FC2ブログ

MHP2G 1クエスト1クリア縛り ファイナル

2009年08月05日 09:06

・最終目標はウカムの討伐。


いよいよ最後の時がやってきた。
その前に黒グラビの天殻を求めて最後の黒グラビクエ「誇りを賭けた試練」に行く。


さ、先に行こうか。


いよいよ最後の時がやってきた(テイク2)。
最終目標であるウカムを討伐するのである。
しかし、いつも通り閃光祭りでは味気ないので、
閃光玉で固めることはやめ(緊急時に使うのはアリ)、ガチで戦うことに。
いつもは飛ばす開幕ムービーであるが、せっかくなので飛ばさず見入る。
うむ、強そうだ。

まずは開幕閃光玉で動きを止め、全員ホットミートを食すことから始める。
ホットミートといういぶし銀アイテムを持ってるのは、
少しでも荷物を減らすための処置である。
これで肉とホットドリンクの枠が1つに収まるのはデカい。

初戦、まずは顔面に徹甲榴弾を2発当ててみると、何故かウカムが倒れた。
そのままピクピクと震え、しばらく立ち上がらない。なんぞコレ?
以後、この不思議現象は初撃の徹甲榴弾でのみ発生し、
一度発生すると後には発生しないことが分かった。
まだ私の知らない何かがモンハンにはあったのか…。

感慨にふけっていると、Nがすっとんきょうな声を上げた。
何事かと思えば「食事忘れた!」とか言う。
お・ま・え・わー! 最終戦だというのに気が抜けすぎとる。
まぁ忘れたものは仕方ない。危ないので秘薬は早々に使ってもらう。
すると再び「あっ!」とか言う。今度はなんなんだ…。

「ホットミート忘れた…」

お・ま・え・わー!(怒
つーか、ありえないだろ!
そのくせ何故か大タル爆弾は持ってきてるというオバカぶり。
絶対にネタを考えてる内に本当に必要なことを忘れたに違いない。

それにしても閃光祭りをしないウカムは怖い。
特に地面に潜ってから地中を掘り進んでくる突進がヤバすぎる。
立ち位置次第で避けることもできない場合があるので、
常に位置取りに気をつけないとマズイ。

また、怒り状態になると放つバインドボイスには攻撃判定があり、
食らうタイミングと位置次第で連続でダメージを受ける可能性もある
(つーか、Nが連続でダメージ受けててビビった)。

ただ、落ち着いて戦えばどうにもならない相手ではない。
私は常に貫通弾を撃ちまくり、H君は果敢に斬りかかる。
H君は粉塵によるサポートも心強い。なんという癒し系戦士。
Nは…頑張ってたよ、うん(おひ
や、スタン取ってたしね。

かなり苦戦しながらも、誰も落ちずに戦いは進行していたが、
ついに端に追い詰められたH君が1落ち。
しかし、キャンプから復帰し、逆襲に燃えるH君の一撃が、
ウカムの尻尾を切り落とした。
尻尾は体力が減らないと切れないので、切れた時点で終わりが見えた証拠だ。

士気が上がり、いっそう攻撃する手に力が入るも、
Nが危険な位置にいる時、ウカムが尻尾を振るう動作を見せた。危ない!
すると、遠目で見ていた私も驚きのギリギリの位置を、尻尾が掠めていった。
東方的に言えばまさにグレイズ。紙一重でNはノーダメージ。



「今、すげぇ目の前をウカムの尻尾が通りすぎていった(( ;゚Д゚))」


うん、見てたw
切られた尻尾の断面が鼻先をカスる感じだった。
トトスと違い、ウカムの攻撃判定は紳士的だなぁ。

そんな危険な場面もありながら、失敗なしで初戦は討伐成功!
うおおー、一発クリアとは素晴らしい!

