何故私がDRPGが好きなのか分かった。

2017年08月18日 21:38

久しぶりに、本当に久しぶりに、途中で目覚めることなく熟睡できた。
これはもう完璧に仕事のストレスが睡眠障害になってたの間違いないなあ。
今頃は上司が悲鳴上げてると思うけど、1週間もすれば慣れるでしょう。
そうでないと、組織として欠陥があるってことだからね。

さて、解放記念日に何をしてたかというと、『真・女神転生4』なんですが。
くそー、まだ【メシアライザー】覚える仲魔を作れないよー。
あとはこれをアリスに覚えさせれば、私の「真4」は終了するというのに…!

そんな合体制限に悶々としながら、仕方なくストーリーを進めてるわけですが、
いやマジで、無双状態でストーリー進めるの、つまんなすぎてヤバいです。
確かに雑魚戦をオートで飛ばせるのは楽なんですが、
ボス戦までオートで飛ばせるのはやりすぎ。
戦闘を楽しむことなく、ただ淡々とストーリーを追う虚しさたるや尋常ではない。

戦闘がつまんないRPGでは「ボタン連打でストーリー進めたい」とか思うこともありますが、
戦闘が楽しいはずのRPGでそれをやると、ただゲームの楽しさが半減するだけなんですね。
ストーリーを楽しみたいだけなら小説でも読んでろという私の暴論は、
こと私自身に関して言えば超正論だと確信しました。
これはRPGやる意味ないわ。

そして、DRPGではなくなったメガテンにも辟易してます。
マップの穴埋めが面倒すぎてウンザリしてきた…。

もちろん、気にしなければいいんですが、それを気にせずプレイできるなら、
この作業的な無双プレイも気にせず遊べてるんじゃないかと思います。
や、マップに妙な欠けがあるの、気になりませんか?

DRPGの良いところは、自分が歩いた場所が明白に記録されることです。
「歩いたはずなのに、何故かマップが埋まらない」などという、
曖昧なことが発生しないだけでストレス減です。

あと、明らかに移動スピードが早い。
ゲームにもよりますが、最近のDRPGは移動がサクサクしてるものが多いので、
移動でストレスを感じることってあまりないんですよね。
また、無駄に広いマップを用意する必要もないので、「歩かされてる」という感覚も薄い。
まぁ、中には『メアリスケルター』みたいに、
無駄にマップが複雑かつ広すぎてウンザリするのもありますが。

これはあまりDRPGは関係ありませんが、シンボルエンカウントがウザい。
シンボルエンカウントって、上手に使ってるゲームは本当にストレスが少ないですが、
適当に使ってるゲームは、ランダムエンカウントよりイライラします。
「真4」は適当に使ってる例ですね。
このシンボルエンカウントも、『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』が、
革新的な使い方をしていたのが目から鱗で、DRPGの可能性を垣間見たものです。

要するに、「移動が面倒くさくなった」というのが主な理由です。
DRPGでは1歩=1マスという、きっちりした概念があるのと、
階層構造のゲームが多いため、ファストトラベルが便利なことが多いんですよね。
これがDRPGでなくなると、リアリティという余計なものが、無用なストレスを呼び込みます。
「真4」のワープ施設の使い勝手の悪さは異常。移動速度も遅い。

私は最新のゲームが大好きですが、過去のゲームの良い所も認めています。
DRPGやターン制バトルは、今では古臭い遺物という認識もされますが、
最新ゲームにはない利点も沢山あるのだと、「真4」をプレイすることで実感しました。

DRPGは分かりやすいのが良い!
シンプルゆえに快適!
それでいて奥深い戦闘戦略を楽しめる!
うん、DRPGを好きにならない理由がないな。
あー、はやく『ザ・ロストチャイルド』遊びたいぜー!

