FC2ブログ

世界樹の迷宮Ⅲプレイ記録 ~それゆけ命蓮寺! 番外編2

2010年05月01日 15:03

白蓮
「本日は誠に碧落一洗である! 絶好の探索日和だわ」

一輪
「あのー、姐さん」

白蓮
「あら、どうしたの、一輪。変な顔して。お腹でも痛いの?」

一輪
「お腹は痛くありませんが、私の装備が見当たらないんですよ」

白蓮
「? あなたの装備なら、そこにあるじゃない」

一輪
「は? これは姐さんのでしょう。私の武器は槍ですし」

白蓮
「いやいや一輪、確かにこれはあなたのものよ。私のはここにあるもの」

一輪
「いや、ですから私の武器は槍で、槌ではない…って、ナズーリン、何で私の槍をあんたが持っているの?」

ナズーリン
「ああ、君はもう使わないみたいだからね。私が使わせてもらうことにしたよ」

一輪
「いや、訳わかんないから。あんたにはスタンナイフがあったでしょうが」

ナズーリン
「あんな当たらないナイフに未練はないよ。しかし、この槍は凄いね。“海神槍トライデント”…造形美と機能美が一体となった、神の名を冠するに足る一品だよ」

一輪
「でしょー? いやー、レヴィアタンに襲われた時はさすがに死を覚悟したけど、あんたのおかげで助かった…って、そうじゃなくて! なんでもうその槍があんたの物みたいな扱いになってるわけ!?」

ナズーリン
「わからないヤツだな、君は。白蓮も言っていただろう。君の武器は『それ』だ。なんなら自分の今のクラスを確認してみるといい」

一輪
「クラス…? …って、えええ!? わ、私は確かファランクスだったはずなのに、なんでウォリアーになってるの!?」


「すみませんね、一輪。これは聖の提案なのですよ」

一輪
「星さん…。姐さん、どういうことですか?」

白蓮
「最近、樹海の魔物も強くなってきたでしょう? そろそろ私が攻撃に回るのも限界なのよ」


「とはいえ、攻撃役が私だけではさすがに厳しい。そこで、いまいち影が薄い貴方にお鉢が回ってきたのです」

一輪
「なんか余計な一言が凄く気になるけど…。まぁ、事情は分かりました。だったらせめて事前に話してくれても…。それに、なんでヤグルシが2個もあるんですか。これ、レアアイテムですよね?」

白蓮&星
「ニ、ニコリ」

ナズーリン
「…ご主人様。私が管理していた『解剖用水溶液』が1個足りないのだが、まさか…」


「世の中には『必要経費』という言葉がありまして…」

ナズーリン
「これがどれだけ貴重な物か分かってないのかい!? 変なプライドは捨てて、素直にwikiでも見ればいいじゃないか」

白蓮
「wiki?」

一輪
「あーもー落ち着いてー。色々事情は分かりました。私がウォリアーをやればいいんですね。それなら早く感覚を馴染ませたいので、迷宮に行きましょう」

白蓮
「あ、待って、すぐ支度するから」


「聖、道具袋ならここに」

ナズーリン
「忘れ物はないだろうね? よし、行こうか」

一同
「おー!」



ムラサ
「あれ、私は…?」

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/749-ec3d11f0
    この記事へのトラックバック


    最新記事