心に残るゲーム音楽

2010年11月19日 14:54

バイクに乗りながら口笛を吹くのが私の癖である。
で、選曲は大抵、昔に遊んだゲームの音楽なんだけど、これは何故か?
何も考えずに自然と頭の中に浮かぶメロディは、
大抵昔のゲームのものばかりだからである。

単に記憶力の問題かもしれないが、
やはり印象が強いということが大きいんじゃないかね。

昨今のゲーム音楽は、ハードの性能アップに伴い、
非常に複雑で美しい音色をゲーム中に提供してくれるようになった。
ただ、その中で印象に残っている曲というのはどれだけあるだろうか?

個人的に覚えている最も新しいゲーム音楽というと、
FFⅩの「ザナルカンドにて」、もしくはFFⅪの「Rolanberry Fields」辺り?
FFⅪはやったことないくせに、サントラだけは持ってる不思議!

ゲームは無駄に大量に遊んでるし、音楽の素晴らしいゲームも沢山あった。
しかし残念ながら、全然脳髄に刻み込まれていない。

今はGEBをやってるから、GEBの音楽は色々覚えてるけど、
あと1年経ったら覚えてるかは怪しいところ。
だって私、あれだけ遊んだモンハンの曲すら覚えてないよ!
ゲームを盛り上げる良い曲だったと思うけど、まったく印象に残っていない。
モンハンはアイルーキッチンで料理中に流れる曲くらいしか覚えてない。
聴けば「あーあー」となっても、「じゃああの曲口笛で吹いて」と言われたら無理だ。
あ、テーマ曲っぽいのは覚えてるなぁ。
それも今、こういう記事を書いてるから思い出したレベルなので、
自然と口ずさむほどではないということだ。

そんなアレな記憶力の私でも、昔の…それもSFC以前辺りの曲はよく覚えている。
その位が一番脳みそが活動していた時期ということかもしれない。
しかし、FCやSFCが持つ独特の電子音には、
オーケストラすら超える魂が宿っていたような気がする。
制限の中で最良の成果を残そうというゲーム音楽家たちの努力と熱意が、
遊び手にもキチンと届いていたということかもしれない。

単に音色が単純だから覚え易かったという悲しいことは言わないように。

そんなわけで、なんとなく郷愁に耽ってしまったので、
今回は心に残り続けているゲーム音楽についてダラダラと書いていきます。
お暇な人は追記へどーぞ。


以下、めくるめくゲーム音楽たち

こんなことを書こうと思ったのは、「聖剣伝説」の音楽は名曲ばかりだったなぁと、
口笛を吹きながらしみじみ思ったのがきっかけ。
通勤中にもっとも多く吹くのは聖剣(GB版)の曲であることが多い。

バトルの名曲というと、
例えばロマサガ2の「ラストバトル」は誰もが認める名曲だと思うし、
ドラクエ3の「勇者の挑戦」などは神と呼んでも差し支えない。
FF4は通常バトルの曲を口ずさむだけで涙が出てくる。
激しさの中に潜む悲しい旋律が胸を締め付けてくるのである。

そんなメジャータイトルの中にあって、特にお気に入りなのは、聖剣伝説の「戦闘2」。
シャドウナイトと戦う時に流れる曲で、宿敵としていた男との戦いに相応しい1曲。
その流れで、ジュリアスとの最後の戦いで流れる「最後の決戦」は、
直前のマナの神殿の荘厳なる調べとあいまり、その禍々しさが際立つ、
まさに最終戦に流れるべくして作曲された音楽と言える。

戦闘曲以外を見てみると、やはりドラクエ3の「おおぞらをとぶ」。
音楽を聴くために、ゲームの進行を止めて、じっと耳を澄ませていた音楽は、
後にも先にもこれだけだったのではないだろうか。
ちなみに「おおぞらをとぶ」はSFC版が一番好きだ。
FF5の「はるかなる故郷」も定番か。やはりドラクエ、FFは強い。

そんな中で、地味に耳に残り続けているのが、
ミスティックアークの「君のいないこの町は、もう僕には何も与えない」。
ゆっくりと流れる旋律は、失われたものを悼むように心の中に溶けていく。
このゲームの音楽は曲名が色々面白いのだけど、音楽が持つ力はすべて本物。
特に「母なる神の爾座」などは、
擬似的に再現されたスキャット(でいいのか?)のあまりの美しさに、
SFCの限界を超えた瞬間を感じたものであった。

魍魎戦記MADARA2も名曲が揃っている。
通常バトル曲「戦慄の乱舞」は、
ぶっちゃけボス戦よりも遥かに聴き応えのある曲だったりする。
スピード感を出しながら、そこに焦燥を産む不安感も内包させ、
未知の敵と戦う恐怖を見事に表している。
バトル以外では現代でしか聴けない軽快な曲「fiction of meta fiction」がイチオシ。
一度聴いただけですぐに覚えてしまうテンポの良い明るい曲で、
その先に待ち受ける過酷な未来など微塵も想像させない、
まさに日常を象徴するような名曲である。

SFCの中で特に好きなものは、ガデュリンの「中央制御室」。
ゲーム史上最も美しいラストダンジョン曲だと勝手に思っているくらい、
この曲を私は愛している。
もし私に音楽の知識があれば、真っ先にこの曲をアレンジしてみたい。
未知なるものへの不安、その先にある希望を表現したメロディは、
わずか40秒の音の波に凝縮された宇宙。

