fc2ブログ

トラキア776やってみた 7章

2009年08月03日 10:00

頼りにした結果がこれだよ!


以下、過信は禁物

ケルベスの門を脱出したリーフたち。
しかし、後ろからは追手が迫り、前方には敵国トラキア。
絶望的な行軍は続く…。

山間の一本道というシンプルなマップ。
ブリーフィングを見れば予想はつくだろうが、後方からは増援が現れる。
軍師・アウグストの言葉に従うなら、このまま前進してトラキアに助けを乞うか、
山中に身を隠し、追手を撒くかのどちらか、らしい。

確かに左側には山賊がひしめく抜け道があるのだが、
攻撃範囲に入らなければ、増援はこっちを追ってこないということ?

ちょっと不確かな情報を頼りにするのは怖いので、素直に山間を抜けていく。
ただ、こちらには傭兵部隊が展開しており、容易に前進は許してもらえない。
この中には2章外伝にも登場したシヴァがいる。
サフィで話しかければ仲間になるので、どうにかそれまでもたせたい。
シヴァはガンガン攻撃してくるから、つい殺してしまうのだ。
殺さずにサフィをシヴァまで追いつかせるのはかなりの困難なのだが…。
しかし、こちらには秘密兵器がいるのだった。

じゃじゃーん! リフィス先生です!

先生は前マップにて奇跡の成長を遂げ、体格が8になっております。
確認したところ、シヴァの持ってるキルソードは重さ7。
なんという偶然か、盗めちゃうのである。
武器を盗んでしまえば、反撃で殺すこともない。安心して説得できるというものだ。

そんなわけで、鼻歌交じりにゲーム開始。
左の民家はカリンに任せて、残りは全員下のトラキアはミーズ城を目指す。
位置を調整しながら進軍、前方はリーフに任せ、殿はダルシンとヒックスに頼む。

さてさて、ノコノコと傭兵部隊が鍋を背負ってやってきましたよ、と。
まずは小手調べに先頭の傭兵から鉄の剣を奪う。
そしてフェルグスで救出、離脱する。これでリフィスの安全も確保できる。完璧!
さあリフィス先生、お願いします!


…なんで「盗む」コマンドが出ないの?(;’A ’)


うあああああ! 前にもあったぞ、こういうの!
ええ、体格ばかり見ていて気付かなかったのだけど、
「速さ」が足りてなかったんですねorz
うおお、完璧な計画が一瞬にして崩れ去った! なんという脆さだ。
頼みの綱のリフィスが途端に役立たずになるとは…!

慌ててシヴァの速さも確認するも、当然のように鉄の剣の傭兵より速い。
ですよねー(´・ω・`)

一応悪あがきとして、リフィスに聖戦士の書を全て渡して、傭兵を攻撃してみる。
経験値が90まで貯まっていたので、レベルが上がるはず。
これで速さが上がれば…と、速さ上がったー!
しかも再行動のおまけつき!

シヴァは無理でも、鉄の剣の傭兵からは盗めるようになった。
早速奪って即離脱。偉い、よく頑張った!

さて、喜んでばかりもいられない。
後方の敵増援が予想以上に強くて、かなりヤバイ。
のんびり進軍していたら命に関わる。
そこで、1マスで道を塞げる場所にリーフを配置、敵傭兵を蹴散らしてもらう。
シヴァはもうどうしようもないので、捕獲してしまおう。
もしかしたら、捕獲してれば説得できるかも…無理?(´・ω・`)

超成長しているリーフにとって、傭兵など塵にも等しい。
ばったばったと返り討ちにする内に、
残る傭兵はシヴァと鉄の剣傭兵だけになっていた。

リーフで捕獲するとしても、速さが足りなくて追撃は出ない。
なので、ある程度削っておく必要がある。
まずはカリンでチクっと一撃。
お次はフェルグス。勇者の剣を使えば良いところまで削れる。

が、ここで88%を連続でミスとかorz
これだからトラ7は…ッ!