Nの忘れ物について厳重に注意し、続いて2戦目へと挑む。
しかし、2戦目はどうにも巡りが悪く、あまり有効打をいれられない内に3落ち。



「そうか! 俺が忘れ物をしなかったからダメだったんだな!( ゚Д゚)」

私&H君
「ねーよ」


3戦目。
さすがに3回目ともなれば慣れてくる。
閃光祭りばかりとはいえ、元々ウカムとは飽きるほど戦っているのだ。
もはや戦い方は遺伝子レベルで刻まれていると言っても過言ではない。
そんなG級ハンターであっても、回避不能な攻撃が存在するのである。

それは電話。

狩りの最中、突如として「シャアが来る」(H君の着メロ)が流れ出し、何事かと思った。
H君は電話をしながら、片手でなんとか操っていたものの、
こういう時に限ってウカムはH君ばかりを狙う。コラ、こっち向け!
コロコロと転がされては粉塵で体力を回復させ、
電話終了時までなんとか生存させることに成功。
粉塵を無駄遣いさせたとH君が謝ったが、いやー、これは仕方ないわー。
むしろよく生き残った。

このまま死者を出すことなく終われるかと思いきや、
Nがウカムの攻撃で雪ダルマになっている。
こうなると攻撃はできず、アイテムも使えず、移動速度も半減してしまうのだ。
近くに居ればキックで雪を叩き割ることもできるのだが、
あいにく近くには誰もいない。
そこで、



「動くな!」


「!?」


スコープ越しにNをスナイプ。見事壊れる雪の塊。



「今、ゴルゴがいたぞw」


ふふんと得意になっていたら、
いつの間にかウカムの巨大な顔面が目の前にあった。
スナイプしてる間に逃げ遅れ、画面の端から脱出ができていない。
目の前でウカムは潜行突進を繰り出し、避ける場所のなかった私は哀れ1乙。
なんというマヌケ!orz

それでも私の1落ちだけで討伐には成功。
うむうむ、順調じゃないかね。
今回はH君が受注していたので、私とNは報酬を受け取れない。

なんだか嫌な予感がする…。

恐る恐る報酬画面を開くと、崩天玉が3個とかマジでありえん…ッorz
思わず報酬画面をみんなに見せて、写メまで撮っちゃったよ!
ああ、もったいない…しかし決まりは決まり。

さらば崩天玉!

全部売ったら15万くらいになった。うう。


さて、いよいよラストクエストである。
これでNが受注し、それをクリアすることで、この縛りプレイ企画も終わりを告げる。
当初はどうなるかと思ったが、意外すぎるほどアッサリと乗り越えてきたもんだ。
装備も決してボロボロではない。むしろ今や立派な蟹座の聖闘士である(ぇー

さて、最後の戦いに備えて、万全の体勢で備えようか!

するとN、キッチンにいるネコが今更シビレ生肉などを渡してくるとボヤいている。
まぁ、ウカムには効かないからねぇ。



「それ、ウカムにじゃなくて、おまえ(N)を罠にかけるために渡したんじゃねーの」

H君
「それだwww」


Nは以前、「解雇」と「解体」を間違えて以来、
どうにもネコへの当たりが厳しくなった。
特にトレニャーの成果が芳しくないこともあり、イライラが募っていたのだろう。
アイルー相手に「今夜はネコ鍋だ」とかいうのだから、そのSさはかなりのものである。
あそこはキッチンではなくカサンドラだとまことしやかに噂されたものだ。

そんなウイグル獄長Nに報復すべく、アイルーが取った最終手段が、
「こんがり肉と見せかけてシビレ生肉作戦」に違いないと、私とH君で笑っていた。
あやしいネコ口調でNのキッチンアイルーの寸劇を行う私とH君。
苦笑いを浮かべるN。

そんなバカなことを話ながらも、いよいよ最後のクエストを受ける時がきた。
さあ、最後の聖戦だ!

最終戦は死闘を極めた。まさに最後の戦いに相応しい激闘だった。

どれだけ攻撃を叩き込んでも、まるでビクともしない巨体。
一撃でゴッソリと体力を奪う脅威の攻撃力。
やはり恐ろしいモンスターなのだ、コイツは。

やがてNが2落ちし、後がなくなった。焦燥が募る。
まるで弱った気配を見せないウカムに、絶望が漂い始めた時、
H君が雪ダルマになってしまった。
たまたま私が近くにいたので、蹴飛ばして雪を破壊しようとした。
すると、近くにいたNも同じことを考えていたようで、
ふたりで挟んでH君をツインシュート。


H君
「ちょwおまえらww」


これで空気が緩んだのか、重く圧し掛かっていたプレッシャーも良い具合に消えた。
相変わらずウカムは元気であったが、誰かが危ない時は閃光玉でフォローし、
ウカムに狙われて回復ができないようなら粉塵で癒すなど、
パーティならではの助け合いがうまく機能し、
やがてH君が尻尾を切り落としたところで終わりが見えた。