『ザ・ロストチャイルド』をダイレクトマーケティングしてみる。

2017年08月17日 16:56

自由だー!!!
この開放感は尋常ではない…!
とりあえず、部屋の片付けから始めようかな。

さて、最近はゲームは遊んでるんですが、
新作とはご無沙汰なので、当ブログも精彩を欠く感じであります。
とりあえず、クソゲーと名高い『真・女神転生4』は楽しく遊んでますよ。
マジで何がダメだったんだコレ。序盤のぶっ壊れた難易度だけの問題なのか?
ネットの批評は鵜呑みにしたらダメというアレの犠牲者なのか?

とはいえ、脱DRPGしちゃったメガテンに物足りさなを感じているのも確かなので、
ここはひとつ、「真のメガテン」に期待したいところです。



いやもう本気で楽しみすぎてヤバいです。
断片的な情報を見るに、仲間の育成がかなり自由にできるということで、
序盤の雑魚キャラを最強の殲滅者に育て上げることも可能ということですよね!?

この手のモンスターを仲間にできる系のRPGは、
結局、後半の強い敵の方が当たり前に強いということが普通なので、
序盤で仲間にした思い入れのある魔物でも、
ポッと出の後半モンスターの方に乗り換えるのは致し方ないことです。
頑張ってスライムを育てていても、グレイトドラゴンが仲間になったらポイーですよ(ぉ

その点、最近のメガテンは、仲魔にもレベルアップが設けられ、
かなり育成の自由度は上がっています。
モー・ショボーを育て上げるの楽しかったなあ(しみじみ
ちなみにSJのパスワードはリメイクでも使えるそうなので、
是非とも我が最強のモーたんを、お供にして頂ければ幸いです。
雇用費(悪魔全書代)メチャ高いけど。

そんな雑魚悪魔育成に取り憑かれた身としては、
『ザ・ロストチャイルド』には期待しかありません。
モンスターデザインもいい感じだし。女の子モンスターが可愛いのが嬉しい(ぉ

キャラデザはちとバタ臭い感じですが、ゲーム中のアニメ調のキャラデザは凄く好みで、
これもまた期待度アップ要素だったりします。

冗談半分で「真のメガテン」とか書いてますけど、
レビューを見る限りだと、どちらかといえば『デモンゲイズ』タイプみたいですね。
それはそれで戦闘が楽しそうなので良し。

正直、私は「真4」気に入ってますけど、プレスターンはダメだと思います。
先行で絶対殺すマンなシステムは戦闘と育成の自由を削ぐばかりですよ。
バトルってのは誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。

電プレで信頼してるレビュアーさんの評価も悪くなかったので、
これは本気で良作の予感。
こんなにゲームの発売日が待ち遠しいと感じたのは久しぶり!
早く遊びたい!

これはこれでアリかもしれない。

2017年08月15日 18:32

稼ぎ系DLCのおかげで、ゲーム本来の楽しみ方からは外れてしまった『真・女神転生4』。
とはいえ、悪魔合体の楽しさに特化することで、別ゲーのように楽しめるようになりました。

元々、「ぼくがかんがえた最強の仲魔」を作ることは、メガテンにおいてはエンドコンテンツであり、
クリア後、あるいはクリア直前くらいで試行錯誤するものなんですが、
稼ぎDLCがあれば、ストーリーを進める必要なく、どこまででも悪魔作成ができます。
つまり、完全に悪魔作りのみに没頭できるわけですね。

その結果、現在、恐らくは序盤も序盤(まだ街の施設が全開放されてない)でありながら、
主人公のレベルは90に到達し、仲魔もレベル70~90ほどで揃っています。
そして、なんとこれだけでプレイ時間が20時間を超えました。
悪魔合体しかやってないのに、これは…。

もちろん、稼ぎのために雑魚戦等は必要なんですが、
大半は悪魔合体の試行錯誤の時間だと思われます。
いやー、資金もレベルも気にせず作れるって気持ちいいなあ!

