グラフィックの偉大さを知る。

2017年04月02日 23:06

『ホライゾン・ゼロドーン』やべぇ…。

『ドラゴンズドグマオンライン』が面白いんだが。

2017年04月01日 22:44

透明感溢れる美少女の設定に「足が臭い」とかあるの斬新すぎて好感度上がる(ぇー

さて、なんかキャンペーンで、『ドラゴンズドグマオンライン(以下、DDO)』にて、
最初に取れるトロフィーゲットが条件のプレゼント企画みたいなのがあったので、
せっかくだからと応募する傍ら、DDOをプレイしてみたんですよ。
なんかメッチャ評判悪かったから、期待してなかったんですが…。

面白いやんけ。

絶賛するほどじゃないけれど、基本無料と考えたらメッチャよくできてます。
つーか、普通にオープンワールド系のARPGなんですが。え、これで無料なの?
今までプレイしてきた基本無料ゲーと比べると、明らかに異質ですね。
だって、普通に遊べてしまうもの。

例えば、最近だと『フィギュアヘッズ』をやってみて、
ゲーム部分は確かに普通のCSゲーっぽいんですが、
ホーム画面になると途端に「ソシャゲ臭」が強まるんですよね。
1画面にあらゆる情報が詰め込まれていて、一見すると何をすればいいのか分からない感じ。

しかし、DDOは実に普通のCSゲーで、操作感もコントローラー操作がしっくりきます。
アクションも軽快で、スキルを駆使しての戦闘もなかなか楽しい。
回避動作がないから、敵の攻撃を避けて戦うのが好きな私には違和感あるけど、
ガードできるようになれば問題なくなるはず。
大型モンスターによじ登る様は、『ワンダと巨像』に似た楽しさがあります。

私はネトゲの経験が皆無に近いので、DDOがネトゲとしてどうなのかは分かりませんが、
とりあえず序盤を遊んだ印象は非常に良いです。
装備品がガチャで手に入るっぽいのは明確にクソだと思いますが(おひ
クエストをチクチクとこなして、経験値とお金を地道に稼ぐの凄く楽しい。

あと、人が結構多いですね。あちこち走り回ってる人だらけ。
スキル設定や転職の窓口付近は大渋滞起こしててビックリですよ。
そこのオッサンに話しかけないとクエスト進まないんですけどー。

グラフィックはPS3世代というのか、やや残念な感じですが、
そこまで気になるほどではないかな。PS4が綺麗すぎるともいう。
まぁ、昨日ようやく届いた『ホライゾン・ゼロドーン』やったら戻ってこれないかもしれないですが。
これ、グラフィック凄すぎるらしくて超楽しみ。
昨日は『競女』のBD2枚一気に届いたから、それ見て終わっちゃったんだよなあ。
久しぶりに見た『競女』は相変わらず面白かったです。6巻は再来月か…。

そんなわけで、期待値が低かったのもありますが、基本無料であることを考えたら、
お得感の方が強いんじゃないかと思います。
こんな日に書いてたらウソだと思われないだろうな…(ぉ

地道にプレイしていきたいところなんですが、ゲーム山積みなのが問題。
今日もスイッチの登場で在庫整理が始まってるっぽいDSソフトを物色してきちゃって、
3本ほど買ってきちゃったし。
『グンペイ』ってDSでも出てたんですねー。100円だったから迷わず買っちゃったZE!
これでようやくワンダースワンを手放せる…。

DDOを今後どうするかは分かりませんが、今更始めたくらいなんで、
マイペースにやっていけばいいかなと思ってます。
4月は20日までは静かなもんなので、それまでに2~3本は終わらせたいですね。

…PSストアで買うDLゲーもあったなあ。
マジヤバくね?