いきなり計算が狂った。もうリーフの必殺に賭けるしかない。
キルソード使用で表示上は44%の必殺なのだが、
実はここにもトラ7独自のクソシステムが潜んでいる。

それは初撃必殺25%制限

どれだけ必殺率が高かろうと、一撃目にかかる補正は25%が上限になるという、
マジで意味が分からないシステムである。
普通に考えればプレイヤーへの救済措置なのだが、
こちらには必殺率を0にするアイテムも多数あるわけで、
むしろこちらへの足枷以外の何ものでもない。

前に述べた必殺係数と合わせて考えるに、
おそらく、追撃できないキャラでの捕獲を難しくするための仕様なのだと思われる。
難しくする意味が分からないのだが、そうなってるものは仕方ない。

なので、およそ半々の賭けだったものが、1/4のバクチに変貌。
…でまぁ、そう都合よく必殺なんて出ない罠┐(´ー`)┌
普通にシヴァをぶった切って終了。終わった…orz

ところが。

何故かここでシヴァ一歩後退。攻撃せずにターン終了。
え…? どうゆうこと?

シヴァは2章外伝にて、捕獲後に解放したら、「借りができたな」と言っていた。
もしかしてフラグが立ってた!?

これはなんとかなるかもしれない!
しかし、後方の敵増援もヤバイので、このまま待機してるわけにもいかない。
なんか動くメティオまで登場している。
悠長にしてる余裕はない。

そこで、徐々に戦線のラインを引き下げていく作戦。
シヴァはこちらから1マス離れた位置に逃げたので、
もしかしたらジリジリとこちらに合わせて逃げるのやもしれぬ。
つーか、冷静に考えて、シヴァが攻撃してきたら、
サフィの初期配置的に説得なんて無理なんだから、
この仕様は当然かも。
なので、少しずつミーズ城方面に部隊を移動させていくのだ。

しかし、シヴァをフリーにするのも怖いので、
壁としてリーフの横にフェルグスを配置。
私の予想が正しければ、シヴァは攻撃してこないはず。
これでターンエンドだ!

当然のようにフェルグスに斬りかかるシヴァ。ですよねー(´ー`)
返す刀で殺しちゃったよ! うおお、もうどうしようもなかったんだ…orz

とはいえ、シヴァを諦めたら途端に気持ちに余裕ができた。
この辺の極悪なバランスはさすがFEだよねチクショウ。

こうなれば全軍全力でミーズ城へと逃げる。殿はリーフ。
リーフが時間を稼いでる内に、フィンでミーズ城を訪問。
すると、トラキア将軍ハンニバルが、部隊を率いて敵の駆逐に乗り出してくれた。
ウヒョウ、カッコいい!
でも、《大盾》のスキルはどこに忘れてきたんですか、将軍!

ハンニバルが出撃した途端、増援はきびすを返して撤退を始めた。
危ないところだった…。

増援の脅威が去ったので、後は山賊のお掃除。
バーサーカーとか居て怖いので、リーフに任せる。
すると、リーフ移動力アップキター!
え、こんなに上がるもんだったっけ? ちょっと神成長すぎない?

掃除後、リーフを闘技場に送り込んだらレベル20になったので、
折角だからステータス晒し。


リーフ ロード
Lv.20
HP 43
力 16
魔力 1
技 10
速さ 18
幸運 15
守備 13
体格 10
移動 7

※ライブリング、スピードリング各1個使用


常に聖戦士の書をすべて持たせて戦った成果が出たのかもしれない。
上限が20であることを考えると、恐ろしく強い。
魔力が物足りないけれど、それはさすがに贅沢か。
技の伸びが今ひとつなので、これが弱点かなー。

下級職でこの能力ゆえ、闘技場ではまさに無敵。
つーかトラ7の闘技場はヤバイと聞いていたのだけど、
たまに銀の剣を使わせてくれたりと、他シリーズより親切じゃね?

途中で面倒になったので、50000ほど稼いでクリアー。
これでかなり楽になるんじゃないかな?

それにしても、シヴァ…orz
折角のイケメンを失った心の傷は深い。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/473-c71a4ddb
    この記事へのトラックバック


    最新記事