ガデュリンは他にもオープニングの「悠久の時の流れ」も名曲。
こちらは知ってる人も多いかもしれない。
物語の始まりとしては、あまりにもの悲しい旋律が、
逆にプレイヤーを作品世界へ引き込むのではないだろうか。

SFCばかりになってしまったので、最後にFCもあげておこう。
ベストを語るなら「スクウェアのトムソーヤ」。
実は植松伸夫が音楽を担当してるだけあって、どの音楽も名曲揃い。
特にラストバトルは必聴もののカッコよさである。
のどかな街、おどろおどろしい森、すべての音楽が生き生きとしていて、
ゲーム画面ともども、未だに鮮明に思い出すことができる。名作ですよ。


今回はパッと思い出せる音楽だけを書いたので、偏りがある感じになってしまった。
ただ、そうやって頭の中に検索をかけるまでもなく自然に心に再生される音楽こそ、
本当の意味での名曲なのだろうと思うのだ。

ちなみに、東方の曲は除外してます。
そっちはそれだけで別記事が書けちゃいそうなんで、例外ということで。

関連記事


コメント

  1. 智郎 | URL | -

    Re: 心に残るゲーム音楽

    個人的には一番古いものでFCシティコネクションのプレイ音楽なんかが好き。後は定番メタルマックスの「Drミンチに会いましょう」や「おたずねものとの戦い」これはSFCになっても変わらず好き。後SFCならスラップスティクやサンサーラナーガ2の曲も全般的に好きだなやっぱり定番だけれど「空中庭園」やフィールド曲はマジ泣けるw
    ただまぁサンサーラナーガ2のワンダースワン版の音楽は変にアレンジ入ってて好きじゃなかったけれどね。スラップスティック面白かったなーまたやりてー。

  2. 県外ハンターY | URL | YFxzpq2g

    Re: 心に残るゲーム音楽

    すぎやまサウンド、植松サウンドと呼ばれるほど、この2人に関しては別格でしょう。
    FC、SFC時代のドラクエ、FF、ロマサガは神曲がホントに多いことに驚く。
    ゲームシステムの完成度、サウンドともにスクエニ全盛の時代だったわけだ。

    モンハンも700時間以上やったけどフィールド曲は影が薄いよねw
    オープニングは神曲だと思うが。
    とはいえ、同じカプコンでもストIIの音楽は今でもほとんどのステージを鼻歌で歌えることに気づいた。
    格闘ゲームの先駆者、ストIIはやはり偉大だった。

  3. yama | URL | CkE0KsJQ

    Re: 心に残るゲーム音楽

    どうしても最新ゲームは音の環境がよくなってオーケストラだのなんだのと壮大になっちゃっていまいち音・曲が覚え辛く(´・ω・`)
    やはり昔のシンプルな3音ぴこぴこが一番心地よいと思います。
    DQ3、FF3と、マザーの曲をサントラで聞いた時の衝撃は今でも忘れられない…

    FC、SFC末期はほんと神曲揃いですなー。
    対してPSはそこまでなかった気がする…これくらいできてあたりまえだよな?みたいな性能になってきたからだろうか。

    さんざんやってるFF11は曲のついたエリアと環境音のみのエリアが半々なのでサントラで落ち着いて聞かないとわからないのもありますぜ。ロランベリーの曲はのどかな農村地帯。しかし芋虫が徘徊する光景と離席バザー地帯しか思い出せないとかちょっとOrz
    エリアと合わせて聞くならジタとグスタベルグがお気に入り。

    スト2は下村陽子さんだからな…この人は特徴的なメロディ作るの上手いよね。□作品ならライブアライブや聖剣レジェマナだし。

  4. 岳る | URL | -

    Re: 心に残るゲーム音楽

    食いつき良すぎて吹いたw

    >智郎君
    渋すぎるw
    つーか、スラップスティックって聞いたことすらないなぁ。
    元曲の印象が強いと、リメイクでアレンジされた方に違和感を覚えるのは結構あるよね。まぁ、WSはスピーカーがアレだったから…。


    >Y
    こうやって思い返すほどに、あの頃のスクウェアは神だったなぁと涙するばかり。

    マジでモンハンの曲って全然思い出せなくて、逆に焦ったよw やっぱり印象薄いよね。
    ストⅡかぁ…結構遊んだけど、あんまり覚えてないなぁ。ボイスの印象が強すぎるのかもしれない。「ソニックブー!」「タイガーアパカッ!」


    >yamaさん
    やっぱり複雑になりすぎて覚え難いというのが大きいのかしら。
    言われてみれば、PS以降は印象に残る曲って一気に減った気がする。

    リネージュとかもそうだけど、オンゲの音楽って地味に綺麗だと思う。プレイを阻害しないように、主張を弱くしてるからかなぁ、聴いてて心地よいものが多い。

    LOMとストⅡの作曲者、同じなんだ…。

  5. 智郎 | URL | -

    Re: 心に残るゲーム音楽

    スラップスティックもスクエニのゲームなんだぜwアクティブタイムバトル導入してるしな。
    メジャータイトルの陰に隠れた名作。
    FF11はプロマシアの呪縛のディスタンスワールドって曲が好きでCD購入する前はエンディング見に危険なエリアまで何回も足を運んだのは良い思い出。

  6. 岳る | URL | -

    Re: 心に残るゲーム音楽

    >智郎君
    ちょいと調べてみたが、こんなのあったんだな。エニックス製かー。全然知らなかった。
    ロボットを作るとか、確かに君が好きそうな感じだw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/945-0a89b204
この記事へのトラックバック


最新記事