスが下がるとかだと少し考えるものがありますが、
特に何の後遺症もなさそうなので、無理して食べます。
ギャルゲーの基本ですよね?(注:ジルオールはギャルゲーではありません)

案の定、主人公の帰ったあとで自分の料理の不味さに気付いたフェルムは、
文句も言わずに食べてくれた主人公にホの字にレの字にタの字なわけです。
つーか、出す前に味見しろよって話ですけどね。

もう一度酒場に行くと、更にイベント進行。
フェルムが闇の神器(聖杯もそのひとつ)のひとつである、
「闇のフライパン」について情報を持ってるとか…って、ありえん。
てか、そんな神器は嫌だ。
まぁこれはフェルムが主人公について行きたい一心からのデマカセなので、
本気にしてはいけません。…嘘ですよね?
とゆーわけで、フェルムが仲間になりました。
確かPS1では仲間にならなかったキャラなので、ちょっと嬉しいです。

再び依頼で各地を回っていると、アミラというところでユーリス発見。
彼女はエンシャントの魔法アカデミーの校舎を破壊して破門された後、
ここまで旅してきたそうですが、
旅先の宿屋で魔法実験をして、宿屋を吹き飛ばしたというアホです。
で、弁償するまでタダ働きさせられてるみたいですが、
ウェイトレスとしても5流以下だそうで、宿屋の親父も困ってます。

…なんて平和な町なんですかね。
世の中にはイライラしたから平民をブッ殺そうなんていう貴族がいる国もあるというのに。
普通だったらウェイトレスとしても役に立たないなら、
売り飛ばされてもおかしくない状況です。
そんな宿屋の親父の人の良さに心打たれたので、弁償金を肩代わりすることに。
親父、この金でもっといい宿に改装するがいいよ(涙

で、当の本人は悪気のなさそうな態度で毒を吐く大馬鹿野郎なわけですが、
行くあてもないということで、無理やり付いてくることに。
まぁ、魔法使いはいなかったし、丁度いいですかね。

ということで、そろそろパーティを整理しようと思いました。
現在のパーティは幼馴染のナッジ、頼れる親父デルガド、魂の妹ルルアンタです。
せっかく色々仲間が増えてきたことだし、入れ替えてみましょう。

結果、ナッジとデルガドを外して、フェルムとユーリスがパーティイン。
うわーい、ハーレムになった代わりに戦闘力がガタガタになったよ!
ちなみにフェルムはただのウェイトレスで、ユーリスは落ちこぼれ魔法使いです。
フェルムもユーリスもルルアンタまでもが、専用武器を持ってるものだから、
武器の切り替えもできません。
つまり、強い装備で無理やりパワーアップということができないのです。
PSP版では専用武器が強化できるようになったらしいので、
多少はマシかもしれませんが、茨の道を歩んでる気がひしひしとします。

とりあえずソウルポイントを稼いでいたおかげで、
フェルムが一気にアークソード(剣士系上級ソウル)になったので、
今後に期待したいと思います。

…大丈夫なんだろうか、コイツら。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/253-c6f6386f
    この記事へのトラックバック


    最新記事