fc2ブログ

トラキア776やってみた 4章~6章

2009年08月02日 17:21

攻略情報は見ないと言ったのだけど、
聖戦士の書の効果と支援関係、あと、外伝へ行く条件は確認しようと思います。

外伝条件はクローズの方がいい?
「その方が面白い」というなら、コメント頂ければそうします。まだ見てないんで。
まぁ、なんとなく覚えてたりするから、既にクローズでもないんだけども。


以下、勇者セティは無敵の戦士である

前回、砦攻めを決行し、「無茶だなぁ」と思っていたら、案の定捕まりました。
ですよねー。

FEは基本ご都合展開の英雄譚だと思うだけに、
リーフの判断ミスで窮地に追い込まれまくるトラ7は大変リアルで良いと思う。
そう簡単に城や砦は落とせないんですよ、エフラムさん、エイリークさん。

とゆーわけで、いきなり装備引っぺがされて牢屋にブチ込まれるリーフと、
何故かとばっちりを受けてるリフィス。
他のメンバーは逃げてるのに、なんで逃げ足速そうなお前は捕まってんだw

どうにもならない状況ながら、
都合よく反帝国組織(でいいの?)マギ団の人達が、救援にやってきてくれた。
シーフのラーラをマチュアとブライトンで護衛しながら、
牢屋の鍵を開けていく。
マチュアが持ってる宝の鍵はリフィスに渡して、
奪われた装備を回収してきてもらおう。

ここではリーフと同じ牢屋に、フェルグスとカリンが捕まってる。
なりゆきで仲間になってくれたので、しっかり活用させてもらう。
マチュアやブライトンの予備武器をふたりに渡して、さあ脱出だ!

リーフたち以外に、一般人も捕まっている。
彼らを無事に全員助ければ外伝に行ける…はず。
ただ、彼らの逃走経路は敵の増援が出る場所でもあるので、一筋縄ではいかない。
つーか、本当に意地が悪いよね、トラキアは。
今回は運よく、逃走経路上から増援が全然出てこなかったので(ランダムらしい)、
簡単に逃がすことができた。やれやれ。

あとはリーフたちが逃げるのみ。
何で市民と同じ場所から逃げないのか不思議で仕方ないんだけど、
マギ団のお手伝いするとかいう話なのかな?
リーフは本当に自分の立場を理解してなくて困る。

運が良かったので、楽勝で終わるマップかと思いきや、実はまだ罠がある。
リーフ用逃走場所の手前は扉が塞がっていて、奥の様子が見えなくなっている。
実はこの見えない奥の部屋には敵兵がビッシリ待ち伏せしていて、
初見では非常に驚くのではなかろーか。
残念ながらプレイ動画で知っていたので、陣形組んで逆に待ち伏せてました。

この敵兵の中には、前章で助けた子供のお兄ちゃんがいて、仲間になってくれる。
敵の数が減る上に、足りない壁役になってくれるので、とても助かる。
ただ、おそらく彼の活躍はここがピークなんだ。すまない。

入口をリーフと、仲間になったダルシンで塞ぎ、徐々に敵の数を削っていく。
後方からの増援は適当にフェルグスやカリンの経験値にする。
手持ち無沙汰なラーラで傷薬を盗むのも忘れない。

敵陣に穴が開いたところでリフィスで魔道士からサンダーを盗み無力化。
リフィスにはそのままライブの杖も盗んできてもらう。
つーか、その2本のライブはサフィから奪ったものだったりしないだろうな。

無力化した敵はカリンのエサにする。
この子弱すぎて、毎回経験値稼ぎが命がけだから困る。
聖戦士の書あげるから、頑張っておいで。

そんなこんなで順調にクリアー。まだまだ余裕っスよ。


4章外伝。
牢屋の更に奥に来てしまいました。
ここではNPCながら、「聖戦」で登場したセティが仲間になる。しかも神器付きで。
トラキアはパラメータ上限が20しかないので、
神器のパラメータ補正は聖戦の比ではなく極悪。勝てる気がしない。
味方で本当によかった。

セティと一緒に登場する魔道士アスベルは、
今後の鍵を握る人物になる(予定)なので、大切に育てていきたいところ。
リーフにゾッコンなのが気持ち悪いんだけど、なんで男の子にしちゃったかなー。
こんな可愛い子が女の子なわけないだろってことですか、任天堂さん?