そして、

ウカムの巨体が地に沈んだ。


何か感慨が湧くかと思ったが、いつもの狩りとそう違いはない。
ただ、静かな達成感だけが、私の中に広がっていた。
そう、私たちの挑戦はここで終わりだけれど、
リーマンハンターズの狩りはまだ続くのだ。

とりあえず、喜び勇んで剥ぎ取っているNを祝福するべく、
アイテム欄が空いていたので悪戯心で持ってきたケムリ玉を投げつけてみる。
瞬く間に画面が白く染まり、視界が閉ざされる。

剥ぎ取りを終えてウカムの体内から出てきたNが悲鳴を上げた。



「なんじゃこりゃー!? 尻尾どこ!? 尻尾が見えねぇ!?」


ゲラゲラ笑う私、憤慨するN、静かに笑っているH君。
本当に、この仲間たちとここまで来れてよかった。
私のワガママに付き合ってくれて、本当にありがとう。

これでこの一連の記事は終わりである。
あまりグダグダと書き連ねるまでもなく、
語りたいことはこれまでの記事で書き尽くしてきた。
なので、最後はむしろ簡単に締めくくろうと思う。


ありがとう、モンスターハンター。
ここまで楽しめたゲームを、私は知らない。
そしてお疲れさま、田中課長。本当に、ありがとう。


最終装備

田中(岳る)

武器 : 夜行弩【梟ノ眼】
頭 : ギザミZキャップ
胴 : ギザミZレジスト
腕 : レウスXガード
腰 : ギザミZコート
脚 : ギザミZレギンス


佐藤(H君)

武器 : キリオトシ
頭 : レウスXヘルム
胴 : レウスSメイル
腕 : ギザミXアーム
腰 : ギザミSフォールド
脚 : ギザミXグリーブ


鈴木(N)

武器 :  極鎚ジャガーノート
頭 : ギザミZヘルム
胴 : レウスXメイル
腕 : ギザミXアーム
腰 : ギザミSフォールド
脚 : ギザミSグリーブ


集会所下位:36回
集会所上位:40回
集会所G級:40回


以下、エンディングSS「夢の終わり、続く世界」

「勝った! 俺たちがあの伝説の飛竜を倒したんだ!」
私は嬉しさのあまり、思わずその場で心の赴くままに歓喜の叫びをあげていた。
ここは世知辛い現実世界とは違う。大声を上げても隣の住人から壁を叩かれる心配もない。人が人としてあるがまま生きることのできる世界…ここはモンスターが跋扈する、モンスターハンターの世界なのだ。
そう、私――田中と部下の鈴木、そして専務の佐藤さんは、仕事帰りに飲み屋に立ち寄り、「さ、モンハンでもするか」とPSPを取り出したところで意識を失い、気が付くと、ゲーム画面で見慣れた「モンスターハンター」の世界に迷い込んでいた。
そんな漫画みたいな話があるかと思われるだろうが、事実であるから仕方ない。
右も左も分からない我々を、ポッケ村の人々は暖かく迎え入れてくれた。
元の世界に帰る方法の分からない我々は、ここで生活の知識を学び、訓練所で戦いの基礎を学んだ。まさかゲームの中でやっていたことを、この身で体験することになろうとは夢にも思わなかったが、何もせずに村で世話になっているわけにもいかない。何か役に立てるのではないかと思い、雪山に出かけ、密林で採取し、沼地で鉱石を掘った。時にはモンスターと命がけで戦った。


そして私たちはハンターとなった。


どれだけの時間が流れただろうか。
いつしか我々は「G級」と呼ばれるハンターとなり、ポッケ村を代表する狩人となっていた。ひとりでは無理だと思われる任務も、鈴木、佐藤さんの助けがあれば、乗り越えられないものはないと信じていた。
やがて、村長から伝承だけの存在として聞いていた強大な飛竜が実際に出現し、村を襲おうとしていることを耳にした。誰しもが村を捨てるしかないと絶望していた時、ギルドマネージャーの女性が我々の前にやってきて、いつものノンビリした口調で言った。
「大丈夫よ~。うちには凄いハンターがいるんだから~」
そういって、彼女はニッコリと笑った。信頼されているのだ、私たちが。
部下と上司の板ばさみに悩み、ローンに追われ、養育費に頭を抱える日常…。どれだけ仕事をこなしても労いの言葉もなく、ただ日々を消化していくだけの毎日だった。
頑張りが報われることはなく、尊敬もされず、感謝もない。そんな灰色の世界に生きていた私には、彼女のその言葉だけで命がけでこの世界を生き抜いてきたことに意味があったのだと嬉しく思った。
生きるだけでも厳しいこの世界は、それだけに「生」を強く実感させてくれる。そして、頑張りが報われる世界が、ここにはあった。彼女の言葉は、我々の努力が結実した証だった。その信頼に応えることは、「ハンター」となった私たちにとっても誇りである。
「私たちがやります。安心してください」
そうして私は信頼する仲間と戦いに臨んだ。伝説のモンスター・ウカムルバスを討伐するために…。


