FC2ブログ

ジルオール~インフィニット プラス~ プレイ日記 その2

2009年01月23日 20:09

大味なバランスとモーションのショボさに戦闘が全然楽しくない本作ですが、
早期討伐で経験値に多大なボーナスが入ったり、
ギルドの依頼でも経験値が貰えたりするので、
あまり戦闘をする必要がないという利点に気付きました。

世界をウロウロするのが楽しいゲームなので、これは良い調整だと思います。
RPGの肝は戦闘だと思っている私ですが、こういうのも悪くないですね。
名作たる所以はこういう部分にあるのかもしれません。

では、前置きが長いのもアレなんで、プレイ記録をどぞー。


以下、妹キャラと恐怖の搭。

[ジルオール~インフィニット プラス~ プレイ日記 その2]の続きを読む

ジルオール~インフィニット プラス~ プレイ日記 その1

2009年01月22日 20:20

PS1にて神ゲー認定した作品「ジルオール」が、PS2を経てついにPSPに登場!
…というほど盛り上がってはいませんが(ぇー

そもそも、ジルオールというゲーム自体が「隠れた名作」的なソフトでして、
PS1で遊んでいた時は「グラフィックだけ強化すれば神ゲーだな」と思っていて、
PS2で見事に私の望んだ形でのリメイクがされたんですが、
「…やっぱりグラフィックよりも大事な物ってあるよね」という、
悲しい現実を突きつけられた、まぁ報われない作品なわけですよ。私的に。

どういうことかと言うと、グラフィック(外面)はよくなったけど、
キャラのモーションがそのまま(モーションキャプチャーしてないから不自然)なので、
見た目に綺麗になった分違和感が増した、ということ。
結局PSPになっても改善されてません。


簡単にレビューするなら、キャラの動きがもっさりしてる&モーションが不自然&ダサイ。
特に主人公(男)のガニ股は見てて泣けます。
戦闘にはモーションカット機能が付いてるので、ボタン連打してれば快適ですが、
非常に味気ないものにもなります。

画面切り替えの度に若干のロードが入るのもイラッときます(メディアインストール済み)。
まぁ一度入った場所ならシームレスになったり、ロードといっても1~2秒なので、
遊んでる内に気にならなくなるレベルなんですが、
気にならなくなる前に投げ出したくなる人もいそうなので、一応。

恐ろしいことに、追加要素(キャラとかエンディングとか)ばかり増やして、
システム部分にまるで手を加えていないので、
ゲーム的にはPS1時代(約10年前)から何も進歩してません。
グラフィックが綺麗になっただけです。せめてモーションをもっと自然にしてくれ…orz
SEの聞こえるタイミングがズレてるのが地味に気になるんだ…orz

…とまぁ、今、改めて語るにはプラスな要素がまるでないんですが、
ロマサガ的なフリーシナリオや、登場するNPCの8割以上は仲間になり、
なおかつそれぞれのキャラとの個別エンディングがあるという、
ロールプレイ的においしい要素が、ジルオール最大の魅力です。
システム的な部分には目を瞑り、足りない部分を脳内補完できる人にとっては、
何よりも楽しめる作品であると思います。
徐々に自分が有名人になっていくのも楽しいです。
冒険の積み重ねが活きるストーリー進行が、フリーシナリオとしてはかなり秀逸。
あと、音楽がメチャクチャいいので、サントラを見つけたら買っておくと幸せになれます。

そんなわけで、モーションのアレさ的に今遊ぶには厳しいゲームではありますが、
携帯機でチマチマ遊ぶのに、これほど適した作品はないのも事実。
内容もほどよく忘れているので、しばらくプレイ記事としてあげていきます。

ではしばし、無限のソウルを持つ者の冒険にお付き合いください。


以下、普通の少年が冒険者になる理由。

[ジルオール~インフィニット プラス~ プレイ日記 その1]の続きを読む


最新記事