地味

2010年11月17日 22:52

タイトルと「地味」という帯の文句だけで思わず買ってしまった、
『東海レトロスペクティブ』という考古学漫画。

実際にかなり地味です。

進路に悩んでる高校生が、考古学ゼミの大学生たちの発掘調査を手伝うことで、
大切な何かに気付く…みたいなお話。
ちなみにその話は3話で完結していて、残りの1話は全然別の話。
全1巻の本ですよ。

そもそも発掘って、本当に土掘るくらいしかやることない(※)から、
それだけのネタで盛り上げようというのが無茶な話で。
実際、この漫画も休憩時にバドミントンやったりしてメリハリ付けてるし。

※測量とか他にも色々と作業はあるけど、基本的にどれも地味。

幾らでもそういう方向に転がせそうなシチュがたくさんあるのに、
まったく色気のある方向へ持って行こうとしない作者に逆に拍手を送りたい。

恋愛要素を入れれば、もう少し長い連載にできそうだったのに、
それをしていないということは、最初から短期連載の予定だったのか、
人気がなかったから自分の好きな要素だけで構成したのか判断つかないのだけど、
恋愛要素を入れなかったことで、「考古学」というテーマに絞れたのは、
作品にとってはよかったのかもしれない。
でも、このキャラの多さは、絶対長期連載狙ってたと思うんだよなー。

私も遺跡発掘のバイトをやってたことがあって、
それもあって、この漫画が気になったのでした。
そうそう、確かにやったわ、こんなこと。

あの時はトレンチ(掘る場所)担当者が全部の作業をやらされて、
発掘も測量も図面書きも全部やったんだよねー。
特に測量は全然水平にならなくて悪戦苦闘してたことは覚えてる。

この漫画みたいにボロボロと遺物が出てくることはなかったんだけど、
場所的なものだったのかな? それとも、結構出るものなの?
私がやってた所は居住地跡だったからやもしれぬ。

大きな発見は最後の日の撤収間際に土器らしきものが発見されたくらいかなー。
あの時は凄く盛り上がってたなぁ。
あと、熊が出てきたときも盛り上がってた(別の意味で)。

だから、なんだか懐かしい気持ちで読んでたけども、
特にそういう経験が無い人が読んで面白いかどうかは激しく疑問だったり。
あー、だから短期で終わっちゃったのか(´・ω・`)
マジで地味です。ボーイミーツガールな出だしなのに色恋沙汰もないし。
地味な話は好きなんだけども。

これは作者の実体験に基づいて描かれてるそうなんで、
恐らくは「自分の経験を活かせばリアルな話ができるんじゃね?」という、
実に分かり易い動機で描いてはみたものの、
描いた後でどう転がしても派手な展開にできないことや、
全体的に画面が地味ということに気付いたとか、
そんな悲しい裏事情が透けて見えそうで泣ける。

考古学に興味がある人用というよりは、
進路に悩める学生が読むといい本なのかもしれない。
主人公がまさに悩める少年だからね。
私も香乃さんに出会えれば、人生変わったかもしれないのに…!

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/942-52bd34ee
    この記事へのトラックバック


    最新記事