馬鹿な話はこのくらいにして、攻略攻略。
外伝なので索敵マップなため、周囲は暗く状況が分からない。
が、やはりここの罠も知ってるんですよ、ワタクシ。
入口近くの暗闇に敵の大部隊が潜んでるのである。
こういうところが、完全に初見でやれなかったことが惜しいなぁと思う。

敵の端だけは見えてるので、それを参考に部隊配置。
敵はアーマーと魔道士の混成部隊。
ただ、魔道士の攻撃範囲が若干長いので、
うまく配置すれば魔道士だけ釣れる。はず。

とゆーわけで、入口方面に若干後退。
リーフ、ダルシン、フェルグス、ブライトンの男衆で肉壁を築く。
すると、いきなりアーマーが1体突撃してきた。ええー、なんでー!

そう、これがトラ7の恐ろしいところで、
敵のパラメータがそれぞれ違うという面倒な仕様のため、
いちいち敵の能力値を確認しないと、計算が狂うことが多々あるのだ。
今回は移動力の上がったアーマーが1体だけいた、ということだ。
驚かせやがって。

それ以外は予想通り、魔道士だけ釣ることができたので、一人一殺。
リフィスだけはファイアーを盗んで無力化。
リーフには突出してきたアーマーを片付けてもらおう。
考えてみれば、逆に運がよかったとも言える。
アーマーの攻撃力の高さが少し怖かったものの、なんとかここを切り抜けた。
次は捕まってる子供を助けよう。

ここの子供を助けるのは非常に簡単。
扉を開けてあげれば、次のターンにはマップから離脱してくれる。
もちろん、敵が現れない保障はないので、マチュア&トンのマギ団コンビで護衛。
その他のメンバーはセティたちと合流。

それにしてもアスベル、
NPC状態の時に敵の攻撃受けてHP1になった時はヒヤヒヤしたよ。
なんで無謀に突っ込んでいくのか。
セティ神にお任せすれば、すべての事象はなんの問題もなく解決するというのに。
ともあれ、リーフで話しかけてついに魔法戦力ゲット。
セティにはカリンで話しかけて、婚約証書セティの書を貰う。
つーか、なんでコイツらラブラブなの? フェルグス可哀想…。

ここまでやれば、もうここに用は無い。
扉の奥にはデビルアクス持ちのヤバイ敵が潜んでるけど、
ダルシンが松明持ってたから、まるっとお見通しだ!
リーフのアーマーキラーでサックリと殺し、隣のマージはリフィスで無力化。
さ、カリン、エサの時間だよ(おひ

ここでカリンでチクチク攻撃してたら、なんか敵の体力が回復させられている。
うあ、暗闇の中にリブロー持ちビショップがいたの忘れてた!
リブローは重量8で盗めないし(まだリフィスの体格は7)、
使ってもらってもいいかなぁ…勿体無い。

ビショップ部屋は間接攻撃ユニットがひしめいていたので、
壁越しに光の剣で数減らし。
まだアスベルに任せるのは怖い。

敵を削ったところで全員突撃!
トンで手槍兵を倒し、リーフが槍兵をズンバラリン。するとリーフ再行動キター!
そのまま残る敵兵を片付けて、ビショップを全員で取り囲む。
一応、リーフにキルソードで捕獲させてみたら、アッサリ捕獲成功。
ああ、リブロー使わせるんじゃなかった…orz

セティ神が敵増援を無残に皆殺しにしてくれてる間に、こちらは離脱。
お疲れ様っしたー。


5章。
牢を抜け出した先は、闘技場のような場所だった。
そこにはエーヴェルとナンナの姿が…。

闘技場をグルリと囲む通路を進軍していくマップ。
中央では剣闘士にエーヴェルたちが狙われてるが、
前記事で述べた通りエーヴェルは無敵なので、うまく逃がせば危険は無い。

とりあえずジリジリと進軍し、右上辺りに到達した時点で、
左下から延々と進軍してきた魔道士部隊と接触。ここが最初の難関。
こちらはとにかく魔力が低いので、サンダーでも3発くらうと確実に死ねる。
そこで、リフィスで1人、リーフで1人、マチュアとトンで1人、
フェルグスとカリンで1人と、計4人を1ターン内で無力化し、
攻撃力の低いファイアー使い2人だけの状況を作る。
誰かがミスした時点で人死にが出る場面だったので、かなりヒヤヒヤしたものの、
なんとか作戦は成功。やれやれ。

