FC2ブログ

ジルオール~インフィニット プラス~ プレイ日記 その4

2009年01月27日 20:44

イベントが多いので、サックリいきます。
つーか、ラブが溢れまくってるゲームですね。


以下、砂漠の民は情熱的。

前回、ナヨナヨした幼馴染と髭のオッサンを解雇し、
新たにウェイトレスとヒラヒラした魔女っ子を仲間にしました。
端から見たらとても冒険者とは思えない一行ですが、今後が激しく不安です。

一度撃退して以来、ゴブリンズも姿を見せず、
メインストーリー進行の鍵もよく分からないので、
再びギルドに通いつめます。
困ったらギルドに行け。分かり易くていいですね。

結構依頼もこなしてきたため、ギルドでの呼ばれ方も変わってきました。
また、イベントらしい情報も色々と教えてもらいました。

・死竜の洞窟の奥にある乙女像を持ってくる。
・城塞都市跡の闇。
・謎の辻斬りボルダン(サイヤ人的戦闘種族)に注意。

一気に色々出てきましたねぇ。
とはいえ、どれもレベル的に危なさそうなので保留。
唯一ボルダンだけは突発イベントっぽいので、これは起きてから考えましょう。
とりあえず、いつも通りの配達依頼でもこなしていきます。

現在いるのはエンシャントですが、ここの隣にドワーフ王国がありまして、
そこまで呪われし杖を運べとか言われました。そんなものを何に使うんだか…。
この手の、配達依頼なのに難易度が高いものは、大抵配達アイテムが呪われており、
依頼終了までパーティの全ステータスが半分になってしまいます。
まぁ敵と戦わなければ割りのいい仕事なので、気軽に引き受けましょう。

すでに何度かこなしてる仕事だけに、足取りも軽いです。
さっさと片付けてしまお…ん?
街道移動中にイベントが発生しました。
草むらから突如、ひとりのボルダンが「腕試し」と称して襲い掛かってきました。
いきなりかよ!?

これは不意をつかれました。
イベント戦闘だし、ギルドのオッサンも「危険はない」と言っていたので、
負けても大丈夫なんでしょうが、よりによって呪われてる時にこなくても…。
まぁ絶望する前に、敵のHPを確認してみましょう。
それ次第で勝てるのか強制負け戦闘なのかも判断できます。

HP340?

周囲の雑魚と比べれば明らかに強いですが、なんとかなりそうな数値でもあります。
せっかくなので、ここは勝っておきたいところ。
メイン火力は主人公なので、主人公が倒されないように、
戦力外のフェルムに主人公を庇わせます。
ユーリスは最大呪文を使い、ルルアンタは眠りの短剣を装備しているので、
追加効果に期待します。
よし、行くぞ!

ルルアンタの攻撃は見事に失敗、次いで敵の攻撃ですが、読み通り主人公にきました。
しかしそこはフェルムがガードしています!
主人公を庇いながら、自身もなんとか踏みとどまりました。おお、偉い!
次に炸裂したのは期待していなかったユーリスのホーリー。
なんと290ものダメージを叩きだし、一気に敵を追い詰めます。これは意外! 強い!
しかし、ユーリスはこの1発でMP切れ(少なすぎ!)、
ルルもフェルムもダメージ源がありません。
ここは主人公にトドメを刺してもらうしかありません。
そうでないと、確実に死人が出ます。

固唾を呑んで見守っていると、見事、90ダメージ当てて勝利!
あ、あぶねー。

この辻斬りボルダンはゼリグと名乗り、
「アイルビーバック!」と捨て台詞を残すと逃げていきました。
武人ぽく襲ってきたのに、執念深いやつです。
また襲ってくるのかー。嫌だなぁ。

そんなこともありながら、依頼は無事終了。
この後も、勇者・ノエルが誕生する瞬間に立ち会ったり(実は重要イベント)、
ことあるごとに英雄ネメアに声をかけられたりと、
細々としたイベントがありましたが割愛。
なんだか省略してはいけないイベントを飛ばして書いてる気がしますが、
まぁ「有名人と知り合いになった」程度に認識してれば問題ないです。

他には、ロストールの酒場に立ち寄ったところで、他の冒険者と口論していた、
フェティという恐ろしく口の悪い高飛車エルフを仲間にしたり、
たまたま依頼で入ったゼグナ鉱山で、
イーシャという新キャラ(説明書に載ってた)を仲間にしたりしました。
なんかドンドン仲間が増えますね。女キャラばかりですが。

そんな仲間ラッシュの中、闘技場のあるリベルダムという町で、
エステルという褐色の肌のボクっ娘に出会いました。
ぶっちゃけますと、確かこの子は、この世界に4つある神殿(地水火風)の中の、
地の巫女だったはず。重要人物です。

街中で何度か出会ううちに仲良くなりまして、
ある日、「砂漠に落とした首飾りを探してきてくれ」と頼まれました。
その際に、首飾りに反応する水晶というものも貰いました。
確かこれ、婚約の儀式か何かだった気がするんですが、
そんなニヤニヤイベントを逃す手はありません(ぉ
喜々として引き受けると、すぐさま砂漠で首飾り発見。エステルに返します。
で、首飾りは受け取りながら、水晶は持っていてくれといいます。
これですよこれですよ、いわゆる「エンゲージリングの交換」的行動なんですよ!多分!

ひとりニマニマしていると、まだイベントは続いています。
なにやら主人公が報酬を要求しているようです。
プレイヤー的にはすでに十分な報酬を得ているんですが
まぁ依頼として受けたものですから、もっともな要求ですよね。
エステルの行動の真意が主人公に分かるはずもないですから。

するとエステルは若干しどろもどろになりつつ、
「ほ、報酬…? 身体で払うとかじゃ、ダメ?」とかくぁwせdrftgyふじこlp!(おちつけ

…取り乱しました。
まぁよーするに仲間になってくれるわけですけどね。
こういうちょっと気の強いボクっ娘に、照れた感じでこういうセリフを言われると、
思わず悶絶したくなるんですよ。
この気持ち、分かりませんかね?

そんなこんなで、今回は仲間が増えただけでした。しかも何故か女キャラばかり。
ストーリーはいつになったら進むんですかねぇ…。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/254-1b3b3cb7
    この記事へのトラックバック


    最新記事