追記:
今日、初めてまともに大型モンスターと戦闘したけど、硬すぎて嫌になってきた(^^;
周囲の雑魚を爽快に倒せる分、大型敵戦の温度差がひどい。
更に硬化するモードもあって、素材回収で何体も狩れとか言われたら速攻で投げるレベル。
硬化モード要らないだろ。

ストーリー上で1回だけ戦えばいいよということなら許容できるけど、
ランキングのために周回しろとか苦行でしかない。
アクション部分は気に入ってるから、ストーリーだけ進めて、深入りはしないようにしよう。
もしかして、批判理由はこういうことなのか?
まぁ、オンゲーだから複数人で狩るの前提なのかもしれんけどなー。
オンラインをソロでやろうとするのは無謀か…。

DDはカプコンがモンハンを最終的にこういう形にしたかった実験作だったと思ってるんだけど、
この形式だと、同じ大型敵と何戦も繰り返すのはナンセンスだよねぇ。
すぐに倒せてもつまんないけど、硬すぎても嫌になるし。

モンハンが進化できない理由は、ハードのことは置いとくとしても、
代替にできるシステムが作れないってことなのかもしれんね。
少なくとも、今のシステムから大きく変えたらユーザーは殆ど離れるだろうし、
でもこのままでもジリ貧だとは思う。

やっぱりゲームはオフラインが一番だよ。
一人で気持ちよく遊べるのが一番だわ。
『無双スターズ』欲しくなってきたじぇ。

広告はしっかり確認しよう。

2017年03月30日 22:53

『ニーア・オートマタ』のサントラが発表された時点で、即、予約したんですよ。
なんか先着特典でもう1枚CD付くとか書いてあったんで。

で、今日受け取りに行ったら、特典が付いてなくて、帰ってからHP確認したら、
「特定店舗限定」とか書いてあって、ウチの地域だと1店舗しか対象店がなかった。

ついでに、その特典CDはハッキング中に流れる8bitサウンド集らしくて、
それが一番聴きたかっただけに悶絶してますorz

つーか、値段上げていいから特典じゃなくて普通に4枚組CDにしてくれればよかったのに…。

今日はGE生放送でも新作の大した情報出なかったみたいだし、テンション下がるわー。



でもこれは良かった。
BGMが原曲のアレンジで、聴いたらすぐに分かりました。
元の曲がメッチャいいんですよね「FE外伝」。
早くやりたいぜー。でも同日にダントラ2-2あるのがどうにもならんぜー。



あとこれ、FF15やったことある人は爆笑必至。実際に始まって2秒で腹筋崩壊してたw
完全に風景が日本なのがシュールすぎて、でも小憎たらしいくらい再現度高いのもヤバイ。

笑うことって生きる上で超大事なんだってことが分かりました。
おかげで元気でたよ、ありがとう。

曰く付きタイトルの理由を知る本『幻の未発売ゲームを追え!』が興味深い。

2017年03月29日 13:55

けもフレ最終話、すごく良かった!
御都合や鬱展開に逃げることなく、ちゃんと設定や伏線を活かした解決法を用意してる辺り、
無駄に豪華に作っておきながら肝心な所が適当な作品とはモノが違いますね。
視聴者の期待を良い意味で裏切ってくれた良作。すごーい!

さて、先日こんな本が発売されました。

『幻の未発売ゲームを追え! 今明かされる発売中止の謎』。

過去に他媒体で連載されていた記事をまとめて、ちょっとおまけも付けた感じの本ですね。
まぁ、肝心の連載誌がマイナーだったので、初見な人も多いでしょう。私も知りませんでした。

タイトル通り、発表はされたけど実際に発売されなかったゲームの、
その経緯や理由を調べた内容ですが、社外秘も多いようで、すべてを網羅できてはいません。
しかし、通常では知り得ない裏事情が垣間見える貴重な内容なので、
興味深い代物であります。
もしかしたら、『仁王』や『人喰いの大鷲トリコ』なんかも名を連ねていた可能性もありました。
よく「卒業」できたもんですよ。PS4バンザイ。

特に『メタルマックス』ファンは必見な裏話満載なので、
『メタルサーガ』誕生の経緯とか、DCで出るはずだったアレとかの、
「どうしてこうなった」がはっきりするので、一読の価値アリ。

個人的には『モンスターメーカー』について、もう少し詳しく知りたかったですねぇ。
なんかほぼ完成してたみたいだし、それで発売しないのは、
売れる見通しが立たなかったということなんでしょうけど、
この本の内容だけだと、はっきりしなくてモヤモヤします。
基本的に表沙汰にできないことなんだろうから、これが当然なんでしょうけどね。