しかし今作では、自由にスキルを付与できた「デビルソース」がないので、
弱い悪魔に強力なスキルを継承させるのが大変なのが不満。
あれ、いいシステムだったのに、何でやめちゃったのかなあ。

代わりにどうするかというと、同種族で合体させると出来上がる「精霊」を使います。
精霊はちょっと特殊な悪魔で、合体の法則も独特なため、
とりあえずの優良なスキルの保存先として便利なのです。

これに気付いてからは、雑魚悪魔に希望の光が見えたので、
今回も最強のモー・ショボー育成計画を発動しようかと思ったわけですが、
今回はアリスを育ててみようかと思います。
特殊合体が大変で泣きそうでしたが、とりあえず作れるだけ作ってみました。
でもまだスキルが足りないので、育成はまだ先の話ですね。

つーか、必要なスキルを持ってる悪魔を作るには、
ストーリーを進めないといけないみたいなので、
面倒ですが、そろそろ冒険を再開しようと思います。
うーむ、悪魔合体が楽しすぎた分、ストーリー進める気が全然起きないなあ。
道中は消化試合にしかならんし。

エンドコンテンツの先取りという不思議なプレイをしたわけですが、
これはこれでアリかもしれないと思いました。
そもそも、私はストーリーはRPGのおまけ程度にしか考えてないので、
ゲームの肝である悪魔合体を好きなだけやれたということは、
もう十分に作品を楽しんだようなものですよね。

もっとも、ダンジョン探索という、もうひとつの肝は潰れてしまったので、
やはり十全に楽しめたとはいえないわけですが、
それは自重しなかった我が身の未熟ということで。

よっし、さっさと必要なだけストーリー進めて、必要なスキルを手に入れるぞー。
そして最強のアリスを作って自己満足に浸る!(ぇー

その後は「真4F」に移る予定ですが、そっちはDLCどうしたものかなあ。
人間、一度堕落すると、もとに戻るのは難しいんですよねぇ。
正直、ダラダラと仲魔集めする気力は湧かない気がする。
ま、もう少し先の話ですけどね。

ゲームは自由に遊べていいとは思うけど、制限も必要だよね。

2017年08月12日 09:53

今日から明後日まで帰省するんで、ネットとはしばしおさらば。
コメに返信とかもできないので、よろしくですー。
まぁ、明後日には帰ってくるんで、実質今日明日だけですが。

さて、なんとなく積んでた『真・女神転生4』をやり始めたら、
やっぱりメガテンは楽しいんですよねぇ。
仲魔集めやスキル吟味をし始めると止まらん。

しかし、バランス調整が微妙でキツイという話を聞いていたし、
実際に難易度落とすまではヤバい壊れっぷりだったので、
躊躇なく稼ぎ系DLCを買ってしまいましたよ。

で、この稼ぎDLCですが、バランスブレイカーなんてもんじゃなかった。

序盤にして、すでに主人公のレベルは70を超え、仲魔もレベル50以上がゴロゴロいます。
調子に乗って稼ぎまくった結果なんですが、正直やりすぎたなぁ。
まだプレイ始めて10時間も経ってないのにコレですよ。ありえん。

メガテンの楽しみは、敵を仲魔にしつつ、新たな合体悪魔を目指して、
レベルを上げることにあります。
主人公のレベルを超える悪魔は仲魔にできないという制限があるため、
制限なく強い仲魔を作れるわけではないんですね。ここがポイント。

RPGにおいて、モチベーションは色々あると思いますが、
メガテンにおいては、やはり「より強い仲魔を作りたい」というのがあります。
強い仲魔がいれば、ストーリーも進めやすくなるわけだし、一石二鳥ですよね。

しかし、同じ場所で足踏みをしていても、レベルは上がらないし、素材となる悪魔も足りません。
なので、必然的に稼ぎに目処がついたら、先に進むことになります。
その方が効率もいいですからね。

メガテンというのは、この稼ぎとストーリー進行のバランスの良さに定評があると、
岳る的には評価していたわけです。

でまぁ、この稼ぎDLCの話に戻りますが、これがまぁ、
そんなバランスなんて知ったこっちゃねーという代物で、
効果効能は前述の通りです。
稼ぎが楽すぎて笑いが止まりませんな!