死闘の果て、私の放ったボウガンがヤツの急所を射抜き、無限の体力を持つと思われた巨獣は、地響きを立ててついに大地に倒れ伏した。確かな手ごたえ、ピクリとも動かないモンスター。私たちが、村を救ったのだ。
「勝った! 俺たちがあの伝説の飛竜を倒したんだ!」
両手を振り上げ、全身で喜びを表現した私に、その場にいた全員の視線が集まる。
それはかつて嗅ぎなれた、焼き鳥のタレの香ばしい匂いと、ほのかに漂うアルコール臭が入り混じる、どこか生ぬるい居酒屋の空気だった。背広を着たサラリーマン風の男が怪訝そうにこちらを見ている。スーツを着たOL風の女がクスクスと笑っている。学生と思われる一団が酒の勢いに任せて爆笑しているのが見える。
それは見慣れた風景。遠い記憶。懐かしい場所。
振り上げた私の腕には、手に馴染んだボウガンではなく、PSPが握られていた。
相席している鈴木と佐藤さんも呆然とした表情でこちらを見ていた。
「…戻って、きた?」
会社の帰り道にある、馴染みの居酒屋に私たちはいた。懐かしい喧騒はしかし、確かに記憶にあるものと同じだ。それまでいたはずの雪山の身を切る寒さは景色ごと消え失せていた。ここは私たちが本来いるべき世界であった。
あの世界で鍛えられた筋肉は見る影もなくなり、付けられた傷跡は跡形もなく消えている。数々のモンスターたちから剥ぎ取った素材を加工した重厚な装備は、どこかくたびれたスーツになっていた。どこにもモンスターハンターの世界の痕跡を見つけることはできなかった。
「夢…だったのか?」
所在投げに椅子に座りなおし、呆然と呟いた。すると、
「もしかして、田中課長も…その…」
鈴木が遠慮がちに話しかけてくる。どうやら鈴木も事態が把握できていないようだ。佐藤さんも訝しげに自分が持つPSPを覗き込んだりしている。彼らのその反応に、私たちが体験してきたことが夢ではなかったのだという確信を得た。いくらなんでも、3人同時に同じ夢をみるなどありえない。しかし、だからといって3人同時に同じ異世界に行っていたなど、更に戯言にしか聴こえないわけであるが…。
「あれが夢って…でも、あんなにリアルで…あれー?」
「大丈夫だ、鈴木。俺も同じ気持ちだ」
ぎゃあぎゃあと騒ぐ鈴木を落ち着かせながら、携帯を取り出し時間を確認する。