次に厄介なのは、上方にいる弓兵部隊。
HPが無駄に高い上に、攻撃力もそれなり。
更に部隊長としてジェネラルまで配備されてる。これはひどい。
1人づつおびき寄せる作戦だったのだが、
敵のHPの予想外の高さに倒しきることができず、後続を呼び寄せる結果に。
う、うわー。

更にここにきてトラ7クォリティが炸裂。
万全を期して虎の子のグラフカリバーまで使用したアスベルの攻撃が、
99%でまさかのミス。ありえん。
このミスのおかげで、あやうくトンが死ぬところだった。しっかりしてくれー。

ピンチはまだ続く。
弓兵だけでなくジェネラルまで出撃し、一撃でマチュアが瀕死に。
更に、回復役を求めてナンナを救出するべく、
闘技場に続く扉を開けたらイベント発生。
無敵のエーヴェルが石化させられ、ナンナを守る壁が消えたー!?
闘技場にはバーサーカーとソードマスターというヤバイ敵がいるのに!

対抗できるのはリーフしかいないと、急遽代わりの蓋にしたところで、
更なるミスが発覚。
聖戦士の書を全部カリンに渡してたー! なんてこったい。

聖戦士の書は、成長率に補正をかけるだけでなく、
敵の必殺率を0にする効果も秘めている。
つまり、これさえあれば、不慮の必殺攻撃で死ぬリスクを0にできるのだ。
「絶対」が存在しないトラ7において、唯一の心の拠り所である。
そして、バーサーカーとソードマスターは必殺率の高い敵…。
聖戦士の書は必須。

慌てた私は、なんとか受け渡しを駆使して、
敵のターンになる前に書をリーフへ渡すことに成功。
しかし、上からはジェネラルの猛攻、下からは剣闘士たち…正直\(^o^)/オワタ

諦めるのはまだ早い。
普段使ってない脳をフル回転させて、なんとか凌ぐ方策を練る。
…まずは弓兵の排除だ。
3人も一度に相手はしていられない。
とにかく攻撃できるものは全力で攻撃して1人を倒し、
もう1人を今度こそグラフカリバーで一撃の下に沈める。
ここでまさかのアスベル移動力アップ。これはもう負けられん。

リーフの持ってたアーマーキラーを回収し、
丁度武器レベルが上がって持てるようになったフェルグスに渡す。
トンとダルシンでジェネラル用の壁を築いて、いざ、勝負!

ダルシンがジェネラルから追撃を受けた時は死んだと思ったが、辛うじて生存。
弓兵の攻撃も凌ぎ、リーフはソードマスターにトドメを刺した。
はやく援軍に行くんだ!

しかし、リーフを待つまでもなく、フェルグスとアスベルの集中砲火で、
我々を恐怖のズンドコに叩き落してくれた憎きジェネラルをついに討伐。
これで楽になったー。

一息ついたところで、残った弓兵から傷薬を盗んだら、
リフィスまさかの体格アップ!
いやったあああああああああ!
書も無しでよくぞ上がった!

勢いに乗って、次は左下に布陣している魔道士を撃破。
同じところにいたスナイパーと司祭は捕獲し、銀の弓とリブロー強奪。

最後に闇司祭が守る宝物庫にも突撃。
ダークビショップはかなりヤバイ敵だったが、
支援を受けたリーフにキルソードを持たせて一撃捕獲。
ヨツムンガンドとリブロー2本目ゲット。
扉前のダークマージはトンが必殺攻撃で一撃の下に切り伏せた。
カッコいいトン!

後は離脱前に、毒を受けたリーフを利用してナンナの経験値稼ぎ。
ライブの杖はダメージを回復しないと経験値が入らないので、
毒で毎ターンダメージを受ける状態のユニットがいると、
楽に経験値を稼ぐことができるのである。
とりあえずここでレベル10まで上げておく。
しかしナンナ、書を全部渡してるのに、全然魔力が上がらない。
力ばかりメキメキ成長している。なんなんだこの娘は。

ヒヤリとした場面もあったけど、なんとか今回も無事クリア。やれやれ。


6章。
ケルベスの門の最後は、脱出ミッション。
街の中には入らず、横道をカリンのペガサスで輸送してもらう。
しかし、街中には訪れることで色々とアイテムが貰える場所があるので、
敵兵に見つからないように街中の民家を回る必要がある。

まずはアイテムがパンクしかけていたので、預かり所でアイテム整理。
それが済んだユニットからカリンが輸送。
残りはリーフだけとなったところで、敵の追手が出現。
リーフの装備をキルソードから変えてなかったもので、
次々と追手を切り伏せていくリーフ。
うああ、勿体無い!