確かに、面倒な育成をすっ飛ばすこともできるし、
レベル制限をほぼ無視できることから、仲魔は作り放題だし、
結果として、ストーリーはまさに「俺Tueee!」で進めることもできます。
ノーストレス。

ただ、確実にストーリーを進めるモチベーションは最低まで落ち込んでいます。

これは岳るのゲームの好みの問題ですが、
私はボタン連打で進められるようなRPGは嫌いなんですよ。
そこまでしてストーリーが見たいならRPGである必要がなくて、
それこそ小説やノベルゲーでいいんです。

何でRPGをプレイするかというと、
ボタン連打以外の楽しい要素を堪能したいからだと思うんですよね。
それはレベル上げだったり厳しい戦闘だったり、レアアイテム探索だったりするわけですが、
そういう要素を楽しまずにRPGをプレイすることに、何の楽しみがあるのか不思議で仕方ない。

いきなりチートでレベルマックスにしたら、もうわざわざ魔王を倒しに行く必要ないですよね。
戦闘に意味がなくなっちゃうわけですから、RPGの楽しさの半分は失ってると思います。
戦闘がクソゲーすぎるなら話は別ですが。

なので、基本的に私はそうした要素には手を出さずに遊んできたわけですが、
今回、始めて公式のチートに手を出してしまったわけですよ。

うん、これはダメだな。

なんというか、最初から使えてしまうのがダメです。
や、ある程度の戦力は必要なんですが、そこまで厳しい条件でもないので、
ほぼ序盤で使えちゃうなら意味はないんですよね。

私は稼ぎDLC自体は悪いものじゃないと思っていて、むしろあったら使う方です。
「FE覚醒」ではお世話になったものですよ。

しかしそれは、「無駄な稼ぎ作業の軽減」が目的であって、
クリアのために利用するものではないと思ってたんですよ。
つまり、本編を十分堪能した上で、更にやり込みとしてキャラを育てまくりたいとか、
そういう時に手間を省くツールとしては、非常に良い物だと思うんですよね。

特にメガテンでこだわりプレイをしようと思ったら、むしろ無いと困る。
つーか、「SJ」の頃にこれがあれば、モーたん育成計画は更に楽にできたのは確実。
くそう、リメイクSJ欲しくなってきた(ぉ

要するに、ですよ。
特に稼ぎ作業の必要がないゲームクリア直前くらいまでの間は、
こういうツールが使える必要はないと思うんですよね。
これが必要になるのは、もう十分ゲームを楽しみ尽くして、
そこから更に楽しさをしゃぶりつくそうというゲーマーたちであって、
ゲームをとにかくさっさとクリアするために使うのは、
チートツールでプレイするのと変わらんのですよね。

まぁ、ゲームは購入した時点で購入者の好きにプレイすればいいし、
DLCも金を払ってる以上、好きに使えばいいので、それで納得してるならそれでいいんですが、
今回、序盤からのチート的強化をやってみて思ったのは、
これはゲームを殺す要素だということです。

育成してる間は確かに楽しいんですが、じゃあいざストーリーを進める段になった時、
戦略性も何もないバトルを淡々と進めていくことになることを考えると、
凄まじい虚無感に襲われます。
こんなゲームだったか? という疑問が出る。
プレスターンバトル? なにそれおいしいの?

今回、バランスが悪いと評判が悪かったこともあり、
いきなりDLCに手を出してしまったわけですが、ここまで便利だとは思わなかったです。
便利すぎて岳るのゲームというものへの概念をぶち壊してくれました。
これは…自重するしかないんだろうなあ。

本編が一段落して、じゃあ趣味の仲魔育成に励もうかと思ったら、
これはもう大正義ツールだと思います。
しかし、クリアするために使うのは、禁断の果実だったようです。
そして、一度手を出してしまったら、もう戻れんのだ!(byシグナム

これはもう教訓として割り切って、もうひとつ積んでる「4F」の糧とします。
「4F」は評判良かったんで、普通に遊べるでしょう。…大丈夫だよね?

