fc2ブログ

遊戯王をプレイする時に意識すると便利なこと

2024年03月17日 15:03

超簡単なことを書きます。
遊戯王やってみたいけど難しそうだなー、とか、やってみたけど難しいなー、という人は是非見ていってください。
遊戯王で一番つまづくであろう「カードテキストの読み方」を伝授します。

遊戯王カードにはずらずら長々と文字が書いてありますが、実は全部読まなくていいです。
読むべき場所は決まっていて、それは「~発動できる。」と書いてある部分から後ろだけでいいです。

例えば、「自分フィールドに効果モンスターが存在し、相手フィールドにカードが2枚以上存在する場合、墓地にあるこのカードを除外し手札を1枚捨てて相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。対象のカードを破壊する」というテキストがカードに書かれているとします。

くっそ長くて読む気失せますよね。これが遊戯王が難しそうな理由です。
でも、実際にプレイしてる人は、こんなの全部読んでません

ではどこを読んでるのかというと、前述のテキストで説明すると、

「自分フィールドに効果モンスターが存在し、相手フィールドにカードが2枚以上存在する場合、墓地にあるこのカードを除外し手札を1枚捨てて相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。対象のカードを破壊する

ここだけしか見てません
つまり、「~発動できる。」から後ろの文字しか読んでないんですね。

これは、カードを確認しなくてはいけないタイミングの問題で、カードを確認するのは「そのカードが使われた時」なんですね。つまり、もうすでに発動してるのです。
それなのにわざわざ発動条件を読むのは頭の容量の無駄遣いなので、そのカードを使われた結果として何が起きるのか、という部分だけを抽出して読んでるわけです。

初心者にありがちなつまづきポイントは、全部のテキストを読まなくてはいけないと思い込んでしまうことなので、全然読まなくていいですよ、ということを最初に理解してほしい、あるいは伝えてほしいなと思います。
てか、「テキスト読め」とコメントする前に、テキストのどこを読めばいいのか丁寧に教えてあげろと常々思ってます。

ではどのタイミングで全てのテキストを読まなくてはいけないのかというと、デッキを作っている時です。
試合中には読んでられないので、自分が使うカードくらいは事前に理解しとこうね、ということですね。試合中に読んでるようでは遅いし、試合中に読めと言われても読んでられないということを、まず理解しましょう。

しかし、試合中にカードを確認する作業は絶対に必要なので、どこを読めばいいかを理解しておくことが大事です。
それが「~発動できる。」から後ろの文章を読む、ということですね。これだけで脳の負担はかなり減ります。

何でいまさらこんなことを書いてるかというと、せっかく生まれそうな新人デュエリストが、「なんか難しそうな雰囲気」のせいで挫折しかけているのを見てしまったからです。
そう、遊戯王って別に全然難しくないんだけど、「なんか難しそうな雰囲気」があって、その圧が配信者には重いんですよね。
あと、完璧にプレイしないとうるさいコメントがいる、というのもあります。初心者に求めすぎなんよ。

私は遊戯王配信見るのメッチャ好きだし、新人が楽しそうに遊んでるのを見るとほっこりするので、プレミは優しくスルーして、配信者が「教えて」と言ってきた時だけ指摘してあげようね。
どうせ負けたら「何で?」となってプレミには自分で気付くんだから、痛みを覚える前に石を退けるのは優しさの押し売りであることを理解しよう。痛くなければ覚えませぬ!

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/2856-ae7d87d3
    この記事へのトラックバック


    最新記事