リーフの輸送を終え、全員が敵の攻撃範囲から逃れると、途端に静かになった。
カリン以外のユニットを離脱ポイント付近に待機させると、
いよいよスニークミッション開始である。

街中には巡回する敵兵がいる。
こいつらの攻撃範囲に入ると発見されたことになり、
砦前に整列している大部隊が一斉に押し寄せてくることになる、はず。

外側の民家はいいのだが、内側の民家はどうしようもない。
どうしても一度街中に入って待機する必要がある。
敵兵から見つからない条件が曖昧だったので、かなりドキドキしながら、
街中で攻撃範囲に入らない位置にカリンを移動させてみる。

…セーフ。

やはり攻撃範囲に入ることが、敵が動く条件らしい。
中央通り沿いにある民家を訊ねると、威勢のいい男が現れた。
嫌な予感がする…。

すると予想通り、仲間になりやがった!
しかも敵のど真ん中で!
当然敵兵から発見され、敵大部隊まで押し寄せてきたー!orz
慌てて逃げるも、仲間になったヒックスという男、騎兵なのでカリンが担げない!
壁際で往生してしまったので、とりあえずカリンだけ逃がす。

カリンを安全圏に移動させた後で、もうヒックスは諦めていたのだけれど、
どう考えてもこれはおかしい。
救い様のない仲間を設定したりするだろうか?
つまり、何か見落としていることがあるはず…。

ああ、馬から降りればいいんじゃん! アホか、私は。

騎兵は馬から降りることができる。
騎乗中は体格がMAXになって担げない騎兵だが、
馬から降りれば個々に設定された体格に戻る。
つまり、ヒックスを助けるには、馬から降ろす必要があったわけだ。
いや、手遅れになる前に思いついてよかった。
急いでカリンをUターンさせ、孤軍奮闘してるヒックスを救出、
そのまま外壁まで脱出する。
あ、あぶねー。

敵の攻撃範囲から誰もいなくなると、ピタリと敵の動きが止まった。
つまり、そういう仕掛けらしい。
攻撃範囲に反応して動くロボットみたいなもんだ。
CPUが動かしてるんだから、そりゃそーだ。

仕組みが分かればどうとでもなる。
左側の民家も攻撃範囲をすり抜けて訪問。
アイテム全部ゲットだぜ!

この章は通り道みたいなものなので、やることやったら全員離脱で即クリア。
敵の思考ルーチンが分かれば楽勝だけど、
確証の無い状況で行動するのはかなり怖かった。
でも、面白い章だったなー。

さて、長かったケルベスの門もようやく終わったけど、
まだ追撃部隊が残ってたりするので、リーフたちに休息の暇はない。
ホント、トラ7は地獄だぜー、ふぅーははー!

関連記事


コメント

  1. yama | URL | CkE0KsJQ

    Re: トラキア776やってみた 4章~6章

    上手いこと成長してますなー。今後の活躍が楽しみです(リフィスの

    トラキアはほんと確率があてにならなくて困るね(ノ∀`)
    こちらの99%は外し、敵の1%が当たるのが普通とか…表示間違ってるだろこれ!
    この後に出たGBA版が親切な作りで助かりましt

    杖は捕獲と盗むを駆使して集めまくるのが普通になってくるとおもいます…特に某杖が何本あるかでまた難易度g(ry
    杖使いの捕獲だけはほんと気をつけないとですなぁ。他でHPあるし壁になってもらおうとかよくやってたので、いまトラキアやるとしょっちゅう捕まりそうだ(´∀`)

  2. 岳る | URL | -

    Re: トラキア776やってみた 4章~6章

    >yamaさん
    リフィスは本当にチートだと思う。

    これほど当てにならないパーセンテージは見た事がない。
    75%を4連続で外した時はカセット引っこ抜いて投げつけてやろうかと思った。
    ついでに95%も3回外したよ!(´∀`)

    某杖のことは知ってるんで、それも駆使すればトラ7はもう雑魚ゲーになるんじゃないかと思ったり思わなかったり。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/472-3036b062
この記事へのトラックバック


最新記事