この手のDLCは、時間のない人の時間短縮ツールとしての側面もありますが、
そこまでして遊ばなければいけないゲームなんてないと思うんですよ。
アニメが多すぎるから2倍速で見るとか本末転倒もいいところですが、それと同じです。
時間がないという気持ちは非常によく分かりますが、じっくりと遊ぶことこそが、
ゲームの本質的面白さを堪能することに繋がると思うのです。

少なくとも、今の私は、目先の快楽に溺れたことを後悔してます。
だって、面白いくらい簡単に稼げるんだもの…どんどん仲魔が増えるの楽しかったんだもの…。
でもそれだけでいいなら、ずっとここに篭ってるだけでいいんですよ。
このDLC空間だけですべてが完結するのがヤバすぎる。
悪魔全書のおかげで、外に仲魔を補充に行く手間も必要ないんだもの。

ざんねん! わたしの ぼうけんは ここで おわってしまった!

カジノは面白いけれど。

2017年08月07日 20:27

『ハクメイとミコチ』もアニメ化かあ。
こういう雰囲気が大切なアニメは、丁寧に作ればまず失敗しないのだけど、さて。
つーか、マジで何でもかんでもアニメになる良い時代ですね。
密かに愛読してた作品がどんどんアニメになっていく嬉しさと寂しさよ。
この勢いで『一変世界』もアニメにならんかなー。OVAでもいいよ。

さて、プレイ20時間にして、ようやくドラクエ11で船を手に入れたわけですが、
自由に動かせるかわりに上陸地点は決まってるのね。
これはこれで分かりやすくていいと思う。

で、そうなると、とりあえずメインクエストはガン無視して、行ける所を探索するよね!
その結果、なんかひとつ飛ばしてカジノのある国に着いたっぽい。

となると、これはもうカジノに入り浸るしかないわけですが、
とはいえ、ドラクエのカジノは最終的に作業になるのがなんとも。

とりあえず、まずは元手が必要なので、コインを100枚ほど換金したら、ポーカー台にGO!
少ない元手を少しずつ増やすにはポーカーが一番楽です。
適当に1000枚くらい稼げたらセーブ&リセットで確実に増やす作戦。
ちなみに3DS版はどうか知りませんが、PS4版はカジノ入口でオートセーブされるんで、
やり直しがメチャクチャ簡単です。

で、1万枚くらいまで貯まったら、次は適当な10コインスロットに挑戦。
本当は100コインが理想ですが、まだプレイできないみたいなので。
いつ解禁されるんだろう。

ぶっちゃけ、1万枚もあれば、もう適当に回してるだけで、あとは勝手に増えていきます。
連打コントローラーがあれば、寝てる間にザクザクになってることでしょう。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170806195710

私は本読みながらボタンをカチカチしてたんですが、ご覧の有様だよ!
ちなみに、元手2万5千枚から始めて3時間くらい回してた気がします。
このジャックポットで思わず20万枚ゲットしたので、ノルマ達成。
一気に装備が強化されましたわん。

しかしまぁ、こんなに楽に稼げてしまうと、
ギャンブル的要素が薄くて、単なる作業にしかなってないのはどうなのか。
もちろん、全然勝てないのもクソゲーですけど、凄く無駄な時間稼ぎをさせられてる気分です。

この手のギャンブル要素は、コインの増減の度にオートセーブして、
リセット&ロード不能にしておかないと、
ご褒美要素ではなく、ただの作業にしかならんのですよねぇ。
限られたリソースで一喜一憂するからこそのギャンブルだと思うんですが、
まぁそこまでガチでやられても困りますかそうですか。
それにその方式でやっても、ドラクエのスロットだと負けないから意味はないよね。がくり。

あくまで時間潰し暇潰し要素と思えば、悪くないのかな。
目押しできるマジスロは演出が多彩で見た目に楽しいし。
ルールが煩雑でやる気はしないんですが(ぉ
オートでも回せるけど、絵柄が揃わなくてモヤモヤする。

RPGでゲーム中にカジノ要素がある作品は幾つかありますが、
リセット無しでプレイしてる人は、どれだけいるんだろうか。
リスクのないギャンブルは、ただの作業でしかないのだけど、
楽しいと思ってる人はどれほどいるのか、私、気になります。



最新記事