8/2 21:51

あの日、モンスターハンターの世界に迷い込んだ時から、2時間程度しか経っていない。居酒屋でPSPを取り出し、狩りの前に時間を確認していたからよく覚えている。
すると、あの大冒険の数ヶ月は、ここで2時間寝ていた間の夢だったとでもいうのだろうか。
「まぁ、いいじゃないですか。こうして日常に帰って来れたのもまた僥倖。もう会えないと諦めていた家族に会うこともできますからね。悪いことばかりじゃありませんよ」
穏やかにニコリと笑う佐藤さんは、さすがの年長者である。取り乱すこともなく、現状をいち早く受け入れているようだ。
「でも専務ー」
鈴木はまだ未練があるようで、ニコニコと笑うだけの佐藤さんにグダグダと何かをまくし立てている。
そうだ、あれは夢だったのだ。考えてみれば当然のことだ。
50に近い佐藤さんが身の丈以上の大剣を振り回し、銃など撃ったこともない私が、大砲のようなボウガンを乱射するなど…バカげた話だ。鈴木はまだ若いから…いや、あのハンマーは無理があるだろう。
しかし、あそこはいい世界だった。娯楽も何もない、生きるだけで精一杯の厳しい世界であったが、懸命に生きることで、忘れていた大切な何かを取り戻すことができたような気がする。
それは誇りとか、自信といった、この世界で打ち砕かれた人間としての尊厳に関わるものだったように思う。
そう、たとえ夢であったとしても、価値ある夢だったと思えばいいのだ。私たちは決して失ったのではなく、むしろ取り戻すことができたのだから。
「そろそろ帰りましょう。急がないと終電がなくなります」
「ゲッ!? もうそんな時間っすか!?」
慌てて席を立つ鈴木をたしなめながら腰を上げた時、私のポケットから何かが落ちた。それは硬貨のような甲高い音を立てて、地面に転がった。
薄暗い蛍光灯の光ですら神々しく照り返す、神秘の輝きを放つ「それ」を拾い上げてみる。それは硬貨ではなく、黄金に輝く小さな板のようだった。どこまでも純粋な輝きと、鋼の強度を併せ持つそれは、夢の中で手に入れたリオレイアの天鱗にどこか似ている。いや、天鱗そのものではないのか!?
やはり夢ではなかったのか!――そう思いかけて、私は被りを振った。
あれが夢であろうとなかろうと、これが天鱗であろうとなかろうと、どちらでもいいじゃないか。
何故なら私たちは、私たちが望む限り、いつでもあの世界へ行くことができるのだから。
私はその天鱗らしきものをひょいとポケットに仕舞い込むと、勘定を済ませて先に外に出た鈴木と佐藤さんを追った。鈴木が店の人に頼んでタクシーをチャーターしたというので、店の前で邪魔にならないように待つ。


――そう、私たちは、


「なぁ、鈴木。時間もあるからモンハンでもやらないか?」


――私たちが望む限り、


「課長も好きですねぇ。ま、俺もですけどw」


――いつでもあの世界に行くことができる。


「私も混ぜてもらっていいのでしょう?」
「「もちろん!」」


そう、小さな携帯ゲーム機のスイッチを入れるだけで、目の前にはいつでも広大な世界が私たちを持っているのだ。


Fin.




あとがき

この縛りプレイが終わりに差し掛かる頃、帰りの車中でバカな話をしていました。

「最後はリーマンハンターズが現実世界に帰るんだよな」
「で、突如現実世界に現れるモンスター! それに敢然と立ち向かうリーマンハンターズ! 燃える!」
「「そんなわけで、漫画化よろしく」」
「アホか」

まぁ、漫画化は無理としても、SSにはしちゃいましたw
残念ながら、前述のトンデモ話は私の畑違いなので、ちょっとしんみりとした良い話に変えてしまいましたが。そういうのは智郎君に頼んでくれ(おひ
実際のキャライメージとはかなり違うんですが(実際の田中はハガレンのアレックス・ルイ・アームストロングみたいなヤツです)そこはまぁ、うだつのあがらないリーマンらしさ優先ということで。こういう人が昔見た夢とかを思い出して前向きに生きてくれると、なんだか嬉しい。

モンスターハンターは本当に楽しいゲームです。
田中の心情は、私の気持ちと重なっています。そう、誰でもいつでも、人はハンターになれるのです。
だからみんな、モンハンしようぜ!w

関連記事


コメント

  1. 智郎 | URL | -

    Re: MHP2G 1クエスト1クリア縛り ファイナル

    無事終えられたようで良かった、おめでとう。
    紆余曲折はあったようだけどなんとかなったのがすごいよねぇ。各自のプレイヤースキルもさることながら恐るべきは絶妙のゲームバランス。良作と呼ばれるゲームは多々あれど、ロングヒットをしている良いゲームってのは偏ったプレイにも応えられるその辺りの作りがうまいゲームの事かもしれませんね。
    ともあれおつかれさまでした。

  2. 岳る | URL | -

    Re: MHP2G 1クエスト1クリア縛り ファイナル

    >智郎君
    さんきう。
    NとH君はおおよそ予定通りだったんだけど、私の武器だけどうにもなりませんでしたorz
    思ったより順調に進行してくれてよかったけどね。数の力は偉大。
    MHP2Gに関しては、本当に奇跡のバランスだと思う。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/482-9d15adcc
この記事へのトラックバック


最新記事