ヤバすぎる

2010年11月23日 05:56

現在、ニコ動で「カブトボーグ」というアニメが無料配信されている。
見たことのない人は、とりあえずここを見てくるといいよ!
話には聞いてたけど、実は私も最近初めて見ました。

結構昔の作品なんだけど、そのあまりの狂った展開の数々により、
今だ根強いファンも多いようで、
放映終了からかなり経ったにも関わらず公式配信が開始された辺りに、
その王者の風格が窺える。

毎回が最終回というキャッチコピーは伊達ではなく、
第1話にして悪の組織のボスとの決戦、そしてボスの正体が判明する超速展開。
視聴者の身に覚えが無い回想もバンバン登場し、
全力で視聴者を置き去りに走り去る様はいっそ清々しい。

現在無料配信中の4話もヤバいくらい面白くて腹筋が崩壊したので、
その勢いだけでこれを書いたと言っても過言ではない。
つーか、全編ツッコミ所しかないので、ある意味で非常に見てて疲れる。
ライバル宣言を全力でスルーするリュウセイさんマジ外道。

今更ながらにカブトボーグの魅力に取り憑かれた私。
今後もチェックを欠かさないようにしよう。うん。


以下、ネタバレ概要

第1話 「親父超え!勇気のライジング・プロミネンス」
開始早々、主人公・リュウセイが悪の組織のナンバー2と戦いの真っ最中。
カブトボーグと呼ばれる、ぶっちゃけクラッシュギアで戦うのだが、
ボーグから謎の女秘書が現れ口から何かを吐き出したかと思えば、
リュウセイのボーグからは謎の虎が出現し、秘書と激突する。そして敵のボーグを粉砕
何を言ってるのか分からないと思うが、そのまま書いてるだけの私も意味が分からない。

ついに悪の組織のボスと戦うことになったリュウセイは、
しかし、戦いの不安で眠れぬ夜を過ごす。
最悪のコンディションで決戦の場に臨むリュウセイの前に、
クラスのマドンナ・さやかが現れ、戦いを止めようとするが、
リュウセイは逆に決意を新たにし、舞台へと歩を進めるのだった。
ちなみにこのさやかちゃんは、もう二度と出てこないらしい。

組織のボス・ビッグバンとの死闘の最中、ボーグ同士の接触により飛散した破片が、
ビッグバンの仮面に激突、仮面が割れた中から現れたのは、リュウセイの父だった。
なお、ここまでで第1話目のAパートである。濃すぎる。

愕然とするリュウセイに、容赦なく攻撃を続けるビッグバン。
しかしリュウセイはすぐさま立ち直ると、
最大必殺技をもってビッグバンとの死闘にピリオドを打つのであった。
重ねて言うが、これが1話目である。


第2話 「さらば友よ!涙のメタリック・ギガトン・クラッシュ」
第1話で名前さえ出てこなかったリュウセイの友、勝治。
彼は病院にて、自分の命があと3日しか保たないことを知る。
最後の戦いの相手にリュウセイを指名するが、
戦いの理由を言わない勝治に納得できないリュウセイはこれを拒否
時間がない勝治は街頭演説と中傷ビラ配りでリュウセイを批判。
勝治の母から真実を聞いたリュウセイは、ついに勝治との戦いを了承する。

リュウセイの手加減なしの攻撃は勝治を追い詰め、ついに勝治のボーグが宙を舞った。
その時、飛ばされたボーグが勝治の胸に激突。
直前に使用していた電撃技が勝治の体内を駆け巡り、
不治の病が奇跡的に治るのであった。そんなバカな。

ちなみに、各タイトルに書かれている必殺技らしきものは、
一切劇中では使用されることはない


第3話 「守れ!鉄壁のサイキック・ドラゴン・マスター」
中華料理屋の息子であるケンの家のはす向かいに、ライバル中華店が開店。
その影響で、ケンの店には客がまったく入らなくなってしまった。
それを見かねたリュウセイは、ライバル中華店に殴り込みをかける。
「とっとと店を畳んで街から出て行け!」
恐ろしいまでの一方的命令を突きつけるリュウセイ。
責任者である中華三兄弟がそれを了承するはずもなく、
しかしリュウセイはそこでボーグバトルによる勝負を提案する。
自分の土俵で勝ちを奪いに来るリュウセイさんマジ外道。
ついでにリュウセイ側が負けた場合はケンの店を畳む交換条件である。
これもリュウセイが勝手に提案した
しかし実はボーグバトルの賞金で店を建てたほどの実力者である中華三兄弟。
自信満々でその勝負を受ける。

リュウセイの勝手な約束に激怒するケンであるが、
リュウセイと勝治の真剣さに心を打たれ、自らも勝負の場に立つことを決意。
なお、勝負は勝治が練習のしすぎでした突き指が原因で敗北。
リュウセイ戦は省略で勝利。
ケンは何かチャーハン出して勝った

ちなみに悪役のように描かれている中華三兄弟であるが、
実に真っ当に店舗運営していただけであることは言うまでもない。


4話目はまだ見れるので、是非とも自分の目で確かめてみて欲しい。
あまりのアホさに苦笑と爆笑が止まらないこと間違いなしである。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akaheki.blog50.fc2.com/tb.php/950-d8d0cce8
    この記事へのトラックバック


    最新記事