そういう意味では、『天空の機士ロデア』は、よく発売したものだと思います。
というか、とうの昔に完成してたのに、ずっとお蔵入りしてた作品が、唐突に引っ張り出された、
みたいな感じだったんですよね。おかげで時代遅れ感が漂ってました。
あれ、WiiU版はどうか知りませんけど、3DS版は徹底的なまでにクソゲーでした。
発売差し止めはゲームのデキの問題だった気がするし、
それを発売しないのも経営判断だろうなと感じる事件でしたね(ぉ
発売しちゃったせいで単なるクソゲーになっちゃったわけですし。

本の内容に戻ると、実際に発売されてないゲームばかりが載ってるわけだから、
基本的に知名度は皆無、知ってるタイトルはほぼありません。
知ってるとすれば、初報の段階で目をつけてでもいないと無理です。
大抵は続報すらなく消えてるっぽい。

私が知っている中で気になったのは『アーリーレインズ』。
これ、何で知ってたかというと、キャラデザが士貴智志の絵にそっくりで、
当時、氏の大ファンだった私は「これ士貴智志キャラデザのゲームか!?」と大興奮し、
でもキャラデザの名前が違っててあるぇー?
と不思議に思ったという印象が強烈に残ってたのです。アシスタントでもしてた人なんですかね。
ちなみに『グランディア2』のキャラデザしてた人です。絵柄かなり変わってますね。
結局、発売されなかったみたいですが、何故かOVAにはなったみたいで草。

他には『オフザーケン』知ってます!
これ、ファミマガで記事が出てて、
画面に入り切らなくて足しか表示されてない敵のインパクトが強かったw
職業に「力士」とか「女子高生」がいるファンタジーRPGという異質さが際立ってましたが、
この本に描き下ろされてるキャラデザの人の漫画での分析が面白いです。
確かに今出してもインパクト弱そうですよね、異世界転移で何でもアリだし。
漫画では魔王のキャラデザ変えて幼女化させてるのも分かってますねw

他にもチラホラ名前だけ見覚えがある作品もありますが、それとは関係ないところで驚きが。
かつてKOTYとっちゃった『四八(仮)』の開発者が『ラストハルマゲドン』の人だったとか、
その人は初期PSで謎の人気を誇った『戦国サイバー藤丸地獄変』作ってたとか、
パンドラボックスで低価格RPG出してた人だったとか、
予想外の横のつながりを見てしまいました。びっくりー。

まぁ、記事見てて納得したのは、この人はストーリー作りが得意な人であって、
ゲームのシステム部分へのこだわりが薄いっぽいということですね。
「藤丸地獄変」とかもキャラや物語はともかく、システム部分がアレだったし。

そんなこんなで、なかなか面白い本なので、機会があれば手にとってみてください。
今後も未発売ゲームは色々発生して、人知れず消えていくんでしょうねぇ。
今の最有力は『ボコスカガールズ』ですね。
完全に時期を逃した感がありますが、出たら買うんで、踏ん張って欲しいですにゃー。

PSVに『ロマンシング・サガ3』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

2017年03月28日 18:01

作中で2回も「やったか!?」って言って、2回とも直後に全然やれてないの卑怯だろwww

さて、なんかロマサガイベントで発表されたそうですが、
PSVに『ロマンシング・サガ3』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これだ! これを待ってたんだ!

ロマサガ3って実況動画が面白くて、その影響でプレイしてみたんですが、
SFCでありながら、未だに現役で遊べる面白さってすげぇよ…。

単にキャラが多くてストーリーが色々楽しめるというだけじゃなくて、
トレードとかのミニゲームも無駄に凝ってて、とにかく「楽しい」を詰め込んだ、
おもちゃ箱のようなゲームという印象があります。

しかし、あまりに膨大すぎて、開発が間に合わなかったそうで、
中途半端に放置されたイベントや、実装されなかったイベントも多いみたいですね。

今回のリマスターで、どれだけ補完してくれるのか分かりませんが、
ベタ移植でもそれはそれで、という感じですね。
画面が綺麗になるだけでも十分でしょ。
でもロマサガ2を見る限り、期待できそうじゃないですか。

くそー、楽しみすぎる!
PSVは「サガ」に愛されてて嬉しいぜ!



最新記事